畝割の計画! これがなかなか厄介でねえ。

まだ早いけど時間のある間にやっておかないと、植え付けや種蒔きが始まってからでは遅いからね。
これが毎年のことながらなんとも悩ましいんだなあ。 空いているところに何処にでもというわけにもいかなくて、連作だの何だのって考えないといけないだろう。 そうするとなかなか決まらないんだよね。 でも取り敢えずは決めないことには始まらないので。
ということで、早速悩ましい作業に取りかかろう。


まず必要な資料は現在の植え付け図だね。

IMG_7989.JPG

これが今現在の状態だよ。

グリーンに色が付いているところは現在野菜が植えてあるところ。 白抜きのところは空いているところだねえ。
白抜きのところで野菜の名前が書いてあるのは直前に植えてあった野菜で、その上のブルーの日付は撤収の日付だよ。

こうしておくと何かと便利なのでね。 ほら、ここ、何を植えていたかなあなんてことがよくあるんだよね。 もちろん以前の植え付け図をめくればわかるんだけど、こうしておくとわかりやすいだろう。




それともう一つは植え付けの履歴図だねえ。

IMG_7987.JPG

これはもう必須。 これがないとどうしようもないからね。 以前なら直前の一年くらいはなんとかおぼろげに覚えていたけど、今はもうそれも無理で、3年も5年も前のことなんか全くわからないよね。 なのでこれが必要なんだねえ。








これともう一つ計画表というのがあっただろう。

IMG_7980.JPG

これこれ、この三つを使って植え付けの畝割を考えていくんだよ。







まずは植え付け図を見て。

IMG_8005.JPG

例えばこれ。

一番右の畝。 今は極早生のタマネギが植えてあるよね。

ここに何かを植えようとしたときに、まずはこのタマネギが何時撤収されるのかがわからないと何も決まらない。
つまり、この畝が何時空くのかということだねえ。






この図ではわかりにくいので拡大してみよう。

IMG_8006.JPG

で、前年の計画表を見ると、およそ4月中旬には空きそうだね。

ということで、4/中と書いておく。 黄色の○だねえ。


次に計画表から4月中旬に植え付けをする野菜を見てみると、サトイモとかカボチャやオクラ、枝豆なんかが出てくる。

それで今度は履歴図を見ると、ここは前回カボチャを植えているので同じカボチャは避けたいし、4年前にソラマメを植えているので出来れば枝豆は止めておこうかなあ。 などと考えると、のこるはサトイモかオクラかということになるねえ。

で、取り敢えずの候補は仮にサトイモとオクラということにして、他の畝も全部こうやって仮の野菜を決めていくんだ。
でも、絶対すんなりとはいかないからね。 どこかでぶつかってにっちもさっちもいかないことになるんだ。

そこで妥協策が出て、それならここにこれをとなって第一次の畝割が決まるんだねえ。
でも、そのとおりになったことはただの一度もないからね。 実際には予想以上に収穫が伸びて畝が空かなかったりなんてことは普通にあるのでね。

そこでまたやり繰りが始まって、最終的に決まるのはその野菜を植え付けるもう本当にギリギリになってしまうんだねえ。
毎回この繰り返しだよ。


何でそうなるのかというと、第一は連作障害を考えるからだねえ。 これさえ気にしなければ全然簡単なんだけどね。
ヒゲおやじはどちらかというと、あまり連作障害は気にしない方なんだけどね。

というのも、そもそも連作障害なんて言葉が言われ出したのは化学肥料が全盛期になってからだねえ。
それまではそんな言葉もなかったのかあったのか知らないけど、誰も気にしてなかったような気がするんだけどなあ。

以前は化学肥料なんかあまり使わなかったし、堆肥や人糞なんかの天然肥料が主流だったので、しかも色々な野菜を次々と植えていたので、特定の野菜の病原菌なんかが地中で爆発的に増殖するなんてことは起こらなかったんだねえ。

それが特に農家では手軽な化学肥料が主流になって、面倒くさい堆肥なんかを使わなくなってしまったので、連作による特定の菌類の増殖が発生するようになったんだねえ。 それと色々な野菜を繰り返し植えるようなこともなくなったしね。
例えばソラマメ農家はソラマメしか作らないからね。 畑が空いたら次には別の物を植えるなんてことは全くないんだねえ。
なので連作が起こるんだなあ。 その間に他の物を植えておけば、それほど連作は気にしなくても大丈夫なんだけどね。

