エンドウ発芽 & 春菊の種蒔き!

さあ、ソラマメに続いてエンドウも発芽したよ。
これもなかなか面白いよ。


種を蒔いたのが10月22日。 うーん、意外と早いねえ。
昨日土が盛り上がっていたので、そろそろ出るかとは思っていたんだけどね。


ちょっと気になって今朝、庭に出てみると、おー、お目覚めだ。

画像

なかなか綺麗な発芽だ。



中にはこんなヤツもあるよ。

画像

どうかな、見てわかるかなあ。

左側の緑は当然発芽した新芽だよね。
では右側の白いのは?

実は、これは根なんだよ。

何で根がこんなところに。
さあ、それだ。 何でこんなところに根が出ているんだろうねえ。


ソラマメの記事を注意深く読んだ人は、「あ、あれか」って直ぐわかるかもね。

では復習しよう。ソラマメは凹んだ方を上にして挿す、と言ったよね。これ、どういう意味があると思う?
そうなんだよね、豆には方向性があるということなんだ。実は豆だけでなくて全ての種にも方向性があるんだけどね。わかりやすいのが豆類だねえ。

植物の発芽ってのは、どんなものでも芽と根は同時に出るんだ。
それで芽は上の方に根は下の方を目指すんだよ。
では、その芽や根はどこから出るかというと、お歯黒の部分。どんな小さな種にも必ずあるんだよ。
よく目立つのが豆類だねえ。

で、ソラマメの場合、凹んだ方を上にしたのは、こちら側から芽が、下にした方から根が出るんだ。
だから初めから芽が出る方を上にしておいてやると、スムーズに発芽できるという寸法だ。
これを逆にして挿すと、当初芽は下に根は植えに出るから、そこから反転するという作業をしないといけないよね。
その途中で根が地上に現れてしまうこともあるってことなんだ。


ということで、蒔いた豆の上下が逆転していたというところまで、理解してもらえたでしょうか。 ガッテン、ガッテン、ガッテン。


じゃあ、何でエンドウの場合はそうはいかないんだ?
いやいや、そうはいくんだけどね。 種を見てもどちらが上か下かの区別がつかないんだ。
ソラマメみたいに凹んだ部分なんかないからね。

でもね、お歯黒はよく見ると確認できるので、それを下にして蒔いてやるといいかも知れないね。
それよりそんな細かな事、気にせずに蒔いた方がいいと思うよ。しっかり厚めに覆土してやれば、土の中でちゃんと反転して出てくるからね。多少時間はかかるけどね。

だって、大量に蒔く農家なんか、一々上か下かなんてやってられないよ。 


これだって土の中ではどうなっているかわからないんだからね。

画像


エンドウが発芽したとなると、そろそろ畑の準備をしないといけないねえ。



さて、もう一つは春菊の種蒔きだ。

やっと畝の準備ができたので、早速種を蒔こう。

画像

ここはオクラを植えていたところなんだけどね。

まだ実はなっているんだけど、もうポツポツだし三日に一本みたいなペースでは、なかなか食べるようにはならないので撤収したんだ。
即植え可能な有機石灰を撒いて、堆肥と肥料を入れて昨日準備をしておいたんだ。


まずは太めの支柱を押しつけて、蒔き溝を作ろう。
深さは1センチほどでいいよ。



そこに種を蒔く。

画像

蒔いたのは中葉春菊。作りやすいので家庭菜園向きだねえ。

春菊は発芽率が悪いので、少し厚めに蒔くといいよ。 この春菊の場合55%という表示だ。


事前に一晩水に浸けておくとか、湿らせたガーゼに包んで冷蔵庫に4,5日入れて置くとかの発芽処理をすると、芽が出やすいけどね。そこまでやらなくても大丈夫だ。そこそこは芽が出るからね。



後はいつもの種蒔き用の土を被せて、水を十分にやれば出来上がりだ。
覆土は少し薄目、5㎜くらいでいいよ。


画像

発芽するまでは乾かさないように、毎日水遣りをすると良いねえ。



明日はエンドウの畝を準備しないといけないなあ。 まだ当分忙しいぞ。


今日の天気は晴れ。 午前中雲が出た時間帯もあったけど、午後からは良い天気だったよ。
でも寒かったねえ。最低気温9℃、最高気温16℃。これって11月中旬の気温だそうだよ。
一気に10℃も下がったわけだから、寒く感じるわけだよね。

画像



明日も寒そうだねえ。冬物を出さなくては。
カミさんは早速ヒーターを出してきたよ。
ヒゲおやじはまだ扇風機の掃除が終わってないんだ。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



"エンドウ発芽 & 春菊の種蒔き!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント