ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 加賀太キュウリって、意外と新しいんだねえ!

<<   作成日時 : 2010/07/28 22:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 12

今年は加賀太キュウリが大豊作なんだよね。毎日2本ずつ収穫だ。
こんなこと今までなかったねえ。
いやー、このキュウリは美味いよ。 で、どんなルーツがあるのか調べてみたんだ。


名前のとおり加賀地方というから、今の石川県は金沢市近辺で作られたキュウリだね。
加賀と言えば加賀百万石だろう。NHKの大河ドラマで「利家とまつ」ってのがあったよね。
あれはまあドラマだから、真実とはほど遠いけどね。

とは言え、何といっても加賀百万石の地だ。その昔から伝えられてきた伝統野菜かと思ったら、何と意外にもその歴史は浅いんだよね。


加賀太キュウリってのはこれだよ。

画像

左の2本がそれだ。

普通のキュウリと比べても、寸胴なのがよくわかるだろう。
大体大きさでいうと、普通のキュウリの5倍ほどもあるんだ。

持つと重いよ。ずっしりって感じだねえ。


で、その歴史ってのがまた面白いんだ。
まずは昭和だよ、昭和。 江戸時代じゃないんだ。
昭和11年に金沢市の米林利雄という篤農家が、東北の煮物用の短太系のキュウリの種を取り寄せて作り始めたのが切っ掛けなんだそうだ。
ところがこの短太キュウリは切り口は三角形で黄味だったそうなんだ。

それがね、長い年月のうちに金沢近在で栽培していた節成りキュウリとの自然交雑で、加賀太キュウリが生まれたということなんだそうだ。
で、昭和27年頃から金沢特産の加賀太キュウリとして世に出たってことらしい。


いやー、これはビックリだねえ。
ご当地野菜なんてものは、昔々から伝統的に作られてきたものとばかり思っていたら、こんな歴史もあるんだねえ。



さて、大きさが一番気になるところだろうと思うんだけど、あまり大きくしてしまわない方がいいねえ。
長さは25p前後かなあ。 直径はさて6〜7pもあるだろうねえ。
重さは800グラム前後かなあ。 とにかく持ち重りがするよ。 ずっしりって感じだ。


味? あー、やっぱりそれが肝心だよね。
美味い? 







美味い。

どう料理しても美味い。


えーと、食感は、柔らかいんだ。普通のキュウリのようにパリパリしないよ。
外側は柔らかくて中は腰がある、そんな感じだねえ。 まるで讃岐うどんみたいに食感だよ。


どんな料理に合うのかなあ。

生でもろきゅう、OK。
塩で絞めて、OK。
味噌汁、OK。
油炒め、OK。
煮物、OK。
チャンプルー、OK。

何しろ火を通しても全然大丈夫なんだからね。

カミさんにいわせると、来年からは他のキュウリはいりません。 ということだそうだ。

ところがねえ、このキュウリ作りにくいんだ。今年はたまたま上手くいったので、毎日収穫しているけどね。
去年は3個しかならなかったしねえ。かなり気まぐれな野菜なんだ。


それとね、連作障害がきついんだよね。 指導本や種袋によると、5年は空けないといけないんだって。
うわー、そらやっとれんよね。
10坪農家の人なんか、とてもじゃないけど作れないよ。


でもまあ、それでもいいじゃない、5年に1回作ってみたらどうかなあ。


それで何か効用とかもあるそうで、カリウムが豊富で尿の量を増加させ、むくみや怠さをとる利尿剤として利用できるそうだ。 でも、96%が水分だからね。体の調子を整え、皮膚を美しくするといわれているらしいよ。


そうか、ならば作らないといけないねえ。

どうだ、諸君。来年はみんなで加賀太キュウリを作ろうではないか。



てなことで、今日は伝統野菜、加賀太キュウリのお話しでした。
でも、ビックリしたね。絶対伝統野菜だと思っていたのに、昭和に入って交雑でできた野菜だったんだ。
だけど味は抜群、絶対美味しいからね。



ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家にも貰い物ですが大きなキュウリが冷蔵庫に入っていました。
皮を剥いて生でいただきましたが、美味しゅうございました。
柔らかい食感でした。
おっと、大雨の影響かテレビが映らなくなりましたよ。
ああじゃん
2010/07/29 04:24
おはようございます。昨夜、TVで加賀野菜を使って「県おこし」とかいう番組が放送されてました。このきゅうりも主役を張っていましたよ。おいしく食べてもらえるのなら、作りがいがありますね。しかし、5年おきは、ちときつい。
行き当りばったり
2010/07/29 07:35
加賀太キュウリ、5年も連作がきかないんでは困りますね。
前回栽培から5年経ったか? 迷ってしまいます。
頭脳が衰えてきて 計算できなくなりますよ。(笑)
ログの大好きな徳さん
2010/07/29 08:55
加賀きゅうり。。。こちらでは見たことないのですが、いつか出会ったら買ってみようかなぁ。
きゅうりで炒め料理が出来るのなら大歓迎ですね!
みつば
2010/07/29 11:25
師匠の胡瓜は栄養が均等にいきわたってますね〜
さすがです!
イタさんの太きゅうりは最近尻すぼみ・・・(笑)
水遣りと施肥をこまめにするようになったら
再び結実はじめました!野菜も正直ですね;

ナスは只今、師匠の2番目の方法で収穫していますよ!
イタさん^^/
2010/07/29 16:28
こちらで拝見するだけで実際は見たことも食べたこともないんですよ。
こちらでは売られてもいないようで全く見かけません。
そんな美味しいものならぜひ探してみたいです。
生でも加熱してもOKっていうのは素晴らしいですね。
らんじゅ
2010/07/29 19:53
ああじゃんさん、ありがとうございます。
多分それでしょう。柔らかいのにしっかり歯ごたえがあります。
そうだ、来年はこれを作ったらどうですか。
えっ、衛星放送を見ていますか。そりゃ凄い雨ですね。雪の日は映りにくいことがよくありますけどね。
ヒゲおやじ
2010/07/29 23:01
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
そうなんです。種袋にきっちり、5年間作ってないことと書いてあるのですよ。これって家庭菜園では無理ですよね。今年はたまたま大豊作でしたけど、来年からどうしようと迷ってしまいます。
ヒゲおやじ
2010/07/29 23:04
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
5年前のことなんか覚えていませんよ。去年どこに何を植えたかなんてもの、おぼろで多分この辺りなんて具合ですからねえ。
ヒゲおやじ
2010/07/29 23:07
みつばさん、ありがとうございます。
はい、このキュウリは元々煮物用に作られていますので、味噌汁に入れても美味しいですよ。
ヒゲおやじ
2010/07/29 23:08
イタさん、ありがとうございます。
はい、キュウリの尻すぼみは肥料切れです。早め早めに追肥してやると、長く楽しめますよ。
ナスは、この方法、どうやら正解のようですね。
ヒゲおやじ
2010/07/29 23:12
らんじゅさん、ありがとうございます。
あ、そうですか。こちらでもあまりスーパーでは見かけませんねえ。
ちょっと癖があって作りにくいので、農家が敬遠しているのかも知れませんね。味は抜群です。加熱OKというのかいいでしょう。
ヒゲおやじ
2010/07/29 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
加賀太キュウリって、意外と新しいんだねえ! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる