サツマイモの収穫と白菜、レタスの畝準備! 雨の降らないうちにやっておかないと。

サツマイモはそろそろだねえ。 もう少し後でもいいけど、放っておくとヨトウムシに囓られてしまうからね。
試し掘りをして、状態を確かめるといいねえ。 例年ならお盆明けくらいに一度試し掘りをするんだけどね。 今年は意識して少し遅めに植え付けたので、それはやらなかったんだよね。 なので、もうそろそろかなあと前日に試し掘り。 の続きは本文で。


その試し掘りはこちら。

かみさんに言われて、そらそうだ、そろそろ掘ってみるかてなことでね。

IMG_6602.JPG

蔓を引き剥がして見るとこんな具合で。

えーっ、イモが頭を出しているがな。 こんなのはあまり見たことがないなあ。







で、掘り起こして見ると。

IMG_6605.JPG

おー、なかなかいい感じじゃない。 右側の3個が普通サイズだからね。 左側のやつはでかいねえ。

よし、ならば収穫しようではないか。



というのが前日の話でね。




では、早速収穫を。

IMG_6625.JPG

これが収穫前の状態だよ。 蔓はまあこんなもんかなあと思うけど、例年より少ないような。

蔓が多ければイモも多いとは限らなくて、ほとんどの場合は逆なんだよね。
つまり蔓がものすごく多くて、これは豊作だなあと思って掘ってみると、イモは細くて根とあまり変わらなかったりしてねえ。

これはいわゆる蔓ぼけという現象で、元肥を入れすぎた可能性が高いかも。 それから追肥のやり過ぎもあるなあ。
サツマイモは痩せた土地でもよく出来ると昔から言われているけど、逆に痩せた土地だからよく出来たとも考えられるんだよね。


ヒゲおやじの子供の頃、当時の農家さんは天にも届くかというような段々畑でサツマイモを作っていたけど、当然化成肥料なんかないからね。
毎年無肥料で作っても、立派なサツマイモが出来たものだ。

なのでサツマイモの出来が悪いという人は、多分肥料の入れすぎか蔓返しをしなかったのではないかと思うんだよねえ。


で、蔓を取り除いてイモを掘り出してみると。

IMG_6626.JPG

まあ、こんなもんかなあ。


小さいのもあるけど、まあまあこんなもんでしょう。 まだ第二農園にも一畝あるので、それはもう少し後にすることに。







続いて白菜とレタスの畝の準備だよ。

畝自体はもう作ってあるので、形を整えて植え付けの準備をするということだねえ。

その畝はこちら。

IMG_6631.JPG








で、ここに植え付けようという苗は。

IMG_6643.JPG

こんな状態で、もう植え付けてもいいけど、もう少しかなあという感じでもあるよね。





なので何時でも植え付けられるように準備をしておこう。

まずは表面を平らにして。

IMG_6640.JPG







それから植え付け位置の割り出しというか確認だね。

IMG_6641.JPG

つまりレタスの方は株間が30センチで白菜は50センチなんだよね。

それで、その株間と苗の数を掛け合わせて、どの範囲に何株植え付けられるかを確認する作業だね。
これを事前にやっておくと、実際に植え付ける時に随分楽なんだよ。 ああでもないこうでもないなどと、メジャーを持ってうろうろしなくてもすむからね。

あ、畝の上に置いてある支柱は、メモリの入った自家製のメジャーだからね。 こういうのを作っておくと超便利だよ。


さあ、これで何時でも植え付け可能だよ。 苗の準備が整い次第ということになるねえ。



それにしても今日は暑かったねえ。 なんと35度超えだそうだよ。

そういうときに役立つのがこちら。

IMG_6638.JPG

四角マメで作ったサンシェード。 ちょっと一息というときに、ここに腰掛けて一休み。

風が通り抜けて涼しくて、気持ちいいんだねえ。 それでボーッと畑を眺めていると、今の時期だとコオロギと鐘撞き虫の声が聞こえて、本来ならうるさく感じるはずなんだけど、それも気にならず。

なんかうっとりしてしまうんだなあ。 ついウトウトとしそうになったりして。
ここで眠り込んでしまうと、目が覚めたときには天国だったりしてね。 それもいいかなあとは思うけどね。 というか是非そうありたいと思っているんだけどなあ。


急いではいないんだけど、いつかそんな日が来ることを夢見て。


おやすみなさい。




ありがとうございます。







明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キヨシ
2019年09月09日 23:50
サンシェード実に良いですね、私はクモが嫌いなので真似したくてもできませんが。

さつまいもは10月に掘る予定だったのですがヨトウムシの襲撃があるものなのですか?予定を変更して今週にでも掘るほうが良いのでしょうか?
2019年09月10日 01:33
目が覚めたときには天国......
とても笑えません。

 ヒゲおやじさんのところの白菜苗とレタス苗はとてもきれいですね。うらやましい限りです。
 うちの場合はりきって取りかかってもことごとく虫にボロボロにされてしまって、結局植え付けにたどり着くのは適期ギリギリになってしまいます。

 今年はキュウリの一枝一果、後半だんだんどうでもよくなってくるものですが、最後までまじめにやったところ一番手が今まで持ちました。去年の最終が11月30日まで採れていますので、今年も目標その位です。今年ちょっとキュウリ高めですね。
 カボチャ(ほっこり133)は収穫の後葉が元気がなくなって花も雄花ばっかりになりますが、しばらく置いておいたところ元気な葉がいっぱい出てきたためそのまま育てていたら雌花も出てきて今二番生りしています。
 スイカもこの時期に至ってなお元気に茂っているのですが、ただこれは三倍体品種で、花がわんさとむなしく咲くばかりです。
 脇芽から採る二番手トマトですが、実がまだ生っていないもののこれから10月にかけて育ってきて、12月以降(1月と2月を飛んで)3~5月にかけて完熟します。あまり人の話は聞きませんが松山(平野部、露地植え)でトマト、パプリカ、ナスは(株によって)越冬します。好奇心からこういう栽培もしますが、ヒゲおやじさんもかつて述べられていたように、効率的だとは言えませんね。
でぶやまま
2019年09月10日 06:05
<目が覚めたときには~>
好きな場所で~
好きなことをやってる時に~
そのまま眠るように~

理想ですね~

私は50代ですが予定分の畑作業をやり終えた時の達成感はとても心地いいもんです。
満足感を味わいながらアチラに行けたならとても幸せですもんね。

今日もためになるお話しありがとうございます。
明日も楽しみにしていますね♪
みつこ
2019年09月10日 10:37
ヒゲおやじさん、目が覚めたら天国って、ある意味理想かもしれませんね。
我が家も今日は白菜を植え付ける予定です。
本当は朝の時間に植えたいのですが、この異常な暑さで、人も苗も、すぐに天国ということになっても困るので、夕方涼しくなってからにしようかと思っています。
本葉が4~5枚ということなので、虫がつかないよう寒冷紗の中で大きくなっています。
残暑はもうそろそろ終わりになるといいですね。
めぐみ
2019年09月10日 12:30
こんにちは。
今日も暑い日です。夏が戻ってきたようなここ2・3日です。
今年のさつま芋は甘くておいしいですよね。
数年前に、猪に食べられてから芋は買っていますけど。小さいのを焼き芋にして食べるのは最高です。
ところで、教えてください。
ブロッコリーの芽が出てきたのですが、茎が細くて折れたり倒れたりするのを防ぐのはどうしたら良いのでしょうか。
ポットに1本ずつ植えて、水も上からかけずに、見ずに鉢をそっと吸わせるようにしてみました。
誰かが、茎の所に爪楊枝を挿しているのを見たことがあります。あれって倒れないために挿してあったんだろうかと思ったりしています。
すいません。つまらない質問だったかな?
よろしくお願いします。
あつし
2019年09月10日 12:40
サツマイモが白く食害されているのは、ヨトウムシですか
昨年はだいぶ食われました。私も試し掘りをしていないので、今年の様子はわかりません。少し早く植えたので早速してみます。

四角豆は、すごく葉が茂りました。緑のカーテンには最適だと思います。
あつし
2019年09月10日 12:49
挨拶を忘れていました。
初めまして、
少し前から読ませてもらっています。
週4日勤務しながら、野菜作りをしています。
その他には、柿、柑橘、いちじく栽培をしています。
トマトの窒素過多は身に染みて読ませてもらいました。
昨年の自分を思い出しました。
今年は、リンカリ肥料にしましたが、それでも窒素過多になりました。
またお邪魔します。
ありがとうございました。
ヨモギ
2019年09月10日 21:24
畑で眠って目覚めたら天国か~^^
これもピンピンコロリの部類に成りますかね??
前準備無しに急にピンピンコロリはイヤだけど自分が何かに熱中、夢中になってる最中に逝けちゃうなら最高だな~
眠って起きたら天国か、私もそうなりたい

話変わりますが私もサツマイモ栽培してるんですが、畑ネズミに食害されて困ってます。ヒゲオヤジさんの畑ではネズミの食害って無いですか?
まめだ
2019年09月10日 21:32
おやじさま

この暑さはこたえますね!

さつまいも立派ですね*
10月を待たずに掘った方がよいようですね。

今日はこうしん大根初めて蒔きました。酢漬けやサラダにいいですね。
あとは三太郎と総太りも蒔きました。間に合いました!

楽しい記事楽しみにしています。

暑さに負けないでくださいませ。

ありがとうございます。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:12
キヨシさん、ありがとうございます。
夏は四角マメやゴーヤーでサンシェードを作ります。 一休みするのに木陰がなくては休めませんからね。
はい、何時までも置いておくとヨトウムシにやられてしまいます。
穴を開けて中に住み着いていたりしますので気をつけてください。
どれか一株掘ってみるといいですね。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:21
yさん、ありがとうございます。
もしかしてポットを地べたに置いていませんか?  それだと必ず虫がやってきますよ。 ヒゲおやじも以前地べたでやっていたのですが、ナメクジやダンゴムシなどがやってきて、ほぼ全滅状態になったことがあります。 少し高い位置にポットを置くようにするといいですよ。
キュウリやカボチャ、トマトなども目一杯作ろうとすれば、かなり長い期間楽しめるのは間違いないのですが、限られたスペースでやり繰りしようとするとなかなか難しいですね。 広いスペースがあれば、是非挑戦してみたいところではあります。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:24
でぶやままさん、ありがとうございます。
はい、理想は理想なのですが、なかなかそのようには行かないのが現実で。
ただ、寝た切りでぼけてしまったままで長く生きるのだけは御免被りたいと願っています。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:26
みつこさん、ありがとうございます。
そうですねえ、今の時期はまだ蝶が飛んでいますので、できればネットを張るのがいいと思いますよ。 といいながらヒゲおやじはネットが嫌いなので張りませんけどね(笑)。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:32
めぐみさん、ありがとうございます。
本当に暑いですねえ。 10月の頭くらいまでは暑い日が続きそうです。
ブロッコリーだけでなくて、キャベツや白菜、レタスなどの葉物野菜は、苗の間は倒れやすいので、本葉が出てきたら増し土をしてください。
成長に合わせて何度かやると理想的ですけどね。 ポットの縁ぎりぎりまで土を入れて根元を固定してやります。 それでも水をかけると倒れますけどね。
それはもう仕方ないので諦めましょう。 枯れるわけではなくて、それなりにそのまま立ち上がってきますので、あまり気を遣わなくても大丈夫ですよ。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:35
あつしさん、初めまして。ありがとうございます。
穴が空いていたらヨトウムシです。 皮だけ食べられていたらナメクジとかの他の虫ですね。 早めに試し堀をして確認するといいですね。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:40
ヨモギさん、ありがとうございます。
ピンピンコロリもそれなりに覚悟が必要なので、何時でもどうぞというわけにはいきませんけどね。 ただ、気持ちのよい畑で行ければ最高だなあとは思いますね。
野ねずみの食害は、モグラを追い出してからはありませんね。
ネズミはモグラの穴を使っているので、穴が亡くなると出てこなくなりました。
ヒゲおやじ
2019年09月11日 23:43
まめださん、ありがとうございます。
サツマイモは端の方を一株試し堀をしてみてください。 それで良さそうなら全体を掘るといいですね。 植えた時期にもよるので、今がよいかどうかはわかりませんよ。
2019年09月12日 02:00
ヒゲおやじ様
コメントへのお返事もなかなかお時間をとって大変ですね。
トレーの置き方に関してのご助言、ありがとうございました。
それが腰とか胸の高さの棚に置いておいてもやられてしまい... 食害者の姿かたちは見えず、えっ?これってどこから来たの?そしてまたどこへ消えてしまったの?と謎は深まるばかり。
対処法以前に何が食害するのか気になって仕方がないので、実現困難ですが、赤外線ビデオカメラとハードディスクを組み合わせて夜通し撮影で犯人を特定、ということを夢想しています。

今回作ったキャベツ苗(春波&アーリーボール)は置き場所を虫のいなさそうな門前の私道、アスファルトの上に設定。ぴちっと整列して揃いもよく、虫食いもなく、順調に進んでいたのですが... 先日、隣家のニワトリがやって来て ..(中略).. 大破しました。(笑)