ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 散歩中に見かけた冬の鳥達!

<<   作成日時 : 2011/01/05 23:19   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 26

冬の鳥達と言っても冬鳥という意味ではないよ。
ヒゲおやじの周辺で見かける鳥と思ってもらえるといいだろう。


昨日は天気もそこそこ、気温もそこそこ。ならば散歩に行きましょう。
いつもの川縁だ。
あら、見かけない鳥がいるなあ。

何だろう? あれっ、カモメか?

画像




やっぱりカモメだよねえ。

画像

何でこんな所に居るんだ?

カモメって、海の鳥かと思ったら川にもいるのかなあ。
だって、ここは河口ではなくて随分内陸だよ。海からは多分5キロ以上あると思うけどねえ。
確かにこの川には魚は沢山いるけど、口に合うかどうか。

ところがどう見ても魚を捕っているようには見えないんだよね。何か流れてくるものを漁っているような感じだ。

今日も同じコースを歩いてみたら、何と増えていたよ5羽に。 友達を連れてきたのかなあ。



ほら、アオサギおやじも目を丸くして直立不動だよ。よほどビックリしたんだねえ。

画像




しばらく行くと何やら飛んで向こう岸へ。

何だ? どうやらセキレイらしいけど、良く見えないなあ。

画像

胸から腹にかけて何やら黄色っぽいなあ。
もしかしてキセキレイか?

今年は何故かセキレイがたくさんいるんだ。探す必要はないよ。歩いているとどこにでもいるからね。
セグロセキレイとハクセキレイばかりで、あまりにもたくさんいるので写真は撮ってないんだ。
キセキレイは見たことないなあ。でもキセキレイにしては黄色が薄いような気もするけどね。
それにしても何で今年はこんなにセキレイがいるんだろうねえ。

歩いていても道路をチョコマカチョコマカ。お前車に轢かれるぞというくらいいるんだ。
近づくと直ぐに逃げるヤツもいるけど、ほとんどはトコトコトコトコと走るだけで逃げないんだよね。
厚かましいヤツになると、ヒゲおやじが1メートルほどのところを通っても、チョコチョコっと足踏みはするけど逃げないんだ。まあ、可愛らしいと言えば可愛らしいけどね。



今日はいつものコースから外れて、鴨のいる池に行ってみよう。
こちらも散歩コースの一つではあるんだけど、気が向いたときにしか行かないコースだ。

おー、いるいる。

画像

たくさんいるねえ。 ほとんどマガモかなあ。

この池は直径100メートルにも満たない小さな農業用の溜め池なんだ。
でも毎年100羽を越える鴨がやって来るんだよ。



でも、よく見るといろんなヤツがいるなあ。

画像

これは何だろう。コガモかな?



こちらもコガモだよね。多分。

画像

上のが雌でこちらが雄かなあ。



こちらは、えーと。 オナガガモだ。

画像

これはいつもここに来ている近くの人が「男前」と勝手に名前をつけているんだそうだ。

「何で?」って聞いたら、「胸が白くて格好いい」だって。


これは? ハシビロガモ?

画像

ずーつとこの格好で泳ぎ回っているんだ。

多分水面近くの餌を食べているんだろうねえ。



こちらもそうかな。

画像




あら、昼寝しているやつがいるなあ。

画像

えー、これではわからんがな。

図鑑で見るとホシハジロみたいな気はするけどねえ。



えーと、これは何だ?

画像

もしかしてキンクロハジロってやつかなあ。



これは知っているぞ。大判、ちがうオオバンだ。

画像




こつちは何だろう。嘴が赤いなあ。

画像

おまけに水から上がると、足は青っぽくて水かきがないんだ。
水かきがなくても泳げるんだねえ。

もしかしてバンの仲間かなあ。



こんな小さな池に何でこんなに色々な種類の鳥がやって来るんだろうねえ。
勿論大多数はマガモだけどね。

で、こいつらは人が近づいても逃げないんだ。中には遠ざかっていくやつもいるけど、マガモなんかは近づくと寄ってくるんだ。
聞いてみると、近くの人が毎日餌をやっているとのこと。なるほど、そういうことか。
うーん、そういうことか。
そらそうだよね、こんな小さな池にこんなに沢山いるはずはないよね。

でも、それって、いいことなのかなあ。ちょいと疑問もあるねえ。
まあ、ツルだって餌付けしているし、カモもいいんじゃないって考え方もあるよね。

でも何か納得いかないなあ。餌をやる人がいなくなったら、ツルやカモはどうなるんだろうねえ。
自然は自然のままが一番いいと、ヒゲおやじは思うんだけどなあ。

人に馴れたカモなんて、アヒルと同じだ(笑)。 ガアガアとうるさいうるさい。
かわい〜〜〜い! なんてもんじゃないよ。
それでもまあ、誰も文句を言ってないから、いいのかも知れないねえ。


てなことで、今日は散歩の途中で見かけた鳥の話しでした。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
美しい鳥たちですね
長田ドーム
2011/01/05 23:21
沢山の野鳥たちですね、カモメは随分内陸まで来るようです。
私がよく行く洲原池も海とは離れていますが大群でカモメが来ます。
そして一夜にして現れたり消えたりします、海が荒れている時は池の方が安全で良いのかも知れませんね。
鴨の種類が多いのには驚きました、多分環境が良いのだと思います。
乱歩
2011/01/06 03:23
散歩も知識があるととっても楽しい?ですね。
鳥がいるなくらいにしかみていませんでした。
今度写真とってみます。(笑)
ああじゃん
2011/01/06 06:44
水鳥がたくさんですね^^♪
確かにオナガガモは『男前』ですね。
今風に言うとイケメンですね^^♪
湖のほとりから・・・
2011/01/06 10:06
沢山の種類の鴨たちが観れるんですねぇ ♪
今年は、庭の柿木に見かけない小鳥が姿を見せる様になりました。
山に餌が乏しいのかなぁ・・・と思いながら見ています。
ログの大好きな徳さん
2011/01/06 10:34
さすが!博学だよねぇ!おやじさんは!
何にでも興味が尽きないってことは若い証拠^^q
見習わなくっちゃ!
年々視野が広がるなら兎も角、興味の範囲や視野が狭くなっている自分に気がつくの^^;ダメだね!(笑)

