第二農園の畝作り! とにかくやってしまわないことには。

それにしても寒いなあ。 こんな日に野良仕事はこたえるよ。 でも、これで雨が降ったらまた何時出来るかわからないのでね。
とにかく出来るところまでやってしまおう。 ところがこれが意外に難作業で、これまでの2本とは大違い。 硬いの粘いの重いの、こりゃそう簡単にはいかないなあ。 ということで思わぬ時間がかかってしまったんだ。



さあ、前回枯れ草をざっと除去した畝だよ。

IMG_8320.JPG

これを狐鍬でガリガリと削って、枯れ草の根を取ってしまったところだねえ。







まずはこれを耕そう。

IMG_8322.JPG

前の2本はふわふわのサクサクだったので、こんなもん簡単と思ったら。

なんと硬いのなんの。 鍬を思い切り打ち込んで引き起こすのにえらい力がいるんだ。
重~い、こりゃしんどいわ。

でも、何とかやり終えて。 
この後は土塊を細かく砕かないといけないんだけど、第二に置いてあるレーキでは歯が立ちそうもないんだなあ。
このは普通サイズのものだからね。 この堅さではいくら叩いても砕けそうもないんだ。


ということで、第一から大型レーキを持って来ることにして、取り敢えず今日はここまで。

えっ、たったこれだけ? そうなんだよね、他の用事もあったりして取りかかるのがちょいと遅かったからねえ。



というのが昨日の話でね。


ここからが今日の本題だよ。

昨日は寒かったけど天気はよかった。 ところが今日はさらに寒くておまけに天気が悪いと来ているんだ。
もう何時降るかわからない状態。


寒いとか何とか言っている場合じゃないので、とにかく急がなくては。

さあ、続きを始めるよ。

IMG_8326.JPG

これは同じ畝なんだけど、反対側から見ているんだ。

まずはこれを砕いてやらなくては。 早速第一から持参した大型レーキで叩いて砕いて。


それがまた大変で。 さすがに大型レーキの威力は大したもんなんだけど、それでもなかなか細かくは崩れないんだよね。
刃の方で叩いても峰の方で叩いても割れるけど崩れない。 いやー、やりにくいねえ。
それをさらに細かく砕きながら、こりゃしんどい息が上がるわ。 何しろレーキが重いからねえ。


それでも何とかやっつけて。

IMG_8327.JPG

これで1時間近くもかかってしまったよ。 空の様子はますます怪しく、時折小さいのがぱらついたりして。 とにかく急がなくては。




で、こういう畝には堆肥を入れるのが一番なんだよね。

ヒゲおやじが今使っているのはこちら。

IMG_8328.JPG

そう、馬糞堆肥だねえ。 色々やってみたけど、これが一番良さそうなんだねえ。 ちょいと高いけどね。

これを入れると土がさらさらになるんだねえ。
もちろんこの他にも牛糞堆肥や豚糞堆肥、鶏糞もあるねえ。 それぞれ用途が違うので、それによって使い分けるといいんだけど、今回のような土壌改良のためだと馬糞が一番適しているように思うねえ。

馬糞がなぜいいかというと、繊維質が非常に多いんだなあ。 まあ、言ってみればパサパサ。 これを土に混ぜると当然土の中で微生物がこれを分解しながら、ふかふかの土に変えてくれるんだ。

これによく似た性質を持っているのがバーク堆肥だねえ。 これは主に木くずを細かく砕いたものなので、性質的にはよく似ているんだねえ。

一方の、牛糞や豚糞は何回も使っていると、だんだん土が粘くなってくるような気がするんだよね。 気のせいかも知れないけど。

それともう一つ馬糞の特徴は、競走馬の糞なので抗生物質やその他の薬剤を使ってないというのが最も安心できるところだねえ。
牛も豚も成長を早めるために飼料に抗生物質を混ぜて使っているものが多くて、当然それは糞にも含まれるからね。

抗生物質の使用が厳しくなってきているので、以前ほどではないとは思うけど、やはり安心できないんだなあ。


折角家庭菜園で出来るだけ無農薬でやっているのに、気がつかないところで抗生物質を取らされたのではたまったもんじゃないからね。



これを畝にばらまいて。

IMG_8329.JPG


後はよくよくかき混ぜるように深くしっかりと耕せばいいだけだよ。






こんな感じかなあ。

IMG_8330.JPG

今度は随分と耕すのが楽でね。 鍬もスッと入るのですいすいと耕せて。


これでまた土塊が出てくるので、これを砕きながら畝の形を整えて行くんだよ。







はい、これで一応完成。

IMG_8331.JPG

いやー、それにしても畝一本で随分疲れたなあ。 

でも、これで第二の準備は完了。 


後は植え付けるだけだね。






ということで、今日の第二。

IMG_8333.JPG

どうよ、これならどう見てもちゃんとした畑だろう。 ヒゲおやじもやるときにはやるんだから。






あ、いかん、空がまた怪しくなってきた。

IMG_8335.JPG

降り出す前に帰らなくては。


それにしても今日は思い切り寒かったねえ。

日差しがないので余計に寒さを感じたのかもね。 風も冷たくて震え上がったよ。


今日は随分働いたので、明日はお休みかな? とか言いながらまた何かやそうだけどね。




ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 53

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

tamaaan
2020年02月07日 23:34
おやじ様こんばんは(^^)
やっとこの季節らしい気温になりましたが、暖かいのに慣れた身体でこの寒さは辛いです。
空豆とかエンドウとか大丈夫でしたでしょうか?
馬糞の堆肥…初めて見ました。
我が家の近くのホームセンターには鶏糞と牛糞しか販売していないので…。
葡萄の畑にはバーク堆肥を撒きました。
やはりちょっと高いので、畑全部これにするのは…うーむ。
良いものは高い、ですね。
(何でもだいたいそうなのですが…(^^;;)
みりん
2020年02月08日 13:48
おやじさん、こんにちは。
カチコチの土もおやじさんの手にかかれば見事にサラサラの土になりましたね。さすがです。
昨年、固い土を耕す時に備中鍬と平鍬だけで耕し、非常にしんどかったのを思い出しました。レーキを上手に使えばよかったのですね。倉庫に農具が色々あるのですが、どの作業の時に使えば効果的なのかがいまいちわかっていません。馬糞堆肥も牛糞堆肥と同じく、それなりのニオイはしますか?
鉄子ではないので、何の電車かわかりませんが、電車が走るのどかな風景写真!ナイスです。
ヒゲおやじ
2020年02月09日 23:07
tamaaanさん、ありがとうございます。
本当に寒いですねえ。 やっと冬が来たかという感じです。
ソラマメもエンドウも大丈夫ですよ。 さすがに霜が降りるとぐったりしていますけどね。 馬糞対比は以前はホームセンターで売っていたのですが、今はないのでネットで注文しています。 確かに高いので毎回は無理ですね。
ヒゲおやじ
2020年02月09日 23:12
みりんさん、ありがとうございます。
馬糞の代わりに籾殻を投入してもいいですよ。 ただし少し時間をおいて植える方がいいですけどね。 馬糞は直ぐに植えても大丈夫です。
そうですね、レーキはかき集める道具と思っている人がおおいのですが、実はこのように叩いたり砕いたりする道具なので、上手に使ってください。
馬糞対比は一切匂いはありません。 もともと完熟堆肥は匂いがしないので、もし匂うようなら未熟堆肥ですね。 使わない方がいいですよ。