久し振りの晴天! となれば大忙し。

昨日に続いて今日も良く晴れたよ。 24時間1滴も降らないなんて久し振りだねえ。
昨日も綺麗な晴れだったけど、24時間となると前夜に降っているからね。
二日続けて晴れなんてのは、もう遠い記憶の話しだねえ。
さて、今日は忙しいよ。


昨日は晴れたとは言っても、畑もファームも水溜まりがあって、歩けば長靴がめり込む状態だったんだよね。
だから作業なんてのは無理中の無理で、精々収穫したくらいだ。

今日はさすがに少しは乾いて来て、何とか中に入れる状態までにはなってきたんだ。


ならば溜まっていた作業をやらなくては。


朝はまずファームに行って、枝豆の補修というか補正というか、要するに倒れかけた枝豆を紐を張って起こしてやったということだ。


これが紐を張る前。

画像

雨に濡れて重くなったところに風が吹いたので倒れてしまったんだよね。








両側に紐を張って起こしてやろう。

画像

さあ、これでもう大丈夫だ。

枝豆は、もちろん大豆もだけど、結構倒れやすいんだよね。 だから本当は事前に倒伏防止の処置をしてやる方がいいんだよ。
もっと背丈が大きくなる黒大豆は、土寄せだけでは持たないので、紐を張るなり支柱を立てるなり、何らかの対策が必要だよ。






枝豆と言えば、これは実質三番手だけど、今が花盛りだよ。

画像

小さな花が沢山咲いているんだ。






小さいけどよく見ると可愛らしい花だよ。

画像

でもちゃんとマメ科の花の形をしているねえ。






で、早々に畑に移動だ。

黒大豆用の畝を作ってやらないといけないんだ。

これがその畝だよ。

画像

大急ぎで大きな草を削り取ったところだ。



さて、これをどうしようか。

そうだまずは酸度計でphを計らなければ。 こういうのは勘でやる人も多いというか、ほとんどの人が勘でやっているからねえ。
勘が働く人はいいけど、むしろ無条件で植え付け前には石灰を撒いている人がほとんどだからねえ。

これではなかなかちゃんとした野菜はできないよ。石灰は多すぎても野菜に害があるんだ。


phの如何に関わらず、年に1回は石灰を撒いた方がいいんだ。
石灰ってのは、単に酸度調整だけではないからね。カリの補充とかマグネシウムのような微量要素の補充の意味もあるんだよ。
だから酸度は問題なくても、そういう意味で石灰を投入することも必要なんだよ。



では早速計ってみよう。 ヒゲおやじの場合は、畝の3ヶ所を計ることにしているんだ。
もちろん真ん中と右端、左端みたいな感じだよ。


まずは左端。

画像

ph 6.6。 うーん、ベストだねえ。

ほとんどの野菜は中性から弱酸性くらいが一番いいんだ。 これなら石灰を撒く必要はなさそうだ。








真ん中は?

画像

5.2かー。 これはちょっと酸性が強いとまではいかないけど、酸性っぽいねえ。







右端はどうかな?

画像

おやおや5.0だよ。

これで決まりだね。 

普通は3ヶ所を計って平均を出すんだけど、この場合左端だけが違う値を示しているってことは、何か別の要因がありそうだね。なので真ん中と右端の値を採用して、ここに1キロの粒状苦土石灰蒔くことにしたんだ。 


1キロって計るのが面倒?
そうなんだよね。なのでヒゲおやじは1キロに小分けされた苦土石灰を買うことにしているんだ。
もちろんホームセンターで売っているよ。20キロの大袋もあるけど、重くて扱いにくいし、家庭菜園ではこんな大袋を使い切ることはないので、そのうち湿ってしまうんだよね。

1キロだと1回で使い切るのでその心配もないんだ。


この商品の場合は、2坪で1キロの割合だよ。 で、ヒゲおやじの畑は一畝がおよそ2坪ちょっとくらいかなあ。
だから非常に使い勝手がいいんだねえ。







さあ、苦土石灰を撒いたら耕そう。

画像

これがまた土が重い。

表面はそれほどでもないんだけど、中はまだ濡れているというより水が溜まっているよ。
鍬を打ち込む度「ズボッ」だからね。 やりにくいこと夥しい。


でも何とか大雑把に耕し終えて、これでしばらく乾かしておこう。

乾いたら堆肥と化成肥料を入れて、畝作りだよ。 でも急がないと。







ほら、こいつらが待っているからね。

画像



ここまでが午前中の仕事だよ。






午後からはまたファームに行って、ちょいと草退治だ。


ほら、もうこんなに草が。

画像

このくらいならまだ何とかなるけどね。

この向こう側は厳しいかもよ。







ほらね。

画像


えっ、ヒゲおやじらしくもないって?