鴨ねぇ〜!そうだ!!アオクビ食べに行こうっと!(笑)
みつば
2011/01/06 10:54
凄〜〜〜い。
私なんてカモでひとくくりです。
名前は全く分からない。
知識って大切ですよね。実に沁みているんですが・・・・
人が餌をあげる・・・・問題ありなんですよね。こちらの川では以前は餌をあげる人がたくさんいました。
主人もその一人でしたが、今は全く無視です。
誰もあげなくなって・・・・・
それでも元気に鳥たちは生きているようです。
ろこ
2011/01/06 18:00
鳥さんの名前をいろいろ知っておられるんですね。
私は分からないのは「鳥」のひとくくりです。
勉強になります。「男前」本当にきれいな鳥ですね。
リンゴ
2011/01/06 20:35
長田ドームさん、ありがとうございます。
はい、この池には沢山の種類の鳥がいます。見ていると楽しいですよ。
ヒゲおやじ
2011/01/06 22:52
乱歩さん、ありがとうございます。
あ、そうなんですか。カモメは海の鳥だとばかり思っていましたから。
この池は餌付けしているからでしょうね。池の規模にしては鳥の数が多すぎます。
ヒゲおやじ
2011/01/06 22:54
ああじゃんさん、ありがとうございます。
ヒゲおやじも鳥の名前はほとんど知らないのですよ。教えてもらっても直ぐ忘れますしねえ。この池の鳥だと、見て直ぐにわかるのはマガモとオナガガモとオオバンくらいですよ。後は写真を撮って後で調べています。
ヒゲおやじ
2011/01/06 22:58
湖のほとりから・・・さん、ありがとうございます。
あ、イケメンねえ。なるほど、今度おばさんに会ったら教えてやりましょう(笑)。
ヒゲおやじ
2011/01/06 22:59
ログの大好きな徳さん、ありがとうございます。
小鳥を入れると、かなりの数になりますよ。でも小鳥は写真に撮るのが難しいのです。
山の餌はもうなくなりましたかねえ。我が家のピラカンサはもうとっくになくなりましたよ。万両がまだ残っているので、まだ余裕がありそうです。
ヒゲおやじ
2011/01/06 23:03
みつばさん、ありがとうございます。
いや、博学ではありませんよ、何しろ勉強嫌いですからねえ。
多少の物知りというところです。それも雑学ばかり(笑)。
>鴨ねぇ〜!そうだ!!アオクビ食べに行こうっと
何のこっちゃ(笑)。
ヒゲおやじ
2011/01/06 23:06
ろこさん、ありがとうございます。
いやいや、見て直ぐわかるのは3種類くらいです。後は写真撮って調べています。
はい、自然の生き物に餌付けは、本当に良いこととは思えませんね。
高崎山のサルなんか、あれはもう完全に飼いサルですよ。
自然は自然に任せるのが摂理だと思うのですけどね。
でも、手を出したくなる気持ちもわからないではないですけどね。
ヒゲおやじ
2011/01/06 23:10
リンゴさん、ありがとうございます。
いやいや、わからないものは、無理して調べています(笑)。
おおよその種類がわかっていれば調べられるのですけどね。それもわからないものはお手上げです(笑)。
ヒゲおやじ
2011/01/06 23:13
写真がとってもきれいに撮れていますね。
私も野鳥がみたくなりました。
上野へでも出ればいっぱいいるのでしょうが・・・
きままなカノン
2011/01/07 18:11
きままなカノンさん、ありがとうございます。
この日は条件が悪くて、全部スローシャッターになってしまったので、綺麗に撮れたものはほとんどありませんでした。画像を拡大してみると、ぶれているかぼけているかですよ。
上野にも沢山野鳥がいるのでしょうね。広いですからねえ。
ヒゲおやじ
2011/01/07 22:03
川辺がお散歩コースにあると、爽やかですね。
鴨の羽の暖かそうな事。寒さにも余裕ですね。
クロゼット☆ライター
2011/01/10 10:05
クロゼット☆ライターさん、ありがとうございます。
たまたま近くに川があったり池があったりです。そこら中に沢山の生き物がいます。まだまだ贅沢な環境です。
ヒゲおやじ
2011/01/10 23:18
ヒゲおやじさん おはようございます。
ゆっくりと鶏を見ているおやじさんって、さすが、自然の中に同化している感じがします。
それにしても、すごい、いろいろの名前をご存じ!!
はな
2011/01/19 07:55
ヒゲおやじさんのまわりにも沢山の鳥がいるのですねぇ〜
かもめがいるのはふしぎですね。
カモの種類でもこんなきれいなのを見るとうれしくなります。
こちらのお堀ではあまりきれいなのがおりません、たま〜に見るとうれしいです。
山形ママン
2011/01/19 08:39
随分いろんな種類の鳥が来るんですね。 オナガガモは本当に「男前」ですね。
小梨
2011/01/19 22:18
はなさん、ありがとうございます。
こういうのを見ているとね。何か時間なんて関係ないような気がしてくるんですよね。
あ、名前は知っているのはすこしで、後は調べるのですよ(笑)。
ヒゲおやじ
2011/01/19 22:45
山形ママンさん、ありがとうございます。
カモメは乱歩さんによると、結構内陸にまで来るそうです。海が荒れたときには川や池にやって来るとか。
カモにも沢山の種類があるようで、ヒゲおやじもよくわかりません。
オシドリもカモの仲間だそうですよ。この池にはオシドリはいなかったようです。
ヒゲおやじ
2011/01/19 22:48
小梨さん、ありがとうございます。
そうですねえ、スッキリしていい男前です。
ヒゲおやじ
2011/01/19 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
散歩中に見かけた冬の鳥達! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる