ジャガイモの芽欠き!

そろそろジャガイモの芽欠きをしないといけないねえ。
先日植え付けたジャガイモの芽が出そろったんだよね。
なので大きくなったものから順番に芽欠きをしてやろう。


こちらが目が出そろったジャガイモ。

画像





それがどんな具合かというと、こんな具合だ。

画像

これで何本出ているかなあ。

この写真ではなかなかわかりにくいけど、これでも5本から6本出ているんだよ。
ヒゲおやじは植え付ける時に、先端の芽が集中しているところを事前に欠いてから植え付けたよね。
覚えているかなあ。 それでもこのくらいは出てくるんだ。
だからそのまま植えたら大変だよ。



で、この中から茎が太くて葉の大きなものを残して、育ちの悪いものを抜いてしまうんだ。
残すのは、そうだねえ。2本から3本だねえ。

何で抜いてしまうのかって?
えーと、葉物野菜で言う間引きと同じ理屈だね。
もちろんこのまま放っておいてもジャガイモはできるんだよ。 でも、小さい。 ピンポン球よりちょっと大きいくらいのがウジャウジャできるんだ。 だからそういうのが好みの人は放っておいてもいいんだよ。

まあ、一般的な食べ頃の大きさを望むなら、やはり2本から3本がいいねえ。
この本数の加減というのは、正に数か大きさかという兼ね合いなんだよね。

だから、この辺りはお好みでどうぞ。



さて、これが抜いたジャガイモの芽というか茎だよ。

画像

ほら、見えるかな? ちゃんと茎から根が出ているだろう。 ジャガイモから根が出ているんじゃないんだよね。


で、よく見ると根にも太いのと細いのがあるよね。
実は細いのか本当の根なんだ。 白くて太いのは、根ではなくて根茎。つまりこの先にジャガイモができるんだよ。

どうかな? 前回のジャガイモの植え付けの時の話しが、間違いじゃないって納得できただろう。



そうそう、この茎を抜くときには注意が必要なんだ。
片手で根元をしっかり押さえて、そうだねえ、抜こうとする茎を指で挟むような形にするといいねえ。
それからもう一方の手の指で、茎の根元をしっかり持って真っ直ぐ上に引き抜くんだ。
捻ったり曲げたりしてはいけないよ。それでは茎が途中で切れてしまうんだ。

片手で根元を押さえていないと、うっかりすると芋も一緒に抜けてしまうからね。まだ根がしっかり張っていないので、強く引っ張ると芋も一緒に付いてきてしまうんだ。
だからしっかり押さえておかないといけないんだよ。



こんなものは見てもしようがないけど、まあ記念撮影だね。

画像

これもソラマメと同じで食べられないんだよね。




で、これが芽欠きをした後だよ。

これは目を3本残したものだ。

画像





こちらは2本だね。

画像


ほら、わかりやすいだろう。




一方こちらはお隣さんのジャガイモ。

画像

ウジャウジャ芽が出ているだろう。これは植える前の芽欠きなんかしてないからね。

芽が出た後の手間が随分違うんだ。 だから植える前に適当に芽数の調整をしておこう。




さて、これが芽欠きの後だよ。

画像

と言っても、まだ全部をやってしまった訳じゃないんだ。

芽が出て間もないものは、そのまま放置してあるんだ。
それは何でかというと、ある程度成長して茎が太くならないと、引っ張っても全部切れてしまうんだ。

だから少し大きくなって、引っ張っても大丈夫なくらいまで待つ方がいいねえ。



この後もまだまだ芽が出ることもあるので、見付次第引き抜いてやろう。

それで残す芽の数だけど、2本がいいのか3本がいいのかって。
うーん、これはもうお好みだねえ。一般的には2本がいいと思うけどね。 大きめの芋が適量採れるということだ。
でも料理によっては少し小さめの方がよかったりする場合もあるので、3本も捨てがたいところだねえ。
ヒゲおやじは2本と3本を交互に残したりすることもあるんだよ。

それよりも芽の育ち具合で、適当に決めているけどね。



ということで、今日はジャガイモの芽欠きという話しだ。
これは大事な作業だから、手抜きせずに必ずやる方がいいよ。
コンテナや土嚢でやっている人も同じだからね。



昨日は久し振りの同級会だったんだ。
東雲小学校6年B組。 今回は古稀の会という記念イベントだ。
ヒゲおやじは来年なんだけど、ほとんどの人が今年中に古稀を迎えることになるんだよね。
なので幹事さん達が色々考えてくれたんだけど、結局松山は道後温泉で開くことになったんだ。
何と言っても松山在住が一番多いからねえ。 ヒゲおやじ的にはハワイでなんてのも有りかなあなんて思ったけど、みんなそこそこの年だし家を空けられない人もいたりして、なかなか難しいよね。

で、男子34名中9名、女子26名中7名、計16名で大いに賑やかに懐かしい再会を果たしたんだ。
東京や横浜、宝塚、広島などからも駆けつけてくれて、本当に嬉しかったねえ。
中には今回の震災の影響で、参加できないという人も何人かいたけど、これはもう仕方ないなあ。


これまでにも誰かが松山に帰ってきたとかに、ミニ同級会ってのは時々やっているんだけどね。
こういう全体的な同級会は、さあ、あと何回開けるのか開けないのかってところだねえ。

もう既に亡くなっている人も結構いるしね。


また会える日を楽しみに、元気で頑張ろう。



ありがとうございます。




明日もきっと笑顔の良い日であります。

ヒゲおやじ

















この記事へのコメント

2011年04月16日 12:20
芽欠きしたのも食べられるといいのに。
そうはいかないですかね?やっぱりその辺の無駄になるというものは出てくるということですね。
その芽はそのまま別の場所に植えてもダメなんですよね?芋が無いから根だけでは養分が足りないということになるのかな?
自由人
2011年04月16日 17:55
今までジャガイモの中の草かと思って良く見たら、草に混じって芽が出始めました。でもほとんどが土をもち上げている状態で未だ土の中です。残す芽は二三本が良いですね。私もそうしてます。そうですか同級会やりましたか。私達の同級会は中止でした。楽しみしていたのですけどね。なにしろ宴会場が双葉町の人たちが非難いる高校の目と鼻の先の料亭ですからね、ちょっとまずかったですよ
(笑)
ヒゲおやじ
2011年04月16日 23:33
はるばるさん、ありがとうございます。
残念、これは食べられません。ジャガイモの苗というのは売っていますが、それは多分芋がついたものじゃないかと思います。
まだ十分に根が成長していないので、移植は難しいと思いますけどね。
そういう発想がなかったので、試したことがありません(笑)。
ヒゲおやじ
2011年04月16日 23:37
自由人さん、ありがとうございます。
そうですか、避難所の前では不味いかも知れませんねえ。
でも、ヒゲおやじなら強行したかも知れませんよ。楽しげな姿を見せてあげて、日本はまだ大丈夫なんだと思ってもらえたらよいのではありませんか。
それを見てけしからんなどと思う被災地の人はいないと思います。
キツネアタマ
2012年04月09日 11:02
はじめまして、じゃがいも芽かきで検索して拝見しました。
なるほどです。
今年はじめてじゃが植えしたのですが、種芋を深く植えすぎて…1カ月経過した今、やっと芽がでました。
芽かきやってみます。      by 須佐自給菜園
ヒゲおやじ
2012年04月09日 11:48
キツネアタマさん、初めまして。ありがとうございます。
はい、芋の深植えは禁物です。浅すぎても芋ができるスペースがなくなるのでよくありません。芋の上端から拳一握りくらいがいいでしょう。
深いと芽欠きも大変ですね。

この記事へのトラックバック