ソラマメの芯止め!

そろそろ芯を止めないといけないかなあ。
これつて、12月の1日までにやらないといけないって農家の人に聞いたよ。
えー、無茶苦茶遅れているじゃん。 どうするよ。


いやー、実はね。ソラマメの芯止めってのは去年聞いたんだよね。
たまたま通りかかった近くの農家の人が。

「兄さん、もう芽を摘んだかな」と言うわけだ。
「いや、まだ摘んでないけど」。

「一回上を摘んでから、大きなってから下から切る方がええぞな」。
って、教えてくれたんだよね。

へー、そうなんだ。これはヒゲおやじも知らなかったからねえ。
芯を切り取るのは知っていたけど、途中にこんな作業もあるんだ。


で、今日はそれをやろう。ちょっと遅れたけど、まだ大丈夫だろう。

画像

ほらね、大分大きくなってきているだろう。



芯を止めるって、 どこをどうするんだ?

慌てるな、今から説明するから。

画像

えーと、見えるかなあ。

真ん中に真っ直ぐ立っているのが芯芽だよ。
で、赤い線の辺りで摘むんだ。

何のために?
そうだねえ、芯芽の周りにだらっと垂れているのが脇芽だよ。
実はこれを育てようとしているんだ。
だから適当なところで芯芽は止めてしまう。 そういうことだ。

それなら根元から切ってしまえばいいじゃない。
うーん、鋭い質問だねえ。

でも、脇芽がまだ十分に育っていないからねえ。
芯芽が伸びるための養分を止めて、それを脇芽に回すと言うのがこの目的なんだねえ。
ところが脇芽もまだ小さいので自分で十分に光合成ができないんだよね。
だから光合成の部分は芯芽に分担させてやろうという魂胆なんだ。
脇芽がもう少し大きくなったら根元から切ってしまうんだよ。

そう、青い線のところから切ってしまうんだよ。 お役目ご苦労さんってことだねえ。



芯止めのやり方見たい?
うーん、こんなもの見てもしょうがないけどね。

この辺りを摘んで、適当に切ればいいんだ。

画像

鋏? そんなものは要らないよ。ツメを立ててプチンとやればいいのさ。



で、これが切ったやつ。

画像

これは間引きじゃないので食べられんよ。誰も食べたと言う人はいないからねえ。



はい、これが切った跡。

画像




青い線のところで切るのは12月の終わり頃かなあ。
その後は倒伏防止用の支柱を立てたり、また色々やらないといけないなあ。




今日は滅茶苦茶暖かかったねえ。ちょっと動くと汗が出るくらいの気温だったよ。
何でも11月中旬の気温だそうだ。

明日からは冷え込む予報だ。今年の正月は寒いらしい。

いやー、早く大掃除しておかないと。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





"ソラマメの芯止め!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント