今日も種蒔きだよ! さあ、何だろう?

今夜からは雨だというので、ならば蒔いておこうかみたいなもんだね。
今日蒔くのは、ご存知タイニーシュシュ。 あ、ご存知でない方もいらっしゃるかも。それと山東菜だよ。


はい、種を蒔くのはこちら。

画像


そうだねえ、タイニーシュシュは去年から使い始めたというか、これ新品種なんだよね。
当然交配種でトゲがなくて柔らかいハクサイと思えばいいかな。

早採りで食べられるのが特徴なんだけど、味はどちらかというと淡泊でサラダにはいいかもしれないねえ。もちろんトゲがなくて柔らかいので、生で食べられるんだよ。
これをしっかり巻くまで育てると、ほぼハクサイに近くなるんだ。

つまり育て方でどうにでもなるって野菜だねえ。


これが案外季節を問わず作れるので、これから何回も登場することになるかもね。
ちなみに冬の種蒔き大実験でも登場して、大成功だったねえ。



それから山東菜。 もちろん中国野菜だよね。でも何故か種はイタリアで作っているんだなあ。
山東菜は以前からあるから多分知っていると思うけど、ヒゲおやじは作るのは初めてなんだよ。

小松菜の代わりに何か適当なものがないかと探していて見つけたんだけど、さあ、代わりになるかどうかはわからないねえ。

見た限りではどちらかというとチンゲンサイに近いような。

これも大株にしないで早採りをする野菜のようだねえ。


まあ、一度作ってみればわかるので、まずはそれからだね。





種の巻き方は毎度のことだから簡単に。

まずは撒き穴を開けて。

画像

タイニーシュシュは15センチ間隔に種を蒔くんだ。

最終的には30センチにするんだけど、その途中は早採りして食べるんだよ。


それから山東菜は筋蒔きだね。
これは太い支柱を使って、畝に押しつけて蒔き溝を作るんだ。
これで一定の深さの蒔き溝ができるから、これは是非真似をしてほしいところだねえ。





後は種を蒔いて。

画像

こちらはタイニーシュシュ。

まあ3粒も蒔いておけば大丈夫だろう。 えっ、4粒ある? あ、ホントだ。
いやー、種が小さいからねえ。 指先の感覚でもよくわからないんだなあ。 こんなものは適当でいいんだ。


山東菜の方は筋蒔きだから適当でいいよ。
種袋には1.5センチ間隔でって書いてあるけど、こんな小さな種をそんな間隔では蒔けないよ。

結果オーライで、適当、適当。








蒔き終わったら種蒔き用の土を被せて、土にしっかり密着させてできあがりだよ。

画像


後はもう水をやるだけだね。









水遣りはしっかりと。 蒔いたところだけでなくて、畝全体が湿るようにやるといいねえ。

画像



さあ、これで春の種蒔きは一応終了だよ。
まずは一段落だねえ。

この後はサツマイモの植え付けと、丹波の黒大豆の種蒔きが待っているけど、それはまだまだ先の話だ。








そうそう、すっかり忘れていたよ。

何をって、あのね。冬の種蒔き大実験をやっただろう。
あのときにニンジンも種を蒔いたんだよね。 それがなかなか芽が出なくて、やっと出てもひょろひょろで。
こりゃーだめかなと諦めていたんだよね。


そしたら何と急激に葉が茂ってきたと思ったら。

画像

こんな立派なニンジンができていたよ。

これにはビックリだねえ。 いやー、綺麗なニンジンだ。 これなら売り物になりそうだね。
でも、実験ということで全部で20本ほどしか作ってないので、残念ながら売り物にはならないんだ。


でもこれ、おもしろいよね。冬に種を蒔くと今頃にニンジンが採れるんだ。 これ、覚えておかなくては。
来年はもっと大量に作るかなあ。




今日も暖かだったねえ。というか暑かったねえ。
でも、そこそこの年齢のお姉さん? いやおばさんかなあ。
子供連れでしかも自転車の後ろにもう一匹乗せて、ペラペラのノースリーブで走っていたのにはビックリしたよ。

確かにそれでも寒くはない気温ではあったけどね。 でも、ちと違和感が。


明日もこんな気温らしいよ。
そろそろ夏バージョンかなあ。 でもその後は少し冷え込むらしいけどね。

本格的な夏バージョンはその後のようだね。 よーし、もうしばらくの辛抱だ。


明日は雨の予報だけど、何をしようかなあ。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



"今日も種蒔きだよ! さあ、何だろう?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント