カブもダイコンも発芽はしたんだけど! うーん?

この大雨の前にどちらも発芽。 でも、この大雨に耐えられるかどうか心配だったんだよね。
畝を見ると雨に叩かれて流されて丸くなってしまって。 あー、これでは難しいかなあと思っていたら。


何とカブは元気。

画像


どちらも種を蒔いたのは9月6日だねえ。









それで発芽したのが9月8日。

こちらはカブで。

画像








これがダイコンだねえ。

画像


そう、9月8日の午前中だね。


この後二日続けて大雨で。 こりゃ難しいかなあという話しなんだけどね。

ところがカブはそのまま大きくなって最初の映像のとおりで。

あらー、元気で何よりだねえ。 と思ったんだけど、ダイコンは意外な結果に。


えーっ、いつの間に?

画像

この大雨の中発芽したんだねえ。


でも、なんでこんな形に?






見てみると全部こうなっているんだなあ。

画像


折角発芽したのに何かに食べられているんだ。


何者? うーん、よくわからんねえ。 食べ方を見るとバッタのような気もするけど、この二日間はずっと雨だからね。 バッタが活躍するかなあ。

雨でも平気で動くのはカタツムリやナメクジか? その可能性もあるなあ。

いずれにしても蒔き直しをしないといけなさそうだね。



でも、その前に何者か特定したいんだよね。

なので、取り敢えずはカタツムリやナメクジを想定して、ナメトールを周辺にばらまいて。
これで変化があるかないかだよね。 この後も食べられているようなら、ナメクジなんかではなくてやはりバッタかなあということになるんだ。


そうなると不織布か何かをかけて守らないと。


でも、ダイコンをこんなに食べられたのは初めてかなあ。

ま、この様子次第で方針を決めよう。




ところで今日は畑仕事は無理なので、先日刃研ぎをしたグラストリマーを試して見よう。


まずはこの辺りで。

画像

ここは道路沿いで見苦しいのでね。

本来なら草刈正雄がやるところなんだけど、ちょっと試しに。



あー、取り敢えずは切れるけど。
硬くて立っている草なら何の苦もなく切れるよ。 でも柔らかい草はちょっと難しいねえ。

刃が触れても切れずに倒れてしまうんだ。
やはり草刈正雄に比べると刃の回転数が少ないというか遅いからねえ。 スパッと切れないんだなあ。

それと刃研ぎの時に説明したように、刃の角が丸くなっていただろう。 だから滑るんだなあ。
やはりあそこは角を立てておかないといけないようだねえ。


でも、立っている草はそこそこちゃんと切れるので、まあ見苦しくない程度には刈れるようだね。

画像


まあ、これは名前のとおりグラストリマーなので、草刈り機が刈り払い機と言われるのに比べて、これは行ってみれば刈り揃え機だからね。 まさにトリミングをする道具なんだねえ。

なので広い範囲をバサバサとやっつける道具ではないということだねえ。


それでもこういう狭い通路とか家庭の庭なんかでは重宝すると思うよ。



ついでにこの辺りもやっつけて。

画像









まだバッテリーが余っていたので、本格的な草刈りに挑戦。

画像

これは本来なら草刈正雄の領分で、草丈が30センチほどの草がビッシリ生えているところだねえ。

うーん、さすがにこれは無理だろうと思ったんだけど。







やってみると、何と。

画像

意外と働くではないか。


ほほー、やるもんだねえ。


でもね、やはり硬い草は難なく刈り取るんだけど、柔らかい草は切れずに寝てしまうんだねえ。

今は全部寝ているから目立たないけど、明日にでもなればそいつらが起き上がって、ピョンピョンと目立つことになるんだろうねえ。

まあ、それでもこのくらいの実力があれば、グラストリマーとしては十分だろうねえ。




さて、畑は今のところこんな状態。

画像

水はすっかり引いているので、後は乾けば作業再開だよ。


やるのは秋冬用の畝作りだねえ。









今日は朝のうちは曇っていたんだけど、午后からは晴れ間も見えて夕刻にはこんな空に。

画像


いやー、もう空はすっかり秋だねえ。



明日は晴の予報。 でもまだ畑は乾かないからね。 さて、何をするかなあ。

第二の除草? うん、それも有りかもね。




あ、そうそう、今回の大雨。 本当に大雨だったねえ。

ほら、ヒゲおやじのバケツ雨量計。 雨の前に空にしておいたものだよ。


それが。

画像

もうバケツの縁ギリギリだねえ。 まだ越えてはいないので、これが降った雨の量そのものだよ。

計ってみると、なんと250㎜もあるんだねえ。


このバケツ雨量計で測りだしてから、最高でも30ミリくらいだからねえ。
如何に凄まじい雨だったか。


いやー、もう当分雨は要らないわ。





ありがとうございます。







明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

おかちゃん
2018年09月11日 23:03
はじめまして
いつも拝見させていただいております。
大根が食べられるのは、うちでは決まって「ダンゴムシ」です。
毎年やられて困ってます。

結構近隣なので台風ニュースも超身近です(笑)。
ヒゲおやじ
2018年09月11日 23:21
おかちゃんさん、初めまして。 ありがとうございます。
ああ、なるほどね、ダンゴムシの可能性もありますねえ。
食べられ方から見ると、ダンゴムシっぽいですね。 でもあの雨の中で出て来ますかねえ。
たくちゃん
2018年09月12日 02:11
こんばんは、いつも拝見しています。
うちのダイコンも9日に発芽して、せめて毎年やられるオンブバッタと
青虫から守ってやる算段を、と思っていた矢先にモンシロチョウがヒラヒラ飛んでいるのを見つけ、様子を窺っていると案の定産卵されてしまいました。
まだ双葉がようやく地面から出たとこなのに!
じっくり見てると、双葉にとまってお腹を「J」の字に曲げて葉裏に産卵しては隣の双葉に行って繰り返し。
追っ払ってから双葉の葉裏を見るとほとんどに卵が付いてました!
1葉ずつ潰していったら腰が痛いのなんの 笑
夕方に応急処置で防虫網をべた掛けしておきましたが、何で解るんでしょうね!そこにダイコンがたった2cmほど発芽してるのが。しかもお腹を「J」の字に曲げて葉裏に産卵、
明日もういちど端から点検してみます、やれやれ。

ヘビースモーカー
2018年09月12日 13:47
はじめまして、いつも楽しく拝見させて頂いております。
私も去年大根、白菜、カブ、水菜すべて虫にやられました。
今年は対策で全てネットをかけ、現在順調に育ってます。
本で読んだんですが、虫がつくのも連作障害であると書いてました。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:39
たくちゃんさん、ありがとうございます。
幼虫の餌になるものはよくわかるようですよ。 蝶に寄って全部それが違うというのも凄いですよね。 例えばアゲハチョウは柑橘類にしか卵を産みません。 モンシロチョウはキャベツが多いですね。
そういうのも見てみるのも面白いですよ。
ヒゲおやじ
2018年09月12日 23:43
ヘビースモーカーさん、初めまして。 ありがとうございます。
うーん、それはどうかわかりませんが、元気に育っているものには虫が付かないとは言われていますね。 どうやら紫外線の反射率が違うそうです。
欲反射している野菜には虫が寄りつかないとか。 つまり弱った野菜には虫が来るということですね。 となると連作障害も関係するかも知れませんね。

この記事へのトラックバック