ナスの畝準備! これもそろそろ急がなくては。

実は昨日除草したトマトの畝を作るかナスの畝の準備をするかちょっと迷ったんだけどね。
天気が続いている間に除草してしまう方がよさそうだということでナスに決定。
ということで、今日はナスの畝の準備だよ。 つまり除草だね。



こちらがその畝。

画像


昨日のトマトの畝は、タマネギの後なので畝の上は平らなんだよね。 なので狐鍬で簡単に削れたけどねこちらは寒中耕起がしてあるところなんだよね。
ということは表面はデコボコなので狐鍬なんかで削れる状態ではないんだねえ。


ならば耕しながら草を取っていくしかないなあ。

これがまたしんどい作業で、一鍬一鍬草を取るために腰を曲げたり伸ばしたり。 いやー、正直参ったねえ。



何とか半分はやっつけたよ。

画像


これで40分余りかなあ。 まあまあのペースだね。

残り半分頑張ろう。 あまり時間も残ってないのでね。
この時点で4時くらいかなあ。






急げ急げで何とかやり終えて。

画像


はい、ギリギリセーフ。

まあ、ここまでやっておけば、この後は何とかなるのでね。








ということで、草だらけの畝を2本除草したので、随分綺麗になっただろう。

画像


後はカボチャ用の畝の除草をしないといけないんだねえ。 これは植え付けはまだまだ先なので、それほど急いではいないんだけど。



明日も雨の予報はなし。 となればこの続きをやってしまうかなあ。

とにかくやれる時にやってしまうというのが大事なんだよね。 ついつい、まだ早いなんて思っていると痛い目にあうからね。




そうならないように、明日も精を出してやろう。 腰は痛いんだけどね。




ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





この記事へのコメント

げん
2019年04月17日 00:10
こんばんわ。
連日の投稿です。こちらは家庭菜園で狭い範囲で多品種をやってますが、
おやじさんの畑はいつ見てもきれいですね。
こちらは、今年から固定畝で挑戦しようと思ってます。
昨日の私の投稿で通路の雑草。。と投稿しましたが、
こちらは、緑肥。今年はクローバーの種をまいてます。
鋤き込みもできますし、土の改良になるかと思ってます。
もともと田んぼだった土地ですし、粘土質なので3年目になって
畝を固定し、無農薬・自然農法を目指してます。もちろん化学物質の
ものは排除しますので、ビニールマルチもしません。
おやじさんを参考にしつつ、楽しみながらやってます。
おやじさんは、雑草を取り除いた後の雑草は積み上げておくだけですか?
何かこれをやるといいよというのはありますか?
ゆう
2019年04月17日 07:29
いつもホントにきれいな畑ですね♪すごい‼ひげおやじさんを目安に種植えてます(笑)
たか
2019年04月17日 09:30
こんにちは!
初コメントさせていただきます。
いつも見てましたが…。
既出かも知れないですけど、オヤジさんは何県なんですか?時期的なものも参考にさせていただきたいです。大まかな地域だけでも大丈夫なので教えていただけますか?
まさ
2019年04月17日 16:05
はじめまして、愛知県のまさと申します。
昨年から母親から一部を借りて畑を始めました。
ひとつお聞きしたいのですが、どんな堆肥を使っているのでしょうか?
腐葉土、牛糞、鶏糞、パーク、ブレンドなどたくさんの種類がありますが…
ヒゲおやじ
2019年04月18日 23:20
げんさん、ありがとうございます。
うーん、難しいですねえ。 積み上げた雑草は下の方から取りだして畑に帰しています。 自然農法の創始者というかやり始めた人は福岡正信という人で、ヒゲおやじの住んでいる松山市の直ぐ隣の町の人です。でもここまで到達するのは難しい以上のものがありますね。もうまさにこれは哲学というか宗教に近いでしょうねえ。 ヒゲおやじも彼が書いた本を読んで勉強してみたのですが、とてもやれるような話ではないので諦めました。
ただまあそのうちの多少のエッセンスというか、なるほどというところは取り入れています。 なので自然農法を目指すなら、しっかり勉強をしてください。 いい加減な思いつきでは出来ないですよ。
ヒゲおやじ
2019年04月18日 23:22
ゆうさん、ありがとうございます。
いやまあ、これは性分ですから(笑)。ゆうさんのところは近いので、同じようなペースで大丈夫ですよね。
ヒゲおやじ
2019年04月18日 23:29
たかさん、ありがとうございます。
そうですか、これは毎回のようにその地域の差というのを書いているつもりなのですけどね。 いやー、実はヒゲおやじの真似をしたい人が沢山いて、ヒゲおやじが種を蒔くのを待っていたりするんですよね。 それは絶対にやってはいけないことなのです。それを何度説明してもわかってもらえなくて(笑)。 なので住んでいるところも何度も出て来ますよ。 
一番はトップのプロフを見てもらえれば、顔写真付きで大まかな所在が書いてあります。 是非参考にしてください。
ヒゲおやじ
2019年04月18日 23:38
まささん、ありがとうございます。
うーん、難しい質問ですねえ。 ヒゲおやじが何を使っているかよりは、まささんの畑の土質がどんな土質かということが大事ですねえ。 ヒゲおやじの使っているものを聞きたい人は沢山いるのですが、それは間違いです。
その土質がわからないので何とも言えませんが、例えばヒゲおやじの畑と同じような粘土質なら、バーク堆肥とか馬糞堆肥がいいでしょうねえ。
それから水捌けのよい関東のような土質なら牛糞堆肥が向いているでしょう。 それから堆肥は基本的には肥料ではなくて土壌改良材なので、そこを間違えないようにしてください。 なので土質によって使うものが違うのです。 それから粘土質の畑でも3年くらいバーク堆肥を入れ続けると、結構フカフカの土に変わってきます。 そしたら次は牛糞堆肥に切り替えるとか。常に土の状態を確認しながらやる必要があります。 わかりますか? 
人が使っているものをあまり気にしないことですね。 参考にするのはいいことですが、何故それを使っているのかを知ることが大事ですよ。
まさ
2019年04月19日 20:51
お返事ありがとうございます。
1度、土の状態を確認してみますね。

この記事へのトラックバック