トマトの植え付け! 美味しいトマトを作りたければ!

さて、三番手はトマトだねえ。 これくらい植え付け方で味が違ってくる野菜もないねえ。
指導本の通りにやっている人は、気の毒だけど美味しいトマトは作れないよ。
立派なトマトは作れるけどね。



では実際にやってみようか。

やり方は基本的にナスと同じだよ。

まずは1時間ほどポットごと水に浸けよう。

画像

こんな具合だねえ。


その後は水から出して、2,3時間日陰で乾かすんだ。

それから根洗根切りという手順だよ。

トマトも結構根が張っていて、ポットの中で蜷局を巻いているよ。
ナスほどではなかったけど、解すのに時間がかかったねえ。


ほら、こんなに根が出ているんだ。

画像







これも遠慮なくバッサリ切ってしまおう。

画像









この後はいつもの濡れた新聞紙に包んで。

画像








1/3ほど水を張ったバケツに入れておくんだ。

画像

もちろん水を張ってあるので裸でもいいのだけど、品種ごとに新聞紙で包んでおくと間違いがないだろう。

苗を買う時にはポットの色が違うし、ラベルがついていたりもするけど、根を洗ってしまうと何もないからねえ。
苗を見ただけでどの品種か言い当てられるほどプロではないからね。

だから品種ごとに新聞で包んでおくと便利なんだよ。






ほら、こうやって畑に持っていくんだ。

画像








さあ、植え付けを始めるよ。

まずは植穴を掘ろう。

画像

基本はキュウリと同じだよ。

見てわかるとおり、浅いお皿状の植穴だ。
深さは5センチ前後かなあ。計ったことがないので、まあ適当だね。 







そこに根を広げて。

画像

あとは普通に埋めてやればいいんだよ。

根を広げるのが難しいというコメントも頂いたけど、そんなに厳格に綺麗に広げる必要はないので、適当に四方に広がっていれば大丈夫だよ。

むしろ綺麗に広げようとして、根を触りすぎる方がよくないねえ。根を傷めるし、時間をかけると乾いてしまうからね。
ピンセットで根を1本1本伸ばしてやるなんてことをしてはいけないよ。大雑把でいいんだ。







そうそう、トマトの場合は植え付ける時の注意点があったんだ。 去年もやったから覚えているかな?

はい、これだよ。

画像

もうわかったかな?

えっ、わからん? これはトマトの花だよ。 それはわかるよね。
そうなんだ、トマトの花は同じ方向に咲くんだ。つまり花房が同じ方向に出るということだね。

とすると、花房が通路側に向いている方が、後々の作業が随分楽だってことなんだよ。

だから第一花が咲いているものを買おうというのも、そういう意味もあるんだよ。
もちろん本来の意味は、第一花が咲いていれば、間違いなく今後も花が咲いて収穫が出来るということだけどね。


わかったかな? 植え付ける時に花房が通路に向くように植えるのが正解だよ。






さて、植え付けが終わったら十分に水をやって、根元に籾殻を撒いてやろう。敷き藁でももちろん大丈夫だよ。

画像

根を大分傷めているので、保湿のためだ。

それから仮の支柱を立てて、しっかり固定しておいてやろう。
まだ根が不安定だし、浅植えしているからね。強い風でも吹いたら倒れてしまうんだ。


例年は行灯をしてやるんだけど、今年はもう必要ないだろう。



これでしっかり活き着いたら、強い脇芽を選んで今年も2本仕立てにする予定だよ。
去年は大成功したからね。

それはまたその時に記事にしよう。


あ、そうそう。この方法をやるについては少な目の肥料というのが絶対だよ。
沢山収穫したいってんで、肥料をたっぷりやる人がいるけど、それは逆効果だ。
根切りをすると新しい根が沢山出るので、肥料をやりすぎると確実に窒素過多になっていまうよ。
属に言う蔓呆けだね。

だから少ない肥料で、根が肥料を求めて何処までも伸びていくような状況を作ってやることが、美味しいトマトを作るコツだからね。同じ意味で水も少ない方がいいんだよ。
原産地の南米アンデスなんてところは、水も肥料も極端に少ない環境だからね。

そういうところで育ったものに、水も肥料もたっぷりやると、あっという間にメタボだよ。



そこらの話しはまた追々するとして、今日はトマトの植え付けをしたというお話しだ。





今日も良い天気だったねえ。

画像

動くと汗ばむような天気だった。

もうすっかり春は通り過ぎて、初夏の雰囲気だよ。







畑も徐々に野菜で埋まってきたねえ。

画像

もうすぐ全体が緑で埋まることになるよ。

当然草もお手伝いしてくれるけどね。


ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ











この記事へのコメント

2012年04月30日 10:48
わあい一番乗りだった♪
GW中にナス、トマト、キュウリ苗を植えようと思ってます。
お天気もまずまずなので頑張りま~す。と言っても実はちょっと腰がイマイチなので誰かさんに頑張ってもらいますね(笑)。もちろん水浸し、洗い、根切りの受け売り指導しますから。
昨年は狭い庭でもとてもうまくいったので、今年も楽しみに育てたいと思ってます。ヒゲおやじさんがご苦労しながらの撮影のおかげです。
いつもありがとうございます。
自由人
2012年04月30日 17:09
折角ポットに収まっている根をほぐして、根まで洗ってなんて普通考えられませんね。植木なんかでこれが出来れば、持ち運びに便利でしょうね。植えて間もなく枯れる苗が有って困ってます。今日も枯れた分の苗を買って植えて来ました。それと胡瓜の苗が黄ばんだり、発育が止まったりするのは何が原因なんですかね。
2012年04月30日 17:31
えぇ~!!!驚きばかりです。
こんな作業をするのですか。
冒頭の指導本どおりの作業者です。肥料はたくさんやるは、、、おっしゃる通り葉は立派で生い茂ります。収穫は前半ほんのわずかです。
何事も手間暇かけないとダメなんですね。
ご家族の方がうらやましいです。
masa
2012年04月30日 18:39
はじめまして いつもヒゲおやじさんのブログを拝見し
野菜に対する愛情・情熱・に感動しております。
相談ですが、先月の今頃苗で植えた一本葱(25cm位)が、まだ小さいのにほとんど
葱坊主が出てきています。このままでいいのか?迷っています。
宜しくお願い致します。
nogpu-124
2012年04月30日 18:52
おやじさんの苗の方が 自分が植えたのよりかなり大きく見えます
根の長さ ボリュウム凄いです。
二日目ですが なんとか元気そうです 週末になれば安心できるかも。
同じように もみ殻を根元に播いてます。
ヒゲおやじ
2012年04月30日 22:26
けっこさん、ありがとうございます。
頑張ってもらえる誰かさんがいて幸せですね(笑)。ヒゲおやじなんか全部一人でやらないといけないですからねえ。腰痛はダイエットが効果的だそうですよ。沢山痩せなくていいそうです。ほんの2,3キロで随分違うそうです。無理をしない程度に楽しんでくださいね。
ヒゲおやじ
2012年04月30日 22:33
自由人さん、ありがとうございます。
キュウリは病気になりやすいし、原因がよくわからないことも多いですよね。乾きすぎなんてことはないですかねえ。それにモグラもありますよ。
根の下を掘られると、根が乾いて枯れてしまいます。後は虫ですかねえ。
ヒゲおやじ
2012年04月30日 22:40
南十字星さん、ありがとうございます。
黒っぽい葉が生い茂ったら、間違いなく肥料過多です。葉が巻いてきますから直ぐわかりますよ。正常なトマトは葉が黄緑色です。
これも家庭菜園だからできることですよ。本職の農家はこんな手間はかけられませんからね。
ヒゲおやじ
2012年04月30日 22:50
masaさん、初めまして。ありがとうございます。
それは珍しいですね。冬を越してきたネギにはよく坊主が出ますけどねえ。植え付けたあと強い寒さが続いたのでしょうか。
この場合の対処法はよくわかりません。取り敢えずは葱坊主を根元から折取ってください。地域がどこかわからないので、何とも言いづらいのですが、3月にネギの植え付けは少し早すぎたのではないでしょうか。
確実を考えるなら、もう一度植え付けをやり直すのがいいでしょう。
ただし、苗を売っているかどうかわかりませんけどね。ヒゲおやじは種を蒔いて、今3センチくらいになったところですよ。
ヒゲおやじ
2012年04月30日 22:53
nogpu-124さん、ありがとうございます。
しばらくは根を乾かさないように注意してください。1週間もすれば大丈夫ですよ。3週間もすると急激に成長を始めます。しばらくは辛抱ですね。
2012年05月06日 10:12
図鑑のようですね。
凄く解りやすいです。
ミルキーは、種からは無理なので・・・
色々な苗(フルーツトマト、白ゴーヤ、ししとう、などなど)を
買ってきました。
この時季、苗をみるとほしくなりますが
花壇の菜園はおままごとのようです。
ヒゲおやじ
2012年05月08日 23:42
ミルキーさん、ありがとうございます。
済みません、遅くなってしまいました。
わかりやすいと言って頂けると、本当に嬉しいです。それが目的のブログですからね。
はい、苗からやる方がいいです。種から育苗するのは大変ですからね。時間もかかるし、ある程度設備がないと難しいです。
ICHI
2012年05月18日 15:49
こんにちは。
初コメです。
闇雲に教科書に基づくのではなく、
経験に基づくやり方、ステキです。

トマトの根、ざっくり切るのに斬新でビックリしたのですが、
どうゆう意図があるのでしょうか?

肥料やり過ぎ、同感です。
お隣さんのような窒素過多トマト、去年やっちゃいました(汗)

ヒゲおやじ
2012年05月18日 23:40
ICHIさん、初めまして。ありがとうございます。
ねを切るのは、切り口から新しい根がたくさん出て、畑の土に馴染みやすくなるのと養分の吸収が活発になることです。そのために少ない肥料で美味しい野菜が作れるのですよ。
ゆっくん
2015年04月28日 00:37
お久しぶりです、以前質問したゆっくんです。またまた質問です。

根が直根型の植物でも根切りは成功するものですか?
トマトは直根とひげ状とがあるようですが、、。
よく、草花なんかだと、直根型の植物は植え替えじたいを嫌うようなイメージがあったものですから、、。
ヒゲおやじさんのトマトはひげ状根っこなのか?ヒゲおやじなだけに、、。とか思いまして。
よろしくお願い申します。
ヒゲおやじ
2015年04月29日 23:48
ゆっくんさん、ありがとうございます。
基本的にはどんな野菜でも大丈夫です。 ただし、その時期を誤らなければですけどね。とは言っても、ダイコンやニンジンなんかはやってはいけないのはわかるでしょう。その範囲のお話しですよ。

この記事へのトラックバック