キュウリの植え付けと手入れ! 植え付けはもちろん二番手だよ。

一番手がそろそろこれからピークになり始めるので、二番手を植え付けなければ。 スペースに余裕のある人は三番手をやるといいねえ。
ヒゲおやじもずっと以前は三番手までやっていたんだけど、さすがに三番手は実の数も太りも悪くて、それほどやる価値もないかなあと止めてしまったんだけどね。 二番手までは是非やるべしとお勧めだね。


植え付けるのは前から準備をしていたこちらだよ。

IMG_0116.JPG







やり方はもういつものとおりなので、いつものように省略。

IMG_0117.JPG

植え穴を開けて水を入れて。 だよね。








今回も自家製の実生なので、若干深植えの斜め植え。

IMG_0119.JPG








はい、植え付け完了だよ。

IMG_0120.JPG







一番手のキュウリはこんな感じ。

IMG_0122.JPG

もう全部支柱の上まで到達だね。

さて、この後どうするかなあ。 向こうの2本と同じように横に這わせるか、それとも引き下ろすか。


実はヒゲおやじも、野菜作りを始めた頃には、引き下ろすと言うのを知ってやってみたんだよね。 大成功。 何時までもずっと実がなり続けるんだねえ。

でもね、当時はまだ指導本の通りにネットでやっていたんだなあ。 とてもじゃないけど蔓を傷めないように引き下ろすのは不可能で。
今のように支柱1本ならいとも簡単なんだけどね。

それともう一つは、一番手と二番手、三番手は品種を変えていたんだよね。 今もそうだけど。
で、引き下ろす方法だと、ずっと同じ品種のものしか食べられないことになってしまうんだなあ。 それで、うーん、要領はわかったけど、これでは面白くないなあと止めてしまったんだよね。


なので、スペースが少なくて二番手とか三番手を植えられない人は、是非引き下ろし作戦をやるといいねえ。


どうやる? うん、蔓が支柱を越える頃になると、先端辺りの実が小さくなって黄色く枯れてきたりするんだよね。
その頃を見計らって、蔓をそのまま下に引きずり下ろすんだ。 もちろん傷めないように気をつけないといけないけどね。

そうだねえ、丁度支柱の根元にとぐろを巻くような状態かなあ。 そこから先端をまた上に誘引していくんだよ。

そうするとビックリするくらい元気に伸び始めて、また沢山実を付けてくれるからね。


これは多分なんだけど、伸びすぎて高くまで養分を送れなくなったのが原因じゃないかと思っているんだけどね。
それで引き下ろしてやると高低差がなくなるので、また養分が送れるということかなあ。

この方法も面白いので、一度はやってみるといいかもよ。


折角なのでついでに下葉の処理もしてしまおう。

IMG_0126.JPG

今年は何故か下葉に病気が出てないんだよね。

例年だともうベト病だの色々出て、黄色く枯れたものが沢山なんだけど、今年はほとんどというか全くなし。
なので下葉処理をすっかり忘れてしまっていたんだねえ。


最初に1回はしたよね。 これは記事に書いたような気がするんだけど。 その後は忘れてしまっていたんだ。


でもまあ、確かにそろそろ危ないのでやっておこうかなあ。



はい、少しはスッキリしたかなあ。

IMG_0128.JPG

そういえば、植え付けた時に根元に籾殻を入れたよね。 もしかしたらあれが効いたのかも。 泥の跳ね返りが少なくなるからね。

ああ、そうなると二番手のやつはやってないなあ。 これはいかん、明日にでも早速やらなくては。







そんなことで、今日の畑。

IMG_0130.JPG

見てよもう野菜よりも草の伸びるスピードの方が早くて。

どうするこれ。 いやー、はっきり言って戦意喪失だよね。 とは言いながらやらないわけにはいかないので。
どこからやるかなあ。


さあ、サイコロでも転がすか。





ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 80

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

ゆう←近県
2020年06月21日 06:42
シャキットの苗をみつけたから買いました(^^)植えます♪なんだか梅雨も明けそうですね
ちゃみがわ
2020年06月21日 07:36
引き下ろしかなるほど、納得しました。
土肥 護
2020年06月21日 13:06
ひげおやじさま。
ごめん下さい。お邪魔させて頂きます。
畑の(雑)草が、沢山生えてお困りの様です。草の(花が咲いてその)種が落ちると、草が生えます。ので、草の花が咲く前に、草をむしる(鍬で搔きとる)などして、2年目位になると、さほどに草は生えなくなります。私もものぐさで、最初の頃には、草に往生していました。よその人の畑でも、草のほとんどない畑があります(いつも、地べたが見えて草がない)が、「草の種を落とさない様なやり方」をされているようです。草には、春の草、夏の草、秋の草、冬の草とやはり四季ごとの草があります。畑作の途中で、お天気続きの日中に草取りの作業を適宜に行えば、そのうちに、草がほとんどが(年を通して)生えなくなります。といっても、鍬で深く耕すなどすれば、数年前の種が地表でまた芽になってでてきますが、。
絶対数量(本数密度)は、少なくなってしまいます。管理機(耕運機)で、25cm程に深く耕すと、その分昔の草の種が芽を出します。「不耕栽培」をすれば、種さえ落とさない様な草の管理であれば、草は格段に少なくなります。
差し出がましい様な話ですが、もしもご参考になりましたなら幸いです。
まめだ
2020年06月21日 22:43
ヒゲおやじさま こんばんは

まさに我が家も自家製の実生苗を昨日定植したばかりです。
ネットをやめておやじ式でやります。一番手は忘れてネットを
張ってしまいましたが二番手は忘れませんでした!

