ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴーヤーの畝作り! と言っても番外編。

<<   作成日時 : 2018/05/10 22:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 74 / トラックバック 0 / コメント 6

基本的にはゴーヤーを植える畝は出来上がっているんだよね。 でも、そのままでは面白くないなあ。
というか、夏の日陰を作りたいんだねえ。 あのね、畑は木の一本もなくて日陰はゼロなんだ。
それでちょっと一息入れたい時に休む日陰がほしいんだなあ。 それを作ろうという算段でね。



そう、それがこれなんだよね。

画像

左側の緑のラインは、元々ここに植える予定で、これはすでに出来上がっているんだ。


それでニラの右側にもう一本畝を作って、ここにもゴーヤーを植えようかなあ。
つまり、オレンジの線で示したように、門型のアーチを作ってここに日陰を作ろうとしているんだねえ。


でも、ここはまだ一度も耕したことのない未開の地で。 掘ったら何が出て来るのかわからないんだよね。

案の定畦波の破片が無数に出て来たよ。 それらを取り除きながらで、結構手間と時間がかかったんだけどね。


まずは深く耕して溝を作ったんだ。

画像


これがまた難儀な作業でねえ。 一度も耕してないから、粘いなんてもんじゃないんだなあ。

固まりが砕けない。 それでも何とか溝らしいものを掘って。







そこに自家製の堆肥を投入。

画像


自家製の堆肥と言っても、ただ削った草を積み上げておいただけだけどね。
それでも結構分解が進んでいて、これなら使えそうだなあという程度だったよ。


その上に掘り上げておいた土を被せて。






このままではどうにもならないからね。 この上から大量の籾殻を。

画像

どうよ、土が全く見えないだろう。


これを丹念に掻き混ぜて。 と言っても土が砕けないからねえ。 無理矢理レーキで引っぱたいて、さらに掻き混ぜて。


何度かやっていると少しだけ土がばらけてきた感じでね。
でも、まだまだこのままでは畑の土にはならない。



そこに山土を投入。

画像

これも結構な量だよ。

それを更に何回も砕きながら掻き混ぜて。








結果は?

見てみろ、結構な畝が出来上がっただろう。

画像


元々植える予定の畝とここにゴーヤーを植え付けて、両側から立ち上げようという寸法だね。
それで上に棚を作って日陰にしようという作戦だ。


いやー、たったこれだけで、えらく疲れたねえ。 もう本当に久し振りだよ。
この第一農園を開墾した当時を思い出すねえ。





その第一農園はこんな感じ。

画像


それにしても今日は寒かったねえ。
北風が強くて寒いの何の。 何でも4月上旬くらいの気温だそうだ。

天気はよくて気持ちはよかったんだけどね。


まさに五月晴れ、と言いたいところだけど、それはちょっと違うねえ。
この五月は旧暦の5月で、今で言うと6月から7月にかけての季節を言うんだねえ。

だから本来なら梅雨真っ最中、その中休みの晴れ間のことを言ったんだねえ。




さて、明日は折角畝も出来たことだし、ゴーヤーを植え付けるかなあ。

その前に支柱を立てないといけないけどね。



はい、今日もありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 74
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヒゲおやじさん こんばんは。お元気ですかあ?
夕方香川の友人から沢山のソラマメが届きました。「ソラマメと言ったらヒゲおやじさん」を思い出して久しぶりにコメントさせてもらいました。
四国のソラマメはおっきくってホックリ美味しかったです。おかげでビールが。 あ、進んじゃう〜♪
ちょっと肌寒いようでもやっぱり晴れは気持ちがいいですね。今のうちに夏の日陰を考えて対策たてていらっしゃるとはさすがです。出来上がりが楽しみですね。水分補給と休息とりながら畑仕事楽しんでくださいませ。
うちのゆきジイさんは『越後姫』(🍓)の収穫、『芋ジェンヌ』サツマイモの植え付けなど、農家さんへボランティアに通っては美味しい2級品をおみやげに頂いてきてます。ありがたや、ありがたや。
来月は二人で北海道の農家民宿に泊まって北海道の農業見てこようと計画中です。元気に動けるのもありがたや、ありがたや。
けっこ
2018/05/11 20:23
東海地方は快晴。しかし風は北風。気温は低い。

深めの溝を掘る→残菜や枯れ草などを入れる→籾殻(またはヌカ)
を入れる→畝にする・・・
これしんどいけど、基本全ての畝の撤収時にやっています。
オクラやトウモロコシの撤去残物も埋めています。
この辺りの古くからの百姓で頑固なジジイたちは基本これです。
百姓といっても農家ではなく、自給用の作物作る人々のことね。
二極化というか、耕運機派と天地返し派がクッキリ分かれます。
これやると土がサックサクのフッカフカで後が楽なんですね。
今は畝が5mなんだけど、畝一本作るのに一時間はかからないです。
一鍬で多くの土を持ち上げると心臓に負担がかかるので
ちょっと少なめに少しづつ掘っています。
でもやっぱりしんどいですけどね。
マタ
2018/05/11 21:36
けっこさん、うわー、ご無沙汰です。 ありがとうございます。
お元気ですか。 こちらはもう年なのでそれなりですよ。
ほー、旦那さんは元気なのですねえ。 ちょっと羨ましいかも(笑)。
あら、北海道ですか、それはいいですねえ。 いやいや、元気が一番ですよ。我が家もみんなまずまず元気なので、もうちょっと頑張れそうです。
ヒゲおやじ
2018/05/11 23:08
マタさん、ありがとうございます。
なるほど、そのとおりですねえ。 本当は通路を掘り返して残滓なんぞを埋め込みたいのですけど、それをやるとそこは歩けなくなるのですよね。
何しろ水浸しで。後30センチほども高ければ、全部そうするのですけどねえ。
ヒゲおやじ
2018/05/11 23:12
ヒゲおやじさん レスコメありがとうございます。
ご家族の皆さまもお元気そうで何よりです。
お孫さん達もそれぞれに大きくなられたことでしょうね。我が家の孫たちもいつのまにか大学、高校と小学5と3年! その分自分も年重ねてるんですよね。
ヒゲおやじさんはいつまでも本当にお若くてまだまだ畑仕事バリバリでいらっしゃる。私共夫婦もずっと見習いたいと思っています。
これからもきっと良い明日を迎え続けましょう!お互いに。
けっこ
2018/05/12 20:35
けっこさん、ありがとうございます。
あら、4人もいるのですか。それは凄い。 国から表彰されますよ(笑)。
こちらも、大学、高校、中学で、丁度似たような感じですね。
まあ、孫達がいるので頑張れるのかなあ、みたいなところはありますけどね。でも、後何年やれるかちょっと難しくなってきています(笑)。
ヒゲおやじ
2018/05/12 22:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゴーヤーの畝作り! と言っても番外編。 ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる