ソラマメの芯止め! これ必須だよ。

ソラマメと言っても今回のは赤マメだけどね。 赤マメと言っても粒は小振りながら立派なソラマメなので、馬鹿にしてはいけないんだ。
育て方は一寸ソラマメと全く同じだからね。 その赤マメが丁度いい具合になってきたので、この辺りで芯を止めてやろう。
何のために? そう、それを知らないと全く意味ないからね。 その説明は後ほどするとして、早速やってみよう。


これが赤マメだよ。

IMG_1856.JPG

どうよ、見たところは完全にソラマメだろう。 赤マメだと言われても違いは全くわからないからね。
大きくなって実が付き始めると違いが出てくるけどね。






そしてこれが今の苗の状態だねえ。

IMG_1858.JPG

下の方から横向きに何本か出ているのが脇芽で、真っ直ぐ立ち上がっているのが親芽というか芯芽だよ。
この芯芽の先を取って芯の成長を止めてやろうというのが芯止めの作業だねえ。

さて、そこで「何のために?」という話なんだけど。

もちろんこのままで放置してもちゃんと出来ることは出来るんだよ。 でも、マメの大きさが小さかったり味がイマイチだったり、収量が少なかったりするので、やはり芯は止めた方がいいねえ。

では、何故そうするかというと、このまま放置すると親芽というか芯芽に優先的に養分が供給されて、脇芽には回りにくくなるんだねえ。
脇芽を大きく育てて沢山収穫したいのに、それでは困るよね。 そこで適当な時期に親芽の芯を止めて、親芽に回るはずの養分を脇芽に回してやろうというのが芯止めの目的だねえ。

これで脇芽が立派に大きく育って、大きな実を沢山付けるということになるんだよ。

こういう傾向はカボチャなんかにもよく現れるよね。 カボチャも親蔓の芯を早めに止めて、小蔓を2本とか3本育てるだろう。
あれも理由は全く同じだからね。


では早速芯を止めてやろう。

同じ苗を横から見るとこんな感じ。

IMG_1860.JPG








芯芽の成長点を指先で摘まんでプチンと折ってやればいいだけだよ。

IMG_1862.JPG








これが芯を取った後。

IMG_1863.JPG

見た目には大して変わりはないけどね。


今回は芯の先だけを摘んだんだけど、一月ほどもすると芯芽自体を根元から切ってしまうんだよ。
そうしないとこの残った芯芽からも脇芽が沢山出てきて、始末に負えなくなってしまうからね。

二度摘みが面倒くさいという人は、もう少しこのまま放置して、年末くらいにいきなり芯芽の付け根から切ってしまっても大丈夫だよ。
プロの農家さんもそうする人も結構いるので、問題ないからね。 でも二度摘みをしている人に聞くと、やはり成長が違うと言うけどね。
まあ、我々素人にはわからない話ではあるよね。







はい、芯止め終了。

IMG_1870.JPG

と言われても見た目ではわからんけどね。






あ、そうそう、一寸マメの方も同じようにするんだけど、植え付けが遅かったのでまだ少し早いんだ。

IMG_1871.JPG







ほら、脇芽がまだ小さいだろう。

IMG_1873.JPG








これなんかはようやく出始めたばかりだよ。

IMG_1875.JPG

なのでこの脇芽がもう少し大きくなったら同じように芯を止めるんだ。






ということで、今日の畑。

IMG_1877.JPG


それにしても近頃随分と寒くなったねえ。

朝の最低気温が4度とか5度の日が続いているんだ。 それに比べて日中は15度前後と、日差しがあると熱いくらいでね。
この寒暖の差は結構こたえるねえ。 寒いので朝は着込むと日中は暑くて脱がないといけないし、寒暖の差が大きすぎて体がつていてかないよ。


来週にはこの寒さが一段落して、また少し暖かくなるんだそうだ。
あまり気温がコロコロ変わるとやりにくいし、野菜達も大変だよこれは。


こんなので無事に冬が乗り切れるのかなあ。 ちょっと心配。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 51

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

みみ
2020年12月06日 00:03
こんばんは。いつも参考にしています!

今年はI字型に挑戦します。その前にしつけをしようと思いますが、どのタイミングでしつけを終え、次の仕立てをしたら良いでしょう?仕立ての際にはしつけの紐やピンは外しますか?教えていただけたら嬉しいです!!
tamaaan
2020年12月06日 09:56
ヒゲおやじ様 おはようございます(^^)
空豆の親の芯止め!
今回は田舎に帰れなかったので、母に頼むのに、過去ブログから一枚写真を紙印刷させて頂きました。(事後報告ですみません)
母には写真見せて、やり方を教えないときっと脇目の芯を止めそうで…(^^;;
あっちなみに母はスマホ等の通信機器は一切持っていないので。
印刷したいい感じの空豆の写真におやじ様が言われていた頭ら辺にマジックでここ!と記入して手紙で送りました。根元から切らないでと追加して。
これで大丈夫だと思います。
重ね重ね写真の利用すみません。
過去ブログに、芯止めは11月中に必ずとありますが、 12月になってもいけますかね?
おやじ様も風邪などに気をつけて下さい(^^)
ヒゲおやじ
2020年12月08日 22:24
みみさん、ありがとうございます。
しつけは脇芽が立ち上がって30センチ以上大きくなったくらいからです。
紐は最初は緩く、少しずつきつめにしていきます。 あまりピンと張る必要はないですよ。中に風や光が通るくらいが適当です。
ヒゲおやじ
2020年12月08日 22:26
tamaaanさん、ありがとうございます。
写真でも記事でも自由に使ってください。 全然問題ありません。
上手く行くといいですね。
gamaturu
2020年12月09日 07:17
ひげおやじさん。
おはようございます、少し気になっていたのですが、清水一寸はその後どうなりましたか?どこかでアップされていたらすみません。
ヒゲおやじ
2020年12月11日 16:31
gamaturuさん、ありがとうございます。
清水はまき直したのですが上手く行っていません。 やっと1本発芽した所です。 まあ時期が時期ですので仕方ないですね。