今年初めて大納言小豆を蒔きました。が、あんこができるだけ採れるでしょうか?

いつもありがとうございます。
さっきぃ
2020年06月21日 22:48
おやじさんこんばんは。こちらもキュウリがピークに入ったみたいです。おやじさんの過去ログを参考にキュウリは3回に分けて栽培してます。昨年の3番手はウリハムシの猛攻に遭い完食されてしまいました。(周りの方々がウリ科の野菜を撤収したので残ったこちらに来ました)今回は防虫ネットハウスを建てたのでどうなるか・・・。雑草は・・・(汗)こちらはランナーで殖えるタイプも混ざってるので地道に抜いててやっと一通り終わりました。
ヒゲおやじ
2020年06月21日 23:08
ちゃみがわさん、ありがとうございます。
こういうやり方もありますよということで、これがすべての正解ではないですよ。
ヒゲおやじ
2020年06月21日 23:09
ゆうさん、ありがとうございます。
あら、苗がありましたか。 それは珍しいかも。 こちらだと丁度二番手の植え付け時に当たりますね。 上手く行くといいですね。
ヒゲおやじ
2020年06月21日 23:13
土肥護さん、ありがとうございます。
貴重なアドバイス、ありがとうございます。
基本的にはそのようにしているのですが、気象の条件とかが今年は特別に異常で、何の手出しも出来ないままにこんなことになってしまいました。
不耕起栽培も自然農法も一時期やってみたのですが、素人が気軽にやる農法ではないですね。 やるなら信念を持ってやらないと駄目なようです。
ヒゲおやじ
2020年06月21日 23:16
まめださん、ありがとうございます。
ネットだと引き下ろしは出来ないですねえ。 どうしても蔓がネットを出たり入ったりしてしまうので、ネットごと引き下ろすかなくなります。 支柱だと簡単ですよ。 誘引紐を外してずるずると引き下ろせばお終いです。
是非挑戦してみてください。 これ本当に面白いですよ。
ヒゲおやじ
2020年06月21日 23:19
さっきいさん、ありがとうございます。
なんと防虫ネットでハウスですか。 やりますねえ。 ヒゲおやじも底まではやったことないですけどね。 確かに晩生になると周りから寄ってきますからね。 今年はどうなるでしょうか。 また結果を教えてください。
たま
2020年06月22日 10:00
梅雨に入ったのにこちらは真夏の暑さです。
今年は胡瓜はネットを張ってしまったので引き下ろしは考えませんでした。
で、教科書どおりネットより上に出た親ずるは剪定してしまいました。
勿体なかった。
来年はネットを張らずにやってみます。
我が家のキュウリはこれからが盛りです。
トラ
2020年06月22日 10:01
ひげおやじさん

おはようございます。 
先日、ご教示頂きました、ナスの一枝一果ですが、うまく出来てそうです。 
ナスの大分大きくなってきています。 
これから暑くなってきますので、更に大量収穫狙いたいです!
取り急ぎ、御礼まで。。 
ももちゃん
2020年06月22日 10:56
先日、キュウリの下げおろしを書きましたが、何も知らずに聞きかじりでやっていました。
今日のオヤジさんの記事でその理由がわかり納得できました。
ありがとうございました。
最近は支柱にくくる紐の代わりに、便利なクリップ式の物が出ていて下げたり、止めたりが簡単にできます。ダイソーで安く手に入りますよ。
でも、このやり方では確かに同じ種類のキュウリになりますね。
今年は少し違うものを二番手で蒔いてみます。

