キャベツの種蒔き! そろろいい時期だねえ。

7月に入るとキャベツや水菜、春菊などの種蒔きの季節だねえ。 そろそろ準備した方がいいよ。
ということで今日はキャベツの種蒔き。 今回蒔くのは極早生品種だよ。

で、その種はこちら。

IMG_5700.JPG

このうち今日蒔くのは右側の極早生品種の「初秋」だよ。
まき時は暖地で7月頭から中頃まで。

収穫は10月初め頃から11月中頃までの年内採りだよ。


左側はこの後2週間後くらいに蒔く予定なんだけど、中生種の「新藍」だねえ。
こちらは7月中頃から8月の中頃までがまき時で、収穫は10月の終わり頃から冬にかけ手だねえ。

こうやって2種類育てると長く楽しめるだろう。


まずはポットに野菜の培養土を入れて、しっかり水を吸収させたら3粒ずつ撒いていくんだ。

IMG_5697.JPG

なにっ、見えん? いやいや、よーく見ると見えるから頑張って。
種の色が土の色と同じだからねえ。






この後種蒔き用土で覆土をして終わりだよ。

IMG_5698.JPG

覆土の後の水遣りは、野菜の培土にしっかり遣っておけばどちらでもいいねえ。
遣るとしても用土が風で飛ばない程度に軽くでいいからね。


あ、そうそう、全部種蒔き用土を使ってもいいかという質問があったんだけど、全然問題ないよ。
でもね、種蒔き培土って高いんだなあ。 全部をこれでまかなうと結構な量が必要だからね。
なのでヒゲおやじは倹約のために種蒔きの床として野菜の培養土を使っているんだ。 逆に全部野菜の培養土を使っても全然大丈夫だからね。
覆土には種蒔き用土の方が多少発芽が安定するかなあというくらいでね。


で、種蒔きが終わったら畝作りをやっておこう。
 
これがキャベツ用の畝で、梅雨入り前に苦土石灰を入れて寝かせておいたところだねえ。

IMG_5705.JPG

その後ずっと雨が続いたので、そのままになっていたんだけどね。







なので今回は肥料の投入からだよ。

まず馬糞対比と化成肥料を投入して。

IMG_5719.JPG








これをよくかき混ぜるように深くしっかり耕して。

IMG_5721.JPG

中がもう少し湿っているかと思ったら、意外にも丁度いいくらいで比較的楽に耕せたねえ。

でも、久しぶりの体力作業で、しんどいし腰は痛いし、おまけに暑くてねえ。 今日は久しぶりに朝から青空で、気持ちはいいけど暑い。







まだ植え付けは随分先なので、取り敢えずは土を寄せて出来上がりだよ。

IMG_5722.JPG


あらま、書きかけの記事がアップされてしまったよ。

もう少し書くことがあるので、続きは後で。


で、その後での時間に続きを書こうとしたら「緊急リニューアル」とかで何も出来ず。

一夜明けたらリニューアルは終わっていたけど、もう書く気も失せてしまったので今日はこれで終わり。
今日って、昨日のことだけどね。

本当の今日は忙しいよ。 やることが一杯あって、何しろ晴れている間にやってしまわなくてはだからね。



ありがとうございます。





今日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ




この記事へのコメント

ゆう
2019年07月06日 22:22
きゃべつうえたことないですが、うえてみようかな、、、。ブラックのジョーは病気になり、なくなくぬきました、、、(^_^;)
yaotome
2019年07月07日 03:06
お久しぶりです、親父さん、記事は毎日拝見しています、伊那谷のyaotomeです。キャベツの種まきですか?これは、モタモタしていられません。春キャベツ作って野菜炒め、孫が来て、本来は肉だけ食べるのですが、此のキャベツ食べて美味いと、野菜嫌いの孫が?確かに、スーパーのキャベツ、何の味もしないです。親父さん、畑出るにも無理をしないで。
キヨシ
2019年07月07日 15:08
野菜の培養土を使っているとのことですがうちも同じように培養土(プランター用のあれ)を使ったところ何一つ発芽しなかったことがあります。
これは水のやり方がまずいのか、それとも肥料が効きすぎて根腐れをおこしたのか、わかりませんがうちも種まき用土ではなく安い培養土で育てられるようになりたいです。
ヒゲおやじ
2019年07月07日 23:28
ゆうさん、ありがとうございます。
こちらもブラックのジョーは病気でやられてしまいました。 やはり強い品種の方がいいですね。
ヒゲおやじ
2019年07月07日 23:31
yaotomeさん、ありがとうございます。
まだそちらは急がないでしょう。時期を間違わなければ上手く行きますから、そちらの農家の動きを見るのも手ですよ。 農協に聞くと結構教えてくれますので、それもいいかも。
ヒゲおやじ
2019年07月07日 23:35
キヨシさん、ありがとうございます。
それは多分培土ではなくて蒔き方とかもあるのではないですかねえ。
向光性とか嫌光性の違いもあるし、蒔く深さも大きく影響します。
短日性とか長日性の違いもあるので、その辺りをよく調べて蒔かないと、種を蒔けば出来るというものではありませんからね。頑張ってください。