キャベツの植え付けと種蒔き! さあ、梅雨が明けたら活動開始だよ。

昨日今日と猛烈な暑さ。 さすがに梅雨明けだねえ。 でも暑いからとだらだらしていてはいけないよ。
この時期は秋冬野菜の準備をしないといけないのでね。 今はどの畝が何時空くのか、どこに何を植えるのかなどを考える時期だねえ。
その中でも特に急ぐのがキャベツだねえ。 これは今が植え付けの時期で、時間差の二番手は種蒔きの時期なんだよね。


てなことで、今日は一番手のキャベツの植え付けと二番手の種蒔きだよ。

これが一番手のキャベツの苗。

IMG_6058.JPG

日照不足でひょろひょろになりかけていたんだけど、昨日は一日中強い太陽に当ててやったらこんなに元気になったんだ。

さあ、植え付けてやろう。





で、今回植え付けるのは、早生系のこの品種だねえ。

IMG_6063.JPG

暑さにも強いので、この時期に植え付けるには向いているかなあ。






その畝はこちら。 昨日準備したところだねえ。

IMG_6057.JPG






ここからはいつもと同じだからね。

まずは植え穴を空けて、そこに水をたっぷり。 これでもかというくらいやるといいねえ。

IMG_6059.JPG


水が周りに浸透して落ち着くのを待って植え付けをしよう。






さあ、植え付けが出来たよ。

IMG_6060.JPG

でも、これで完成ではないんだなあ。

そう、いつものあれをやらなくては。







はい、虫除けの城壁をセットして完成だね。

IMG_6061.JPG

これでどのくらい効果があるの? という話なんだけど、まず完璧はないからね。 これをしても1割くらいはやられることが多いねえ。
何もしないと2割とか3割やられてしまうので、それに比べると随分ましかなあ。

いつも質問があるんだけど、「何を使っているの?」。 実はこれは阿波の暇人さんが送ってくれた絶縁紙なんだよね。 堅さと言い絶妙な使い勝手で、重宝しているんだねえ。 まあ硬い紙なら何でもいいんだけど、例えば葉書なんかも使えるよ。

そのほかではペットボトルを輪切りにしてもOKだね。 ただ、紙の方が畑に放置しても分解されて消えてしまうのでいいかなあとは思うけどね。



さて、一番手を植え付けたら二番手の種蒔きをしよう。

今回蒔くのはこちら。

IMG_6065.JPG

これは柔らかくて甘くて美味しいんだ。 作りやすいしね。 結構お勧めだよ。






ポットに野菜の培養土を入れて、その上に薄く種蒔き用土を乗せたものだよ。

全部を種蒔き用土にしてもいいんだけど、これって結構高いのでねえ。 節約のために野菜の培養土を使っているんだよ。
それと種蒔き用土だけだと、発芽後は肥料不足になりがちなので、これを下に入れておくとその点も解消出来るのでね。

そこに水をたっぷり。 これが肝心なんだよね。

それから種蒔きだねえ。 今回も3粒ずつ。

IMG_6066.JPG






この上に種蒔き用土を薄く覆土するんだ。

厚さ? うーん、そうだねえ。普通は種の直径の2倍から3倍くらいが適当と言われているねえ。
ということはせいぜい2ミリとか3ミリだよね。

で、覆土をしたら、上からしっかり圧着をしてやろう。 これが大事なんだよ。 覆土と種の間に隙間があっては発芽しにくいんだ。
それと圧着することによって、事前にしっかり水遣りをしておいた蒔き床の水分が種に届くんだねえ。

なので覆土をした後にもう一度水遣りはしないんだ。 してもいいけど霧で吹くくらいが適当だよ。


はい、こんな感じ。

IMG_6068.JPG

これで種蒔き完了だね。


えーと、さっきの話で、種蒔き後の水遣りの話なんだけど、これやり過ぎると種が腐るので要注意だよ。

特に種の大きな大豆やインゲンなんぞは、一気に水を吸って大きく膨らむんだけど、その上から毎日こまめに水遣りをしたりすると直ぐに腐ってしまうからね。 種蒔きをしたらよほど渇かない限り水遣りはしないのが鉄則。

一度水を吸った種は、その中の養分と水分で根を出して発芽するので、外からの水分は必要ないんだねえ。
ただし、根を出した後で乾かしてしまうと、さすがに枯れるので、その辺りは適度な水遣りは必要だよ。


ということで、秋冬野菜の第一号、キャベツの植え付けと種蒔きでした。



今日の畑。

IMG_6069.JPG

なんか一気に乾いてきた感じだねえ。

うーん、これは忙しくなるぞ。 早く計画を立てないと不味いなあ。


皆さんも、行き当たりばったりではなくて、ちゃんと計画を立てましょう。


いやー、それにしても今日も暑かったねえ。 たったこれだけの作業で汗びっしょりだよ。
汗をかくような作業はしてないんだけどね。


でも、汗をかいた後のビールは美味い。 ま、そのために畑をやっているようなもんだからね。

明日もしっかり汗をかきましょう。




ありがとうございます。






明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ



 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アトム
2019年07月27日 12:00
はじめまして!
いつも楽しみに拝見させていただき、参考にしてます。
やっと梅雨が明けて我が家の畑にいつもと違う光景が、、、
サトイモの花が咲いているんです!
初めて見ましたが、水芭蕉とか、カラーのような綺麗な大きいオレンジ色の花です。
ヒゲおやじさんはご覧になった事ありますか?
このまま放置しても、ちゃんと収穫できるのか心配です。
アドバイスいただければ幸いです。
ぴい
2019年07月27日 13:41
ヒゲおやじさま、こんにちは。

私も今日ようやく早生キャベツと秋キュウリの種をまきました。
トレイごと防虫ネットにくるんで風通しのいい明るい日陰に置いたのですが、この暑さ、無事に生育させてあげられるか不安です。
お写真のようなしっかりした苗を作るには、どのような置き場で遮光などの管理はどうやればいいのか、アドバイスなどいただけましたら幸いです。

こちらはまだ梅雨明け宣言されていませんが、うだるような猛暑が到来しています。
ヒゲおやじさまもどうぞお気をつけくださいませ。
キヨシ
2019年07月27日 15:24
今日も農作業をしていたのですが昼には暑さにて断念してしまいました
今どきの夏は暑いですね、ただの暑さではなく命の危険を感じるくらい暑いです。
来年から夏は農作業をあきらめて手間のかからないカボチャで畑を制圧しようかと考えてるくらいです
ヒゲおやじ
2019年07月27日 23:22
アトムさん、ありがとうございます。
サトイモの花ですか。 うーん、随分前に一度だけ見たような気もするのですが、よく覚えていません。 その時にどんなイモが採れたのかも記憶にないですねえ。 多分気にしなくても大丈夫と思いますけどね。 親芋は駄目でも子芋には影響ないと思いますよ。
ヒゲおやじ
2019年07月27日 23:25
ぴいさん、ありがとうございます。
種を蒔いたら明るい日陰に置きます。 表面の土が乾いたら水をやってください。 やり過ぎは厳禁です。
芽が出たら思い切り日光に当ててください。 今度は乾かないようにこまめに水遣りが必要です。 この場合もやり過ぎはいけません。 土を手で触って乾いているかどうか確認してください。 
ヒゲおやじ
2019年07月27日 23:27
キヨシさん、ありがとうございます。
暑いですねえ。 梅雨明け十日と言って、昔からこの時期は晴天が続いて暑いのですよ。 その分気持ちがいいですけどね。 ヒゲおやじは大好きですよ。
水分補給をしながら思い切り汗をかいて、さあビールを飲みましょう(笑)。
ぴい
2019年07月28日 19:16
アドバイスありがとうございます!
苗作りは強い日差しを恐れてはいけないんですね。恐れているのはこちら人間だけなのかも(笑)。
猛暑に負けない苗になるよう、しっかり管理します!
小倉山の住民
2019年07月28日 20:39
暑い日々が続きますね〜
関東はまだ梅雨明けしてないですが、、
降水の観測が32日間連続で1954年と今日でタイ記録だそうです。どうせここまで来たのなら更新して欲しいですね笑
でもほとんどの時間は晴れていてギラギラとした太陽光が降り注いでるので梅雨明けしたような感じです。(晴れてくれるのなら梅雨明け云々はどっちでも良いって感じです笑)

晴れ間が続くようになってからうちの野菜たちもなんとか成長をスピードアップしてくれてるようで、問題だった植え直したキュウリも、生き残ってくれていたナスも成長を再開してくれたのでこの調子でうまいこと行けば良いなと思っていますね〜。
同じように雑草もスピードアップしてるので日々の管理が重要ですね。
小倉山の住民
2019年07月28日 20:49
それと今日もセルトレイに種まきして発芽した新しいキュウリの苗を梅雨入り前に定植して生き残っていた一番古い苗と植え替えたのですが、最初に植えた時にたくさんあったはずの根っこがほとんど無くなってましたね
そりゃ大きくならないはずだ、、と一人で思ってました笑
ヒゲおやじ
2019年07月28日 23:23
小倉山の住民さん、ありがとうございます。
それって、もしかしたらオケラかも知れませんね。 こちらでも今年はなぜかオケラが大量発生して、種を蒔けば食べられたり掘り返されたりするし、苗を植えれば根を食べられて成長不良で植え替えをしないといけなくなるしで散々でした。 ピーマンやシシトウも三度植え替えさせられて、今ようやく少し大きくなり始めた所ですよ。 このオケラ、撃退方法がないので悩みの種です。