今日の記事の中で苗の植え方を、斜め深植えとありましたが、平均的な植え方と成長がどう違うのでしょうか。
他の野菜でも出来る物があるのでしょうか。
阿波の暇人
2020年06月22日 19:15
親父さん今晩は。淡路の晩生了解、100,200,300ありますが、どれにしましょうか?これに返信して下さい。僕は極早稲100だけです、夏野菜がメーンなので畝が回りません秋野菜の、アブラナ科はモンシロチョウの被害が気にいらないので大根と極早稲玉ネギ、エンドウだけ。空いた所はソルゴーのみ。緑肥で残肥料吸い込み。でお休み。気ままにお過ごしください、これから真夏です。
親父さんのご健康を祈ってます。何茶って今年の11月に後期高齢者に。ではお元気で、
ヒゲおやじ
2020年06月22日 22:59
たまさん、ありがとうございます。
いやいや、それが標準的なやり方ですよ。 それで十分です。
もし欲張るなら引き下ろすやり方もありますよということですからね。
ヒゲおやじ
2020年06月22日 23:01
トラさん、ありがとうございます。
それはよかったですね。 でも、最初の実の3本くらいまでは早めに収穫してくださいね。 それが増収のコツですよ。
ヒゲおやじ
2020年06月22日 23:08
ももちゃんさん、ありがとうございます。
このやり方も本当に面白くて、でも、何時までも何時までもなり続けるので、最後には嫌になってしまいました(笑)。
斜め植えの件ですが、実物野菜は全部可能です。 これは深植えをしてなるべく軸から出る根の数を増やしてやろうという作戦です。 でも真っ直ぐ深く植えてしまうと、キュウリのように浅く根を張るタイプの野菜にはあまりよくありません。 なのでわざわざ斜めにするのですよ。 そういう意味では実物野菜はすべて斜め植えがいいと思いますね。 ただし、これがやれるのは実生の苗だけですよ。 接ぎ木苗でやってしまうと接ぎ木の意味がなくなってしまいますのでご用心です。
ヒゲおやじ
2020年06月22日 23:11
あらー、11月でお仲間ですね。 暇人さんこそ体に気をつけて、楽しく長生きをしてくださいね。 はい、淡路島のタマネギは、試しに取り敢えず100本でお願いします。 土地に合うのかどうかが問題ですのでね。 上手く行けばまた翌年お願いするかも。 その時はよろしくお願いします。
ゆっきー
2020年06月23日 08:36
初めまして。最近、拝見させていただいてます!
今年、初挑戦できゅうりとトマトとナスをプランターで育てています。きゅうりの葉が黄色くなってしまい、実もなるんですがダメになってしまって、何が悪いのか…うどん粉病などにもなってしまっているようです。スプレータイプのものを散布しておりますが、ダメですね。
なにかアドバイスがあればよろしくお願いします!
ラビー
2020年06月23日 17:03
きゅうりの栽培はとても参考になりますので、有難うございます。
ところで
さあ、サイコロでも転がすか。
・・・・仕事終了後にチンチロリンでもやるのですか?
ヒゲおやじ
2020年06月25日 16:14
ゆっきーさん、初めまして。 ありがとうございます。
現物を見ないと何ともなのですが、葉が黄色くなるのも多分病気だと思います。
うどんこ病もそうなのですが、なってからではどうしようもないので、ならないように気をつける必要があります。 一番は風通しと日照ですね。 それと下葉が土に触れていたりすると直ぐ病気になります。 
今からでは手の打ちようがないので、下葉の整理をして風通しをよくしてやってください。 少しでも病気の進行を遅らせることが大事です。 うどんこ病で真っ白になった葉は取り除いてください。 少しくらい白いのは大丈夫です。 それと水のやり過ぎでも葉は黄色くなりますよ。
ヒゲおやじ
2020年06月25日 16:17
ラビーさん、ありがとうございます。
いやいや、ヒゲおやじは博打はやりません。
手の打ちようがないのでくらいくさだらけになってしまったので、どこから手を付けるかサイコロで決めようかと言う話です。
カナヲ
2020年07月02日 11:14
初めまして!先月からキュウリとゴーヤを植えています、深いプランターに野菜の土を入れています、肥料は入れたことがないです。1本ずつしかできず、鈴なりにはなりません。下の葉処理とはどうすればいいですか
ヒゲおやじ
2020年07月03日 14:14
カナヲさん、ありがとうございます。
下葉処理は、葉が地面に着いていたり、地面から近くて雨などの泥跳ねが葉の裏に着く恐れがある場合に、その葉を取ってしまいます。 それは土中の病原菌が付くのを防ぐためです。 もう一つはすでにうどんこ病やベト病などに罹ってしまって、除去する必要のある葉を切ってしまう場合に行います。
それ以外には無用に葉を切ることは避けなければいけません。
プランター栽培の場合は、ほとんど必要ないのではありませんか?
カナヲ
2020年07月04日 10:21
返信ありがとうございます!下の方の大きな葉っぱが白い転々がついていたり、色が白くなっていたり枯れて来たりしているの全部切りました!キュウリは普通サイズの物が1本ずつしかできません、肥料を入れないせいでしょうか?
ヒゲおやじ
2020年07月06日 11:11
カナヲさん、ありがとうございます。
肥料不足や日照不足、水のやり過ぎなどなど原因はいくつか考えられますが、基本的にプランター栽培は露地栽培とはまるきり違うやり方なので、ヒゲおやじの真似をすると失敗することが多いですよ。 プランターでやっている人には、同じようにしたのに上手く行きませんという人が多いのです。 それは基本的にやり方が違うものだからです。
ヒゲおやじもプランター栽培はあまり詳しくないので、専門家の話を聞くといいですね。 プランターの専門家で有名なのは深町貴子さんなどです。 一度この人の本を読んでみたらどうですか。 農業雑誌のコーナで売っていますよ。