今時のトマト、ナス、キュウリの手入れ! 病気を防ぐには!

植えっぱなしにしていないかな。
これから雨の季節。ちゃんとした手入れが必要だよ。
放っておくとキュウリなんかは直ぐに病気になってしまうからね。
できるだけそれを防ぐには、こんな手入れをやるといいよ。


病気を完全に防ぐことはできないんだけど、これをやるとやらないとではかなり違ってくるよ。

で、何をするんだ? うん、それをこれから実際にやりながら説明しよう。


まず何からいこうかなあ。
でも畑に行ったらまず見ないといけないのがトマトだよね。

ほら、三日前に芽欠きしたところなのに。
あ、言っておくけど、芽欠きが今日のメインの話題ではないよ。芽欠き無なんてのは畑に行ったらまずやることだからね。

画像




それよりビックリしたのはこれ。覚えているかな?

画像

そう、台芽だよね。
前回綺麗に取り除いたと思っていたのに、なんとこの態だ。

まあ、仕事やら雨で二日ほどは畑をのぞいていなかったからねえ。
恐るべしトマトの脇芽。 わかるだろう?


さて、本題に入ろう。
今日はもっと大事な話しだ。
今の時期にしかできない野菜の手入れ。

というか、今の時期にちゃんとやっておかないといけない手入れの話しだ。



その手入れとは。
下葉刈りをしよう。

何じゃそれ?
地面に近いところにある葉を、取ってしまうってことだよ。
何でそんなことを?
それをこれから説明するんだ。


まずはトマトから。
大体トマトというのは下の方から葉が出て垂れ下がるんだよね。

そこに雨が降ると泥ハネが葉の裏側に付く。 そこから病気になることが多いんだ。
畑の土にはカビやウィルスがウジャウジャいるからね。これをできるだけ遠ざけようという寸法だ。
だから病気になりにくくするための手入れといってもいいねえ。



なので、地面に近い泥が跳ねる可能性のある葉は、根元から取ってしまおう。という作戦だ。

画像


もうポキポキと折取っていいよ。



さあ、こんな具合だ。

画像

ほら、こんなにスッキリしたねえ。

これでもう泥ハネが付くこともないだろう。



そうそう忘れていたよ。脇芽欠きと言えばナスも同じなんだよ。

画像

ほら、たくさん脇芽が出ているだろう。



やり方?
うーん、ナスの場合は、第1花の下の枝とその上にできる枝の3本で仕立てるのが一般的なやり方だね。
なので、第1花の下枝より更にしたの脇芽は無条件に掻き取ってしまおう。
その時に、やはり泥ハネが付きそうな葉は、取り除いてしまうんだ。

ナスも同じように病気になりやすいからね。



ほーら、こんな具合だねえ。

画像


随分スッキリしただろう。



あ、そうそう、ついでにピーマンも。

画像

これもナス科だからね。ナスと同じ要領なんだ。

同じように三本仕立てにするんだよ。



ほら、綺麗になった。

画像




さて、病気と言えば何といってもキュウリだねえ。多分皆さんが一番悩むというか苦労されているところだろうねえ。

何がって、あなた。 もう直ぐに病気になるんだから。 うどんこ病で葉が真っ白、ベト病で点々と葉が茶色くなって枯れてしまうなんて、経験したことないかな?
モザイク病、ベト病、うどんこ病。これらはキュウリの病気の定番だよね。

これらの病気はどこから来るんだろうねえ。

まず、モザイク病はアブラムシがウィルスを媒介するんだ。だからアブラムシをやっつけないといけないねえ。
葉が緑色の濃淡のモザイク状になったり奇形になったりするんだ。こうなるともうどうしようもない。これには農薬も効かないんだよ。だから他に移らないように早期に株ごと抜いて焼却処分か土を深く掘って埋め込むかだ。
あ、畑の中でやってはいけないよ。


うどん粉病とベト病はよく見かけるだろう。
よーく見ると、これらの病気は必ず下の葉から罹って、段々上に移っていくんだ。
これはやはり泥ハネが葉の裏側につくことで罹りやすくなるんだよ。
だからこれを防ぐためには、泥ハネを避ける工夫が必要だね。


そのためには土に近い下葉を切っておくというのが有効な手段だ。

画像

そう、泥ハネがかかりそうな葉は切ってしまおう。
これ効果的だよ。



ほら、こんな具合だ。

画像



それともう一つはマルチング。
そう、見てもらってもわかるとおり、ヒゲおやじは敷き藁をしているよね。
これで随分泥ハネは防げるんだよ。
敷き藁が手に入らなければ、刈り取った枯れ草でも大丈夫だよ。
もっと簡単なのはビニールの黒マルチだ。根の保温と兼ねてくれるから最高だね。
それに草も生えないからね。


でもヒゲおやじは黒マルチはあまり好きじゃないんだ。
何でって、いやー、後の追肥とかの手入れもやりにくいし、一番は野菜との対話がやりにくいような気がするんだ。
うーん、これ気がするだけだからね。要するにフィーリングの問題だ。
ヒゲおやじは野菜の顔を見ながら、今日は元気がないなあ腹が減っているんかとか、喉渇いてないかとか、いつも言葉には出して言っているわけではないけど、そんな思いで野菜と対話しているんだよね。
でもマルチ張ってしまって、後はお好きにどうぞってのは、どうもヒゲおやじの性分に合わない。

NHKの野菜の時間なんて見ていると、何でもかんでもマルチを張ってしまうけど、あれはどうかなあ。
こうやれば誰でも簡単にできますよという番組だから、それは仕方ないかも知れないけどねえ。
それなら工場でつくるのと同じじゃん。ファーストフードか、野菜は。


野菜の顔を見て、野菜のご機嫌を伺いながら作るのが家庭菜園の醍醐味かな。 なんて思うんだけどね。
失敗したり試行錯誤が面白いのであって、誰でもが間違いなく作れたら何にも面白くないと思うんだよね。


あ、いかんいかん、また飛んでもない方向に脱線しているよ。
これ、やり出したら終わらないからね。



てなことで、今日は今の時期に是非やってほしい手入れのお話しでした。


今日は朝方まで雨がずっと降っていたんだけど、ヒゲおやじが起きる頃には上がって、昼前からは上天気。
でもまたベッタリ曇って、夕方にはまた晴れるというややこしい天気だったねえ。
気温は24度くらいだから、暑くもなく寒くもなくという畑仕事には最適の気温だねえ。

明日は朝から晴れるらしい。 また忙しいぞ。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ











この記事へのコメント

2010年05月25日 07:23
おはようございます。野菜さんたちと会話、対話をしながら育ってもらう。成長の喜びを実感しながらの作業ですね。何にでも当てはまりそうです--。
2010年05月25日 09:10
ヒゲおやじさん:オハヨウございます。
私もどちらかと言うと会話派かな?
でもたまには「咲かなければ切っちゃうよ!」なんて脅かす時もあります(爆笑)
植物は愛情をかければ応えてくれるし、癒される事が多いですね?

菊が先端から5~6cmの処から急に萎れて枯れるのは病気?害虫?
今朝は挿し芽した菊の葉が数枚切り落とされたみたいでしたが、虫の仕業でしょうか?
ヒゲおやじ
2010年05月25日 12:19
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
実際に声かけすると野菜が良く育つという人もいますよ。ヒゲおやじはそこまではやりませんけどね。よく観察して野菜の言いたいことを聞いてやるってことですね。
ヒゲおやじ
2010年05月25日 12:28
愛ちゃん、ありがとうございます。
脅かす? なーるほど。それもいい手ですねえ(笑)。
あ、それは害虫です。アブラムシはいませんか? ナメクジはどうですか?柔らかい茎の部分から養分を吸い取る虫もいますので要注意です。
菊の葉を囓るのは、ダンゴムシ(丸虫)やよとう虫が多いですね。これは見付けて死刑にする以外ありません。
2010年05月25日 23:34
きゅうりが溶けてなくなったこと、こちらに書けば良かったですね。(笑い)
たった三本ですが、全部溶けて無くなってしまい、寒さの為かなぁと思ってましたが病気だったのかもしれないですね。
又苗を買って持って行かなきゃ!と思ってますが、義母は今度は地這えキュウリにしたらどうだろう?なんて言ってます。
ナスもピーマンもトマトの脇目欠き、よ~く判りました。
今度行ったらやってきま~す。
ヒゲおやじ
2010年05月25日 23:40
つれづれさん、ありがとうございます。
病気だとすると厄介ですね。それにしても溶けてなくなるというのは、どういうことでしょうね。考えられる病気では思いつくものがありません。
よとう虫だと、全部食べてしまうことがありますので、消えてなくなることはあります。原因がわからないと対処が難しいですね。
2010年05月26日 03:12
胡瓜は、うどん粉病で駄目になったことがありますね~。
地面に近い所を気をつけていれば良かったんですね。
読んでいて、手塩にかけるという言葉を思い出しました。
2010年05月26日 06:52
土の中にはウイルスもうじゃうじゃいるんですね。ウイルスって怖いですね。口蹄疫で怖さを再認識しました。ややこしい天気でしたが被害がなくてよかったです。
2010年05月26日 09:08
野菜畑で始終観察し、対話をしている様子がみえてきましたよ。
野菜に話しかける・・・まさに達人ですねぇ ♪
ヒゲおやじ
2010年05月26日 10:00
母さん、ありがとうございます。
はい、キュウリの大敵はウドンコ病ですね。大抵は地面に近いところからやってきますので、予め葉を取っておいてやると、少しはかかりにくくなります。絶対ではありませんよ。
ヒゲおやじ
2010年05月26日 10:03
ああじゃんさん、ありがとうございます。
はい、土の中はウィルスや細菌だらけです。でも普通はそれでバランスがとれているんですよね。細菌がウィルスの繁殖を抑えるとか。
どうも天気がはっきりしません。今日も曇り空です。
ヒゲおやじ
2010年05月26日 10:05
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
いやー、話しかけるというより向こうの話しを聞いてやるって方が正しいでしょうね。何が言いたいのか、何がしてほしいのかということを、ちゃんと受け止めてやるってことでしょうか。そのためには毎日畑に行って、よく観察しないといけないです。なので忙しい(笑)。
2010年05月26日 10:26
おはようございます。
ロボットは、ヒゲおやじさんの前の記事を拝見して、ミニトマトの脇芽と台芽の芽欠きをやりました~!(^^♪
なるほど~、今度はこれですか!、、確かに下の葉は泥が付きますね!
去年も気になってたので、こすって落としてましたが・・・、元から切り落とした方がいいとは思いませんでした。
さっそくやってみます。(^^♪
ヒゲおやじ
2010年05月26日 21:57
ロボットさん、ありがとうございます。
はい、トマトの病気になる原因は、虫が媒介する以外のものでは、ほとんど泥はねです。なので葉を切ってしまうのは有効だと思いますよ。
2010年05月26日 22:22
下にある葉を切り落とした方がいいんですね。
さっそくやってみます。
トマトは脇目台目の伸びるのが本当に早いですね。
ヒゲおやじ
2010年05月27日 10:11
ろこさん、ありがとうございます。
地面に垂れ下がるような葉は取ってしまいます。
1週間見ないと、親芽だか脇芽だかわからなくなりますね。花が咲いていても脇芽は脇芽、心を鬼にして取ってしまいましょう(笑)。
2010年05月28日 18:27
ひげおやじさん
あのね~ うちも 普通の木が なんか いろいろ病気になってるみたいです。 これ どうすれば いいのか わからなくて。。。
なんとなく ブログ見てみて う~~ん ちょっと やってみようと思いました。 あとね 葉が なんか 黄色に てんてんと なってる?・モザイクみたいに。。 それも ほとんどが。。まさか すべて 切って しまうってのは。。 木ですよ 木! でかい。。チェーンソー買ってくるべし??笑 切り倒す??
ヒゲおやじ
2010年05月28日 22:37
cookieさん、ありがとうございます。
はー、そうですか。これ何の木ですか。
現物を見ないとなかなかわからないのですけど、虫の場合もあるし病気の場合もあります。木はそう簡単には枯れませんから、原因を調べて対処するといいですね。あ、サムイには植木屋さんっていないのですか?
となりのcoco
2010年07月29日 14:00
トマトの連作障害を防ぐ方法を教えてください
ヒゲおやじ
2010年07月29日 23:22
となりのcocoさん、ありがとうございます。
結論から先に言うと、方法はありません。
土壌改良のために堆肥を多く投入するとか、その上から木酢液を散布するとか、色々試みられてはいます。これらの豊作も全く効果なしということではありませんが、これで大丈夫というのはありません。
接ぎ木苗にすると大丈夫という人もいますが、これも絶対ではありません。
接ぎ木苗の方が連作障害になりにくいという程度です。
やはり同じ場所に同じ野菜を植えないというのが、決定的な対策でしょう。
えみ
2011年06月07日 16:25
こんにちは^^私のキューリもぼちぼち出来て5本収穫しました。

今、キューリの下の方の葉が黄色くなっていたので
病気かな?とその葉を処分し空気の流れを良くして来ました。

地面に近い葉を綺麗にする事が大切なのですね^^
間違ってなかった気がします、ありがとうございました^^

けこたん
2011年06月16日 16:48
さっそく、実行してみますよ。
家のナスには、カメムシみたいなのがウヨウヨ、割り箸でとっては見たけどダメです。。。
ヒゲおやじ
2011年06月16日 17:20
えみさん、ありがとうございます。
いたんだ下葉は積極的に取りましょう。病気の蔓延を防ぐと共に、風通しがよくなって、病気になりにくくなります。
ヒゲおやじ
2011年06月16日 17:23
けこたんさん、ありがとうございます。
空き瓶に少し水を入れた物を用意して、葉や茎を軽く叩くとポトリと落ちますから、瓶で受け取ってください。これが一番早いです。ピンセットや割り箸では間に合わないでしょう(笑)。
おやじにあこがれる子供
2012年04月29日 14:05
これからもがんばって野菜作りとブログも続けてください!
ヒゲおやじ
2012年04月29日 22:44
おやじにあこがれる子供さん、ありがとうございます。
はい、頑張ります。応援、よろしくお願いします。
山田 和樹
2012年05月21日 11:24
なるほど
秋元 美輝
2012年05月21日 11:26
へ~!
ささやん
2012年06月07日 09:52
トマト、茄子、きゅうりをプランターで育ててます。2~3日前からきゅうりの葉が白くなりだしました、多分うどんこ病でしょう、このブログを見て酢を薄めて散布しました。効果はどうでしょうか?期待してます。
ヒゲおやじ
2012年06月07日 23:47
ささやんさん、ありがとうございます。
ウドンコ病が出ましたか。これは定番ですからね、仕方ないです。
ウドンコ病に罹ったからと言って直ぐに枯れてしまうわけではありませんので慌てなくていいですよ。病気になった葉は、なるべく早く除去しましょう。放っておくと直ぐに蔓延してしまいますよ。
酢が効くかどうかはよくわかりません。アブラムシには効くらしいですけどね。それよりも除去するのが一番です。
翔ママ
2012年07月14日 06:48
ありがとう 今朝なすの葉っぱの裏に黒い虫いっぱい

もくさくすをる振り掛けました

何せプランターだからなかなか上手く行かない。

参考にしますから教えてね!
ヒゲおやじ
2012年07月14日 23:41
翔ママさん、ありがとうございます。
黒い虫だけでは何ともわかりませんけど、小さな虫でしたら多分アブラムシでしょう。木酢液で効くのかどうかはわかりません。効くという人も居ます。今は天然由来の殺虫剤を売っていますので、それを散布するのが良いと思いますよ。ホームセンターに行けば売っています。天然素材と書いてありますので探してください。
ユキン
2013年05月18日 14:29
ヒゲオヤジさん、こんにちは。
今イスラエルに住んでいて今年から畑作りに挑戦しています。トマトやキュウリのお話、参考にしてます。
なるべく自然に育って欲しいので、手入れはしますがビニールマルチや化学肥料は使わずのんびり育てています。私も毎日畑の子供達(野菜)の様子を見て、ヒゲおやじさんの要に野菜達とコミュニケーションをとるのが好きです。
ところで、沢山植えたトマトが最近花をつけ始めました。少し前に植えたトマトは、第一花房がなる前の時点で(実がなる前に)花を摘んでしまいました。これって早すぎなのでしょうか?
ヒゲおやじさんのブログ、いつも心が暖まります。文章一つ一つに愛情が込められてますね。これからも楽しみにしてます。お互い楽しい畑作りをしましょうね!
ヒゲおやじ
2013年05月18日 21:16
ユキンさん、初めまして。こんにちは。
イスラエルからですか。それはまた遠い国ですねえ。
いや、心配ないですよ。実が生るかどうかを確認するというのも一つのやり方ですけど、ほとんどの場合心配ありません。花房が付かなければ少し心配ですけどね。はい、畑作りというのは楽しむというのが基本なので、大いに楽しみましょう。
マツシタ
2014年08月14日 15:59
いろいろ、勉強になりました。有難うごさいます
ヒゲおやじ
2014年08月14日 23:30
マツシタさん、ありがとうございます。
お役に立てれば何よりです。
やぶ
2016年06月01日 15:12
『ぁあトマトの葉が怪しい。』
と思い、ネット検索してここのブログにたどり着きました。
ネットで『3本立て』とか『葉っぱをとる』とかはやたら見ましたが
『どこをどう取るの・・・?』
と疑問だらけ(´∵`)
ここのブログを見たらわかりやすく、
『ぁあなるほどね!!
そこ取っちゃえばいいのね!!』
と納得でした!
本当にありがとうございます(´:ω:`)
早速やりたいと思います!!
ヒゲおやじ
2016年06月01日 23:07
やぶさん、ありがとうございます。
なかなかわかりやすく書いてあるサイトはみつかりませんねえ。
育て方と書いてあっても、種を蒔きました、植え付けました、収穫しましたしか書いてなかったりして。最近もカボチャの仕立て方で色々検索してみましたが、全くありませんでした。食べ方は色々出て来ましたけどね(笑)。
なのでその辺りをなるべくわかりやすいように写真を沢山使って説明しているつもりです。

この記事へのトラックバック