キュウリとあおじの追肥とオクラの撤収!

今日は三番手キュウリの追肥と、実が生り始めた青地に追肥をして、ついでにオクラも撤収してしまおうかなあ。
というところでね。 これからは植え付けよりも撤収記事の方が多くなりそうだね。



三番手キュウリが順調で。

画像


あっという間にこんな背丈に。 これで150センチくらいかなあ。








実も大きくなり始めたのでねえ。

画像









雌花も沢山つき始めて。

画像


何か色も新鮮だねえ。 二番手の花は薄い黄色だったんだけど、これは濃いオレンジだよ。
やはり若いということは素晴らしいんだなあ。

ヒゲおやじなんぞは、薄い黄色も通り越しているんだろうねえ。


ここに液肥を投入。 しっかり頑張ってね。






それから、あおじだねえ。

画像

今年はなんかいい感じで出来ていて。








ほら、実が沢山生っているだろう。

画像

まず莢が大きくなってそれから実が膨らんでくるんだよ。

なので莢が付かなければ、まず失敗だねえ。


ということで、これも液肥を投入。






さて、これからどうしようかなあと思っていたんだけど、そうだオクラを撤収しようかなあ。

画像


というのも、まだまだ花は咲いているし実もなっているんだけどね。
例のツブツブが小さいうちから沢山出て来て、それに早めに採っても硬くなってきたんだよね。

まあ、毎年こんな具合ではあるので、そろそろ撤収してしまおうか。



これは本当に撤収が厄介で。 というのも根が凄く張っているんだよね。

備中鍬なんかでは対応出来ないよ。 ヒゲおやじが使うのは石鍬。 刃が平らな鍬だねえ。

これを打ち込んで、根を切って。 それから掘り起こして。 いやー、ものすごい根張りだねえ。




ほら、こんな具合だからね。

画像

これって途中で根を切っているのでこれくらいだけど、丁寧にたぐって行くと多分1メートルくらいは伸びていると思うんだけどね。








ということで、撤収完了。

画像

やれやれ、一汗かいたなあ。







ということで、今日の畑はこんな感じ。

画像



それにしても今日は蒸し暑かったねえ。 動かないのに体がベトベト。



北海道はまだまだ大変な状態で、近畿から関東までは台風21号の被害で大変なことになっているし、でも、おかげで西日本豪雨災害はすっかり忘れ去られた状態だね。 ニュースにも出てこないからね。 
まだまだ復旧どころか仮設さえも建ち始めて、ようやく一部で入居が始まったところなのでね。

まあ、確かにこれだけ立て続けに災害が起こると、何が何だかどれがどうだかわからなくなってしまうよねえ。


さて、今夜からは雨。
明日は一日中雨の予報。 そうか、ならばそれなりのことをしなければ。


で、何を?  いやー、それはわからんねえ。 その時の気分次第だからね。




ありがとうございます。








明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

キヨシ
2018年09月08日 00:12
オクラは根が桁違いに硬いですよね。
うちは備中鍬でやった結果おばあちゃんより伝来した由緒正しき備中鍬が曲がってしまいました。
マタ
2018年09月08日 16:08
東海地方は雨のち晴れ。台風以降、雨量は充分になりました。

うちもオクラのブツブツが増えてきました。下の方を刈ってるので
身長170くらいのボコボコの棒が立っている風情です。
毎年オクラも倒したら埋め込んでいるのですが、解体作業には
薪割り用の手斧を使ってます。ほとんど木ですからね。
秋冬物は、白菜とキャベツは第一陣を定植。八月末に蒔いた
ニンジンは順調に発芽して現在本葉の出始め。
台風の一週前に蒔いた大根も順調に発芽。ただし畝の半分は
おそらくコオロギだと思いますが葉を食われて蒔きなおし。
秋じゃがのつもりで埋めたインカのめざめは全く出る気配なし。
去年は来週にカブなどを蒔いてるので、少し畑が乾いたら
種が残っているカブ、小松菜、サンチュを蒔いてみようかと。
玉ねぎの種まきはいつごろだったかなあ。。。
ヒゲおやじ
2018年09月09日 23:12
キヨシさん、ありがとうございます。
はい、備中鍬では刃が立ちません。 ここはやはり石鍬とか砥鍬が必要ですね。 ヒゲおやじもオヤジが使っていた何十年ものの石鍬を使っています。
ヒゲおやじ
2018年09月09日 23:15
マタさん、ありがとうございます。
ああ、なるほど手斧を使えばいいのですねえ。それは思いつきませんでした。
カブとダイコンはこの大雨に叩かれて、多分蒔き直しが必要なようです。
畑に入れないのでまだハッキリとはわかりませんけどね。

この記事へのトラックバック