ソラマメと赤マメの種蒔き! と言うよりマメ差しかな。

もうそろそろと思いながらも何となくグズグズ。 早くやらねばと意を決してマメを挿すことに。 大体毎年今頃ではあるんだけどね。
でもグズグズしていると時期を逸してしまうからねえ。 タマネギにしろこういう豆類なんかは、時期を外すとまともには出来ないんだよね。
なので今日は台風が接近している中、マメ差しを決行。 と言っても、多少風は強いけど雨は降ってなくて、別段作業には支障なし。


さあ、早くやっつけよう。 何時天気が変わるかわからないのでね。

本日蒔くのはというか挿すのはこちら。

IMG_1268.JPG

右が清水マメで左が赤マメだよ。

清水マメというのは、この辺りの特産品らしくて、特別に美味しいマメだねえ。 道の駅なんかに行くとあるかも知れないけど、スーパーではまず買えないだろうねえ。 一般的に売られているのは、この辺りだと陵西という品種で、これも美味しいマメなんだけどね。
でもそれよりも遙かに美味しいんだなあ。


なので農家さんも、商品としては陵西を作るんだけど、自家用として清水マメを作っているんだねえ。 なので当然スーパーには出てこないということで。 清水マメは若干癖があって作りにくいというのもあって、大量生産には向かないということもあるかも知れないね。




さて、何故マメを蒔かずに挿すのかという話なんだけどね。

まずソラマメは種と言うにはものすごくでかいだろう。 それで発芽するためには大量の酸素を必要とするのだそうだ。
それで普通の種のように穴を掘って蒔けばよいというわけにはいかないらしいんだねえ。


じゃあどうする。

それはこうする。

まずはこの映像のように斜めに差し込むんだなあ。

IMG_1266植え方.jpg

左側にちょっとへこんだところがあるだろう。 このへこんだところが黄色の矢印のように斜め上を向くくらいの角度で挿すんだ。
挿すのは2/3くらい。 オレンジの線辺りくらいまで挿すといいねえ。


何でお尻をちょこっと出すかと言うと、さっきの話のとおり発芽には大量の酸素が必要なので、全部埋めてしまうと酸素不足になってしまうんだそうだ。 それでお尻を出して空気中の酸素に触れさせるんだとか。




それから何で斜めに挿すのという話なんだけど。

IMG_1266発根.jpg

まず最初に、お歯黒のところから根が出るんだねえ。 大体こんな向きだよ。







それで根が伸びてくると今度は同じお歯黒のところから上向きに芽が出てくるんだ。

IMG_1266発芽.jpg

だからこれを逆に挿してしまうと、根が上向きに出てしまったりするからね。 それでも最終的にはちゃんと反転して根も芽も出ては来るんだけど、やはりかなり難しそうな形にはなっているねえ。

かなり前に、「2~3センチくらいの穴を掘って、そこにマメを入れて土を被せればよい。 向きは関係ない」と書いてある多分農業雑誌か何かの記事だと思うんだけど、そういうのを見て、へーっと思ったけどね。


まあ、大量に作る農家さんはそうかも知れないけどね。 我々家庭菜園としてはやはり発芽しやすいやり方でやるのがお勧めだね。



で、実際にはこんな感じだねえ。

IMG_1271.JPG

あ、そうそう。 マメを挿す前に用土にしっかり水を遣っておかないといけないよ。








ということで、清水マメのマメ差し完了。

IMG_1272.JPG







続いて赤マメなんだけど、これは大きさは違うけどやり方は清水マメと全く同じなので省略だよ。

IMG_1273.JPG


どちらも水遣りは乾いたらやる感じだね。 あまり朝夕など頻繁にやるとマメが腐ってしまうからね。 表面が乾いてきたらやるくらいがいいかなあ。




さて、台風が近づいているねえ。
こちらは今のところ何の音沙汰もなしという状態で、雨も風も全くなし。
当初の予報コースからは大分南に逸れたからねえ。 またまともに来るのかとちょっと心配したんだけど、どうやら今回は難を逃れたようで。

ただ、このコースを通った場合は吹き返しの方がひどくなるのでね。 多分明日辺りはそこそこの風が吹きそうな感じだねえ。

東海から関東の方はまた荒れそうなので、気をつけてほしいところだねえ。


その後はまた気温が下がりそうなので、なんかちょっとやりにくいなあと思っているんだけどね。
まだこんなに寒いような気温の季節ではないんだけどなあ。

もうみんな長袖を着ているけど、本来ならまだほとんど半袖の季節だからねえ。 この後どうなるのかそれが心配だねえ。
なんだか今年は本当に気候が定まらないなあ。 お天道様も急激な温暖化で気が動転しているのかもね。

早く落ち着いてほしいもんだねえ。



ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ
 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 65

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ラビット愛
2020年10月11日 01:01
こんばんは。お久しぶりです。変わりなく家庭菜園に精を出されているようで、何よりです。私も今年こそ、そら豆を成功させたいのですが、なかなか難易度が高い野菜ですね。
とりあえず、今日にも豆挿しをしますよ。
ヒゲおやじ
2020年10月12日 10:37
ラビット愛さん、ありがとうございます。
ソラマメは本当に手間のかかる野菜です。 油断すると直ぐに脇芽が出てしまうし、あっという間にアブラムシにやられてしまいます。 目を離さないように頑張ってください。 その前に発芽しないことには、ですね。
tamaaan
2020年10月12日 12:43
ヒゲおやじ様 こんにちは(^^)

昨日、空豆の種播きしました!
おやじ様方式で去年、良い苗が出来たので、今年も良い苗が出来ると良いなぁと願いながら(^^)
でも気温とかも関係するので毎年色々ですね!
今日は良い天気ですねえ(^^)
こんな日は、畑作業捗りますね!
ヒゲおやじ
2020年10月13日 22:40
tamaaanさん、ありがとうございます。
そうですか、マメを挿しましたか。 それは発芽が楽しみですね。
乾かさないように水を遣りすぎないように管理してください。
ゆう←近県
2020年10月18日 16:48
ひげおやじさんいつもブログありがとうございます(^^)そら豆清水一寸探してますが無いみたいです(>_<)ネットで売り切れはあるのですが、、、残念です(^_^;)仕方なくとりあえずそら豆うえますが、他に美味しい品種のオススメそら豆はありますか(^^)?探してみようかな。玉ねぎの苗がちらほらうられてたからまた日曜日くらいには植え付けしようと思います(^^)
ヒゲおやじ
2020年10月19日 22:54
ゆうさん、ありがとうございます。
清水一寸は非常に品薄で、なかなか手に入りにくい品種です。 事前に種苗店で予約しておくといいですね。 行きつけの種苗店の話によると、農家の高齢化で手間のかかる清水を作る人が少なくなったようです。