ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS キンモクセイの剪定! 花後の今しかないからね。

<<   作成日時 : 2018/11/06 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 8

畑の方はちょっと一段落、ならば急いで植木の剪定をしなければ。
今年の夏は暑すぎたので何もしてないんだよね。 でも、キンモクセイだけはしておかないと。
それがきっかけで次々とやることになって。


そうなんだよね、我が家のキンモクセイは毎年満開。
「なんでこんなに咲くんですか? うちのは全然花が咲かないんですけど」という人が多いんだよね。

聞いてみると、業者にお任せでお盆前に剪定しているんだって。
これでは花は咲かないよね。 だって、花咲くところを全部切ってしまうんだから。


ということで、キンモクセイの剪定は花後直ぐにだよ。 遅くとも二月の終わりまでくらいにはやってしまわないと。

はい、これが我が家のキンモクセイ。

画像


丁度花が咲き終わったところだねえ。


なので急いで剪定をしてやろう。


基本は今年伸びた芽の付け根まで切り戻してやるということだね。
この木は非常に成長力が強いので、放っておくと何処までも大きくなってしまうからね。

なので本来は我が家のように狭い庭に植えるのはダメなんだよ。 もっと広いところでのびのび育てるのが一番いいやり方だね。 その場合は剪定というよりは、ピンピンと不規則に飛び出した枝だけを切り取るのが正解。


我が家はそんなことをしていたら大変なことになってしまうので、毎年現状維持のところまで剪定だね。



それからものすごい数の枝が出るので、これを適当に抜いてやる必要があるんだねえ。
要するに木の中まで日が差し込んで、風が抜けるようにしてやるってことだね。
そうするとまた新しい芽が出て、木が茂ってくるんだなあ。 繁ったらまた抜く。 これの繰り返しで。



そんなことを言っている間に出来上がりだよ。

画像


どうよ、随分スッキリしただろう。








続いて樫の剪定だね。

画像


これも以前はこれより1メートルばかりも高かったんだけどね。 とてもじゃないけど恐ろしい。
ということで、少しずつ上を切り詰めて、ようやくこの高さに。


だから一番上の形がまだ整ってなくて歪なんだよね。








それでこれを剪定しようとしたら風が強くて。
キンモクセイは葉が重いのでそう簡単には飛んでいかないんだけど、樫の葉は軽いので何処までも飛んでしまうんだねえ。

それではご近所に迷惑をかけてしまうので、まずは庭の方から剪定開始。

画像


そうこうするうちに風も弱まってきたので、ならばやってしまうか。








ということで、これで完成。

画像


丁度日差しが南側の家の影に入ったので、こんな具合だけどね。








ついでに南天も切ってしまおう。

画像

これもこんなにぼうぼうになってしまって。


それでね、ほら矢印をしたところに電気のメーターがあるんだよね。
これの検針に来るお姉さんと言うよりはおばさんだけど、道路からこの南天越しに望遠鏡で覗くんだねえ。

「見えますか? 大丈夫ですか?」って聞くんだけど、「はい、大丈夫ですよ」とは言いながら見にくそう。



なのでこれも整理して見えやすくしてあげなければ。

画像

ほら、見えるようになっただろう。




これは剪定ではなくて間引きだね。

つまり根元から沢山の幹が立ち上がっているのを、大きなものや混み合っているものを間引いてしまうんだねえ。



その結果がこれだよ。

画像


これも次々と増えるのでねえ。 縁起の良い木なので、一株は植えておくといいとは思うんだけど、ちゃんと手入れをしないと猛烈に増えるからね。








そうそう、これはピラカンサ。

画像

一度鉄砲虫、つまりカミキリムシの幼虫にやられて枯れかけていたのを復活させて、今丁度形を作っているところだねえ。 なので不細工な形をしているんだなあ。 あと何年かするといい形になると思うよ。







これも余分な枝を切り払って。

画像

これこそ何処をどう切っても芽が出るので、切り方なんてものはないんだけどね。

まあ、自分の感性で切るしかないのかなあ。


もうちょっと切り詰めたいところなんだけど、今日はもう時間切れで、その辺りはまたゆっくり考えよう。



てなことで、今日は庭の植木の剪定の話しで。 これもキンモクセイがなかったらこんなにはやってなかったかもね。 何かきっかけがないとなかなか手が付けられないんだよね。

後は生垣の手入れなんだけど、これは何時のことになるか。



畑の方はカラカラでねえ。 一雨降ってほしいんだけど、それが予報では京都明日は雨の予定だったので期待していたんだけど、いつの間にか晴に変わってしまって、次の雨の予報は金曜日だねえ。

一雨降ったらソラマメの畝にマルチをかけて、エンドウの畝に支柱を立ててと予定しているんだけど、それがなかなか思うようにならないんだよね。


いやー、早く降ってほしいもんだねえ。




ありがとうございます。







明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家の金木犀、今年はなぜ咲かないのかと思っていたけど・・・
そういえばあまりに伸びたので、夏に剪定したからなのですね。
来年は花の咲いた後と覚えていて・・・
あの香りが漂ってこなくて、寂しい秋となりました。
みつこ
2018/11/08 11:27
いつも楽しく拝見させてもらっています。実は、晩生の玉ねぎの苗を早く買ってしまい、今は仮植えしています。後4〜5日したら、定植しようと思っているのですが、苗は前日に掘って、少し根を乾かしたほうが良いのですか?それとも掘って直ぐに定植したほうが良いのでしょうか?悩んでいます。
広島のgo−ya
2018/11/08 12:07
東海地方の今日は、小春日和というか小夏日和というか。

我が家の金木犀、去年、初夏ころに業者が大胆に選定しましたが
剪定されたとこからは、新しい枝がギュンギュン伸びて
結局、花は全く付かず。その前の年に自分で枝を梳いたあたりには
例年通り花が付き、少ないながらも香りは楽しめました。
今日は、午前中、昨日買った早生玉ねぎ百本を植えてきました。
おやじ流を真似して、端境期にネギ代わりにしようという
魂胆です。ついでに、絹サヤと小カブと小松菜を蒔いてきました。
最近実感しているのは、今年の種は発芽率が90%以上、去年のが
50〜60%、一昨年のが20〜30%、四年目の種は10%以下。
一昨年以前に買った種は使い切ってしまうことにしました。
マタ
2018/11/08 14:19
ヒゲおやじさん。
こんばんは、いつも楽しみにして色々参考にさせてもらっています☺その後のオケラ戦争はどうなりましたか⁉非常に気になる内容でしたので投稿させて頂きました、自分もホーレン草半分近くやられましたが初めてオケラ被害と認識しました。
Gamaturu
2018/11/08 19:59
みつこさん、ありがとうございます。
そうですね、結構勢いよく伸びるので、見苦しい空と剪定してしまう人が多いのですね。 その結果花が咲かない。 花はともかくこれは秋を告げる香りなので、是非辛抱してくださいね。
ヒゲおやじ
2018/11/08 23:05
広島のgo−yaさん、ありがとうございます。
晩生ですか、一月早いように思いますねえ。 いまから植えると多分薹立ちするかも知れませんね。 根を乾かすかどうかは苗の状他意によります。
青々としていれば少し乾かした方がいいですね。 仮植えというのは余りしないのでどうかわかりませんけど、掘り上げて直ぐは植え付けない方が無難です。
ヒゲおやじ
2018/11/08 23:08
マタさん、ありがとうございます。
初夏頃は最悪ですね。花芽を摘んでいるようなものです。 キンモクセイだけは自分でやってください。
発芽率は大体そのくらいですね。 ただし保存方法にもよります。
ヒゲおやじは3年を目処に処分しています。
ヒゲおやじ
2018/11/08 23:11
Gamaturuさん、ありがとうございます。
いや、まだ集結していません。 最終的には乾燥しかないので、この冬に徹底的に掘り返してやろうと思っています。
ヒゲおやじ
2018/11/08 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
キンモクセイの剪定! 花後の今しかないからね。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる