オクラの種蒔き! もうそろそろいい頃だね。

畝の準備も出来ているし、一雨降って土も落ち着いた頃だし丁度いい状況かなあ。
その後はトマトの畝作りだよ。 これがまた悪戦苦闘で。 でもなんとかやっつけたけどね。


さて、そのオクラなんだけど、今年はちょっと変わった品種を植えてみようかと思ってね。

いつもならピークファイブみたいな角の尖った普通のオクラを植えるんだけどね。 たまたまタキイのカタログを見ていると面白げなオクラが。


それがこちらだよ。

画像


途轍もなくネバネバトロトロなんだとか。 それで肉厚で美味しいと書いてある。

ふーん、それなら一度作ってみるか、てなことで今回はこれを作ることに。







畝はもう準備が出来ているので、上を平らに均して種蒔きがしやすいように。

画像










蒔き穴をあけて、今回は4粒ずつ。

画像


指導本によると5~6粒とか書いてあるものもあるけど、発芽率も70%出し4粒も蒔けば大丈夫だろう。

で、株間は30センチ。 これは種袋に書いてあるんだ。 今回は知らない品種なので書いてあるとおりに。


オクラは大きくなるのでね、株間を空けがちなんだけど、そうすると途轍もなく大きく育って、もう上の方の実は手が届かなくなるんだねえ。

それでなるべく株間を縮めてやるのがコツかも知れないね。


そうなんだよね、株間を狭くすると矮小化する傾向があるので、背丈は大きくならずに沢山実が採れるということもあるんだよ。

それでね、一ヶ所に5本から6本も植え付けて、意識的に矮小化するやり方もあるんだねえ。
そうすると収穫も楽だしね。


まあ、この辺りは作る人の好みの問題だから、これが正しいとか間違いとか言う話しではないけどね。




種を蒔いたら、いつもの種蒔き培土を覆土して、しっかり押しつけてやろう。

その後は水遣りだね。

画像


ここはもうこれでもかというくらいしっかりとやっておくといいねえ。
ただし、覆土が浮いて流れ出すようなやり方は不味いよ。 そうなると種も浮いて動くからねえ。


後は発芽までは乾かさないように、乾いたら遣るを基本にするといいねえ。
あまり律儀に朝晩必ずなんてのは止めた方がいいけどね。




さて、続いてトマトの畝作りなんだけどね。

これは実は昨日の日曜日からの話しなんだ。

そろそろトマトの畝を準備しないといけないなあと思ってね。 というのも今月下旬には植え付けしようかなあと思っているからね。


その畝がこちら。

画像


ところがまだ極早生のタマネギが少し残っているんだねえ。

もうほとんどは食べてしまったので、大した量ではないんだけどね。 それでも最終の収穫をしてしまおう。








まあ、こんなもんだね。

画像


どうよ、180本ほどあったやつが、もう残りはこんなもんでね。

まあ、極早生は大体こんな感じで、4月の上旬くらいにはなくなってしまうんだね。 なので今年はちょっと遅れているかなあ。


これは乾かしても仕方ないので、このまま取り敢えず吊して。 ということなんだけど、ここまでやったところで雨が降り出したんだ。


うわー、これはいかん。 とばかりに大慌てでこのタマネギを取り込んで、この日はここで終了。
本当はこの後除草をする予定だったんだけどね。




ということで、その続きを今日やったという話しだよ。

あらためてその畝。

画像


何度見ても凄い草だよね。


さあ、これをやっつけよう。






ところが遅々として進まず。

画像


というのも実は通路に生えていては困る草が沢山あってね。 それを取り除くのに時間がかかって。

畝の上は比較的簡単なんだよ。 狐鍬を根元に打ち込んで根を浮かせたら、後はガリガリと引っ掻くようにしてやれば簡単に抜けるんだ。









ようやく右側が終わって。

画像


あらー、これで1時間以上かかっているよ。 もうそんなに時間は残っていないので、今日中に出来るかなあ。








反対側はその厄介な草がほとんどなかったので、思ったより順調に進んで。

後もうちょっとだ。

画像


でも、もう5時が近い、タイムアップ寸前だね。








急げ急げと大急ぎ。 おー、何とか間に合ったよ。

画像


一応大きな草は全部引き終えたねえ。


でも、このままでは不味いので、草の除去をしなくては。









やれやれ、何とか整理出来たぞ。

画像


おー、もう5時半が近い。 大幅にタイムオーバーだね。

でも、ちゃんとやり終えて良かったねえ。 明日はここを耕すかなあ。 これでトマトは間に合いそうだね。


いやー、まだまだと思っていても、こんな感じで前作の収穫が終わってないと、なかなか畝作りは出来ないので結局遅れてしまったりするんだよね。 なのでいつ頃が最終収穫かという時期を予測することも大事なんだよ。
だから毎年の記録が必要なんだ。 適当に植えて適当に収穫してでは、翌年また困ることになるからね。


なので少なくとも種蒔き時期、植え付け時期、出来れば初収穫の時期、それから最終収穫の時期を記録しておくと、ものすごく役に立つので、是非お勧めだねえ。





ということで、今日の畑。

画像


また夏向きの畑になりつつあるねえ。


明日は晴なので、この畝を耕すか、それともナスの畝の除草をするか、どちらかになりそうだね。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

2019年04月17日 00:16
こんばんは。オクラのヘルシエ面白そうなの注文したが「在庫不足」の通知でしたので、今までの同じ物を蒔えました。美味しそうな事書かれてましたよね。
後から在庫有りますと言われたが、もう違うの蒔えてました。来年挑戦かな?
頑張って育てて下さい。
ヒゲおやじ
2019年04月18日 23:41
海爺さん、ありがとうございます。
いや、面白そうなので蒔いて見ましたが、さてどうなりますか。
ヒゲおやじも楽しみです。 また結果は記事で報告します。

この記事へのトラックバック