ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS カボチャの授粉は朝飯前!

<<   作成日時 : 2011/05/22 23:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 24

もう雌花は何個も咲いているんだけど、なかなか雄花が咲かないんだよね。
これではカボチャにはならないんだなあ。
昨日見ると何とか雄花と雌花が咲きそうな気配。
ならば、朝飯前の仕事をしないといけないねえ。



てなことで行ってきたよ。 もちろん畑だ。
実は昨夜は雨。結構降ったような感じだったので、これでは無理だなあと思いつつ寝たんだよね。

朝6時半。 やたらにスズメがうるさい。 それで目が覚めて外を見ると、おっ、降ってない。というか道路が乾きつつある。
よっしゃ、これならいけるかもってんで、早速畑にお出ましだ。



おー、咲いている、咲いている。

画像

これなら何とかなりそうだね。



あー、雌花も咲いているよ。

画像

これが雌花だよ。

ほら、花の付け根に丸い塊があるだろう。 これを子房と言うんだ。 ここがカボチャになるんだよ。




ちょっと失礼して中を拝見。

画像

キャーって、そんなにビックリしなくても。

でもこれ、スカートめくりみたいなもんかなあ。
ヒゲおやじはそういう趣味はなかったけどね。
だって、そんなもん見て嬉しいのかねえ。 そういやあ、それで首になった芸能人もいたなあ。

おーい、もう脱線か?



あ、いかんいかん。
えーと真ん中に見えるのが雌しべだよ。 

ここに花粉をつけてやるんだ。



一方こちらが雄花だ。

画像

これはもう次の作業のために摘み取ったやつだけどね。

ほら、付け根に子房がないだろう。




こちらも中を覗いてみようか。

画像

ほらね、雌花とは構造が違うだろう。


うん、それはわかったけど、何で朝飯前をやらないといけないんだ?

あー、そうだねえ。まずそれを説明しておかないと話しが前に進まないよね。
朝飯前ってのは、カボチャの人工授粉をしてやろうという話しなんだ。

えっ、何で人工授粉が必要なんだ?
そこなんだよね。何でだろう。 それがこれからの話しなんだよ。



雌花と雄花の違いはわかったよね。 
でも、何で雄花と雌花があるんだろう。不思議だねえ。 しかも一つの株にだよ。
わざわざ一つの住まいで別居しなくてもいいように思うんだけどねえ。 これって家庭内別居か?

普通に我々が見ている草花は、ほとんど一つの花に雌しべも雄しべも同居しているよね。
これがまた狭い。四畳半一間みたいなもんだ。だから嫌でも接触することになるんだねえ。
つまり花が風に揺れたりするだけで授粉してしまうんだ。というかそういう仕組みを作ったんだねえ。
これが進化というやつだ。


でも、カボチャの場合は邸宅が広いので、お互いに接触する機会がないんだねえ。
だから執事やメイドに頼んで意思を伝えてもらう必要があるんだ。
だって、同じ邸宅に住んでいて顔も見たことないんだよ。そんなんで子孫が作れるかねえ。
結婚以前の問題だよね。


で、その執事やメイドは誰かっていうと、それが昆虫なんだよねえ。

ところがこの執事やメイド、実にいい加減。 自分が気に入らなければ全く働かないんだ。
今日は天気が悪いから休みます。 今日は寒いので休みです。 今日は暑すぎるので休みます。
もうしょっちゅう休暇届が出るんだよね。

これでは折角雄花がその気になっていても、それを届ける手段がない。
折角雌花が受け入れ体制になっていても、肝心のものが届かない。
これでは困るよね。


そこで、それをヒゲおやじが代行してやろうという算段だ。
つまりお天気も良くて蜂なんかが飛び回っている日は、放っておいてもかなりの確率で授粉できるんだけど、そうでないときには人工的に授粉させてやる必要があるんだねえ。
天気の良い日でも100%OKかというとそうでもなかったりするので、どちらにしても人工授粉が一番確実だってことなんだ。


えーと、こんなことでわかってもらえたかな?


ところで一つの株に雌花と雄花がつくというのは、ウリ科の仲間の特徴だね。
他にもキュウリやゴーヤーや西瓜なんかも全部同じだよ。

ついでに言うと、雌雄異株というのも結構あるんだよ。
これは木に多いけどね。雄株と雌株が別々ということなんだ。
これは完全に別居だよね。 身近なところではギンナンなんかがそうだねえ。

これらも進化の過程でそういうものが出てきたということだろうね。



えーと、その朝飯前の作業は、どこまでやったんだっけ。
あ、雄花を摘み取ったところだったかな。


で、これをどうするかというと。

周りの花びらを全部取り去って、こんな形にするんだ。
画像

ちょっと可哀想なような気もするけどね。




これで雌花の中に差し込んで、雌しべにチョンチョン。

画像

雄しべの花粉を雌しべに付けてやればいいんだ。
はい、これで終了だよ。 簡単だろう。


これが人工授粉だよ。


えーと、それはわかったけど、何で朝飯前なんだ?

あれっ、説明してなかったっけ。
あのな、カボチャの雌花ってのは、授粉能力ってのがあって、それが最高に高いのが早朝なんだ。
で、その受粉能力ってやつは、時間が経つと段々落ちてしまうんだねえ。
なので遅くても朝9時くらいまでにはやってしまわないといけないんだよ。

だから朝飯前が最高って話しなんだ。




ちなみに授粉失敗すると。

画像

こんな具合に枯れて落ちてしまうんだ。

これは最初の雌花で、まだ雄花が咲いていなかったんだよね。 だから仕方ないんだ。




こちらは成功例。

画像

授粉に成功すると、急激に成長を始めるんだ。 細胞分裂が始まるってことだよね。



ということで朝飯前の話しだったんだけど、これって過去に何度もやっているんだよね。
また同じことをやってもつまらないので、今回はちょっと違う表現をしてみたんだけど、わかりやすかったかなあ。


えっ、ダメ?



ちなみに真面目な話しを見たい人は、去年の記事を見てもらうといいよ。
こちらは真面目に懇切丁寧に書いてあるからね。


去年の5月31日の記事 「カボチャの人工授粉! カボチャは人工授粉が確実だ!」
http://hige-oyaji.at.webry.info/201005/article_22.html





その他の今日の作業はナスの植え付け。

画像

向こう側4本は、購入した長ナスの苗で、もう大分前に植え付けたやつだ。

こちら側の6本は種から育てた中長ナスだ。

ナスもトマトも種からやると大変でねえ。時間はかかるしなかなか大きくならないし。
苗を買う方が遥かに楽なんだけど、種苗店に売ってない品種を植えたい場合は仕方ないんだよね。


もう少し遅くてもよかったんだけど、これ以上は苗が大きくなりそうもないので植え付けたんだ。
何でもう少し遅くてもよいかってのはね。
実は6月に入ってから植え付けると、夏の散髪が要らないんだ。
このまま秋まで行ってしまえるんだよね。
だからそれを意識してわざと植え付けを遅らせる人もいるんだよ。

ヒゲおやじは別にそれを狙った訳ではないんだけど、結果的にこうなったって話しだ。
これも時間差攻撃の一つかもね。





あら、晩生の玉ネギが倒れてきたよ。

画像

ほら、こんな具合に倒れて来たら収穫の合図だからね。

ビックリして支柱を立てたりしなくていいよ。



今年は良くできたねえ。

画像

形も大きさも最高級品質だね。

早速生で食べてみたけど、うーん、美味い。
やはり晩生は味も濃厚だし美味いねえ。 あ、全然辛くなかったよ。 
これなら一流レストランでも納入できそうな出来映えだ。





最新の畑はこんな感じ。

画像

日に日に景色が変わるだろう。

でも、新規の植え付けはそろそろ終わりだよ。
後は撤収組だね。 こちらはもう少し先だ。



さて、今日の天気は明け方までは雨が降っていたけど、日中はほとんど曇かなあ。
もう少し雨が降ってほしかったけどね。
今週はずっと雨模様らしいので、畑作業はないかもね。 そろそろ梅雨かなあ。


ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 58
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
カボチャの人工授粉でマドンナ・ヴェルディを思い出しました。
(火曜夜10時、NHK)です。科学の進歩で人様でもいろいろ行わ
れるようになったのですね。話がそれましたが、それついでに
レモンバームのことを教えて下さ〜い。
ブログのお仲間がレモンバームの効能をたくさん載せて下さっ
ていて、長寿、花粉症、高血圧、ストレス等いろいろ効能が
あるようです。我が家のレモンバームに昨年、虫除けに
オルトランを蒔きました。レモンバームティーなどで、葉を食
しても大丈夫でしょうか?
虫除けには、お野菜にどのような薬剤をまいておられますか?
どうぞよろしくお願いします。
リンゴ
2011/05/23 15:17
南瓜の授粉は雄花1つで
いくつもの雌花に使えますか?

さすがにヒゲおやじさん、お仕事が丁寧ですね。
こちらは5月21日の夕方から雨で今日23日は1日中です。
明日はがほしいです。
ミルキー
2011/05/23 16:33
南瓜の成長が楽しみですね。でも実に栄養を取られ蔓が棚まで行き着かないのではと心配です。私も玉葱の収穫が楽しみです。早く茎が倒れないかと待ちどうしいです。赤玉葱が大分大きく成ったので、明日取って来てみると妻に言ったら、友達にも上げるから其の分も取って来るように言われました。(^^)
自由人
2011/05/23 17:13
カボチャの授粉作業も低い所はやり良けどね。これは天空栽培
のカボチャでしたね。棚の上だと作業も大変になりますね。
授粉しないと歩留まりのパーセントどの位になるのでしょうか?
我が家は坊っちゃん南京ですが授粉作業はした事ありません。
実が結ばずに、ぽろっと落ちてるのも見掛けますけどね。
晩生玉葱も早く収穫できますね。うちんくの玉葱はこれから太り
そうです。
てるてるぼうず
2011/05/23 17:16
すごいすごい
ヒゲおやじさんの野菜を見る眼はとても優しくて、説明もとてもわかりやすいですねぇ
私は自然大好きで、畑も大好きですが、残念ながら畑がありません。
せめて、一鉢栽培などをするだけですが、大地とプランターは全く違いますね。
畑をやっている人は、ずいぶんのお歳でもかくしゃくとして頑張っておられますから、自然のパワーも貰っているヒゲぼうずさんは、ますます元気で楽しまれますね^^
はな
2011/05/23 21:12
リンゴさん、ありがとうございます。
レモンバームは、特にアレルギー系の症状に効果があるそうですね。
さて、この質問には答えにくいです。何故かというと、オルトランは歴とした農薬で、農薬法で厳しく取り扱いを規定されています。つまりオルトランを使用してよい野菜や花、植物が細かく規定されているのですよ。それ以外に使用することは禁止されていて、違反すると処罰されます。ただし、これは農家や企業などが使用する場合で、個人が勝手に使用する場合は処罰の対象にはなりません。
で、レモンバームなどのハーブ類はこのリストにありません。ということは使ってはいけないことになります。
でも、オルトランという農薬は、人畜に取り入れても直ぐに分解されて体外に排出されるので、大量に摂取しない限りほとんど害がないと言われています。だからと言って、ここでヒゲおやじが大丈夫ですと言ってしまうと、それは農薬法違反になります。個人が使用するのは自由ですが、それはあくまで自己責任でということです。 難しいでしょう(笑)。
ちなみにヒゲおやじはオルトランは使用しません。オルトランは根から吸収されて、葉や茎に蓄積されて、それを食べた虫が死ぬという薬ですからね。
いくら人畜無害と言われても、気分的に嫌ですからね。
ヒゲおやじは基本的に農薬は一切使いません。無農薬主義者です。
こんなところですが、如何ですか。
ヒゲおやじ
2011/05/23 21:42
ミルキーさん、ありがとうございます。
はい、大丈夫ですよ。ほんのちょっと付けるだけですからね。
こちらも昨夜から降り出した雨が、まだ続いています。明日は上がりそうな気配ですけどね。
ヒゲおやじ
2011/05/23 21:44
自由人さん、ありがとうございます。
そうですねえ、上まで行くかどうかが心配です。ここに日陰を作って夏場の休憩場所にしようと企んでいますのでね。去年はキュウリとゴーヤーで大成功したので、今年はカボチャでやってみようと思っているのですけどね。
アハハ、いずこも同じですね。女性はいい格好したいらしいです。
ヒゲおやじ
2011/05/23 21:48
ヒゲおやじさんの野菜物語楽しくて面白いですね。ファンの一人です。
整列した畑も凄いですね。几帳面な性格がわかりそうです。ひょっとしてA型?
花もそうですが害虫に悩まされます。野菜の消毒はどうされていますか。ピンセットで一匹づつ取り除いているのですか。
南十字星
2011/05/23 21:51
てるてるぼうずさん、ありがとうございます。
うーん、天候に左右されることが多いですね。歩留まりねえ、最初の方は雌花しか付かないので、それを入れると随分低くなります。雄花が咲き始めてからだと、自然に任せても6割から8割くらいは行くでしょうね。
これは一株とか二株しか植えていない家庭菜園の話しで、カボチャ畑だと全然問題にならないでしょうね。
玉ネギは全体の7割から8割が倒れたら収穫時期です。こちらもまだそこまでは行っていません。当分天気が悪そうなので、収穫は無理ですね。
ヒゲおやじ
2011/05/23 21:57
はなさん、ありがとうございます。
確かに畑に居ると元気ですね。野菜からパワーを貰っているのかも。
プランターなどのコンテナ野菜でも、どっさりというわけには行きませんけど、結構楽しめますよ。でも確かに大地を相手にというのとは、大分違いますね。
ヒゲおやじ
2011/05/23 22:01
南十字星さん、ありがとうございます。
と思うでしょう。ところが大雑把なO型なんですよ。
はい、消毒はしません。と言っても苗が小さい間は、アブラムシが着くと終わってしまうので、その時だけは除虫菊系の有機栽培用の殺虫剤を使います。それ以外はピンセットですね。これからは虫との戦いも始まります。
ヒゲおやじ
2011/05/23 22:05
カボチャの人工授粉の話、面白かったです。 人工授粉と言うと刷毛でも使うのかと思ったら…
小梨
2011/05/24 00:10
ミツバチヒゲおやじさんの出番ですよ! 朝飯前からお疲れ様でした。
結果的に人工授粉しないと着果率が少なくなりますからね。
昆虫は気まま? また、あまりいなくなりましたから、でも、どの社会も害虫は蔓延るので対応が大変です。
玉ねぎの収穫が始まりましたね。我が家はもう少し先なります。
新タマは美味しいから楽しみですね。
ちぃじぃ〜
2011/05/24 05:33
いつも軽いタッチで分かりやすく説明していますね。
私も子供の頃カボチャの受粉を手伝いました。
いつもながらとても綺麗に管理されている畑です。
美味しそうな最高品質のたまねぎが出来て良かったです。愛情がこもっているからでしょう。
ミニミニ放送局
2011/05/24 09:38
なんか学校の生物の授業みたいですね。
良く分かりましたし、なんかなつかしいような気がします!
大きな実がなることを祈ります!
はるばる
2011/05/24 13:24
大変良く分かりました。さすがのヒゲおやじさん。
有難うございます。
庭のレモンバームは、猫除け一本でいこうと思います。
食用に栽培する時は、有機栽培用の殺虫剤やピンセットで
すね。
リンゴ
2011/05/24 14:03
小梨さん、ありがとうございます。
はい、カボチャの場合はこうやります。桃などは刷毛というか耳掻きのボンボンみたいなのを使います。ものによってやり方が違うのですよ。
ヒゲおやじ
2011/05/24 23:37
ちぃじぃさん、ありがとうございます。
そうですね、放っておいてもよいのですけど、折角ですからミツバチをやってあげましょう。
玉ネギはまだ試しに収穫してみただけです。全体をやるのはまだまだ先ですよ。
ヒゲおやじ
2011/05/24 23:40
ミニミニ放送局さん、ありがとうございます。
あ、カボチャの授粉やりましたか。それなら仏に説教でしたね。
今年の玉ネギは非常にいい品質です。滅多にできないですよ、こんなの。
ヒゲおやじ
2011/05/24 23:42
はるばるさん、ありがとうございます。
以前の記事は、学校の先生から授業の教材に使わせてほしいと依頼がありました。確かに学校の教科書には、ここまで詳しく書いてないですからねえ。
ヒゲおやじのブログはオープンですから、何方でも自由に使えますよ。
ヒゲおやじ
2011/05/24 23:45
リンゴさん、ありがとうございます。
うーん、大丈夫ですと言ってあげたいのですけど、それを言うと法律違反になってしまうので言えないのですよ。散布後相当時間も経っていますので、ヒゲおやじなら気にせずに食べるかも知れませんね。自己責任で(笑)。
ヒゲおやじ
2011/05/24 23:48
結局空中カボチャはどうなったのですか?
ゴックン
2012/01/06 22:43
ゴックンさん、ありがとうございます。
半分成功というところでしょうか。読み続けてもらうとわかりますよ。
ヒゲおやじ
2012/01/07 11:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
カボチャの授粉は朝飯前! ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる