白菜と子持ち高菜の種蒔きとレタスの植え付け! 

白菜は二番手で冬野菜になるねえ。 子持ち高菜も冬野菜の部類かなあ。 どちらも9月中旬が蒔き時で、そろそろ蒔いておこうかという話だねえ。 レタスは以前に種を蒔いておいたやつが、そろそろ植え付け頃になってきたので、それをやろうかなあということだね。


まずは種蒔きから。

と言っても無茶苦茶暑くてねえ。 いつもの作業台ではやってられないんだよね。
作業台は日陰がなくて天から干し。 しかも風が通らないんだよね。 なので暑いのなんの。 これでは死んでしまいそうだよ。


ということで、今回は天然のサンシェード、四角マメの下でやることに。

IMG_6647.JPG

どうよ、これなら涼しいだろう。 日陰だし風は通るし。 最高だよ。

何で早くこれを思いつかなかったのかなあ。






で、今日蒔くのはこちら。

まずは二番手というか晩生の白菜だね。

IMG_6648.JPG

これは寒さに強くて、病気にもなりにくいんだそうだ。 それに寒さに当たるとさらに美味さが増すんだそうだよ。
って、そう種袋に書いてあるからね。


そんなことで、この文句にだまされて今回初めて使う品種だねえ。 本当に美味しければこれが定番になるんだけどね。






まずは初めてなので3粒蒔き。

IMG_6650.JPG

と言っても、種が小さいし黒っぽいのでわかりにくいけどね。

画像を拡大して、よーく見るとわかるような気もする。








こちらは子持ち高菜。 四川児菜(しせんあーさい)。 もちろん中国野菜だよ。

IMG_6652.JPG

中国野菜と言っても、種を作っているのは日本の福岡県。



こちらはもう何年も作っているんだけど、基本は蒔き床を作って筋蒔きが原則だよ。
毎年それをやってきたんだけど、このやり方も面倒くさくてねえ。

ポット蒔きじゃ駄目なの? ということで、今回はポット蒔きに挑戦。



初めてなので、今回は二粒。

IMG_6654.JPG

初めてならもっと沢山と思うだろう。 ところが種の残りが少ないんだよね。
万一のために少し残しておかないといけないので2粒ということに。


上手く芽が出てくれると嬉しいんだけどね。




種蒔きが終わったら、次は植え付けだよ。


ロメインレタスのロマリアだねえ。

IMG_6664.JPG

大分苗も大きくなってきたので、そろそろ植え付けようかなあということでね。








まずは植え穴を開けて、水をたっぷり。

IMG_6663.JPG

これは植え付けの時の鉄則でよ。 これで随分活着度が高まるからね。









苗を植え付けたら完成だよ。

IMG_6666.JPG

もちろん植え付け後にもう一度水遣りをするけどね。






もうちょっとだけ時間があったので、子持ち高菜を植え付ける予定の畝の除草を。

IMG_6660.JPG

まだ急ぐ作業ではないんだけど、出来るときにやっておかなくてはね。







それがなかなかの難作業で、草が長く伸びてしまっているからね。 狐鍬ではなかなか捕らえられなくて。

ようやく半分くらいで時間切れ。

IMG_6661.JPG

続きはまた何時か。 そう、また半端な時間が空いたときとかにね。




それにしても暑いねえ。 今月に入ってからの平均気温が平年より2度から3度くらい高いんだそうだよ。
これって、メチャクチャ高いよねえ。 一時は低温を心配したけど今度は高温を心配しなくては。

そのせいかどうかはわからないけど、今年はウンカが発生しているんだとか。

何年か前に大発生して、防除しなかった田んぼは全滅したことがあったんだよね。
今年はその再来かと農家さんは恐れているんだねえ。

今日も第二の地主さんは一生懸命防除していたけどね。

大事にならなければいいんだけど。





ということで、今日の畑。

IMG_6667.JPG


明日は除草をしなければ。 第二が放ったらかしだからねえ。
多分草が大変なことになっていると思うよ。

こういう作業も大分しんどくなってきたなあ。



ありがとうございます。






あすもきっといい日であります。

ヒゲおやじ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント