夏だねえ、でも今日のテーマはナスの枝の更新だ!

暑~~~い! 梅雨が明けた途端にジリジリと焼け付くような暑さ。
こりゃたまらんねえ。でも、ヒゲおやじは大好きだけどね。
で、今日ナスの枝の更新という話しをしようと思うんだ。


散々大雨を降らせておいて、いきなりこれだからねえ。

画像

お天道様も何をするやらだよ。


いやー、マジで暑かった。 1リットルのペットボトルで足りなかったからねえ。
ヒゲおやじは大きな麦わら帽子を被っているんだけど、それでも日差しで顔が熱くてヒリヒリだよ。
カミさんは何も言わなかったけど、多分真っ赤だと思うんだけどなあ。

明日あたり、「お父さん、どうしたんその顔」って言いそうな気がするねえ。



さて、今日はナスの枝を更新しようという話しなんだ。

えっ、枝の更新って何?
あ、そうか。そこからやらないといけないかなあ。

ナスってのは、一つの枝で何個か実が生るんだよね。もちろん放っておくと幾らでも生るんだけど、そのうち生り疲れてまともな実が生らなくなるんだ。
それで生り疲れる前に枝の更新をしようという話しだよ。 7月の終わり頃に散髪をしましょうという話しを何度もしたよね。それがそうだよ。


でも散髪をすると一月ほど実が生らないんだ。 それではつまらないよね。
それなら毎回枝を更新してやればいいじゃないかという話しなんだ。

これは以前にも簡単にやったけど、今ヒゲおやじが丁度やっているところなので、こんな風にやるんだよという説明だねえ。




えーと、これがサンプルのナスだ。

画像

黄色で囲んだナスは、もう実が大きく生り始めているよね。

これを仮に第一世代としよう。

この第一世代の花が咲いた時に、この枝の芯は止めてしまったんだ。
そう、黄色の矢印のことろだね。


放っておくと幾らでも枝を伸ばして次々と花芽を付けてしまうからね。
えっ、それって沢山実が採れていいんじゃないのか?
それはそういうやり方もあるというか、従来はそうやってきたんだよね。

で、今ヒゲおやじが取り組んでいるのは、少し違うやり方なんだ。

その枝を伸ばして次々と花芽を付ける精力を、最初の実の充実に当てようというわけだ。
これでこの枝は充実した実を付けるはずだよね。他に養分を取られなくて済むからね。

でも、それだと1本の枝に1個しか実が生らないじゃないかと思うよね。


ところがこの芯を止めることによって、直ぐ下から新しい枝が伸びてくるんだ。
これが第二世代だ。
第二世代にはちゃんと花芽が付いているだろう。 緑で囲んだやつだよ。

この花が咲く頃には、この枝の芯も同じように止めてしまうんだ。
そうするとまた新しい第三世代の脇芽が成長して、同じように花芽を付けるんだねえ。


わかるかな?
芯を止めてしまっても、ナスの収穫には何も影響がないどころか、次々と品質の良いナスができるってことだ。



で、最初の第一世代の黄色で囲んだナスが大きくなって収穫するときには、赤のところから枝ごと切ってしまうんだよ。

えっ、枝ごとか?
うん、そうだよ。 だってこの枝は芯を止めているので、これ以上伸びることはないし花芽も付けないだろう。
だから御用済みなんだ。
こうやって余分な枝葉を整理していくと、日当たりも風通しもよくなるからね。



切り方は、こんな具合だよ。

画像

はい、バッサリ。



わかったかなあ。 ちょっと難しかったかも知れないけど、要するに毎回枝の更新をしているわけで、これなら生り疲れなんかも起こらないって話しなんだ。
だから7月の終わりに散髪なんかしなくていいんだねえ。


その代わり追肥はこまめにやらないといけないよ。
でも、やりすぎは禁物。 ナスの顔色を見ながら少しずつがいいねえ。




さて、話しは変わって黒大豆の畝が少し乾いて来たので改めて石灰を撒いてやったんだ。

あ、昨日の記事を読んでいない人は、何のこっちゃかも知れないねえ。
実は折角整えた畝が大雨で再び酸性に戻ってしまったので、もう一度酸度調整をやり直そうという話しなんだ。

画像

これは昨日流亡した土を元に戻したところだねえ。





何しろ水でカチカチに固まっているので、これを叩いて砕いてその上から軽く石灰を撒いて。

画像






これを鍬で改めて掘り起こして、形を整えて。

画像

一応出来上がりかなあ。

実際の植え付け前には、もう一度成形し直すけどね。


でも、乾きかけたとは言いながら、土が重い。
1メートルやっては、立ち止まって肩で息だよ。 何しろ暑いからねえ。
いくらマッチョマンになったとはいえ、これはきつい。


1リットルのペットボトル持って行ったけど、全然足りなかった。
昨日までは半分以上余っていたんだけどねえ。 さすが、夏到来だね。



さあ、夏だよ。 ヒゲおやじの大好きな夏だ。

画像







画像







画像

嬉しい夏だねえ。



でも、地獄の夏でもあるんだよ。

ほら、見てくれこの草を。

画像

これをこれからやらなくてはいけないんだ。


今日はまだ乾いていなかったから無理だったけどね。
さて、明日やれるかなあ。


誰か手伝いに来てくれないかなあ。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ

この記事へのコメント

2011年07月09日 23:21
ご無沙汰でした。
今日は茄子だったのでしっかり勉強させて貰いました。
分かってはいる積りだったけれどおさらいはいいですね。
我が家もナスが採れはじめてご近所さんにおすそ分けしました。
枝切りしっかりマスターしましたから頑張ります。
空と雲はすっかり・・・いいえ・・・真夏ですね。
こちらでも今日梅雨明けでしたが、こんな夏空はまだ見えていません。
これからの菜園は暑さとの戦いですね。
なおにゃん
2011年07月09日 23:41
はじめまして。
ここ数カ月、ROMしてました。(rom=リードオンリーメンバー)
ひげおやじさんのブログの、毎日の更新に熱意を感じ、ここ1か月はほぼ毎日見ています。
きっと、ジャガイモの土寄せを検索してたどり着いたと思います。

こちらは、どちらかというと北関東、都合により南関東の天気予報を当てにする地域です。
自宅庭に40坪ほどの家庭菜園と、2kmほど離れたところに100坪ほどの菜園を管理しているサラリーマンです。こどもが6歳と2歳。
自宅菜園は収穫がこまめなキュウリやトマトなどを栽培し、離れた菜園では根菜類を栽培しています。

キュウリは2月に保温発芽し、育てたものなど12本がそろそろ終盤。つるおろししましたが、脇枝が発生せず・・・。株の老化でしょうね。
5月播きの12本が数日前から収穫しています。7月5日に播いた、5本も本日発芽確認。大好きなキュウリは順調です。
ちなみに、化成肥料は使わない栽培を目指しており、なるほど、収穫したキュウリにえぐみは全くありません。

イセキ販売の有機肥料を使って育てていますが、価格は5倍以上。(化成に比べ)
けど、おいしさのためには、家庭菜園ならでは、その肥料にこだわるつもりです。
Hunky Dory
2011年07月10日 00:12
ヒゲおやじさん、今晩は♪

今朝旦那から「草刈り機使うとおまえのカボチャとか切りそうになるんだよね…」って言われ、「じゃあ、いいよ、いいよ」なんて言いながらも内心ホッとしました

なので今日は一人で草引きをしました。
基本、自分で出来る範囲でやろうと考えているので、自分以外の人間を当てにはしていません。
主人は仕事をしているし、あくまでも家庭菜園なので手に負えなくなるまで広げては自分も楽しくなくなると思っています。
子どものためもありますが、黙々とルーティンな作業をするのは自分の思惑の時間でもあります。
ワタシにとって、このひとときだけ「石」になれる貴重な時間です。
脳が休まるような気がします。

ゆめや
2011年07月10日 04:38
種の使い方教えてくださってありがとうございました。

ふむふむ(._.)なすの摘心そういう風にするんですねえ。
我が家は今年はなすの植え付けが遅かったのでまだ収穫
できてませんが
暑さに気を付けてくださいねえ。
2011年07月10日 11:27
本当は草取り嫌いじゃないんだ。
黙々と草取りをしている時間って、とても好きなの。
自然の中に自分が包まれていると感じるの。
早期退職してから、畑を借りたんだけど、遠くだったからなかなか世話できなくて、介護の姑もいたから、結局辞めちゃったの。
。。。。。でも、また畑したいな。
今年は、本宅別宅半々暮らしなので、どちらでもまだまだです。
2011年07月10日 11:36
草引きなら任せてください。大好きですから(笑)お近くなら弟子入り兼ねてダイエット希望のけっこがお手伝いに行くのにネエ。ああ、残念だわん。
ナスの枝の更新、勉強になりました。ジイチャンたちと作っている小さな畑があるのですが、できたら長く収穫したいので実践してみようかしら。
自由人
2011年07月10日 14:49
5月に入って直ぐに植えた茄子が最盛期を迎えていて、茄子の葉茎も大分はびこって来たので、少しスリムにしたいと思っていました。参考に成りました。今まで水気が多かったと見えて草の伸びも早い様ですね。水替えに費やした分草取りに費やせば何とか成りますよ。とにかく暑いですね、お昼まで体が持たないので今日は11時で上がりました。(^_^)
kokoro
2011年07月10日 17:05
見よう見まねで、4本仕立てで枝を更新しております。

あまりにばっさりやっているので、他の人から、虫か?なんていわれました。(笑)

これからも宜しくお願いします。
2011年07月11日 13:47
昔と違って、連日30℃を超す暑さですから、
ヒゲおやじさんも、日焼け止めを塗られた方が良いと思いますが。
マッチョマンになられましたか。お孫さんたちに自慢できそうで
すね。私は脂肪が~。
雑草にとっても、生育環境が良いのでしょうね。我が家では、草
が暑さで枯れてくれたのもあります。労力が省けました~。
ニコニコ
2011年07月11日 17:40
こんにちは~
いつもありがとうございます(^^)!

ナスの枝の更新・・・とても納得でした。
でも枝の先までいくつか花を咲かせいるので、その花を切ってしまうのはもったいない気がして脇目だけつんできましが・・・実を付ける前に花を思い切って取り、下の方の実を充実させて採るときに一緒に切ってしまた方がよいのでしょうね?
かなり枝を伸ばしてしまった私です(*_*;。
nogpu-124
2011年07月11日 18:32
拝見してる時は理解できても いざ畑で枝の更新しようと思うと
手が止まってしまいます。
それぞれ形が違いますので 見極めが難しいです。
まり
2011年07月11日 21:33
ヒゲおやじさん、こんばんは。
私も夏生まれなので、夏空大好きです。
きれいな青空の写真、すかっといい気持ちです。
ナスの枝の更新には、思い切りが必要ですね。
頭では納得しているのに、
畑でナスを目の前にしてうなっています。
今年はカプリスという縞模様の入ったナスに
挑戦してみたら、一箇所に
なんと花芽が2個づつ付くのです。
でも実がつくのは片方だけです。
今のところ数は少ないのですが、
太くてなかなかりっぱな実になるので
しばらく様子を観察してみようかと思います。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 22:49
ろこさん、ありがとうございます。
はい、このやり方だと、多分散髪は必要ないと思います。
去年試して見たのですけど、ナスの調子が悪くて実験にはなりませんでした。今年は調子がいいので、いい実験になりそうですよ。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 22:57
なおにゃんさん、初めまして、ようこそ。
ROMってそんな言い方があるのですか(笑)。ヒゲおやじの時代だとリード・オン・メモリーですよ。
凄いですねえ、自宅に40坪と別に100坪ですか。これはもう家庭菜園とは言えませんね。キュウリの蔓おろしなんて知っている人は滅多にいませんよ。これはプロのワザですからね。これは少し早めにやらないといけないようですね。
わー、高い肥料を(笑)。拘りですねえ。美味しい野菜を作ろうとすると、これも仕方ないですね。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:01
Hunky Doryさん、ありがとうございます。
あ、上手く誤魔化しましたね(笑)。
石になりますか。まさに岩に染み入る蝉の声の心境ですね。
確かに草引きをしていると無心になれますからね。嫌なこともストレスも飛んでいってしまいます。ヒゲおやじはその後、家に帰ってビールを飲みますから最高です(笑)。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:03
ゆめやさん、ありがとうございます。
これも一つのやり方で、これがベストというわけではありません。
一番自分に合うやりかたを見付けるといいですね。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:06
はなさん、ありがとうございます。
そうですねえ、草取りって面白い作業ではありませんけど、何となく静かな自分を取り戻せる時間ですねえ。その分回りが騒がしすぎるのかも(笑)。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:11
けっこさん、ありがとうございます。
あー、それなら是非来て下さい。道後温泉付きで飲み放題ってのはどうですか(笑)。
このやり方はこちらのプロの間では普通らしいのですけど、園芸雑誌でもたまに書いてあるものがありますね。そのうち普通になるでしょう。
試して見るのも悪くないですよ。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:17
自由人さん、ありがとうございます。
草の伸びが尋常ではありません。肥料が効いているのもありますけどね。
草引きは時間がかかるので、終わった端からまた生えてきています(笑)。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:20
kokoroさん、ありがとうございます。
はい、初めのうちはそれでよいと思います。そのうちにしっかり体得できますよ。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:25
リンゴさん、ありがとうございます。
いや、以前に日焼け止め塗ったこともあるのですけど、何となく汗が止まって余計に暑いような。それに汗を拭いたら取れてしまいます。
なのでそれ以来使ったことはありません。
畑は水がふんだんにあって、気温は高くて日差しは強いと来たら言うことはありませんよね。目に見えて伸びるのがわかりますよ。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:28
ニコニコさん、ありがとうございます。
いや、それも一つのやり方で、こうしなければいけないというのはないのですよ。枝を自由に伸ばせてやるというやり方もあるのです。色々試して自分が納得がいくやりかたを選ぶといいですね。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:30
nogpu-124さん、ありがとうございます。
はい、そのとおりです。理屈がわかってしまうと、どうってことはないのですけどね。形だけ見るとかなり難しいかも知れません。
あまり無理をせずに、自由にやるのがいいですよ。
ヒゲおやじ
2011年07月12日 23:34
まりさん、ありがとうございます。
アハハ、うなっている姿が見えるようです(笑)。
あまり気にせずに自由にやるのがいいですよ。そのうちわかってきますから。1箇所に2個とか3個花がつくものは沢山あります。よく見ていると1個だけ大きく生りますから直ぐわかりますよ。そのまま放っておいて、花が咲いてから残りを切り取って下さい。

この記事へのトラックバック