晩生タマネギの植え付け!

さあ、本番だねえ。天気もいいし、ヒゲおやじも朝から張り切っている。
いやー、明日から天気が崩れそうなんだ。だからその前に。


タマネギ、タマネギ、タマネギ。植えるぞ~~~!
って、えらく張り切っているねえ。

いやー、周りが全部植えてしまって、うーん、どうしようか。でも、まだまだ。
じーっと待っていたんだ。
お隣さんは待ちきれずに早々に植えてしまったけどね。

ヒゲおやじは苗の状態を見ながら、我慢我慢。


そろそろいいかな?

画像

しっかり育っているねえ。

このタマネギの育苗期間は55日。
種を蒔いたのが10月7日、発芽が12日くらいだねえ。

今日で53日か。
明日からは天気が崩れるという予報だ。 ならば今日植え付けてしまおう。


苗を抜いてみると、おー、いい苗だねえ。

画像

しっかりしたいい苗だ。



何度も言うようだけど、タマネギの苗の基準は鉛筆の太さだ。

画像

根元の白い部分の太さが、鉛筆の大きさが理想なんだ。

つまりおよそ7㎜だね。これより太くても細くてもよくない。
これより太い大苗は、寒さに当たると春先に葱坊主が出てしまう。
これより細い小苗は、霜に当たると枯れてしまう。

今年の苗は上手くできたねえ。はっきり言って上出来だ。



植え付け方は極早生のところでやったので、簡単にいこう。

まずは植え付けのための溝を掘って。

画像

これ、本職は10㎝くらいの深い溝を掘るんだよ。



さて、そこに、ちぃじぃさんの真似をして紐を張りましょう。

画像

あのね、これやってみると、案外植え付けが楽なんだよね。

紐なしでやると、真っ直ぐに植え付けているつもりが、結構歪みまくっているんだ。
で、気持ち悪いので後で手直しをしたりして。



さあ、植え付け完了だよ。

画像

これで最後の水遣りまで含めて、2時間ほどかなあ。

いやー、今年は苗が上手く揃っていたので、本当に植え付けも楽だったよ。
買った苗は、太いのや細いのが混ざっているのでやりにくいんだ。選別しながらやらないといけないからねえ。
おまけに最後には苗が足りなくなったりしてねえ。

やはり自前の苗が一番いいねえ。


植え付け方は、何回もやっているように、白いところが半分ばかり地上に出るように浅植えだよ。


で、これで何本?
あー、そうだねえ。えーと、正確に言うと220本だねえ。
全部で何本だ? 極早生が100本だろう。それと赤タマネギが50本。と、今回の晩生が220本だ。


極早生は3月の終わりから4月にかけて収穫できるんだ。これは保存用ではないので、玉が太ったものからどんどん収穫するんだよ。
極早生が終わる頃には、赤タマネギの収穫が始まるんだ。これは繋ぎだねえ。
赤タマネギを食べ終わる頃に、晩生の収穫が始まるんだ。
そうだねえ、5月の中頃になるかねえ。

その頃になると田植えの準備が始まるんだ。 初夏という季節だねえ。
いやー、待ち遠しいねえ。 って、これから冬だのにね。


極早生と言えば。

画像

元気に育っているよ。



根元を見れば。

画像

ほらね。 少し膨らんできているだろう。

ちょっと早過ぎかなあ。急に冷え込んだ後、暖かかったからねえ。 春と間違えたかも。


今年は収穫が早いかもよ。



今日も暖かないい天気だったねえ。

画像

動くと汗ばむ陽気だよ。

山も大分色づいてきたねえ。そろそろ冬支度かなあ。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


"晩生タマネギの植え付け!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント