キュウリの種蒔き! その他諸々だねえ。

キュウリも品種によって少しずつ時期が違うので、何でも今が適期というわけではないからね。
その辺りは種袋に書いてあるので、それを守るようにしよう。
その他諸々って?  えーと、ソラマメの脇芽欠きと5段目の紐張りだろう、それからダイコンの蒔き直し、子持ち高菜と小松菜の撤収とかだねえ。


まずはキュウリの種蒔きだね。

蒔くのはこちら。

画像


名前のとおり非常にシャキシャキ感のある美味いキュウリだよ。 そうだねえ、昔のキュウリにちょっと近い感じかも。 ヒゲおやじもカミさんもこれが大好きでね。









蒔くのはポット。

画像


今回は一粒ずつだね。

もちろん指導本には三粒とか書いてあるけど、発芽率を見ると85%なんだねえ。
それで予定しているのは8株。 それに三粒ずつ蒔くと24個も種がいるんだ。 でも種袋には17粒しか入ってない。 これは不都合だろう。

でもね、発芽率が85%もあるのに何で三粒ずつなんだろうねえ。 これが不思議でたまらないんだよね。
なので今回はポットを10個用意して。 そこに一粒ずつ蒔くことに。

これで発芽率が85%なら、8個は芽が出るという計算になるよね。 必要なのは8株だから、これでいいわけであって。

必要な種は10粒。 ほら、全然省エネだろう。 なんでも指導本を鵜呑みにしない方がいいよ。


上から種蒔き培土を掛けて水を遣れば種蒔き終了だよ。





それからソラマメだねえ。

もう頻繁に雨が降るのでなかなか脇芽欠きが出来ないんだよね。

画像


というのも茎や葉が濡れているときに脇芽欠きはやらない方がいいと地主さんに教えてもらったのでね。
濡れていると切り口から黴菌や病原菌が入りやすくなるんだとか。


それで乾くのを待っている間にまた雨が降るだろう。 だから脇芽が出ているのが見えていながら、なかなかそのチャンスがなくてねえ。


今日は乾いているのでそのチャンス。



ほら、沢山出ているだろう。

画像








こちらにも。

画像


この他にも軸の途中から出ているやつも沢山あってね。 これがなかなか見付けにくいので、葉をかき分けながら探さないといけなかったりするんだよね。


中には大きくなって花が咲いているやつもあったりしてねえ。
それでも脇芽は脇芽。 遠慮なく取ってしまうんだ。

ところがもう花も咲いているし勿体ないと残す人もいるんだよね。 まあ、それはその人の主観なのでそれをいいとか悪いとかは言えないからお好きにどうぞなんだけど、ヒゲおやじは徹底して取ってしまうんだ。





ほら、こんなに沢山。

画像


中には随分大きくなっているやつもあるだろう。
本当はこうなる前に取らなくては。







で、ついでに5段目の紐を張っておこう。

画像


今はものすごい勢いで成長しているのでね。 早く張っておかないと風が吹くとヤバイので。









さて、次はダイコンの蒔き直しだねえ。

折角綺麗に芽が出たと思ったのに。

画像


えーっ、だよねえ。 全部食べられてしまって。








こちらも。

画像


というかほぼ100%、全部こんな状態でねえ。

これって何だろうねえ。 いやー、ヨトウムシとかナメクジの食べ方とは違うような。
それで不思議なのは引き抜いたと思われるものが何本もあるんだねえ。

そんなことが出来るのは鳥くらいだけどなあ。 鳥がこんなものを食べるかなあ。

いやー、これは不思議。




てなことで、これは蒔き直し。

画像
 








で、もしかして鳥ならと不織布を掛けておくことに。

画像










次はニンジン。

画像


あー、やっぱりなあ。 こうなるとは思っていたんだけど、やっぱりか。

確かに芽は出ているんだけど、これくらいの固まりがあちこちにパラパラと。








ほら、こんな感じでね。

画像


また例のオケラにボコボコに掘り返されてしまっているんだ。 去年と同じだよね。

うーん、これも追加蒔きしないといけないなあ。 しかし、どうしたらいいのかねえ。
オケラ対策のよい方法が見つからなくてねえ。








それから後は撤収作業。

まずは子持ち高菜。

画像


今年はあまり出来が良くなかったねえ。 そこそこ収穫は出来たんだけど、豊作にはほど遠い感じで。

もう脇芽も出ないので撤収。








はい、こんな感じ。

画像


でも、これって結構手こずったねえ。 何しろ根が強くてね。 ガッチリ張っているので鍬を思いきり打ち込んでも抜けないだよね。 何度か打ち込んで少しずつ根を剥がしながらみたいな感じでね。








それからこれは小松菜。

画像


本来ならもうとっくに終わっているはずなんだけど、カミさんが花芽を食べますと言うもので置いておいたんだよね。 でも収穫は1回だけ。 

アブラナ科の野菜の花芽は美味しいので、もし余裕があるなら時期が終わってもしばらく花芽が出て来るのを待つといいかもよ。





で、これも撤収。

画像


この後はカボチャを植える予定だよ。

ちなみに子持ち高菜の後は今日種を蒔いたキュウリの予定なんだ。








ということで今日の畑。

画像


今回は大分様子が変わって見えるねえ。
だんだん春モードになってきたというところかなあ。


それにしても今日は寒かったねえ。 昨日は暑くてどうしようかというくらいだったのに。
午前中は結構暖かだったんだよ。 でも午后になると雲に覆われて、急に冷たい風が吹き出して。
そうこうするうちに雨がパラパラ。 これは大したことはなくて直ぐに止んだけどね。

何だよ、この気温の変化は。 これでは体がついていかないし、野菜も困ってしまうだろうねえ。


明日もこんな天気らしい。 これではサクラも一服かな?





ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

よしちゃん
2019年03月24日 11:26
東北宮城の地は強風と共に雪が横なぐりの様相です、
ソラマメが大きく成長しましたね、私のはまだ不織布がはずせません、

それにしてもヒゲおやじさんは働き者です、
昔の小学校唱歌の「村の鍛冶屋」の歌詞を思い出します、

   しばしも休まず鎚打つひびき~~仕事に精出す村のかじや

あたったでしょう}
mejiro7979
2019年03月24日 14:27
楽しく拝見させていただいております^^
マタ
2019年03月24日 21:01
東海地方の今朝は、野や畑にうっすら雪が。

とは言え昼間はあたたかだったので荒起こしに肥え撒きに。
四月十日前後に予定の、トウモロコシと里芋とオクラの畝の
基礎造作と鶏糞と苦土石灰の配給。
ぎっくり腰再発の心配が頭をよぎるほどの大作業でした。
一体何トンの土を動かしたでしょう。備中一本で。
これで相当目途が立ってきました。
あとは時間をかけられるので、丁寧に畝の整備にあたれます。
今年は、去年の日照りの反省から、里芋やナスは
東海地方独特の、輪中地域の浮田のように、プールに浮かぶ
浮き畝のようなものをこしらえようかと画策中です。
ヒゲおやじ
2019年03月24日 23:15
よしちゃんさん、ありがとうございます。
いやいや、実は天気がいいのにじっとしていると言うのは苦手なのですよ。
以前はもっと体力があったので、朝から晩まで畑にいましたけどね。
今はボチボチです。
ヒゲおやじ
2019年03月24日 23:16
mejiro7979さん、初めまして。 ありがとうございます。
何か参考になるようなことがあれば幸いです。
ヒゲおやじ
2019年03月24日 23:19
マタさん、ありがとうございます。
また凄い働きぶりですねえ。腰は大丈夫ですか?
なるほど浮き畝ですか。 ああ、それはサトイモに最適ですねえ。ヒゲおやじもやってみようかなあ。

この記事へのトラックバック