キュウリの追肥と下葉処理! 

キュウリも一気に成長してザザーッと成るとパタッと終わってしまうんだよね。 なので適当なときに追肥をして少しでも長持ちさせながら、二番手三番手を植えていくんだねえ。 その長持ちさせるための追肥の作業をやろうということでね。



これが本日のキュウリ。

画像


もう支柱の高さを超えてしまったやつもあるだろう。 こういうのは芯を止めてしまうといいねえ。
そうすることで脇芽が沢山出て、そこにまた実が付くからねえ。






ところで肥料不足の見極め方なんだけどね。 いや、十分に肥料が足りているのにまた追肥をしてしまうと不味いことになるからねえ。


一つの目安としての話なんだけど、実が釣り針に成り始めたら肥料不足を疑うべしなんだよね。

例えばこんなやつ。

画像










こちらにもあるねえ。

画像


これはまだ釣り針というほどでもないなあ。









おお、これはまた立派な釣り針で。

画像


これはもう間違いないだろうねえ。



ということで、早速追肥をしよう。

なんだけど、その前に下葉処理をした方がよさそうだよ。
その方が追肥もやりやすいからね。




ほら、下葉が随分傷んできているだろう。

画像


それでも今年はほとんど病気らしいものが見られないので、こんなことは珍しいねえ。

例年だとまずうどんこ病になって真っ白なやつとか、モザイク病で枯れかかったやつなんかが沢山あるんだけど、今年はそれがないんだなあ。



でも、枯れたやつとかボロボロになったやつもあるので、こいつらを取り除いて綺麗にしてやろう。


さあ、こんなもんでどうかなあ。

画像


随分さっぱりしたねえ。 


ここまで出来たら、追肥をしてやろう。






まずは畝の肩口あたりから下に化成肥料を適量ばらまいて。

画像


と言っても、これでは見えないよね。 なので、つもりで見てほしい。







それを軽く土に混ぜ込むように耕起して。

画像


これは本当に軽く浅くだよ。 土に混ざればいいので。 
キュウリの根は浅く横に広がる性質があるので、深くやってしまうと根を傷める恐れがあるからねえ。



これで追肥としては完了なんだけど、もう一手間かけてやろう。



ここがヒゲおやじ流で、薄めの液肥をこの上からかけてやるんだ。
これは土がカラカラに乾燥しているので、もちろん灌水の意味もあるし化成肥料を早く溶かしてやろうということもあるんだけど、カンフル剤的に早く肥料を効かせてやろうということでもあるんだねえ。

今もうすでに肥料不足になっているのなら、雨が降って化成肥料が溶け出すまで待っていられないよね。
なのでそれまでのつなぎとして、液肥を使うんだねえ。 これで持ち直している間に化成肥料が効いてくるという話だ。



さあ、これで完成だね。

画像




それから親蔓の実が成り終える頃には脇芽が沢山出て、そこにまた実が成り始めるんだけど、この脇芽の整理については脇芽に雌花がつき始めた頃にまたやるからね。

まだ今はその時期ではないんだねえ。 あ、もっと早く進行している地域の人は、過去の記事を見てもらうといいねえ。 そういうこともちゃんと書いてあるからね。



そんなことで、畑の見回りをしていると、あらっ、知らない間に。

なんと、カボチャが出来ているよ。

画像










こっちにも。

画像


へー、全然気がつかなかったねえ。








まだこれからのやつもあるねえ。

画像










おー、リッチーナも。

画像


これはもう後二、三日で採れそうだねえ。

いやー、他のことに気を取られて全く気がつかなかったよ。


放っておいても出来るもんだねえ。




ということで、今日の畑。

画像



ところで今日は入梅。

これは梅雨入りではなくて暦の上での梅雨の季節という意味だねえ。
おおよそ今日から一月ほどが梅雨の季節ということだなあ。


こちらでは全く梅雨入りの気配はなくて、多少曇ってもほとんど晴れ。
なので畑はカラカラ。 もうすぐ田んぼに水が入るので、そうなるとそのおこぼれでかなり畑も潤ってくるとは思うけどねえ。


早く水が来ないと野菜もなかなか成長しないよ。

本当に雨が降らない。 松山市も節水の呼びかけと、消防が火の用心を行政無線で連日うるさいほどやっているところだねえ。



いつ降るのかなあ。 雨々降れ降れもっと降れ♪  雨よ降れ降れ♪ 八代亜紀さんや淡谷のり子さんにお願いしないといけないようだね。





ありがとうございます。








明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ








この記事へのコメント

アルペジロー
2019年06月12日 08:55
おやじさんおはようございます。
久々に晴れたので(午後はまた雨ですが)早朝に畑に行ってキュウリの下葉を少し処理してきました。ついでに追肥もしておきました。
釣り針キュウリがいくつもありましたよ。子蔓に栄養を取られていたんですかねぇ。これで親蔓が元気になると良いんですが。
きみりん
2019年06月12日 21:18
こんばんは いつも有難うございます。地域差があるのでしょうか、これから玉ねぎの収穫に入ります。胡瓜も小さいのが出来始めました。釣り針胡瓜始めて知りました。気をつけて行きたいと思います。
マタ
2019年06月12日 21:50
東海地方は曇りのような晴れのような時々通り雨。

ジャガイモと玉ねぎは梅雨入り直前の五日に収穫しました。
その跡地はサツマイモと黒豆の枝豆。今日は道の駅に
サツマイモの苗を買いに行って安納芋を10本入れました。
その道の駅は、木曽三川がそばを平行して流れている長良川の
堤防の上で、このあたりは一大農業地域で苗も豊富なのです。
土は雨上がりでもサクサクなんで、あっという間に終了。
しかし、今年は夏野菜がどれもこれも成長不良です。
ちっとも大きくならないし、実も少ない。
やっぱりモグラかなあ・・・・
ヒゲおやじ
2019年06月12日 22:44
アルペジローさん、ありがとうございます。
そうですねえ、まだ現役の週一農家さんだと、そこまでなかなか目が届かないし手が回りませんよねえ。 でも、知っているのと知らないのとでは随分違いますよ。
ヒゲおやじ
2019年06月12日 22:47
きみりんさん、ありがとうございます。
そうですか、タマネギの出来はいかがでしたか。 ことらはもうさっぱりというか全滅状態です。 収穫しても吊すにもなにも玉が小さすぎて。
さて、どうやって保存しようかなあという状態です。
ヒゲおやじ
2019年06月12日 22:51
マタさん、ありがとうございます。
へー、雨上がりでも耕せるのですか。それはんともうらやましいですねえ。
モグラは大敵ですよね。トンネルを掘られると野菜は枯れてしまいます。
こちらはケラにやられて、種を蒔けば食べられてしまうし、苗を植えれば根を食べられてしまうし、もう無茶苦茶な状況です。 ちょっと薬を入れないといけないのかなあという感じですね。
アルペジロー
2019年06月12日 23:05
土日+用事がない+雨が降らない、この3つの条件を満たさないと満足な作業ができないのでなかなか手が回りません。
なんと今度の土曜日は1日雨だとか。困りましたね。ジャガイモも掘らないといけないし、スタンばっている苗が2つあるし。
まぁでも今年は梅雨らしくよく雨が降るので水不足ということが全くないです。
よしくん
2019年06月12日 23:31
釣り針キュウリ、参考になりました!ところでうちのキュウリ、うどんこ病にかかった葉はすぐに取り除いているのですが、どんどん上へ上へと進行していってしまって...
キュウリってこんな感じでどんどん下から汚くなった葉は取り除いていくのが正しいんですか?
ヒゲおやじ
2019年06月13日 22:59
アルペジローさん、ありがとうございます。
なるほどなるほど、事情はよくわかります。 そこを何とかするのがまた腕の見せ所で(笑)。 いやいや、何とか工夫するしかないですからね。これがまた結構面白かったりするので。 何でもいいので楽しまないと損ですよ。
ヒゲおやじ
2019年06月13日 23:02
よしくんさん、ありがとうございます。
はい、基本的には下から順次取り除いていきます。 ただしうどんこ病にしろモザイク病にしろ、直ぐにと言うわけでもないのですよ。 うどんこ病だと葉全体が真っ白になる前に切り取るといいですね。 一部が白くなったから直ぐにというわけではありません。 モザイク病だと枯れ始めたらということですね。 そうしないと光合成ができなくなってしまうので、実が大きく育ちません。
ゆき
2019年06月16日 09:20
ヒゲおやじさん、はじめまして。
野菜作り3年目です。とてもわかりやすいブログで素人の私には勉強になることばかり!参考にさせていただいています(*^_^*)

追肥について教えていただけないでしょうか。
玉ねぎの追肥で牛ふん堆肥を土の上に置いているのを見ました。あれは夏野菜にも応用できますでしょうか?
トマト、ナス、ピーマン、ししとうの植え付けの際、今年は土に堆肥を混ぜず、苗の下に少し化成肥料と一緒に入れただけで「これでいいのか?」と、今さらちょっと心配しています。そんな時に玉ねぎの牛糞堆肥のをを見まして…。
黒マルチをしていますので、マルチの穴から入れてみてもよいでしょうか?
ヒゲおやじ
2019年06月16日 23:06
ゆきさん、初めまして。 ありがとうございます。
えーと、まず牛糞堆肥は基本的には肥料ではないので、肥料として使うのはお勧めできません。多少の肥料効果はあるのですが、土壌改良材と考えるのが適切です。なので化成肥料の代わりにと言うのは間違いです。
タマネギに堆肥というのはヒゲおやじもよくやりますが、あれはマルチの代わりです。保温と保水それと草押さえですね。なのでマルチの穴に牛糞堆肥を入れても何の効果もありません。 堆肥の袋に成分表が書いてあるでしょう。窒素、リン酸、カリ、どれも数値が低いでしょう。 つまり肥料ではないということです。 追肥をするなら化成肥料をやってください。
ただしやり過ぎにはご注意を。
ゆき
2019年06月17日 13:20
ヒゲおやじさん、ありがとうございます。
堆肥と肥料のことよくわかりました!
化成肥料をあげてみます。

昨日の爆風できゅうりの葉がボロボロに
なってしまいました…(>_<)

ありがとうございました!


この記事へのトラックバック