ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ネギとジャガイモの交互栽培! これで連作障害は解消?

<<   作成日時 : 2018/02/27 23:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 99 / トラックバック 0 / コメント 8

なんで「?」なんだ? 実は先日マーチンさんが送ってくれた某農業雑誌をパラパラとめくっていると、ジャガイモの連作障害解消法としてジャガイモとネギを交互に植えるとよいと書いてあったんだよね。
へー、本当かなあ。 ならばやってみなくては。 ということで早速やってみることに。


このやり方だと毎年同じ場所にジャガイモを植えられるんだそうだ。 これは助かるよねえ。
毎年何処に植えようかと悩んでいたからね。

でも、へそ曲がりのヒゲおやじとしては、これを鵜呑みには出来ないんだよね。 
まずはやってみて確認しなければ。


それが上手い具合に現在ネギが植えてあるし、ジャガイモ用の畝も出来上がっているんだなあ。
これを入れ替えるだけだから簡単なもんだ。


その肝心のジャガイモはまだこんなもんで。

画像

ようやく芽はハッキリ確認出来るようになったけど、もう少し時間がかかりそうだね。

なのでまだ時間は十分にある。









それでこれがジャガイモ用の畝だねえ。

画像

左側の2本がそうだよ。

実はここでも壮大な実験をやろうとしていたんだけどね。

と言うのが、昨年は右側の2本にジャガイモを植えたんだ。 ということは真ん中の1本は連作になるよね。
本来ならこんな植え方はしないんだけど、それがジャガイモには連作障害はないという人がいてね。 現にその人は毎年同じところに作っているんだよね。 それで間作もしていないんだ。

でも物の本には必ず連作は避けるように書いてあるし、まあ我々としても極一般的な常識だよね。 というか、その常識にとらわれているよね。
ならば本当のところはどうなのか試して見ようと、敢えて連作を計画していたんだ。


連作すれば必ず不作になるというわけでもなくて、それほど影響がない場合も確かにあるんだよね。
でも病気になったり収量が落ちたりするというのが一般的な考え方で。 確かに病気になりやすくなるのも間違いない。


ということで、まさにその実験をやろうとしたんだけどリスクも結構大きいので、もしネギで上手く行くのならそれに越したことはないからね。 こっちの方を先にやってやろうかという話しで。




で、幸いなことに、昨年植えたネギがまだ大分残っているんだよね。

画像


このネギをさっきの真ん中の畝に移植して、このネギの後にジャガイモを植え付ければいい話なので、比較的簡単だろう。








なので早速このネギを掘り上げなければ。

画像


これが以外と面倒くさくて。

掘り上げ自体はそれほどでもないんだけどね。 掘り上げたネギの中から移植に適しそうなやつを選んで切り分けるのがなかなかの手間で。

根が絡んでいてなかなか外れてくれないんだよね。 鋏で切り分けながらの作業で結構大変だったよ。






さあ、早速植え付けよう。


まずは植え付け準備。

画像

新しい若苗だと株間は15センチくらいなんだけど、これはもう大きいので20センチにすることに。








それと通常は溝を掘って堆肥と化成肥料を入れるんだけど、今回はこれも省略して穴を掘ってそこに堆肥と化成を入れて。

画像











これを半分ほど埋め戻して。

画像

もちろんこれは根に直接肥料が当たらないようにするためだよ。









そこで先に植え穴に水をたっぷりと。

画像

これをやっておくと、まず間違いなく活着するからね。

植えてからやってもいいんだけど、その場合は水がなかなか根の下までは浸透しないので、何度かに分けて十分にやらないといけないよ。









後はもう植え付けるだけだね。

画像


これで畝の半分ほど植え付けたことになるんだ。

後の半分はもうすぐ種を蒔く新しい苗を植え付けるんだよ。


それでどうするかというと、来年はこの畝にジャガイモを、さっきネギが植えてあったところは今年ジャガイモを植えるので、来年はそこにまたネギを植えるという具合なんだねえ。 これを毎年繰り返していくということになるんだ。

こうやって交互に植え付けて行くと、連作障害は起きないんだそうだ。




はい、これが現在の第二農園。

画像

今年始めての植え付けだねえ。




さあ、急いで第一に戻ってさっきの畝を耕さなければ。

時間的にはまだ余裕があるんだけど、何しろ明日からまた雨の予報で今回はかなり荒れるとのこと。
ならば急いでやっつけておかないと、間に合わなくなってしまうからね。



耕す邪魔にならない程度に除草して。

画像


それで耕そうとするんだけど、それが硬くて。 鍬を打ち込んでもなかなか入らない。
ネギを植えてあったのに何でこんなに硬いんだ? まるで通路並みの固さだよ。

植えっぱなしで何もしなかったからなあ。 仕方ないか。







やっとの思いで一回目の耕起終了。

画像


もう、しんど〜〜い。

時計はもう5時。 あかん、土を砕いている時間はないなあ。 今日はここまでにしよう。

雨? うーん、予報では午后からなので、朝のうちに何とかやってしまえるかなあ。
というより、もうしんどくて、今日はそんな馬力は残ってないよ。






ということで、これが今日の第一農園だよ。

画像


春の畑も段々格好が付いてきたね。



確かにこれで連作障害が起こらないということなら、ジャガイモの畝を固定できるのでこれは有り難いことだねえ。 ジャガイモは元々有毒な植物なので、周りの野菜の成長に影響があるとも言われているしね。

できれば切り離しておきたいところだからね。



でも、この結果が出るのは3年先くらいになるので、それまでやってられるかなあ。
いやー、ちょっと心配だね。


さて、明日も忙しくなりそうですぞ。






ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 99
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。へ〜ぇ、本当ですか?タマネギとジャガイモを交互でも良いのですかね?
これが出来ると楽ですよね〜。青ネギ出ないと駄目かな?ま、やってみますかね。
こちらでは半年事に秋にタマネギと薩摩芋を春に交互に作り続けてる人は知っていますがね〜。オマケに薩摩芋の残渣を畝の深くに少し乾かして埋める。これが肥料でタマネギ栽培時に化成肥料を追肥に極少量やるだけで立派に育て上げてるのは知ってますが?
海爺
2018/02/28 01:28
玉ねぎとじゃがいもですか。うーん、極早生がもっと大きかったら、葉ネギで収穫して場所を開けるのになぁ。悩みます。
私も組み合わせの連作に興味があって、
茄子とえんどう豆ができるらしいと読んで実験中です。また、結果をお知らせしますね。
あじの開き直り
2018/02/28 10:43
こんにちは。ネギは何にでも良いのですね〜私はネギの跡にゴボウが良いときいて今年、種まきします。
キュウリやカボチャと一緒に植えると良いとか。

玉ねぎ跡でもよければ、秋じゃがなども作れますね。
ラビット愛
2018/02/28 12:45
親父さん今晩は。明日から3月。楽しいシーズン゙です。ナメクジ対策で1つ提案です。私の場合は電線のドラムを敵がひそむ所に置いて置きます。雨の後など、メチャクチャ殺戮します。で。思うのですが、DIYで売っている、小さいセルポット128とか、あれを裏返しにして、物理的に排除するのが、良いのではとか。連作はあまり気にしてません。最後の写真に、ある田んぼの跡地でしょうか?あれの、枯れ草を通路に利用したら、どうでしょうですか?わかりません。ではまた。
阿波の暇人
2018/02/28 20:21
海爺さん、ありがとうございます。
タマネギでもよいとは書いてなかったですねえ。 ヒゲおやじも初めてやってみるのでわかりません。 サツマイモの残滓はよく雑誌に出ていますね。
でも相当手間だと思いますよ。 まずはギロチンがないとやりにくいでしょうねえ。
ヒゲおやじ
2018/02/28 22:32
あじの開き直りさん、ありがとうございます。
タマネギはわかりませんよ、書いてなかったですからね。
コンパニオンプランツというやつですね。これは沢山ありますが、効果のほどはやってみないとわかりません。 雑誌に書いてあるほど上手くはいかないと思いますねえ。
ヒゲおやじ
2018/02/28 22:35
ラビット愛さん、ありがとうございます。
そうですねえ、ネギはウリ科にも合うようで、沢山ありますね。
さあ、タマネギでもよいのかどうかはわかりません。 一度やってみてください。
ヒゲおやじ
2018/02/28 22:37
阿波の暇人さん、ありがとうございます。
なるほど、それは面白そうですねえ。 是非成果を教えてください。こちらもナメクジには参っていますので。
あの枯れ草は畑の続きなのですが、水が溜まっていて入れません。
間もなく芽吹きが始まるでしょう。
ヒゲおやじ
2018/02/28 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネギとジャガイモの交互栽培! これで連作障害は解消? ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる