タマネギの手入れ!

タマネギはあまり手のかからない作物だけど、そうは言っても基本的な手入れは必要だよ。
植えっぱなしの放りっぱなしなんてのは最悪だねえ。


手入れその一。

ネギ類は雑草に弱い。
だから除草は常に心懸けよう。

てなことで今日はタマネギの草取りだ。

画像

除草は二度目なので、そんなに大きな草はないけど、それでも結構生えているんだよ。



ほら、見えるかな。

画像

こんな具合に小さなヤツが生えてきて、そのうち大きくなって手に負えなくなるんだ。



では、これをやっつけよう。
使う道具はこれだ。

画像

これは草を削ったり根を掘り起こしたりするのに便利な道具だよ。

大きな草は手で抜くけど、指で摘めないような草はこの道具で根こそぎ削り取るんだ。


でもね、その前に大事なことがあるんだ。
この道具を使うためには、列と間隔をきちんと整えて植えてないと使えないってことなんだ。
タマネギの株と株の間に、この道具が真っ直ぐに入らないと削ろうにも削れないからね。
そのためにきちんと間隔を量って溝を掘って、紐を張って真っ直ぐに植えたんだよね。
植え付けの記事、思い出してもらえたかな。



でもこれだけでは上手く行かないんだ。
株の根元にくっついて生えている草は、これではどうしようもない。

そこで登場するのがこれだ。

画像

そう、ヒゲおやじがいつも草引きに使う道具だよ。

これなら根元にくっついていても、差し込んで引き抜けば綺麗に取れる。便利な道具だよ。



さあ、綺麗になったねえ。

画像

でも、ここで止めてしまってはいけない。 それは手入れとは言わないんだ。

んっ、草を引いて綺麗にしたんだから、それでいいじゃないか。
いやいや、それは単なる草引きだ。

ここからが肝心なんだよ。

草を引いたついでに施肥をしよう。 要するに追肥だ。
タマネギは肥料食い。「タマネギに肥料のやりすぎはない」と言う本職もいるくらいだからね。

肥料切れを起こすと、春先に葱坊主が出やすくなる。というかほとんど8割くらいは出てしまうよ。
葱坊主が出ると、もう使い物にはならないねえ。芯が硬くなって食べられるところは周りの少しだけになるんだ。

だから草引きのついでに追肥をする。
これ、ものすごく合理的なんだよ。
雨が降ると土の表面は固くなるんだ。ここに追肥をしてもなかなか中に浸透しない。
でも草を引くと、表面が柔らかくほぐれてフカフカになるんだよね。
そこに追肥をすると、ものすごく浸透しやすくなるってことなんだ。

これ、タマネギだけでなくて、他の野菜も同じ理屈だからね。


ついでに言っておくと、タマネギの場合化成肥料なら最低一月に一回、液肥なら週に一回の施肥が適当だよ。
もう一つついでを言うと、春先に根元が膨らみ始めたら、施肥は中止だ。
ここから肥料をやると、大きくは育つけどうま味のない水っぽいタマネギに育つんだ。
最後は肥料を切ってやる。そうするとよく締まった甘味の強いタマネギができるよ。
これ、ヒゲおやじ流の極意だからね。


あら、そんな極意を簡単に教えてしまってもええんか?
うん、大丈夫だ。このとおり真似をする人はほとんどいないんだ。
だって、この記事を読んでいるときは「なるほど」と思っていても、実際にやるときは忘れてしまっているからね。

で、今回は液肥だけ。実は1回目の草引きの時に固形肥料を入れているので、今回は薄い液肥だけだ。



さて、もう一つ。
こちらは晩生の苗。

ほら、草がビッシリ。

画像




大したことない? いやー、そうでもないんだよ。

画像

ほらね、根元にビッシリだろう。

これは難しいよ。細かい作業になるからねえ。
迂闊にやると草と一緒に苗も引いてしまいそうだよ。

勿論こちらは専ら根元用の道具の出番だ。
畑用に作った腰掛けに腰を下ろして、ゆっくり、じっくり、慎重にだ。



さあ、出来上がったよ。

画像

綺麗になったねえ。



どうかな。

画像

こういう映像はなかなか見られないだろう。

ヒゲおやじのブログを見ている人だけの特権だよ。

で、こちらも液肥を投入。 ザッツ オーバー。



今日の収穫はこれ。

画像

これは娘からのリクエストだ。

何しろキャベツが美味しいんだそうな。野菜嫌いの小姫が美味しい美味しいと食べられるようになったと大人気。
そういうことがあると嬉しいねえ。野菜を作っている甲斐があるってなもんだ。



今日の天気は一応晴れかなあ。昨日はスッキリ青空だったんだけど、今日は鈍いねえ。青空というよりは白空?
風もなくて気温は高かったよ。


毎年思うんだけどねえ。この頃から大掃除を始めると楽なんだよね。開け放してもそれほど寒くないしねえ。
水を使っても冷たくないし。わかってはいるんだけどねえ。カミさんもいつも言っているんだけどね。
それがなかなか思いつかないんだ。だめだねえ。
今年も暮れになってからバタバタするんだろうねえ。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



この記事へのコメント

2010年11月26日 08:53
おはようございます。
朝のレッスンとなりました。すべて最初から最後までこの頁食べてしまいたいほどです。晩生ですが、寝んね中かと思って、放っていました。早速。
2010年11月26日 11:25
自家製の新鮮な野菜に勝る物はなし!!
私は田舎育ちで、畑のなすをもいでかじったくらいです(爆)
ニンジンもサツマイモもなまでかじりました^^
でも、社宅暮らしだった夫や姑は全く育てることに関心がなくて、寂しいです。
定年になったら何をするのでしょうか。
習字とピアノの練習をしたいと言う夫ですが、どちらも素質の問題が・・・^^;
私は料理などの家事を教え込もうと思っています。
これは以外と新発見かも・・・・です。
彼はキッチンなど、私よりきれいに磨くのです^^
で、私がサークル活動などにお出かけなんて、良いのでは^^
きざし
2010年11月26日 12:30
ヒゲおやじさん、細かい玉ねぎの除草方法と追い肥の方法有難うございます。


ヒゲおやじさんに、直接お会いしたいとの野望を抱いております。


寒さも少し身体にこたえる季節に成りましたが、お体大切にされて下さいm(_ _)m

きざし
2010年11月26日 16:14
わ-。アリになった気分です。この角度からタマネギの葉をみあげられるとは!
緑がきれいですね。みずみずしくって、つやつやしています。
このタマネギがおいしくないわけがないです。あまくて、しゃきしゃきして
最高だろうな~。。。。。たべたいな~。
2010年11月26日 21:10
そんなに雑草ちゃんを苛めなくても・・・(笑)
などと思いつつ読んでしまいました。
雑草がいないと野菜は美味しいんですよね。
我が家も・・・、って無理です。
我が家は雑草が8:2で多い自然農法なのです。(笑)
ヒゲおやじ
2010年11月26日 22:53
クロゼット☆ライターさん、ありがとうございます。
隠れ家の方に植えているのでしたねえ。あと水切れに注意して下さい。
カラカラに乾かさないことです。といって、水をやりすぎるのもダメですよ。
ヒゲおやじ
2010年11月26日 22:56
はなさん、ありがとうございます。
それは名案ですねえ。ご主人に家事をお願いして、あとは優雅にお出かけ。
これ最高です。でも、そう上手くいくかな(笑)。
ヒゲおやじ
2010年11月26日 22:59
きざしさん、ありがとうございます。
野望など抱かれなくても、何時でも大歓迎ですよ。
もしお近くなら、何時でもどうぞ。
ヒゲおやじ
2010年11月26日 23:02
マダムえりこさん、ありがとうございます。
はい、ハーブ料理にはヒゲおやじのタマネギが最適です(笑)。
甘味が強くて辛味が少なくて、生で丸かじりできますよ。
ヒゲおやじ
2010年11月26日 23:05
ああじゃんさん、ありがとうございます。
いや、本当は自然農法の方が理にかなっているのですよ。ヒゲおやじもできれば自然農法をやりたいと思っています。
ヒゲおやじ流は次善の策。借地では仕方ないのですよ。
2010年11月26日 23:21
流石!順調に育っていますね。
雑草取りに中耕するような状況になりますね。
野菜は手を掛ければ掛けただけ答えてくれます。
だからヒゲおやじさんの野菜は何時も美味しい野菜の収穫が出来るわけですね。
我が菜園の玉ネギはこのところの雨で生き生きしてきました。
ヒゲおやじ
2010年11月27日 09:41
ちぃじぃさん、ありがとうございます。
そうです、中耕を兼ねて草引きをします。一石二鳥です。
畑に足跡(足音)の数だけ、野菜が育つなどと言われることもありますねえ。
2010年11月27日 13:15
根気の要る仕事はおやじさんならではですね。
そういえば、以前ネットで買った回転椅子どうしました???
いつも気になっていたところです(笑)
もしかして。。。使ってない???(笑)
この畑専用の腰掛がそれってことかな?怪しい!!(笑)
まあ、腰を痛めないように気をつけてくださいね。
2010年11月27日 15:43
こんにちは。草をとるだけでもえらい作業です。追肥も極意があるのですね。
まさに、孫が喜ぶヒゲおやじ農場---ですね。
2010年11月27日 22:39
草引きで綺麗になってスッキリしましたね。私もこうやって綺麗になった後を見るのが大~好き♪で人に「草取りが趣味」と言ったら笑われました。
ヒゲおやじさんが同じ道具を使っていらっしゃるのも嬉しいです。
でも2番目の鋸みたいなのは持ってないです。
芝生の草引きにも役立ちそうですね。探してこなくちゃ!
子姫ちゃんが美味しそうにキャベツ食べている様子想像すると、頑張らない野菜作りのはずなのにヒゲおやじさんもつい頑張っちゃうでしょ?(笑)
ヒゲおやじ
2010年11月27日 23:18
みつばさん、ありがとうございます。
あー、あれね。使ってますよ。便利なんですけどそれを記事にするほどのことはないのでねえ。腰とか膝なんかが痛い人には最適ですよ。
ヒゲおやじ
2010年11月27日 23:22
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
草取りはしんどい作業ではありますねえ。でもコツがあって、それを会得するとそれほどでもないのですよ。
いやいや、孫よりもヒゲおやじが喜ぶ、ヒゲおやじ農場ですからね(笑)。
ヒゲおやじ
2010年11月27日 23:25
けっこさん、ありがとうございます。
そうですねえ、草が綺麗になくなると気持ちいいです。
いやー、相変わらず頑張りませんよ。のらりくらりの野菜作り。それでも孫が美味しいと言ってくれると最高に嬉しいですね。
きざし
2010年11月28日 09:41
ヒゲおやじさん、有難うございます。

自分は松山市でも、元北条市です。

ヒゲおやじさんの御自宅はどちらに在るのか分かりません(ToT)少し遠くても会って頂けるなら、ヒゲおやじさんのお時間に余裕が有る時に、お伺いさせて頂ければ幸いです。


きざし
2010年11月28日 12:45
玉ねぎは元気に育っているようですねぇ~
収穫が楽しみですね^^
キャベツにみずなはとっても新鮮で
生でバリバリなんて、私は青虫かぁって(笑)
ヒゲおやじ
2010年11月28日 22:31
きざしさん、ありがとうございます。
ああ、北条でしたか。北条はうんと若い頃に、2年ほど仕事をしたことがあるので少しは知っていますよ。
畑は196号線、ユニクロ谷町店の直ぐ裏辺りです。お天気が良ければ仕事がない限り午後は大抵畑に出ています。オレンジ色のウインドブレーカーを着ていますのですぐわかりますよ。何時でもどうぞ。
ヒゲおやじ
2010年11月28日 22:35
風華さん、ありがとうございます。
アハハ、青虫はたくさんいますよ。バリッと外葉を剥がしたら、ワッなんてね。もう一人青虫が誕生しました。小姫がキャベツに目覚めてバリバリ。
「じぃちゃん、小姫キャベツ大好き」だそうです。
2010年11月28日 23:50
タマネギはよく肥料を食べるとは聞いていたけれど、これほどとは思っていなくて・・・・
勉強不足でした。
それと草引きをしたら土がフカフカ
そこに肥料を。。これはいい事を。
絶対に憶えて置かなくっちゃ。
きざし
2010年11月29日 06:37
ヒゲおやじさん、意外にお近くですね。

コメント欄にコメントさせて頂いてから、御迷惑に成らぬ様に、畑にお伺いさせて頂きますね。


その時は宜しくお願いします。


きざし
ヒゲおやじ
2010年11月29日 11:03
ろこさん、ありがとうございます。
草引きの度に肥料をやることにしておけば忘れないし、大体月に一回くらいは草引きしますからね。前回は何時とか考えなくても、そこらは適当で。
ヒゲおやじ
2010年11月29日 11:06
きざしさん、ありがとうございます。
コメントを頂いていても、急に仕事が入ることも多いので、いないこともありますよ。それより、こちらについでのある時に、ちょっと覗いてみて下さい。いればラッキーてなものですよ(笑)。
2010年11月30日 12:53
こんにちは。
いつも、ありがとうございます。m(__)m
とっても勉強になります。
そうですか・・玉ねぎの施肥は年が明けてからと袋に書いてあったので、雪が降ってしまうからどうしよう?と夫と話をしてた所でした。
と言っても、書かれているように、今は覚えていても、すぐに忘れてしまうのですが、年内はいつでもいいことは判りましたので、早速今度行ったら施してきます。
それにしても、どちらも元気そうな苗で、しっかり根付いてますね~
我が家は、撒いた種のほかに350本、大きな苗をいただいたので、植えてきました。
さて、苗によってどれくらい大きさの差が出るか楽しみです。
ヒゲおやじ
2010年11月30日 22:04
つれづれさん、ありがとうございます。
確かに、雪が降ってしまうとどうしようもないですね。その前に一度やっておきましょう。
大きな苗はどのくらいの大きさでしたか。根元が鉛筆くらいであれば、大正解です。それより太くても細くても上手くいきません。
そうは言っても雪国とこちらとでは違いますからね。
春が楽しみですね。
2010年12月04日 23:07
ひげおやじさん
多分 こういう手間を かけてないから タイに売ってる玉ねぎまずいのかもしれません!! いい勉強になりました。といっても 今回 種買う時間なかったです!涙
ヒゲおやじ
2010年12月05日 13:23
cookieさん、ありがとうございます。
いやー、それはないと思いますよ。多分品種の違いか気候のせいでしょう。
日本のタマネギは、おそらくそちらでは作れないと思いますよ。冬に作る作物ですからねえ。来年はチャレンジしてみて下さい。

この記事へのトラックバック