タマネギの種蒔き! ようやくだよ、ほんとに。 

台風が来るので遠慮していたタマネギの種蒔きをしよう。 うかうかしていると次が来るからねえ。
本当はもうちょっと早く蒔く予定だったんだけど、できれば台風が過ぎた後にしたいと思っていたら、遅くなってしまって。



蒔くのは第二農園。 本当は第一に蒔きたいんだけど、そのスペースがないんだねえ。

なので急遽苗床を作ったんだけどね。

画像


まずは蒔き溝を掘って、そこに野菜の培養土を入れるんだ。

その上から支柱を押しつけて蒔き溝を作る。


普通に土のままでやってもいいんだけど、なかなか均等な深さの溝が作れないんだよね。
それで少し深めの溝を掘って、そこに野菜の培養土を入れて、その上から太めの支柱で押しつけるんだねえ。

そうすると深さが均等な蒔き溝が出来るんだよ。


何故そこまで? と思うかも知れないけど、深さを均等にすると発芽の時期が揃うんだねえ。
そうすると成長もほぼ揃ってくるので、大きさの揃った苗が出来るという算段だねえ。


これが土の上でやると、均等に均したつもりでも、結構デコボコがあって種の深さに差が出てしまうんだねえ。
大きな種ならそのくらいは全然問題ないんだけど、タマネギの種は小さいからねえ。



あ、そのタマネギの種なんだけどね。

今回はこれを使うことに。

画像

これは中晩生の品種だよ。

晩生を使うことが多いんだけど、実は晩生はどうしても収穫が遅いので、夏野菜の種蒔きや植え付けに間に合わないことが多いんだよね。


なので少しだけ早く収穫出来る中晩生にしてみたんだけどね。 さあ、目論見どおり上手く行くかどうか。






で、種を蒔いて、その上に薄く培養土をかけて。

その上から太めの支柱でしっかり押さえて種を固定。

画像
 

あ、そうそう、もう一つ話しがあってね。 ここでは野菜の培養土を使っているけど、本当は種蒔き用の培土を使うのが正しいやり方だよ。

でも、それって結構高いんだよね。 で、野菜の培養土を使ってみたら、まずまず使えたのでそれを使うことにしているんだ。


何処が違うの?

ああ、見た目には同じようなもんだけど、種蒔き専用培土には肥料分が入ってないんだよね。
それに対して野菜の培養土には、一月分くらいの肥料が入っているんだねえ。

種は発芽までは自分が持っている胚の養分で生長するので肥料は必要ないんだねえ。
逆に肥料分によって腐敗してしまったりすることもあるので、できれば無肥料のものを使いたいんだけどね。




さて、後は水をしっかり遣ったら出来上がりだよ。

画像


この時もドバドバと大量にやってはいけないよ。 静かにゆっくりと少しずつ湿らせるようにやるのがコツだねえ。

一気に大量にやると培養土も種も浮いてしまって、蒔いた位置と違うところに動いてしまうからね。



で、この後は不織布をかけようと思ったんだけど、持ってくるのを忘れてしまったよ。
明日にでもかけてやろう。 また台風が近づいているので、大雨でも降ると種が流れてしまうからね。




さて、第一に戻って。

先日作った畝を完成させようかと思ったんだけど、なんかまだ湿り気が多すぎて。

画像


無理をすれば出来なくもないかなあとは思ったんだけどね。
まあ、明日でもいいだろう。 少しは乾くだろうからね。







ところで風でやられてクタクタになっていたハクサイも。

画像

ほら、元気に立ち上がって来たねえ。


ならば丁度追肥の時期なので追肥をしてやろう。

こういう時期には液肥が適当だよ。






こちらのキャベツにも追肥をしてやろう。

画像


あ、そうそう、面白い事を発見したよ。


3本のキラキラテープを張っているだろう。 これ、もしかしたら蝶が嫌がるかなあと思って張ったんだけどね。

そしたら何と、飛んでは来るんだけどこのテープの下には入らないんだよね。
何回か見ているんだけど、この上を飛んではいるけど入っては来ない。

おー、これはもしかしたら大発見かも。 これで蝶を寄せ付けないのなら楽ちんだよね。

でも、これは何回か見たというレベルなので、完璧に防御出来ているかどうかはわからないんだよ。



よし、来年はこれを最初からやってみよう。 ネットを張るのは面倒くさいからねえ。





ナスもそろそろかなあ。

画像

このまま放置すればまだまだ生り続けるんだけどね。

それはそれで有り難いことなんだけど、この畝もそろそろ空けないと。

土地が広くて十分に遣り繰りできる状態なら最後まで作り続けるのがいいと思うけどねえ。

でも、残念ながら普通の家庭菜園だとなかなかそうはいかないんだよね。
畝の遣り繰りが難しいんだ。 もう直ぐに次のものが待っているからね。


なので、残念ながら涙をのんで。 って、そこまで大袈裟な話ではないけどね。

今年は随分な豊作で、堪能するほど楽しんだので、もうそろそろいいかなというところだね。
これは今日明日ということではないので、そろそろそのうちにという話しだけどね。



ということで今日の畑。

画像


この晴も明日まで。

木曜日からはまた雨で、その後はまたまた台風だよ。 今度のはでかいらしい。


もう台風は要らないけどねえ。 雨も十分だし。 稲刈りを控えたこの地域では、農家さんもビクビクものだよ。
稲が倒れて水に浸かると売り物にならないからねえ。



それがまた24号と全く同じコースをたどっているので、余計に心配だよね。


今回も何事もありませんように。





ありがとうございます。








明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ






この記事へのコメント

暇人さん
2018年10月03日 08:01
おはようございます。
ネオアースは大玉になるので人にあげる時に喜ばれ、かつ貯蔵性もよい(公式では2月)ので使いやすいですね。
つり玉にして車庫につるすと重すぎ、別の意味で大変でした。
昨年度の記録を見ると(愛知県の平野部ですが)ネオアース10/1播種11/25定植2/下追肥(1回だけ)5/20収穫。昨年は播種後の天候不良で苗の生育がいまいちで定植が5日程度遅れましたが収穫時期は変わりませんでした。
昔は追肥を2回(1月下旬と2月下旬)行っていたら花が咲いたので追肥1回厳守しています。
うまく成長するとよいですね。
ヒゲおやじ
2018年10月03日 23:08
暇人さん、ありがとうございます。
多分これは何年か前に使ったことがあると思うのですけどね。 その時の結果は全く覚えてないので。 はい、参考にさせてもらいます。

この記事へのトラックバック