ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪戦苦闘・四苦八苦! いつものことだけどね。

<<   作成日時 : 2019/01/28 14:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 6

何のこと? って、畝割りだよ畝割り。 つまり春夏野菜を何処に何を植えようかという話しだ。
そんなこと簡単? なんだけど難しいんだなあ。 畝の大きさや連作なんかを考えて配置を決めて行くんだけど、それが今植えてある野菜との関係もあってなかなか上手く行かないんだよね。


これがその作業表なんだけどね。

画像


緑色で塗りつぶしてあるところは今何かが植えてあるところだねえ。

そこに4/中とか書いてあるのは、その野菜が撤収されるであろう時期なんだ。
この場合は4月中旬の意味だよ。
その下辺りに鉛筆で野菜の名前と時期が書いてあるのが、ここに植え付ける予定の野菜ということだねえ。

でも、これはあくまでも予想と予定なので実際とは違ってきたりするんだなあ。 つまり撤収の時期が予想より遅れたりすることも多いんだねえ。
そうなると計画どおりにはいかないので、また考え直さないといけないんだ。


とは言っても取り敢えずの計画を立てないと、行き当たりばったりではメチャクチャになってしまうからね。

ところが、その取り敢えずが、見てのとおり書いては消し書いては消しで、なかなか決まらないんだなあ。
一旦はここに植えようと決めて治まったかに見えても、畝のサイズとか日当たりとか水の便とか色々考えていると、やはりこっちにしようとかね。

一つ動かすと当然追い出されるやつが出て来て、それがまた次のやつを追い出して。
何とも収集が付かなくなってしまうんだねえ。。

それでも「連作障害をできるだけ回避する」という原則は曲げられないので、適当にとは行かないのが難しいところで。
なので行ったり戻ったりが起こるんだねえ。


もう終いには何が何だか状態だよ。


これで大体6月くらいまでに植え付ける野菜の畝割りなんだけど、春夏野菜は種類が多いのでねえ。
どうしてもこんな具合になってしまうんだなあ。

その点、秋冬野菜は大物の冬越し野菜、ソラマメ、エンドウ、タマネギを押さえてしまえば、後は何とかなるので比較的簡単なんだけどね。


ということで、取り敢えずは植え付け計画完成でよ。 まだ小さなものはいくつか残っているけど、基本のものは押さえたからね。


後は、この計画に沿ってできるだけ撤収を遅らさないように、畝作りも早め早めにやっておかないと。




ということで、早速もう置いておいても収穫は望めない野菜の撤収をしよう。

これはシュンギクだねえ。

画像


もう薹立ちを始めたので、これ以上は無理だからね。







はい、撤収終了。

画像


 







それからこちらは水菜だねえ。

画像


これは春には花芽が出て、これは結構美味しいんだけど、今年はあまり出来が良くないのでね。
もう撤収することに。








画像


広い畑があって、畝割りに余裕がある人は、こういうのは置いとくといいけどね。
そうでない人は、思い切りが必要だよ。 もうちょっとという気持ちはわかるけどね。 それをやると畝の遣り繰りが難しくなってしまうんだ。

でも、こういうシュンギクや水菜のように一斉に撤収するものは簡単なんだけどね。 何時決断するかだけの問題だからねえ。

ところが単独で収穫して行くダイコンとか白菜なんかは困るんだよね。 残っているやつを一斉にというわけにはいかないからねえ。 なので計画が狂うということにもなるんだねえ。

例えばこちらはダイコン。

画像


これはもう残りが2本だから、いつでも抜こうと思えば抜けるけど。






これは白菜で、まだ8株も残っているんだねえ。

画像


これを一度に全部収穫しても困ってしまうだろう。
通常のペースだと、大急ぎで食べても我が家と娘のところで週2株がいいところかなあ。
そうすると4週間。 大方一月もかかってしまうんだねえ。

今回は余裕を持ってサトイモを予定しているから大丈夫なんだけど、2/中に空くからと予定していても空かないこともあり得るって話しだからね。 その辺りをよく考慮しておかないといけないんだよね。

どうよ、面倒くさいだろう。

 
まあ、いずれにしても次を考えて早めの決断がお勧めだね。






ということで、今日の畑。

画像



というのが昨日の話でね。



今日は朝から冷たい雨。 これでは畑仕事は無理だだなあ。


ということで、昨日書く予定だった記事を書いているところだよ。


なのでヒゲおやじとしては異例というか珍しい時間帯での公開だね。
あ、雨が上がったので何か出来るかなあ。 でも、寒そう。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ







月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 65
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして!こんばんわ!
畑仕事一年生の emisanです。
畑のことを検索していると 必ずヒゲおやじさんの記事が目につき拝見しております。
高齢の姑から畑を引き継ぎ 右も左もわからないまま ネットや本を参考にして 毎日 試行錯誤しながら 畑仕事をしています。
私も畝割り?らしきことをやっています。
昨年一年 後のことを考えないで 難しいことも考えないで 色々 植え付けたので困っています。
今年はよく考えてみようと思っています。
また、お邪魔いたします。
emisan
2019/01/28 22:21
初めまして。

 私は、トマト、ナス、メロンを毎年同じ畝で栽培していますが、連作障害になったことは一度もありません。連作障害を回避するために「石灰窒素」を投入しているからです。

 ただし、メロンがモザイク病に感染したり、キャベツが「菌核病」にかかった場合は、「バスアミド微粒剤」で土壌消毒をしています。また、豆類は窒素肥料は控えた方が良いので、エダマメなどでは石灰窒素を用いず「ミネラルJ」という肥料を投入しています。
親切なおせっかい
2019/01/29 13:55
emisanさん、初めまして。 ありがとうございます。
そうですか、それはそれは。 でも、野菜作りって「ねばならない」はないですからね。 中に作って楽しめばそれが最高です。 仕事でやっている農家さんはそうは行きませんけどね(笑)。
ヒゲおやじ
2019/01/29 22:22
親切なおせっかいさん、初めまして。 ありがとうございます。
なるほど、そういうやり方もあるのですね。 大いに参考になりました。
この辺りの農家さんが言っている「嫌地」というのをご存知ですか?
広い意味での連作障害かと思いますが、病気になるわけでもないのに何となく上手く行かなくなる症状を言うらしいです。 それの対策もご存知でしたら教えてください。
ヒゲおやじ
2019/01/29 22:27
 ヒゲおやじさん、「嫌地」というのを直接知っている訳ではありませんが、ただ想像するに土壌消毒その他でもダメな場合は、最終手段として「客土」しか方法がないのではないかと思います。
親切なおせっかい
2019/01/30 09:16
親切なおせっかいさん、ありがとうございます。
どうも農家さんが言っているのは違うようなのですね。
同じものを同じ場所で作り続けると嫌地(いやじ)になるんだそうです。
違う野菜を作ると全く問題なく出来る。 これは多分微量元素の枯渇かも知れませんね。
ヒゲおやじ
2019/01/31 23:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪戦苦闘・四苦八苦! いつものことだけどね。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる