今日は子持ち高菜の種蒔き! でもその前に畝を作らないと。

ということでようやく畝作りだよ。 早くしないとそれこそ明日からは雨だからねえ。
台風の進路にもよるけど、日曜日くらいまでは雨の予報で。 大急ぎでやっつけないと。


その前に、昨日のタマネギに不織布をかけてやらないと。

画像

これが昨日種を蒔いたところだねえ。


明日から雨だし、台風もやって来るので種が流されないように不織布をベタ掛けしてやろう。







まあ、こんなもんだね。

画像

というか、これで少々の大雨でも大丈夫だよ。


というのが午前中の話しで、午后からはいよいよ畝作りだよ。







こちらはシュンギクとレタスを植える予定の畝だねえ。 そうそう、先日途中まで作ったやつだよ。

画像


もう石灰も肥料も入れてあるので、後は土塊を砕きながら形を整えるだけだねえ。









そのレタスはまだ芽が出たばかりで。

画像

植え付けまでには2週間とか3週間かかるだろうねえ。


それよりはシュンギクの種蒔きが急ぐからねえ。







ということで、畝作り完了。

画像


もう直ぐにでも種蒔き出来るんだけど、実はもう一本作らないといけない畝があるんだよね。








そう、それがこちら。 これは子持ち高菜を植える予定の畝だよ。

画像


こちらも石灰も肥料も入れてあるので、後は土塊を砕いて形を整えるだけだねえ。









さあ、出来上がりだよ。

画像


子持ち高菜は水捌けのよい砂地なら平畝、水捌けの悪い粘土のつちなら高畝にするのがいいらしい。
ということで、こちらは高畝に。



で、まだ時間があるのでどうしようかなあと思ったんだけど、そうだ、子持ち高菜の種を蒔いてしまおう。
時期的に少し遅れているしね。




てなことで急遽種蒔き。 本当は少し畝が落ち着いてからの方がいいんだけどね。


まずは蒔き溝を掘って。

画像


今回は畝を作って直ぐなので土が軟らかいんだよね。

なので、太めの支柱を押しつけてつくった蒔き溝に直接種を蒔いてやろう。


あ、そうそう、子持ち高菜は苗床に蒔いて、本葉が出て来たら植え替えるんだよ。






さあ種を蒔いたよ。

画像


んっ、なんも見えんなあ。









これならどうよ。

画像


種の間隔はこんなもんかなあというもので。 というのも種袋には条蒔きとしか書いてないんだよね。

それで混んだところは間引くようにだって。 で、本葉が5,6枚になったら定植すると書いてあるんだねえ。


もうちょっと詳しく書いてくれないと、素人には難しすぎるけどね。

まあ、何とかこんなことで間に合うだろう、みたいなやり方だよ。 多分大丈夫と思うけどね。





で、この上にいつもの培養土を載せて、支柱で圧着して。

後は水遣りをして出来上がりだよ。

画像



さあ、懸案の子持ち高菜も種蒔き出来たし、後は今度の台風の行方次第で、どうするかなあというところだね。


もし、明日雨が降らなければシュンギクの種蒔きをするかなあ。
これも種が小さいので、やりにくいんだけどね。


でも、朝から降る予報なのでどうなるかわからんよ。


それよりも台風だねえ。 今度はどっちに行くのかなあ。 もう来なくていいけどね。




ありがとうございます。








明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック