キュウリの植え付け! 

育苗棚のキュウリ苗がそろそろ定植時期になってきたので、今日は植え付けをしようかなあ。
植え付け方? そりゃあ、ちょっとコツがあるにはあるけどね。 
知りたい? でも、ちょっとだけ面倒くさいかもよ。


畝はもちろん事前にちゃんと準備しておかないといけないよ。


さて、こちらが今日植える苗だけどね。
大体本葉が5~6枚出てきたら、植え付け適期だからね。 あまり大苗にしてしまうと、取り扱いが難しくなるよ。


まずはご存じ加賀太キュウリ。

画像

ヒゲおやじが毎年作っているので知っているだろう。名前のとおり極太キュウリだよ。
これは生でも美味しいけど、本来は煮物用のキュウリだそうだ。

元々加賀地方というから今の金沢の辺りだねえ。そこのご当地野菜で、煮物用に開発されたものらしいんだ。
娘なんか、このキュウリ以外は要らないというくらいのお気に入りだよ。



こちらは夏すずみ。

画像

これはまあ普通のキュウリだねえ。
シャキシャキ感があって、美味しいキュウリだよ。

まあ、いくら加賀太がお気に入りだといってもねえ。モロキュウなんてのは普通のキュウリの方が美味しいからね。
要は食べ方の問題だよね。

日本の食文化というのは、昔からこういう食べ方によってそれに適する品種を開発してきたんだよね。



では植え付けの準備から始めよう。

えっ、植え付けるのに準備がいるんか?
そりゃそうだよ。美味しいキュウリを食べようと思ったら、その前に一手間二手間は当然だよ。


あ、そうそう。 実はキュウリの植え付けについては、去年ものすごく詳しい記事を書いたんだよね。
さすがのヒゲおやじも感心するくらい、懇切丁寧な記事だからね。
だから、これ以上の記事は書けないので、詳しいことを知りたい人は是非そちらの方を見てほしいんだ。

2010.05.09 「キュウリの植え付け キュウリの味は植え付け方で決まる!」
http://hige-oyaji.at.webry.info/201005/article_6.html

という、何ともご大層なタイトルだけどね。




ということで、今日はサラリといくからね。

えーと、どこからだっけ。 ああ、植え付け準備だったね。

まずは根洗、根切りという作業をやるよ。

ポットから抜いたキュウリの根を、バケツに張った水の中で根を綺麗に洗ってやるんだ。
水に浸けると、パラパラと崩れるからね。 ゆっくり柔らかく根をほぐすようにして土を洗い流してやるんだ。
決してゴシゴシ洗ったり、強く引っ張ったりしてはいけないよ。それでは根が傷んでしまう。


ほーら、こんな具合だ。

画像

綺麗になっただろう。このくらいで十分だよ。

これはポットの余計な肥料なんかを、畑に持ち込まないようにするためだよ。
何で? てのは、去年の記事を見てほしいんだ。 それをやると、また同じことを書かないといけなくなるのでねえ。



次に根を切ってやろう。

これを

画像





このくらいに

画像

そうだねえ、長さにすると1/3くらいかなあ。切り取ってやるんだ。

これは、根を切ることによって新しい細い根が沢山出てくるからね。それが目的だよ。
根が沢山出ると、養分の吸収もそれだけ多くなるってことだからね。




で、しばらく、水に浸けて水揚げをしてやろう。

画像

洗ったり切ったりで、根も傷んでいるからねえ。しばらくは吸収力が落ちるんだ。

だからここでしっかり水分を吸収させておくんだよ。
新しい根が出てくるのに、植え付けてから1週間くらいかかるからね。
だからその間は、水切れを起こさせないようにこまめに水をやらないといけないよ。




では、植え付けをしよう。

あ、ここまでは家でやる作業だよ。 それで畑まで持って行くのは、よく濡らした新聞紙に包んでいくと便利だ。



まずは浅い植穴を掘ろう。 掘ると言うより削ると言った方がいいかもね。 深さは2センチもあれば十分だよ。

そこで、できるだけ根を八方に広げてやるんだ。

画像

ほら、こんな具合だよ。

この時に根を広げるのに夢中になって、あまりいじりすぎてはいけないよ。 根は繊細なものだからね、できるだけ優しくそっとだ。

この上に土を被せて、しっかり押さえてやると出来上がりだよ。


何故こんなことをするかというと、キュウリの根というのは、浅く広く横に伸びていく性質を持っているんだ。
だから最初からそういうように植え付けてやると、根が伸びて行きやすいってことだねえ。

当然畝も山形じゃなくて、なるべく水平に広くしてやる必要があるんだよ。




はい、植え付け終了。

画像


えっ、もう終わり? 何か急いでないか?

アハハ、ばれたか。 実は雨が降りそうなので慌てているんだ。
午前中は晴れていたので大丈夫と思ったんだけど、午後畑に出掛ける頃には厚い雲が。
でも、もう根を洗ってしまったので植え付けないわけにはいかないんだよね。

やばいなあ、間に合うかなあ。と思いながら畑に着いて、株間を測ったり水を汲んだりしている間にパラパラと。

これはいかん、急がなくては。 あらー、雷も鳴り出した。

で、大急ぎ、大急ぎ。 だから途中の写真もないんだよ。


根の周りに置いてあるのは枯れ草だ。畑の草を引いたものを積んでおいたものだ。
例年だと藁を敷いてやるんだけど、地主さんが米作りを止めてしまって藁が手に入らなくなったので、仕方なしに枯れ草を置いてやったということなんだ。
これは保温保湿と倒伏防止の他に、雨の跳ね返りを防ぐ意味があるんだねえ。

さっきも言ったように、キュウリの根は浅く広がるので乾燥には弱い。だから保湿には十分気を配らないといけないんだよ。 それから雨水の跳ね返り。これを防ぐのが大事なんだよ。雨水の跳ね返りで土中のウイルスなどの細菌が葉の裏に付着して、そこで病気になってしまうことが多いんだよ。

それから活着するまでは、念のために支柱も立てておこう。 何しろ風が強いからねえ。


そうこうするうちに、空は真っ黒ザーっと降り出した。
水遣りもそこそこに脱出だ。

こういうことも予測して、簡単なカッパを持っていたので、そんなに濡れることはなかったけどね。

でも、雨の前に植え付けが終わって良かったねえ。 これで一段落だ。


この後は、育苗棚で育成中のナスと、あと何だろう。 えー、そうそう、シシトウくらいかなあ。
あ、ゴーヤーがあるね。 そんなもんだ。


これは雨が上がったら苗を買ってきて植え付けよう。


雨と言えば今年はやたらに雨が少ないねえ。
石手川ダムも60%を切って、昨日からとうとう取水制限だよ。上水は10%、農業用水は62%だったかな。
このまま雨が降らなければ、6月には空っぽになるんだそうだ。

この時期に水がないというのも珍しいけど、これから農業用水が必要になるのにどうするんだろうねえ。

今日の雨? いやいや、こんなものでは。 雷と突風を伴って2時間ばかり強く降ったけど、水が溜まるなんてことはないねえ。これが一日中降り続くくらい降らないと無理だねえ。

例年なら菜種梅雨が来るんだけど、それもなかったしねえ。
梅雨の季節になると大量の雨が降るんだけど、今年は平年並みか少ない予報だ。
これで空梅雨にでもなったら大事だねえ。 またあの大渇水の再来だよ。 あれだけは勘弁してほしいねえ。


被災地の人には申し訳ないけど、こちらはこちらで雨がほしい事情があるんだよね。


話しがあちこち飛びだすと終わらなくなるから、今日はこれで強制終了だ。



ありがとうございます。





明日もきっと笑顔の良い日であのマス。

ヒゲおやじ








この記事へのコメント

まだまだ初心者
2011年04月27日 23:56
二三日読まない間に、ブログランキングに入賞してたんですね!おめでとうございます。 ということは、このコメントも同じぐらいの多くの人に読まれてるという事なのでしょうか?! 緊張!!ですね!!
今夜の雨はかなりまとめて降ってますよ!こちらは。
四国はお隣のような感覚ですが、違うんですね。
2011年04月28日 00:36
昨年根洗いのことを読んで花の苗の植え付けに真似してみました。 確かにいいですね。 ありがとうございました。
ちぃじぃ~
2011年04月28日 01:06
流石!ヒゲおやじさん感心しています。
ちぃじぃ~はゆとりがないのでそのまま植え付けてしまっています。
毎日サンデーになったら実践します。
ヒゲおやじさんの方法凄く参考(手本)になります。
ありがとうございます。
2011年04月28日 10:39
なるほどね~根を洗い先をチョンギッテこの遣り方は胡瓜だけ
なのでしょうか。ヒゲおやじさんは良い方法なら確実に実行しますね。
夏すずみは収穫量が多いですよね。病気にも強いのかな?。
てるてるぼうずはポットの土を落とさないように、そっと植えて
ましたよ。面倒なので今年も其の侭そっと植えます。良い方法
教えて貰っても実践難しいですね。
ヒゲおやじ
2011年04月28日 11:29
まだまだ初心者さん、ありがとうございます。
ランキングの件は忘れて下さい。こんなものは百害あって一利なしの下らない物です。コメントを読む人は少ないですよ。皆さんそんな時間はないのです。雨は野菜には丁度良いくらいの降り方でしたねえ。水が溜まるほどは降っていませんよ。
ヒゲおやじ
2011年04月28日 11:32
小梨さん、ありがとうございます。
草花でも根を触ってはいけないもの以外はOKです。小さな物はやりにくいですけどね。
ヒゲおやじ
2011年04月28日 11:34
ちぃじぃさん、ありがとうございます。
こちらは趣味の世界で、扱う本数が少ないからできることですよ。数十本もあったら、とてもその気にはなりません。何しろ思い切り手間がかかりますからね。
ヒゲおやじ
2011年04月28日 11:43
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
いや、根菜類以外の全ての野菜に適応できます。これをやると最初の2週間くらいは成長が遅れますが、その後は一気に大きくなりますよ。
種袋には何とか病にも強いと書いてあったような(笑)。
一般的な指導本には、「根鉢を崩さないように」と書いてあります。もう少し良質の指導本になると、「根が混んでいたら解せ」と書いてあるものもあります。これも良い方法ですね。どちらにしても手間がかかって面倒ですね。そのまま植えても問題ありませんので、植えるうちの1株か2株を試しにやってみるというのもいいかも知れませんよ。成長や味の違いを確かめることができます。
自由人
2011年04月28日 17:35
根洗いして其れも3分の1根を切って植えるなんて、去年のブログを見てませんので初めて耳にしました。農協で出している指導本にも書いていないので、早速二三本試して見ようと思います。午後に成ってまた風が出て来ましが昨日程では無い様です。やはり風対策は欠かせ無いので、今日は行燈の資材を買い足して植える準備をしました。今年もまた風に悩まされそうです。(_ _)
ヒゲおやじ
2011年04月28日 22:21
自由人さん、ありがとうございます。
これはもう何年もやっているので間違いないです。特にキュウリは効果的ですよ。他の野菜でもほとんどの物はこれをやります。
何本か試して比較してみるのも面白いですね。
2011年04月30日 18:50
サニーレタスを植えたのですが、根っこ洗うのを忘れてました。
お隣さん同様、覚えられないかも。(記事を逆から読んでます)
ヒゲおやじ
2011年04月30日 23:29
ああじゃんさん、ありがとうございます。
いやー、それほど気にするようなことではないと思いますよ。
そんなに繊細な舌は持ってないでしょう(笑)。
2011年05月06日 14:51
トマト苗の植え込みに根を洗い斜めに植えるのは知ってましたが、キュウリでは初めてです。そんな気がしますので試してみます。いつも楽しく拝見させていただきありがとうございます。
ヒゲおやじ
2011年05月06日 23:04
たそがれ清兵衛さん、ありがとうございます。
はい、トマトもナスも、葉物野菜も全部同じようにします。それで全く問題はありません。ただひたすら面倒くさいだけです(笑)。
これも狭い畑で植え付ける本数が少ないのでできることですよね。

この記事へのトラックバック

  • 家庭菜園:キュウリの成長・ラッキョ収穫

    Excerpt: 梅雨にはいり、これから野菜の成長が早くなってきます。 この時期、早起きして妻とワンコ散歩をかね、畑を見るのが楽しみです。 Weblog: たそがれ清兵衛のモバイル生活 racked: 2011-06-19 15:27