ソラマメの畝、マルチがけと穴開け!

さあ、そろそろ畝のマルチがけをしないといけないねえ。
って、普通は畝作りしたら直ぐにやるんじゃないの?
ところが、ヒゲおやじはわざと遅らせた。 何で?


そうだねえ、ソラマメの畝を作ったのは10月27日だ、多分。
その時にマルチをかけてしまってもよかったんだけどね。
でも、この時は畑が乾いていたんだ。

えっ、乾いていたら不味いのか?
うーん、不味いというほどでもないんだけどね。できれば湿っていた方が望ましいねえ。

実はソラマメは乾燥に弱いんだ。
普通マルチがけは保温が目的なんだよね。もちろん保湿もあるんだけど、主目的は保温なんだ。
でもソラマメに限っては保湿が目的なんだねえ。

だとすると乾いた状態でマルチしても、ちょっと不味いかも知れないだろう。
なので、実は直ぐ先に雨が見えていたので降るのを待っていたんだ。


ところが40時間しっかり降り続いてくれたもので、あまりにも湿りすぎなんだよね。
というか、畑がドロドロでちょっと整備をしないとどうしようもない状態だったんだ。
それで、少し乾いて来たのでマルチを張ろうかと思ったら、北からの強風。 あらー、これは不味い。
風の強い日は、マルチ張りには最悪だからね。マルチが煽られて、全く作業はできないんだ。


畑も丁度いい具合に乾いて来たし、風も治まったのでマルチを張ろうか。


マルチを張るのはこの畝だよ。

画像

色々考えたんだけど、手前の2本にソラマメを植えることにしたんだ。





はい、マルチの出来上がり。

画像

大した作業ではないんだけど、一人でやるとなかなか大変だよ。
カミさんは絶対に手伝わないからね。


まあ、マルチを直ぐに張らなかった云々は、実は大したことではないんだけどね。そういうことも多少は考慮したよという程度だねえ。




それより、ソラマメも大分芽が出てきたので、そろそろ植穴を開けないといけないねえ。


今日のソラマメはこんな感じだ。

画像

ほら、もう立派な苗だよ。

大体本葉が3枚出たら植え付けの時期だからね。





ところが、なかにはこんなやつも。

画像

これは今芽が出たばかりのやつだねえ。






それからこんなやつも。

画像

こちらはこれから芽を出そうとしているやつだねえ。


こういうのが混在しているので、植え付けの時期というのは難しいんだ。
全部が一斉に芽を出してくれると有り難いんだけどね。

なかなかそうはいかないから、面白いと言えば面白い。だからそこに工夫のチャンスがあるってことだよね。
さあ、どうしてやろうか。 先に大きくなったものから植え付けようか。
うん、それは名案だよ。何百本も植える農家だって、全部が一斉に芽が出るわけではないからね。

直播きの農家も結構あるんだけど、こうなると何時発芽するかなんてのはお天道様頼みだからねえ。
それでも最終的にはちゃんと収穫できているので、あまり気にしなくてもいいのかなあ。




で、何時植え付けてもいいようにマルチに穴を開けよう。

画像

穴の間隔は60センチ。

実は指導本なんか見ると、30センチとか40センチとか書いてあるものが多いんだよね。
それはいくら何でも無理だと思うよ。最低でも50センチは必要だ。
この辺りの生産農家も60センチが標準だからね。

いつも言っているように、株間を詰めるということは実が小さくなるということだからね。小さい豆がほしい場合には、そうすることもいいかも知れないけどね。


大きな一寸豆が食べたい人は、60センチが基本だよ。


毎年全部が大きくなるのを待って、一斉に植え付けたんだけど、今年は大きいやつから順番に植え付けてみようかなあ。これはやったことないんだけど、面白いかも知れないね。




ところで、こんな飛んでもないことも。

画像

これ、何だかわかるかなあ。






こちらにも。

画像

今年は何故か次々と薹立ちするんだ。

おかしいねえ。 こんなことは初めてだよ。
春先に薹立ちするのはよくあることで、珍しくも何でもないんだけどね。今の時期に薹が立つかねえ。

仕方がないので、収穫して持って帰ったんだけど、丁度家の前でお隣の奥さんとカミさんが井戸端会議中。
「○○さん、こんなん食べる?」って言うと、「あっ、食べる食べる。ありがとう」って。
別に毒があるわけではないので、芯の硬いところを除ければ十分食べられるんだよ。





タマネギもしっかり活き着いたようだ。

画像

ほら、寝かせて植えてもちゃんと真っ直ぐ立っているだろう。

タマネギは深植えさえしなければ、どんな植え方をしても大丈夫だからね。




今日の天気は晴れ後曇かな。
午前中も雲の多い晴れだったけど、午後からはべったり曇だねえ。でも気温が高いので、動くと暑かったよ。
明日はまた雨らしい雰囲気。

雨といえば種子島だっけ? 1時間に147ミリって、どんな雨? バケツじゃなくて風呂桶をひっくり返すような雨かなあ。何とも想像ができないけどね。
何か、こういう飛んでもない異常な気象が多くなってきたねえ。
いよいよ最終の世紀末に近づいて来たのかも。

マヤ歴によると2012年がその年に当たるんだ。あちこちで何となく騒がしいだろう?
何事もなく終わればいいけどね。


ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ















"ソラマメの畝、マルチがけと穴開け!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント