エンドウ用の畝作り! これもそろそろやらないと。

大分苗が大きくなってきたので急いだ方が良さそうだね。
こういうやつは大きくなり始めると早いからねえ。 ちなみに昨年は11月10日に植え付けているねえ。 今年はもうちょっと遅れるかなあ。
何しろ今年の気温が高すぎるので、種蒔きを少し遅らせたのでね。 苗の育ちが遅くなっているんだねえ。 でも、これも早い植え付けは禁物だよ。 エンドウも寒さには弱い植物なので、大苗にしてしまうと寒い冬が過ごせないかも。 小さい苗だと意外に大丈夫なのでね。
なので意識的に植え付けを遅らせる人もいるんだよ。


ところでその苗の状態は、今こんな具合だよ。

IMG_7349.JPG

左側が実エンドウのウスイで右側がキヌサヤだねえ。






こちらはツタンカーメンとスナップ。

IMG_7350.JPG

右側がツタンカーメンだねえ。







さて、耕す畝はこちら。

IMG_7324.JPG

この2本の畝に植えようとしているんだねえ。







なので今回は同時並行でやっていくよ。

まずは左側を耕して。 もちろん石灰は撒いてあるんだ。

IMG_7333.JPG







続いて右側を。

IMG_7334.JPG







これを砕きながら土を寄せて。

IMG_7345.JPG

もちろん右側も同じようにするんだよ。

ここで日付が変わって。







さあ、戦闘再開。

IMG_7346.JPG









ここからは肥料を入れていつものやり方だねえ。

IMG_7347.JPG

あ、そうそう、ここ手だ大事な話が。

ここはエンドウの畝だよね。 ということはマメ科植物。 マメ科の植物には根粒菌がついて空気中の窒素を固定する働きがあるよね。
ということは? そう、肥料をやり過ぎると窒素過多ななりやすいってことだねえ。

窒素過多は、ご存じ蔓ぼけだね。 蔓だけが大きく元気に育って、実が生らないという現象だよね。


それを防ぐためには少し控えめの肥料にすることが大事なんだねえ。
どのくらい控えればというのは計算できないけどね。 前作の残肥もあるしねえ。 そこらは勘かなあ。

とにかく少なめの肥料で様子を見て、足りなければ追肥で補うのがいいやり方だと思うねえ。


鶏糞を入れて化成肥料を入れてなんてことをやると、間違いなく窒素過多になるから要注意だよ。




さあ、左側をやっつけて。

IMG_7351.JPG







右側も同じように。

IMG_7353.JPG

これで完成だね。

後は支柱を立てなければ。 今日はやらないけどね。







ということで、今日の畑。

IMG_7356.JPG

どんどん冬用の畑になっていくねえ。



さて、明日は? うーん、支柱を立てるかなあ。 これは植え付け前にやっておく方がいいからね。
でも、まだそこまでは急がないし。 どうするかなあ。

まあ、あしたの天気を見て考えよう。





ありがとうございます。






明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





"エンドウ用の畝作り! これもそろそろやらないと。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント