オキナワスズメウリその後! と言うかその後のその後かなあ!

ハーイ、お久し振りだねえ。
我が輩がその後どうなったか知りたい?
えっ、別にどうでもいい? まあまあ、そう言わずに、話しだけでも聞いてほしいなあ。


オキナワスズメウリって何だって人のために。

それはこれだよ。

画像

ウリってから、食べられる?

いーや、食べられない。 カラスウリと似たようなもんだ。


種を蒔いたのが4月の18日だ。

画像

ほら、これが種だよ。

ものすごく小さい。朝顔の大きな種と比べると十分の一くらいしかないんだねえ。


何でこんな種を持っているんだって? 
実はこれはねえ、ゆうさんが送ってくれたんだ。 リースで楽しんだ後は種を蒔いて天然のシェードにしなさいってね。


なので乾かして種を採って蒔いてみたんだけど、なかなか芽が出ないんだ。
あー、やっぱり気候が違うからダメなんかなあ、と思っていたら。何と芽が出たよ。嬉しかったねえ。

庭に植え付けてネットを張ったら、伸びる伸びる。


こんな綺麗な実が生るんだったら、花もさぞかし可愛らしいだろうと思ったんだよね。
ほら、カラスウリの花って、凄いだろう。
ゆうさんに聞いたら、「花はねえ」だって。「それでも可愛らしい花ですよ」。


で、花は前回紹介したとおりだ。
えっ、見てない? サボったの? ダメだよ、ヒゲおやじブログは毎回チェックしなくては(笑)。


そうか、では、しようがないので再現しよう。 ってここからは全部今日の映像だよ。



花は、これ。

画像

ほら、可愛らしいと言えば可愛らしいけど、地味だろう。 ほとんど緑色だからねえ。



実はこれ。

画像

まだ小さいけどね。

ね、何となくカラスウリの実に煮ているだろう。 これをもう少し細長くするとそっくりだよね。



ほら、生まれたばかりのこんな小さなヤツもいるよ。

画像




こういうのがあちこちに連なっているんだ。

画像


これが秋になると赤く色づくんだよね。 楽しみだなあ。



ところでシェード効果は?

うーん、今年は初めてだったので失敗したかも。

画像

それでも適度に日陰を作ってくれるので、それなりに成功と言えるかもね。

あまり葉が茂りすぎると風通しも悪くなるし、暗くなってしまうんだよね。
以前にゴーヤーでやったときは、日陰は完璧だったんだけど何か重苦しくて。

その点これは適度に隙間が空いて、丁度簾感覚で気持ちがいいねえ。

失敗ってのは、もう少し早めに芯を止めて脇芽を出させた方がよかったかなあってことだ。
何しろ初めてで、どうやるのがいいのかわからなかったので、取り敢えず何もしないで伸びるに任せたんだよね。
そうするとぐんぐん伸びたんだけど、脇芽が出るのが遅かったんだ。今頃になってたくさん出始めたけどね。

シェードにするのなら、少し早めに芯を止めて脇芽をたくさん出させる方がよさそうだねえ。
これでわかったから、来年は上手くやるよ。


ゴーヤーは葉が茂りすぎるし、朝顔は葉の数が少ない上に、早くから葉が枯れて行ってしまうんだ。
だからシェードとしてはあまり適当ではないねえ。

でもオキナワスズメウリはいいよ。 適当に茂って簾のように透けて見えるし、風通しも抜群だ。
今の所虫も来ないようだしねえ。 ゴーヤーは結構虫が来るんだよ。あんな苦いものを食べる虫がいるんだねえ。
まあ、タデ食う虫も好き好きとは言うけどね。


さあて、秋にはどんな景色になるのかねえ。今から楽しみだよ。



今日も猛暑日。これで何日になるんだ? 夜は夜で連日の熱帯夜だしねえ。

この気候、9月一杯くらい続くそうだよ。
うーん、それでは野菜が作れない。 まだまだ野菜の高値が続きそうだねえ。


元はと言えば、これも人間が作り出した環境だからね。
自然の摂理に反したバツを今受けているのかも知れないねえ。


曲がったキュウリでも美味しいんだから、ちゃんと食べなさいよ。


ありがとうございます。




明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ









この記事へのコメント

2010年09月04日 23:45
今晩は。スズメウリはきれいな銀色ですが、オキナワスズウリの色、模様も素敵ですね。発芽して、実を作ると、心配、苦労した甲斐があるというものです。98歳のおじいさんとお話ししましたが、「昔の空は青いと言ってもこんなものではなかった、真っ青だ、天の川など、星で空いっぱいだった」と話していました。地球規模の変化を感じますね。
2010年09月05日 00:15
本当にきれい!
いい飾りになりますね。

植物の成長も心配ですけど、楽しみですね。

生きているっていう実感ですね。

それにしてもヒゲおやじさんはブログの更新が頻繁なので、すごいです。
とっても感心してしまいます。
2010年09月05日 18:29
カラスウリの花はヒラヒラの可憐な花かと思いましたけど、少し様子が違ってましたね。沖縄産は力強い!
私も来年は天然の庇をゴーヤでやってみたいと思っていたのに、少し考え物ですね。でも、ゴーヤは食べられますからね。迷いますね。(笑)
2010年09月05日 23:39
流石育て上手ですね。なるほど芯を摘むのね来年は実行して見ます。
今年は暑すぎて実付が我家では悪いです。
ああじゃんさん・・カラスより小さなスズメです。o(*^▽^*)o~♪
目に入ったのでつい余計な事をごめんなさい。
グリーンカーテンは日よけには最高ですよね。
2010年09月06日 00:40
沖縄スズメウリの赤い実が可愛いですね~。♪
虫が付かないっていうのも良いですね。
それからゴーヤの事でちょっと教えて下さい。
ゴーヤは虫がつきやすいと有りますがアゲハチョウの幼虫のような大きないも虫ですか?
来年、畑でゴウヤを作ろうと思うのですが大きないも虫が苦手なので。。。
ブドウやアサガオ、ニンジン、は作りたいけど虫が怖いので我慢しています。^^
2010年09月06日 18:05
オキナワスズメウリ。。。青い小さな実が何とも言えないかわいさ!!
ところで、なんで「スズメ」やら「カラス」なの???
スズメやカラスに似てるでも無く、好物でもないんでしょ?
色???。。。そうでもないよね^^;
何でだろう~~♪何でだろう~~♪。。。おやじさんはこの歌知らないかっ!!(爆)
ヒゲおやじ
2010年09月06日 23:12
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
そうですね、ヒゲおやじの子供と言っても中学生くらいには、そらはブルーではなくて紺色でしたよ。青という表現には当たらないですね。
天の川もはっきり見えました。今は何も見えませんけどね。
アフガニスタンに行ったことのある人の話では、空に星が見えるのではなくて、星の隙間に空が見えるのだそうです。満天の星とは、こういうことを言うのだと言っていました。そんな空、見てみたい。
ヒゲおやじ
2010年09月06日 23:18
きままなカノンさん、ありがとうございます。
あー、そうですね。ブログはヒゲおやじの場合日記なので、基本的に毎日です。それでは続かないので時々休んでいます。
最初の年は休まないという目標を立てて、一年間一日も休まずに書き続けました。そうしたら精神的に疲れてしまったのと、ある意味での達成感から、「もういいか。止めよう」なんてことに。でも皆さんに励まされて今日まで続いています。日記ですから、今日あったことを書くだけですから。
ヒゲおやじ
2010年09月06日 23:22
ああじゃんさん、ありがとうございます。
カラスウリはひらひらのレースのような花ですねえ。あれは綺麗です。
オキナワスズメウリは地味ですよ。5㎜くらいの小さな花です。
ゴーヤーもグリーンシェードには向いていますよ。蔓を少し整理するといいですねえ。実が食べられるし、ああじゃんさん向きです(笑)。
ヒゲおやじ
2010年09月06日 23:26
ゆうさん、ありがとうございます。
はい、今年は芯がどんどん伸びて、あっという間にベランダに到達しましたが、脇芽が出るのは随分遅かったです。来年は早めに芯を止めてみましょう。
ヒゲおやじ
2010年09月06日 23:30
ほたるさん、ありがとうございます。
いや、ゴーヤーには虫は付きにくいのですが、これを好む虫もいるのです。
白い小さな虫ですよ。名前は知りません。5㎜くらいの小さな虫です。
でも、気になるほど大発生ということはありませんから大丈夫ですよ。
それにいても多分気がつかないでしょう(笑)。
ヒゲおやじ
2010年09月06日 23:38
みつばさん、ありがとうございます。
はい、これは本物より小さなものとか野生のものによく動物の名前が冠せられることが多いですね。カラスムギとかハトムギなんかもそうですね。別にカラスやハトに似ているわけではありません(笑)。スズメウリはカラスウリによく似ていますが、一回り小さいのでスズメになったのでしょう。このように動物の名前がついた植物はたくさんあるのですよ。イヌ何とかというのも多いですね。ヘビイチゴなんてのもありますよ。動物の名前の付いた植物を探して見るのも面白いかも知れませんね。
casa blanca
2010年09月07日 18:49
こんばんわ。
オキナワスズメウリ、丸くて可愛い。手毬みたい。
鑑賞用ってことですか?
ヒゲおやじ
2010年09月07日 23:02
casa blancaさん、ありがとうございます。
そうです。これは残念ながら食べられません。
朝顔のように花を楽しむのではなくて、実を楽しむ面白い植物ですね。
グリーンシェードとしては、なかなか優れものですよ。

この記事へのトラックバック