エンドウの手入れ! 蔓の補強と整理。

この暖かさでエンドウが急激に成長を始めたねえ。
このまま放置するとやばいので蔓の補強をしてやろう。
ついでに混み合ったところの整理も。


エンドウは伸び始めると早いからねえ。
それに強い風が当たったりすると、蔓がネットからはみ出してしまうんだ。

ほら、こんな具合だよ。

画像

この畑は西風が強いんだ。

写真で言うと、ほぼ毎日強い風が左から右に吹くんだねえ。
なので成長した蔓が風に煽られて、どんどんネットから右側にはみ出して行くんだよ。

この程度なら問題ないんだけど、何れは垂れ下がってやがて折れてしまうんだ。
そうなると厄介だからね、早めに補強してやろう。






ちなみにこれはお隣さんのエンドウだけど、大分垂れ下がっているだろう。

画像







特にこの辺りはかなりやばい状態だねえ。

画像

地面に向かって蔓が垂れ下がりかけているだろう。

これで強い風が来たら、折れてしまうかも知れないよ。

こうなってから補正するのはなかなか難しいよ。 エンドウの蔓は複雑に絡み合っているので、なかなか姿勢を直すのは難しいからね。







で、ネットの外側に支柱を立てて、それに紐を張ってはみ出した蔓を真っ直ぐに補正してやろうという算段だ。

途中の写真は撮れなかったので、これはもう出来上がったところだけどね。

画像

ほら、綺麗に治まっているだろう。

取り敢えずはこれでよしなんだけど、また成長すると直ぐにはみ出してくるからね。
そうなるとまた紐を張ってやるんだ。 多分あと2回か3回はやらないといけないだろうねえ。







で、横から見るとこんな具合だよ。

画像

紐で補正してあるのがわかるだろう。

蔓はまだまだ伸びるからね。 紐も段々高くなるんだ。







それともう一つ。
エンドウの蔓は放っておくと混み合うので、できるだけ風通しがいいように蔓の間引きをしてやろう。
混み合ったまま放置すると、直ぐにウドンコ病なんかが発生するからね。


で、どんな蔓を間引くかというと、花のつかない蔓を選んで間引きをするんだ。
元々エンドウは、子蔓、孫蔓には花がつきにくいと言われているんだ。 全くつかないわけではないよ。
数が少ないということだろうねえ。

だからそういう蔓を探して切り取るんだ。つまり脇芽を切ってやろうということだ。



例えば

画像

これなんかがそうだねえ。

黄色で印をしたやつが、これから切ろうとしている蔓だよ。 明らかに節から蔓が出ているだろう。つまり脇芽だ。
これが子蔓か孫蔓かというのは、もうわからないねえ。 遡っていけばわからなくはないだろうけど、この茂みをかき分けてそれを探すのは不可能だ。 それにそんなことをしたら蔓が傷んでしまうよ。

なので、この脇芽に花があるかないかで、なければ切るというくらいでいいと思うよ。
こんなに混み合っていたら少々花がついていても、適当に間引くしかないからね。








で、これが間引き後。

画像

少しスッキリしただろう。

これはごく一部で、説明のためのサンプルだから、これだけで混み合いが解消できたわけではないからね。
こういう作業を繰り返して、全体として風が通るように仕立ててやると理想的になるという話しなんだ。

しかし、これは面倒な作業なので、必ずやりましょうとはなかなか言えないんだなあ。
だから混み合ってどうしようもないところだけでも、少し透かしてやるといいと思うよ。


今日もお隣さんに、「こうやるといいですよ」と説明して上げたんだけど、「いやー、めんどい(面倒だ)から」とやるとは言わなかったよ。 まあ、予想どおりではあるけどね。


あ、そうそう。病気になりにくいということの他にも、実入りがよくなる、収量が上がるというのもあるからね。
もし面倒がらずにやってみようという人がいれば、是非試して見るといいねえ。

あまりひどく混み合う前なら、それほど手間はかからないと思うよ。




さて、今日は本当に良い天気だったねえ。暖かくて作業も楽だった。
これからしばらくは暖かい日が続くようだから、桜も一気に開花に向かうだろう。

今の間に畑の準備をしてしまいたいものだね。


今日も畝を2本耕したけど、まだ体が鈍っているねえ。 ちょいと筋肉痛気味だよ。
明日もできるだけやっつけようと思っているんだ。雨が降ると厄介だからね。

種をまかないといけないものも沢山あるので、なかなか忙しいなあ。


明日も気ままに頑張ろう。



ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ






この記事へのコメント

あおぞら
2012年03月28日 15:36
こんにちは 随分暖かくなってそらまめの勢いが凄いですね。手入れが大変でしょうけど あのおいしい豆ごはん等を想像すると頑張れそうですね。私には出来そうに無いですけど。いつも綺麗な畑ですけど鍬一本でされるのですか 耕運機などは使われているのですか。
自由人
2012年03月28日 18:50
 ヒゲ叔父さんのエンドウは毎年変わらない出来で感心します。
毎年今頃に成ると風邪が良く吹いて、植え替えたネギなど反対側に倒れてしまったり、風の被害も多いですね。家のエンドウはやっと上に伸び始めました。支柱を立てるのは此れからです。去年適期に蒔いたんですが、寒すぎたからですかね。
Hunky Dory
2012年03月28日 20:09
ヒゲおやじさん、こんばんは。

エンドウの間引きとは初めて知りました。
やっぱりここはタメになるブログですねぇ
ヒゲおやじ
2012年03月28日 23:04
あおぞらさん、ありがとうございます。
借り地なので耕耘機は持っていません。自前の土地なら耕耘機を買うところですけどね。何時返さなくてはいけなくなるかわからないので、そういう投資はできないのですよ。だから鍬1本です。
ヒゲおやじ
2012年03月28日 23:10
自由人さん、ありがとうございます。
今年の冬は寒かったですからねえ。でも寒いと言っても、こちらの気温は寒い地方に比べると暖かいですから野菜も早く育ちます。
春の風は台風並みですよ。ネットも支柱もガッチリつくっていないと倒れてしまいます。
ヒゲおやじ
2012年03月28日 23:12
Hunky Doryさん、ありがとうございます。
はい、エンドウの蔓の間引きは、あまりやる人は居ないですね。
でも実入りが悪いとか、収量が少ないと思っている人は、やってみる価値はありますよ。
週末菜爺
2012年03月31日 06:52
ヒゲおやじさんのブログを去年見ておけばよかった!今年は狭い家庭菜園の輪作のため、エンドウはお休みなのです。言われてみれば「目からウロコ」の間引き・補強方法ですが、思いつかず悪戦苦闘しました。菜爺も自分なりに知恵を絞り、勉強もしているんですけどね~。
でも、今年はソラマメで参考に・・・というより、できるかぎりマネさせていただきます!!
ヒゲおやじ
2012年03月31日 21:36
週末菜爺さん、ありがとうございます。
そうでしたか。でもこれは人それぞれで、やり方はみんな違います。
ヒゲおやじはこうやっているよという話しなので、絶対に正しいというわけではありませんからね。これを参考に自分なりに工夫するのがいいと思いますよ。
2012年04月17日 20:27
こんばんは。
私もやっと苗を買って来て植えました。
まだ10センチです。
アミはこれから考えようとお邪魔しました。
良かった。まねしてみます。
ヒゲおやじ
2012年04月17日 22:04
さくらさん、ありがとうございます。
これからですか。ネットを張るなら苗が大きくなる前に張った方がいいですよ。支柱を立てて紐で固定する方法もあります。要するにエンドウは何かにつかまりながら上に伸びていくので、そのつかまり立ちするものを作ってやる必要があるということです。

この記事へのトラックバック