ネギの植え替え! これって省エネ農法だよ。

ネギはもう葱坊主が沢山出ている頃だねえ。 そのネギどうしている? 
まあ確かに食べるには硬いし味も悪いからねえ。 これはもうお終いってんで、捨てている人も多いかも知れないね。 でも、ちょっと待った! なんだよ、例の今から30分以内にのやつか?
いやいや捨てるのは勿体ない、是非これを活かしてやろうという話しでね。



というのが今日のテーマでね。


第二農園のネギが、もう坊主が沢山出ているんだよね。

画像


こんな具合でね。

ここまで来ると、これはもうダメだなあということで、また新しい種を蒔く。 まあこんなパターンが多いんじゃないかなあ。 かく言うヒゲおやじも以前はそうしていたんだよね。

でもね、余りにも勿体ないだろう。 で、調べてみるとこれを活かす方法があるんだねえ。
これを知ったのは今を去ること10年前だけどね。

これは昔からやっている方法らしいんだけど、知らなかったなあ。



どうするの?

いや、植え替えるだけだよ。 んっ、意味がわからん。
はいはい、ヒゲおやじも最初はそうだったからね。



まずは植え替えるための畝を準備しよう。

画像


少し小さいけどこんなもんでいいかなあ。









まずはネギを全部掘り上げて、根をばらしてしまおう。

画像


これが結構大変な作業で。

いや、掘り上げるのは簡単なんだよ。 でも根をばらすのはなかなか難しい。
もう複雑に絡み合っているので、ばらけないんだよね。

強引にやると根元から切れてしまうしねえ。 そうなっては使い物にならない。


なので根に絡まった土を落としながら、少しずつばらして行くんだ。



で、植え付けは大体3本から5本をひとかたまりにして植えるんだよ。

画像


この本数も多少意味があって、細いネギがほしければ例えば10本とかを植え付けると細ネギになるし、本数を減らせばそれなりに大きなネギになるんだねえ。


で、今回は畝が小さいので3本ということに。


さらにその3本も、出来ればできるだけ太さが同じくらいのものをまとめるといいねえ。
太いものと細いものを一緒にすると、なかなか上手くいかないような気がするんだよね。
多分細い方が大きい方の勢いに負けてしまうんだろうねえ。



選別が終わったら、葉を切り落としてやろう。

画像


丁度葉が分かれているより少し上のところで切るといいねえ。 もし、根が長くて植え付けの邪魔になるようなら、適当なところで切るといいねえ。








それで準備が出来たら植え穴を開けて、まずはしっかり水で湿らせておこう。

画像


植え穴に水が溜まるくらいにしっかり入れてやるといいよ。







水が引いたら植え付けだね。

画像


さあ、これでネギの移植完了だよ。


しばらくするとまた新しい芽が出てくるからね。

種を蒔いてもいいんだけど、この方が確実だし時間の節約になるんだよね。
ネギは長いからねえ。 種を蒔いてから収穫までにものすごく時間がかかってしまって。
その間ずっと畝を占有しているので、畝繰りが大変なんだよね。


その点この方法だと、適当な時期に掘り上げて、邪魔にならないところに植え替えればいいのでね。
それに種からやるよりはもっと早い時期から収穫出来るので一石二鳥だよ。




ということで、第二農園。

画像



これでまた一つ懸案が片付いたんだけど、明日はまた雨が降る予報。

いやー、やりにくいねえ。


今の時期はやりたいことが沢山あるんだけどなあ。


何からやるか、明日の様子を見て考えよう。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

こりん
2019年03月15日 08:28
こんにちは。ネギの植替えって皆さんやっている物だと思ってました。うちの畑では3年程で植替えてる方が多いです。そしてネギ交換して植替えしたりもします。前回植替えたうちのネギ元気ないな〜なんて時に、交換しない?ってヤツです。
かってやん
2019年03月15日 10:45
ヒゲおやじさん、はじめまして、コメント失礼いたします。私は茨城県在住の38才会社員です。昨年家を建て、空いてるスペースに小さな畑をつくりました、ど素人です。
少しずつ色々な野菜にチャレンジしようと考えています。ヒゲおやじさんのブログとても参考になっています。
そこでご相談なんですが、今年はサニーレタスにチャレンジしようと思ってセルトレーに種を撒き、今朝2本の発芽を確認しました。
色々調べたのですが、一般的にセルトレー➡️ポット➡️地植えとされていますが、セルトレー➡️地植えではダメなんでしょうか?
以前、ヒゲおやじさんもレタスでスパルタしていた記事を読みましたが、結果はどうだったのでしょうか?
また、家庭菜園に農薬は少しは使った方がよろしいのでしょうか?
長文失礼しました、よろしくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2019年03月15日 23:20
こりんさん、ありがとうございます。
なるほど交換ですか、それも面白いですねえ。
プランター栽培の人は結構植え替えをしていますね。 地植えの人はあまりやっているようには見えないのですけどね。 気がつかないだけかも知れません。
ヒゲおやじ
2019年03月15日 23:23
かってやんさん、初めまして。 ありがとうございます。
セルトレーから直接地植えも悪くはないですよ。 ただセルトレーのままで植え付け適期まで育てると、トレーの土が少ないので発育が悪く未熟苗や老化苗になってしまう可能性があります。 なので適期より早めに植え付けてください。 本葉2枚くらいがいいでしょう。
gogo
2019年03月16日 22:41
はじめまして!ひげおやじ様!いつも楽しく拝見しております。ねぎの植え替えとは初めて知りました。家庭菜園三年目の若輩者です。過去のネギの記事も読んだのですが、お尋ねです。
植え替えた後の白い部分は食べられるんでしょうか?緑色の葉は新しいのが出て柔らかくておいしいでしょうが
白い部分は前の古いやつですよね?
それと植え替える時にどのくらいの深さで植えたらいいのでしょうか?
いきなりのコメントで質問だらけで恐縮ですがよろしくお願いいたします!
ヒゲおやじ
2019年03月16日 23:36
gogoさん、初めまして。 ありがとうございます。
植え付けたネギも切り口から新しい芽が出ますので食べられますが、それよりも分蘖して沢山増えていきますので、普通のネギの感覚でいいですよ。
深さは根元が埋まる程度です。 深植えは禁物です。
gogo
2019年03月17日 08:38
ひげおやじ様、早速の回答大変ありがたいです!近々やってみますね!
ひげおやじ様の記事は大変為になって私のバイブルになってます(^-^)
これからもどうぞよろしくお願いいたします!また質問することもあろうかと思いますが(;o;)
ワン
2019年03月17日 22:36
このやり方でとれるネギというのは従来の1期目のときだけ収穫し、とうだちしたら捨てるやり方と比べてデメリットはないのでしょうか?
例えば、味が落ちるであったり、固いなど。
ヒゲおやじ
2019年03月17日 23:05
ワンさん、ありがとうございます。
デメリットは全くありません。 味も変わることないですね。
プランター栽培でよくやっている葉の部分だけを切り取って根は残していくやり方とは違うので、1年も経つと見違えるようなネギになりますよ。
ワン
2019年03月17日 23:22
お返事ありがとうございます。
写真のネギは長ネギで合ってますよね?
白い部分の長さは植えかえのときの長さから次の収穫までの間に土寄せすればまた長くなっていくのでしょうか?
ヒゲおやじ
2019年03月17日 23:36
ワンさん、ありがとうございます。
ああ、長ネギですか。 それは違います。 長ネギは無理ですね。
上手く分蘖してくれれば不可能ではないかも知れませんけどね。
これは九条太ネギという葉ネギです。
ワン
2019年03月18日 00:50
お返事ありがとうございます。
葉ネギでしたか。すいません、はじめから長ネギのつもりで質問していました。
実は知り合いの農家さんの長ネギ畑がとなりにあるのですが、1年目の冬に収穫しきれなくてとうだちしてしまった長ネギを、そのまま抜いたり、ゴミにせずに2年目の冬にまた収穫する、ということをその農家さんはされていたので、一般的にこんなやり方があるのかと思ってしまいました。
ヒゲおやじ
2019年03月18日 23:18
ワンさん、ありがとうございます。
いやいやこちらこそ。 なんか話しがかみ合わないなあと思いつつ気付きませんでした。 こちら西日本では単にネギと言えば葉ネギを意味します。
長ネギは長ネギとか白ネギとか古い人は関東ネギとか東京ネギとかいいます。 関東方面の人は単にネギと言えば長ネギですよね。 それは知ってはいたのですが、うっかりしていました。 早く気がつけば良かったですね。

この記事へのトラックバック