ヒゲおやじも特に障害の出やすいナス科とマメ科の中でもソラマメだけは気にしているけど、その他は1年も空ければ大丈夫かなあなんて思っているけどね。 それでも出来れば長く空ける方がいいには決まっているので、畝割の作業で悩むことにはなるんだけどね。


そんなことで、皆さんもあまり気にしなくてもいいけど、十分気にしてくださいね。 なんのこっちゃ。


いやー、今日も理屈を書きすぎたかなあ。
こういうことを長々と書くと怒られるんだよね。 「余計なことをグズグズ書くな。 時期とやり方だけを書けばいいんだ」なんてきついコメントをしてくれる人もいるので。

最近はなんかやりにくくなったなあ。 もっとおおらかになれないもんかねえ。



さて、明日は雨の予報。 また何をするかなあということだね。





ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 109

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

tamaaan
2020年01月12日 01:20
おやじ様こんばんは(^^)
すごい!ちゃんと活字化されてる!
(言い方変ですが…(^^;;)
私は畑の外の形だけプリントアウトして、後は手書きです。
確かに毎年春と秋の前に悩みます。
特に豆科は気にしていますが、ナス科もなんですね!知らなかったです。
ニンニクとか長々と畑に居る野菜もあるので、やりくりが大変です。
おやじ様も沢山の種類育ててはるので、もうパズルの世界ですね(^^)
春と秋とどちらが大変ですか?
みりん
2020年01月12日 13:27
おやじさんはズバリ!凝り性でしょう。
植え付け計画表ですごいと思っていたのに、さらにすごい代物(履歴図)が出てきてびっくりです。今回はさらっと読める記事ではなかったので、昨夜何度か読み返していたら湯冷めしてしまいましたよ~(笑)
私の場合、いつも植え付け時期より遅くなってしまうので、おやじさんの植え付け計画表を参考に、自分が作りたいものを追加していけばうまくいきそうな予感が…。もともと植えるつもりのじゃがいも、トマト、きゅうり、ナス、エダマメに加え、母親からはインゲンと万願寺とうがらし、かぼちゃのリクエストが来ており「ちょっと作っといてくれればいいから」と軽く言いますが、少しずつ色々な種類を作る方が野菜のお世話は大変なのじゃ~。私がおやじさんのように3種類の表を突き合わせて、畝割に悩むと言うのは何年か先になりそうですが、おやじさんの書かれていることは理にかなっており、読んでいておもしろかったです。やっぱりただの「おやじさん」でなく「師匠」だわ~。素朴な疑問なのですが、ソラマメ農家の方は連作障害に対してどのように対処しておられるのだろうと思ってしまいました。
ヒゲおやじ
2020年01月13日 22:22
tamaaanさん、ありがとうございます。
はい、まさしくパズルそのものです。 でも、これが面倒くさいのですが、逆に面白かったりもして。 十分頭の体操にはなりますよ(笑)。
ヒゲおやじ
2020年01月13日 22:28
みりんさん、ありがとうございます。
はい、正真正銘の凝り性です。 誰もが認めています(笑)。
なので簡単なことも、もっと上手いやり方があるんじゃないかとか考えてしまうので時間がかかります。 反面、心の中では面倒くさいなあなどと思っていたりして。
ソラマメ農家さんは本当に大変です。 もちろん自分の畑だけでは出来ないので、知り合いの土地を借りて作っています。 それでも5年に1回ですからねえ。 どの土地がどのくらい開いているのか苦労があるようですよ。
mw
2020年01月14日 20:34
 とても細かく管理されてますね、ワンダフルです。

 小生もノートに畝を書き季節毎の栽培記録を残し連作障害を避けようとし
ています。しかし、実際には栽培期間が想定より長引いたりしますので中々
当初計画通りには行きませんね。
 そこがマー、生き物相手の野菜栽培の面白いところなのかもしれません。
当方今は、ジャガイモをキャベツやダイコン後などのあいている畝に植える
か、それともネギを掘り起こして移動させるか、などあれこれ模索している
ところです、、、。

 
ヒゲおやじ
2020年01月15日 23:14
mwさん、ありがとうございます。
はい、まさしくそのとおりで。 なかなか思うようにはいきませんね。
それがまた面白かったりして。