赤玉ネギの収穫!

もうほとんど倒れてしまったので収穫かなあ。
でも、本当の理由は・・・・・?


何か引っかけっぽい出だしだねえ。

うーん、いやね。確かにもう赤玉ネギが倒れてしまって収穫時期ではあるんだけどね。
でも、この玉ネギは保存用ではないので、その都度収穫すればいいんだ。
と言うか、そのつもりで植えているんだよね。

極早生が終わって、晩生の収穫までの間の繋ぎなんだよね。
だから晩生の収穫が始まるまで、ボチボチ引いて持って帰るのが役目なんだ。

ところが急遽全部収穫することに。 その訳は・・・・・?


おいおい、またかよ。 いい加減にしろよ、安っぽい民放の番組じゃあるまいし。

あ、これは失礼。 実は、緊急に畝が必要になったんだねえ。
なんでというか、全てはお天道様の責任なんだけど、今年は全部が遅れているんだよね。
そう、およそ2週間ばかり遅れているんだ。

だからね、本来なら、ソラマメの畝が空く予定だったんだ。 でもまだ収穫が終わってない。
エンドウの畝も半分は空く予定だったんだけどまだ空いてない。

でも、もうそろそろサツマイモも植え付けないといけないんだよね。



うーん、仕方がない、赤玉ネギをどかしてサツマイモを植えよう。

てなことで、急遽赤玉ネギの収穫だ。


取り敢えず全部引いたところだよ。

画像


去年は8割方双子で、9割方葱坊主が出たので、ほとんど食べられなかったけどね。
今年はどうだろう。


葱坊主は3割程度かなあ。 これでも多すぎるけどね。

双子は5割か6割程度だね。 

ほら、こんな具合だ。

画像

1本の苗から二つの玉ネギができるんだ。

要するに双子だね。 だから根は一つなんだ。


丁度収穫しているときに友達がやって来て、「あら、はや赤玉ネギ収穫しよるんかな」と仰る。
「ほーよ、もう全部倒れたけんなあ」 「これ見て。こんなんばっかりよ」と双子ちゃんを見せてやる。
「あ、こんなんができるんかな」。
「1本の苗で2個できるんやから、よかろう」と言うと、真剣に「うん、そうか。そらええなあ」だって。

あのなあ、こんなもん、良かったりするわけがない。
玉は小さいし形は歪で使い勝手は悪い。味は変わらないけどね。
でも商売なら全然売り物にならないよ。

この人、どこまでもくそ真面目。冗談が通じないんだ。だから結構やりにくいところがあるんだ。
これ、お隣さんなら、これを見た瞬間、「あ、ええもんができたなあ。1本で2個も採れたりして、これは凄い」などと必ず言うんだよね。
こちらも「アハハ、羨ましいでしょう」などと切り返して、お互いにアハハハハで終わるんだけどね。

真面目に答えられると後が続かないんだ。




で、この赤玉ネギは保存用ではないので、本来は乾かしたりしないんだよ。
でもね、一度に全収穫したので、使い切るまでにはしばらくかかるよね。

だから、一応乾燥。


まず根を切って、そのまま畑で昼寝をしてもらうんだ。

画像

そうそう、晩生の時にやるやつだよね。

この日(昨日)は夜に雨が降るかもという予報だったんだけど、一度には持って帰れないし、まいいか、降ったら降ったで仕方ないだろう。なんて一晩そのまま放置。 
今日は朝からいい天気。 お昼と夕方の2回に分けて持って帰ったんだ。 ヒゲおやじのロールスロイスでは、それが限度だからね。




で、一方の晩生はどうなっているかっていうと。

画像

まあ、こんなもんだ。

順調というか、もうそろそろ収穫期に入りそうだねえ。


早く本物の玉ネギを食べたいもんだねえ。
って言うか、極早生は美味しいんだけど、水っぽいと言うか柔らかいんだよね。
赤玉ネギは、極端に言うと味も何もない、辛味も全然ないのでサラダなんかの生食向きだね。彩りにはいいよね。
一方晩生は辛い。味が濃厚だからね。ヒゲおやじは、このツンと来る辛味が大好きなんだ。
スライスに花鰹なんぞかけて、醤油で食べると最高だよ。いくらでもビールが飲めるけどねえ。

あ、赤玉ネギも火を通すと甘味もあって食べやすいよ。



ついでにソラマメの収穫。

画像

これが遅れているのが諸悪の根源。


早速塩茹でにしたよ。
うーん、美味い。 この時期の最高のご馳走だねえ。

美味しいと言えば、野菜嫌いの小姫が突然ソラマメに目覚めたんだそうな。
「美味しい、美味しいと相当食べた」と娘からの報告だ。

いやー、今年のソラマメは美味いもんね。ヒゲおやじが言うんだから絶対美味い。
久し振りだねえ、美味いソラマメ食べたの。



さて、この空いた畝にサツマイモを植えるんだよ。

それはまた明日。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ










この記事へのコメント

2011年05月17日 23:26
一番乗りでゴメンナサイ。
小姫ちゃん、ソラマメに目覚められましたか。嬉しいこと
ですね。これからいろんなお野菜に目覚められると良いですね。
お年頃の娘さんに「お野菜を食べると、肌がきれいになるよ」
とある人が言うと、一生懸命食べ始めたそうです。
2011年05月17日 23:26
こんばんは
いつも気にかけて頂いてありがとうございます お会いした事もないのですが、ヒゲおやじさんは親戚のお兄ちゃんって感じがします(笑)
タイムリーなコメントを頂いて いつも背筋を伸ばしています
2011年05月18日 06:40
おはようございます。
わ~ぁどれも美味しそうですね。
ミルキー家も収穫のお裾分けにて美味しい物が沢山で~す。
これ以上綺麗になったらなどと、心配で心配で・・・(笑)
ミルキー家は昨日は枇杷に袋を被せましたよ。
この時期はお外が気持ち良いですね。
2011年05月18日 08:17
昨日のお料理番組でソラマメのピーナッツ和えが出てました。
ヒゲおやじさんはもちろん塩茹でしてビールでしょ? 
ああ、むしょうに食べたくなってきたあ。(飲みたくなった)
2011年05月18日 09:52
ヒゲおやじさん、欲張ってあれもこれもと沢山作るから畝の
遣り繰り付かなくなり遂に赤玉ねぎ早い収穫ですね。
サツマイモ早く挿さないと根だしが芋出しになりますよ。
欲張って一本の苗から玉二個なんて神業ですよ。200%の効率
ですね。これは、てるてるぼうずも見習うことできませんね。
2011年05月18日 14:15
あぁ~~!やっと、ソラマメ収穫できたんですねぇ~~!
そっかぁ~!ソラマメが諸悪の根源だったのねぇ~!^^;
でも、可愛い小姫ちゃんが喜んで食べたなんて。。。ソラマメも転じて福と為す!。。。かな?^^;

やっぱりお隣さんとは、競争相手なんだぁ~!
お互いあの「老人力」を競い合いながら、
仲良く共存しているってことですね?
ツーと言えばカーの絶妙な掛け合い。。。そんな仲ですね^^q
自由人
2011年05月18日 16:34
晩生の玉葱が良く出来ていていますね。写真では二三列目位しか見えませんけど、多分形も大きさも揃っていると思います。葉茎の姿も良いですね。家はマルチでやったんすけど負けました(笑)ソラマメも暫らく作っていませんし、今年はまだ食べてはいませんが、ソラマメは高級品なので意外と値段が高く、庶民の口には入り難いと聞いていますが。それがお腹一杯食べられるのですから羨ましいです。やはり自分で作るのが一番ですね(^_^)
ヒゲおやじ
2011年05月18日 23:11
りんごさん、ありがとうございます。
子供は突然好きになったりしますから、何が切っ掛けになるかわかりませんねえ。大姫も「じいちゃんが作ったピーマンよ」という一言で、ピーマン好きになりましたからね。だから美味しい野菜を作らないといけないので、じいちゃんとしても大変です(笑)。
ヒゲおやじ
2011年05月18日 23:14
cochomieさん、ありがとうございます。
いやいや、こちらこそ。ヒゲおやじがブログを始めた頃に、いつも覗いて下さってコメントを頂きました。随分励まされたものです。
あれからもうすぐ5年になりますよ。早いものですね。
ヒゲおやじ
2011年05月18日 23:18
ミルキーさん、ありがとうございます。
アハハ、それは心配ですねえ(笑)。
枇杷に袋かけですか。あれは手間がかかりますよね。それはお疲れ様でした。この数日は本当に気持ちの良い天気で快適ですね。紫外線も強いので用心してください。
ヒゲおやじ
2011年05月18日 23:20
けっこさん、ありがとうございます。
もちろん塩茹でです。今日も食べましたよ。
ちょっと飲み過ぎかなあ(笑)。いやー、美味しいつまみがあると止まらなくなるのですよ。カミさんの顔色見ながらね(笑)。
ヒゲおやじ
2011年05月18日 23:24
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
アハハ、まさにそのとおりです。狭い畑なのについつい植えすぎてしまいます。ソラマメも玉ネギも半分で抑えておけば楽勝なんですけどね。
それがなかなかそうは生きません。困ったものです。
1本で2個なんて効率がいいでしょう。これぞヒゲおやじのゴッドハンドですよ(笑)。
ヒゲおやじ
2011年05月18日 23:28
みつばさん、ありがとうございます。
お隣さんとは、ライバルでもありますが、お互いに教え合う仲でもあります。始めて聞いたような話しは、お互いに直ぐに教えます。まあ、微妙ないい関係でしょうかねえ。
ヒゲおやじ
2011年05月18日 23:32
自由人さん、ありがとうございます。
ソラマメは連作障害がきついので毎年は作れないのと、ものすごく手間がかかります。それで商品としては高いのですね。上手な農家ですと、1反で数百万円の売り上げになるそうです。米よりはるかに効率がいいですよ。

この記事へのトラックバック