ソラマメの手入れ法! 今の時期の必須の手入れ法だよ。

ソラマメも植え付けてから11日。
そろそろ手入れをしないといけないかな? 手入れはこんなことをやるんだよ。
ネットの上からではなかなかわからないので、まずはネットを開けてみよう。


やはり、10日あまりで随分大きくなっているねえ。

今の所順調のようだ。

画像

でも、芯止めにはまだ少し早いようだね。


んっ、芯止めって何だ?
実は、これが美味しい豆を収穫するための必須法で、ソラマメの芯を止める作業だよ。
これをやらないと立派なソラマメは育たないんだ。


ふーん、何でそんなことを。 で、どうやるんだ。

待て待て、そう慌てるな。これから説明するから。


まずこれを見てもらおうか。

画像

これは今日のソラマメだけど、これから説明するところに印がしてあるからね。
これを見ながら話しを聞いてくれるといいねえ。



えーと、まずは芯を止める意味から説明しようかねえ。

この映像で言うと、真ん中に真っ直ぐ立っているのがいわゆる主幹、つまりソラマメの芯だねえ。
ところがこの主幹を一生懸命育てても、これには実がつかないんだ。

じゃあ何に実がつくかというと、黄色で矢印をした側枝つまり脇芽だ。この脇芽に花が咲いて実がつくんだよ。
なのでこの脇芽を大きく育てることを考えないといけないんだねえ。


もうわかっただろう。つまり芯を止めて脇芽を育ててやろうという寸法だね。
放っておくと主幹はどんどん成長するから、養分が脇芽に回らない。それでは困るよね。育てたいのは脇芽なんだから。それで芯を止めてやると主幹の成長が止まって、その養分が脇芽に回るってことなんだ。

この理屈、わかってもらえたかな。
これが芯を止める理由だよ。


次はどうやって芯を止めるかって話しだけどね。

実はどうやってもいいんだ。芯さえ止めてしまえばそれで一応の目的は達成する。
ところが同じ芯止めでも、より上手いやり方はがあるって話しなんだ。


やり方は二つ。
一つは一発で芯を止めてしまう方法。 もう一つは二度切りをする方法だ。


まずは一発で芯を止めてしまう方法。

これは側枝がそこそこ成長した12月下旬頃に、主幹を根元から切り取る方法だ。映像で言うと赤いところから切り取るんだねえ。それまではこのまま何もしないで放置するんだよ。
これが一般的というか、家庭菜園では普通に行われている方法だよ。お隣さんもこうやっているんだ。

これでも全然問題はないんだよ。ヒゲおやじも以前はそうやっていたんだから。



次は二度切りする方法。

ところが数年前に顔見知りの農家さんが通りがかって、「もう芯止めたかな」と言うんだ。
「えっ、まだ止めてないけど、もう止めるんかな」。ヒゲおやじは根元から切ることを想定しているからね。
ところが「そうじゃないんよ。芯の先だけ摘むんよ」。つまり主幹の先だけを摘めと言っているんだ。
「えーっ、そんなことするんかな」 「ほうよ、これした方がええぞな。そやけどいっぺんに切るんなら、まだ放っといてもええけどな」と言う。
「芯を摘むんなら、今月中にせないかんぞな」 「ほんで、来月の終わり頃には根元から切るんよ」。

と教えてくれたんだ。

えっ、わからん?
えーと、要するに、二度切りをした方がよい。一度切りをするならまだ放っておいてもよい。
二度切りをするなら一度目は今月中(11月中)にしなさい。二度目は12月の終わり頃に根元から切ってしまいなさい。と言っているんだ。


「あ、ほうかな。ありがとう。やってみようわい」。

てなことで、ヒゲおやじはそれ以来二度切りをしているんだ。
効果? うーん、それはわからんねえ。 両方を並べてやってみないと何とも言えないなあ。


でも、理屈はわかるよ。

まず一度目は緑で印をしたところから切るんだ。つまり主幹の成長点を止めてしまうってことだねえ。
主幹の成長を止めることによって、その養分を側枝に回らせようって寸法だなあ。
この時点で、もし主幹の根元から切ってしまうと、まだ側枝が小さくて葉数が少ないから光合成が十分にできないことになる。ということは株全体が大きく育たないし、側枝の成長も遅れるだろうと想像できるねえ。

主幹の先端だけを切ってやると、主幹の成長は止まるけど主幹の葉は十分に光合成を行う能力があるので、株や側枝の成長に役立つというわけだ。

それで側枝が十分に光合成ができるくらいに育ったら、用済みの主幹は赤で印をした根元から切ってしまおうということだねえ。


どうかな。ちょっと難しかったかなあ。
でもこれは地元の農家が長年やっている手法だからね。まず間違いないと思うよ。

ヒゲおやじが育てるのは精々20本程度だけど、生産農家は数百本から数千本だからね。それでもこれだけ手間をかけているってことは、確かに意味があるんだと思うよ。




この数日思い切り冷え込んできたねえ。最低気温が7度とか8度だ。でもこれって平年並みなんだよね。
今までが暖かすぎたんだ。でも急に冷え込むと体に悪いよね。

で、ソラマメにも防寒対策を。


ほら。

画像

根元に馬糞堆肥をかけてやったんだ。

これは追肥の意味はほとんどないよ。根元の保温のためだ。
いつもなら籾殻をかけてやるんだけど、今年は少量というよりは微量しか手に入らなくて、これに回す余裕がないんだ。なので、馬糞ならパサパサで大量に空気を含んでいるので保温効果もあるだろうということなんだ。
牛糞は? いやー、それはわからん。でもあれはネバネバだからね。イメージ的には役に立ちそうもないなあ。


ということで、当面のソラマメの手入れ法、理解してもらえたかな。今月中には一回目の芯切りだよ。
と言っても地域によって差があるので、脇芽がそこそこ出そろったくらいと考えればいいだろう。




ところで黒大豆の収穫の後片付け。なかなか大変だったよ。

ほら、切った枝や葉が一杯だろう。

画像


これをかき集めるんだけど、何しろ風が強いんだ。
折角かき集めても、風に煽られてまた飛んでしまう。

もう止めようかとも思ったんだけど、このまま放置して全部どこかへ飛んで行ってしまうとまた面倒だろう。
近所に迷惑をかけるしね。




悪戦苦闘の末に何とか始末したよ。 

画像

大豆がある間は目立たなかった草が、やたらと目立つんだ。

ここまでは昨日の作業だったんだけど、時間切れで草取りまではできなかったんだ。





これでは不味いってんで、今日は草を削って綺麗にしたところだ。

画像

どうだ、これなら誰も文句は言わないだろう。

まあ、誰が文句を言うわけでもないんだけど、何となく気持ちが悪いだろう。
綺麗にしておくと気持ちがいい。 でも、それで野菜がよくできるかというのとは別問題なんだけどね。



今日は午前中は綺麗な晴れで、これぞ秋晴れだったんだけど、午後からは雲が出て来て夕方には降りそうになってきたよ。明日は雨かなあ。

で、今日はちゃんとやることはやっておいたから大丈夫だよ。
できれば降ってほしくはないけどね。やっと畑が乾きだしたところだから。

ま、これもお天道様次第だからね。



ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ








"ソラマメの手入れ法! 今の時期の必須の手入れ法だよ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント