レタスの種蒔きとサツマイモの収穫!

レタスはもちろん二番手だよ。 レタスは本来冷涼を好む野菜なので、9月の中旬から下旬くらいが蒔き時だねえ。
と言っても今年は暑い。 何でこんなに暑いんだというくらい暑いねえ。 これでレタスが目覚めてくれるかなあ。
それからサツマイモだけど、これは第二農園の方でね。 これもそろそろ収穫してしまわないと。


まずはレタスの種蒔きから。


これがその種だねえ。

IMG_6710.JPG

これは先日植え付けたロメインレタスとは違って、半結球タイプのレタスだねえ。

葉が厚くて味が濃いのが特徴だね。 ヒゲおやじはこれが大好きで、これぞレタスという感じだねえ。
生でもよし、火を通してもよし。 歯応えと濃厚な味が最高だね。







蒔くのはこちら。

IMG_6712.JPG

四角マメのサンシェードだねえ。

ここは本当に涼しくて、こういう作業にはもってこいのところだなあ。
いつも作業しているところは、上に何もないので直射日光が熱い熱い。 その上風も通らないので地獄だよ。

それに比べると、ここは天国だねえ。 でも、四角マメがある間の期間限定だけどね。




さあ出来た。

IMG_6714.JPG

これは発芽するまでしばらくこのままで置いておくんだ。

涼しいしね、それに結構木漏れ日が入って日照もあるので、この時期では最高の所だねえ。







ちなみに一番手のロマリアレタスは、こんな具合だよ。

IMG_6717.JPG

大分しっかりしてきたけど、これからだね。







さて、ここからはサツマイモの収穫だよ。 もちろん第二農園だけどね。

まずは蔓を切り取って。

IMG_6722.JPG

切り取った蔓や草を除去しなければ。

特に左側はお隣さんなので、この境界は綺麗にしておかないといけないんだよね。







さあ、こんなもんでいいかなあ。

IMG_6724.JPG

これで何時でも芋掘りが出来るねえ。

というのが午前中の話で、午後からはいよいよ芋掘りだよ。


芋掘りと言えば、以前は孫たちが全員集合でやってきたもんだけどね。
さすがにもうそういう年頃でもなくなって、昨年までは唯一小姫がやってきていたけど、もう今年は部活が忙しいからということで。



大丈夫ですよ、ヒゲおやじ一人で出来ますから。

はい、これが芋掘りをする畝で。

IMG_6730.JPG

上の映像とは逆の方向から見ているところだよ。








これで半分くらいかなあ。

IMG_6731.JPG

いやー、今回は誰の手助けもないので、掘ったイモは自分で持って帰るしかないんだよね。

なので、ロールスロイスに積める程度にしなければ。 これで大きなレジ袋に二個程度だね。
持った感じは一袋10キロくらいの感じかなあ。 まあ、このくらいならなんと言うこともなし。






ということで、これが本日の収穫。

IMG_6733.JPG

ちょっとイモ数が少ないかなあ。 大きなイモもあるんだけど全体的に数が少ない。

まあ、こちらは放ったらかしだったからねえ。 つまり蔓返しの回数も1回くらいで。
本当は何回もやらないといけないんだけどね。

何しろ雨で動けなかったり、雨が上がると今度は猛暑で動けなかったりでねえ。 なかなかこちらまでは手が回らなかったんだよね。
その結果がこれで、仕方ないよねえ。


野菜作りなんてものは、やはりどれだけ手をかけられるかで決まるような気がするねえ。
出荷用の野菜を作っているわけではないのでね。 自分が如何に美味しい野菜を作るのかというか作れるのかは、自分が掛けられる手間次第みたいな気がするんだよね。 それが家庭菜園の面白さかもしれないね。



ということで、今日の畑。

IMG_6735.JPG


昨日も今日も随分と涼しくなってきたねえ。 日陰にいると寒いくらいだよ。
風が結構強かったからねえ。 さすがに日中に動くと汗をかくけどね。


夏もそろそろ終わりかなあ。 今ぐらいからが秋の始まりで、体育の日辺りから本格的に秋らしくなっていくような。

でも、もうちょっと夏が続いてほしいなあ。 夏大好きのヒゲおやじとしては。 



ありがとうございます。






明日もきっといい日であります。

ヒゲおやじ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まめだ
2019年09月19日 13:57
おやじさま  こんにちは

さつまいもは粒ぞろいで美味しそうですね*

我が家はツルをさしてから乾燥つづきで毎日水をやりましたが足りなかったようで程々のお芋もありますが細長いやせたお芋が多くできました。まあ大学芋にでもしようかと思っています。
enjoy
2019年09月19日 19:43
いつも参考にさせていただいております。
三歳の娘と家庭菜園をしています。
ヒゲおやじさんは白菜とかに防虫ネットをしていないとブログで拝見したのですが葉につく虫は手でつまんで予防されているのですか?
ネキリムシの輪っかの対策は参考にさせていただいております。
ヒゲおやじ
2019年09月19日 23:00
まめださん、ありがとうございます。
そうですか、それは残念でしたね。 サツマイモは蔓返しが大事で、これをやらないとなかなか大きなイモは出来ないですね。
ヒゲおやじ
2019年09月19日 23:03
enjoyさん、ありがとうございます。
はい、ネットは面倒くさくて嫌いです。 虫は手で摘まんで取ります。
それでも随分やられてしまいますよ。
出来ればネットをお勧めします。
カッチー
2019年09月19日 23:32
私の住む関東では11月の霜が降りる前に収穫することが多く、今や蔓が繁茂しています。蔓返しはしていますが、これ以上蔓がのびないように蔓先をカットしてしまうことはダメなのでしょうか?蔓先をカットしても大丈夫なら蔓の繁茂も程よく抑えられると思うのですが、いかがでしょうか?
ヒゲおやじ
2019年09月20日 23:13
カッチーさん、ありがとうございます。
それはあまりお勧めできませんね。 昔の人は蔓一本芋一個と言ったものです。
つまり蔓を失うのは芋を失うのと同じという意味ですね。 蔓についた葉で光合成をして、その養分を芋に蓄えているので、言い換えれば蔓は製造工場で芋は貯蔵庫という関係になります。 蔓返しをするのは、蔓の途中から出た根に養分を蓄えさせないためなので、蔓を切るのとは意味が違います。
と言っても確かに大変なので、これ以上伸びないように先端だけど止めるのはありかも知れませんね。
カッチー
2019年09月23日 22:07
返信が大変遅れました。そうなんですね。蔓の大切さを改めて再認識しました。それにしても、オヤジさんは、本当に博識なんですねぇ。いつも感心してしまいます。みなさんからの質問にもいつも、必ず丁寧に的を射たお応えをしていて人間的にもリスペクトしています。ありがとうございます。