あらーっ、冷蔵庫が! と、カミさんの素っ頓狂な声。

それは3月30日の夕刻、ヒゲおやじが風呂に入っている時だったねえ。
カミさんがすっ飛んできて、「冷蔵庫間中が温い 冷凍室のものも全部溶けている」だって。
そうは言ってもヒゲおやじは風呂に入っているのでどうしようもない。 風呂に入っていなくてもどうしようもないけどね。


カミさんは「取り敢えず買い物に行ってくる」と今夜のおかずを買いに。
ヒゲおやじも冷蔵庫を見てみると確かに全く何も冷えていない。 温度設定を間違って触ったのではないかと、色々動かして見たけど変化なし。

うーん、これはいかん、故障だ。

ということで、ヒゲおやじも買い物に。 えっ、何を? 何をって、そらビールに決まっているだろうが。
折角冷やしておいたビールも常温状態。


そういえば前日に、あれっビールがいつもほど冷えてないような。 とは思ったんだよね。
でも一緒に冷やしている炭酸はそこそこ冷えていたので気のせいかなあと思っていたんだけど、やはりあれがそうか。


まあ、この時間で今更ジタバタしてもしようがないので、翌日早速馴染みの量販店に。


なので翌日も朝からドタバタだよ。
開店を待つようにして中に入って。 冷蔵庫コーナーに直行。

あれこれ見ていると、少し離れたところにいた販売員さんと目が合った。 手を上げると直ぐにやって来て、「どうされましたか?」 ということで事情を説明すると、直ぐに対応してくれて、持って行った現行機種の取説を見せながら希望を説明して。

それならこれはどうですか? この場合はこうです、こちらはこういう利点はありますけどサイズがとか色々説明してくれて。 

それがベテランの販売員さんだったので、ほぼ機種が決まりかけたところで「急ぎますよねえ、在庫確認します」と、一度現場を離れて数分後、「この機種は取り寄せになって一週間かかります。 こちらとこちらは在庫があります」ということで、「どうされますか?」。


後はカミさんにお任せだね。 やはり一番使う本人に決めさせないと。

「そしたらこれにします」。 「わかりました、ちょっと待ってください」。
とまた現場を離れたと思ったら、何と「配送にお願いして無理矢理今日中に設置出来ることになりました」とのこと。 うわー、助かった。


通常だと今日の配送スケジュールはもう決まっていて、それ以上は無理なんだそうだけど、さすがはベテランさん。
「なんとかねじ込みました」だって。 

というのも今日中に設置してくれたら明日の朝からは普通どおりに使えるんだよね。
でも明日の設置になると、朝一にやってくれたとしても夕方以降でないと使えないんだよね。

女性の販売員さんだったし、人生経験も豊富な人のようだったので、その辺りは本当に上手くやってくれたと思うねえ。 こちらが困っていることをよく知っているという感じで。



でも、それからが大変なんだよね。

家に帰って早速準備だよ。
まずは今の冷蔵庫を動かして見ると、「うわー、何じゃこりゃ」状態でねえ。

床も壁もホコリの固まりとカビだらけ。
おいおい、これでは新しい冷蔵庫が来ても設置出来ないぞ、ということでカミさんと二人で一生懸命掃除して。


従来は年に一度位は冷蔵庫を動かして掃除をしていたんだけど、もう年を取ると面倒くさいししんどくてねえ。
ここ数年してなかったような。


で、何とか綺麗にはならないけどまあまあくらいのところまで掃除して。
その後は冷蔵庫の搬出と搬入のための通路作り。

といっても別に道を作る訳ではなくて、廊下やなんかに色々物を置いているだろう。 これを全部撤去して。
撤去したらまたその後がホコリとゴミだらけで。 これを掃除して。
動かせる家具は動かして。 どうよ、これくらいやっておけば通るだろう。


と思ったんだけど、これが甘かった。


「多分8時くらいまでに行けるとは思いますが、少し過ぎるかも知れません」と販売員さんからは聞いていたので、それまでに食事を済ませておこう。 当然食材がないのでさすがのカミさんも料理は出来ない。
ということで、この日もスーパーで出来合いのおかずと冷えたビールを買って。


ところが9時になってもやって来ない。 遅れているんだなあ。 今の時期は転勤や大学入学の学生やらの移動で年に一番忙しい時期なんだとか。

そうこうしていると電話が「今から伺います」 「はい、お願いします」。  もう9時半だよ。


やって来たのはこれもベテランさん。 ものすごく物腰の柔らかな人で、その割には口は達者というかビシッと来るけどね。 それがまたイヤミがなくて大笑いになる感じで。


まずは撤去のための下見をして。 「あらー、これでは通らんがね」と仰る。
というのも台所から玄関に抜ける廊下との間に、蛇腹のシャッターカーテンがあるんだよね。 それを一杯に広げても今の冷蔵庫が出せない。

えーっ、おかしいなあ、この冷蔵庫は買ってから21年になるんだけど、このシャッターカーテンはその前に設置したはずなんだけど。

ベテランさんは言う、「それは絶対にないですよ。 これでは入りませんから」。
後でよくよく考えてみたら、冷蔵庫が21年前でカーテンは19年前くらいに設置していたんだ。

そらそうだよね、物理的に通らないんだからベテランさんの言うとおりで。


ところで、それじゃあどうする。 カーテンを外しますか? 「うーん、私らもそっちは本職じゃないので」と渋る。
他にルートは? 庭を通してもいいけど出口にまたヒゲおやじがこしらえた木戸があって、これもまた無理。


するとベテランさんが何やらやり出した。 何と冷蔵庫の引き出しを全部抜いて、更にドアも外してドアヒンジも外して、これで8センチくらいはスリムに出来るんだそうで。

そう、つまりは正面からは絶対に無理なので、横向きにして搬出しようということなんだよね。


おー、お見事。 ギリギリながら通過出来たよ。 さすがプロの業だねえ。
「いやー、私らが出来ることは何でもやりますよ」だって。 素晴らしい。


搬出が終わったら今度は搬入。
こちらは容量は大きいのだけどスリムな体型なので、横幅は問題なし。
ところが台所の入り口の敷居より冷蔵庫の方が高い。 

「えっ、今度は高さかな?」と言うと、「そうよお客さんが大きなものを買うから」と笑いながら。

これは斜めに倒して難なく通過。


やれやれ、無事設置終了。 後は色々説明を受けてサインをして。

いやー、お疲れ様、本当にお世話になりました。 もう11時が近い時間だよ。
「お宅ら毎日こんな時間までやりよるん?」と聞くと、「うん、今の時期は昼飯抜きでもこうなるねえ。 でも、今だけよ。 この時期はしようがないからね」ということで、お疲れ様でした。


さあその後はまた動かしたものを元に戻して、ああしんど。 疲れたなあ。

おいおい、もう12時だよ。 早く寝よう。


というのが事の顛末でね。 今朝はさすがに起きるのがしんどかったよ。
カミさんは伸びてしまって。


この冷蔵庫が何時まで持つかなあ。 前のが21年でその前のやつが確か18年だったと思うけど。
まあ、そこまでは命が持たないからね。



あ、そうそう、例の販売員さんの話によると、というかちょっと気に入ったのを見付けて「これはどう?」というと、「これは中国製なので、あまりお勧めはしません」とのこと。 もちろん日本の大手メーカー品だよ。

そんなのもあるので、こういうものはよくよく気を付けて買う方がいいねえ。



いやー、そんなことで、畑仕事はほとんど出来ず。 でも無茶苦茶寒くなったので、それはそれで良かったのかも。


では、また明日。





ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






この記事へのコメント

ゆう
2019年04月02日 12:16
それはお疲れさまでした、、、電化製品は定期的にこわれていきますが、最近は昔の電化製品より周期が短い気がします。どこでもそうですが、メーカーは下請けに出してたりしますよね、、、昨日おとついと変な天気で畑に行けずイライラしてました、、、やらないといけないことがたまっていきます
スズメ
2019年04月02日 13:32
ヒゲおやじさん今日は大変でしたね、我が家も昨年の暮れに15年使った冷蔵庫が
壊れてしまい購入にいたりましたが玄関ドアーから古い冷蔵庫が搬出出来ない事が判明(同年の夏に玄関ドアーの交換)した結果旧ドアーより幅が5センチほど狭くなってしまい(笑)南側の窓よりクレーンで吊り上げて搬出搬入をしました、。
mejiro7979
2019年04月02日 20:42
・・気まま流「野菜づくり」日記。

そうですか^^野菜記事から離れたこのような日常記事も!!

ヒゲおやじさん、ますます「ファン」になりましたね(^_-)-☆
ヒゲおやじ
2019年04月02日 23:38
ゆうさん、ありがとうございます。
まあ、確かに。 国産と言いながら組み立ては中国でやっていたりしますからね。 思いきり寒かったですねえ。これでまた少しサクラが遅れたようです。
ヒゲおやじ
2019年04月02日 23:40
スズメさん、ありがとうございます。
うわー、クレーンですか。それは大がかりなことになりましたねえ。
設置場所のサイズは気にして、ちゃんと計っているのですけど、通路のサイズまでは気にしていませんでした。 次回はちゃんとやります。 って、そこまでは生きてないですけどね。
ヒゲおやじ
2019年04月02日 23:42
mejiro7979さん、ありがとうございます。
そうですねえ、以前はもっと色々な記事を書いていたのですよ。 最近はどうも筆無精になって。 たまにはこういうのもいいでしょう。
2019年04月03日 12:08
ふふふふ・・・
やりましたよ。
昨年の秋に。
それにしてもクレーンが現れたことにはびっくりです。
様子が手に取るようにわかって楽しい記事でした。
なんて他人事でごめんなさい。
長い付き合いということでお許しくださいね。
2019年04月03日 18:48
今晩は。
大変でした。
我が家もいよいよ交換時期----主に使う人の要望があり---
未来を見せてもらいました。
さて---知らんぷりするか、それとも知ったかぶりをして、話を進めるか---
長い付き合いだと--融通が効きます
ヒゲおやじ
2019年04月03日 23:25
ろこさん、ありがとうございます。
あー、やりましたか。 販売員さんによると冷蔵庫の場合事前の予兆は全くなくて、ある日突然だそうです。 でも21年使えば元は取れているかなあなんてね。
ヒゲおやじ
2019年04月03日 23:29
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
予兆はないという話しなので、ある程度年数が経っているならやった方がいいかもですよ。 今頃はAIの導入で賢くなっていて、ドアの開け閉めの状況も全部記憶しているんだそうです。 それで開け閉めの少ない時間帯を予測して節電モードに入るのだそうで、随分電気代が違うそうですよ。

この記事へのトラックバック