いやいや、これは社長ファームだよ。 ヒゲおやじはこんなことはしないよ。







ほら、見てみろ。

画像

多少草はあるけど、綺麗なもんだろう。

普段からちゃんと手入れしているからねえ。







そんなことで見るに見かねてちょいと手伝いだ。

画像

もう狐鍬で強引にガリガリ削る荒仕事だ。

こんなもの1本1本抜いてはいられないからね。


左2本をやっつけて、これで草が乾いたらかき集めるんだ。
これ1本が大体20分から30分かかるねえ。 これだけやるのなら大したことはないんだけど、ヒゲおやじも忙しいのでここだけに関わっていられないんだよ。




で、後はまた明日とばかりに、大急ぎでまた畑に。

長ネギの草取りと土寄せをやるつもりだ。


ところが。 あらっ、これはまた派手にやっているなあ。

画像

ここだけで8個。

見回ってみるとあちこちに、全部で15個くらいあったなあ。

午前中に来たときにはなかったのに。 もちろんカラスの仕業だよ。


これまでも一日に1個とか2個はあったんだけどね。 こんなに一度にやられてはたまったもんじゃない。


よし、こうなれば鳥除けの紐を張ろう。
何日か前にもそんなことを言いながら、雨続きで作業ができないもんだから放っておいたんだよね。

カラスは一度味をしめるとしつこいからねえ。 カラスの嫌う紐を張ってやろう。






さあ、出来た。

画像

これは右側。







こちらは左側。

画像

下から2段だけだけど、多分これで十分だろう。

紐の間隔は18センチだ。カラスが一番近づきにくい高さだよ。

カラスは歩いてやって来るんだ。なのでこれで十分。 上から飛んで来そうなもんだけど、それがこういう不安定なところにはとまれないんだよね。羽を傷めるのを一番嫌がるからね。


これでちょっと様子を見てみよう。



思わぬ余計な作業をしてしまったなあ。

大急ぎで長ネギをやらなくては。



畑に入れない間に、もう草がビッシリだよ。

画像

ネギの周りは狐鍬でガリガリというわけにはいかないので、手で1本1本抜くんだよ。

狭い範囲だけど結構時間がかかるねえ。







取り敢えず大きな草だけ抜き終わったところだ。

画像

根元に少量の肥料をばらまいて、さあ土を寄せてやろう。







土寄せは、この位置までだよ。

画像

葉が別れているところまで土を寄せるんだよ。

土で覆い隠すことによって、ネギは光合成ができないので白くなるんだ。









さあ、これでいいだろう。

画像

やれやれ、ようやくでき上がりだ。



何ともたまに晴れると忙しいねえ。

明日も曇だけど降るという予報ではないので、また忙しいことになりそうだ。
乾いている間に出来ることをやっておかないとね。

水曜日からはまた雨らしいよ。 それにしても今年は良く降るねえ。 太平洋高気圧があまり発達しないんだそうだ。このままでいくと冷夏になるかもよ。 また米不足で大騒ぎなんてことになるのかなあ。

それだけは御免被りたいところだね。




いやはや、今日もよく働いたなあ。 もうすっかりおねむの時間だ。


なので、これでお終い。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ








この記事へのコメント

たけし
2012年07月10日 00:40
トップ画像のトマトが熟しましたね!
ベッドタウンのマンションなので、とても土壌はないのです・・・
年間で借りられる家庭菜園の用地は結構離れたところにしかありませんし、連作とかの管理もしていなさそうなのでなんともいえませんね。

今日、初果を食べました。
と言っても、完熟する前に落ちてしまったんですけどね。
朝見たときはオレンジ色だったのが、昼過ぎに帰ってきたら赤くなって落ちていました。
これも台風の影響らしく、葉が枯れてしまっている部分が多いので、エチレンガスが強く出て落果が早まった可能性があるとか・・・

食べてみると・・・
それでも美味しかったです。
ぜいたくトマト、さすがです。
完熟しきっていなかったのですが、身がぎっしり詰まっていて、適度な酸味と青臭さが詰まっていました。
知人と食べたのですが、ベランダでもこんなに美味しいのかと驚いていました。
これからたくさん収穫できるのが楽しみです。
わびすけ
2012年07月10日 05:39
はじめまして(*^_^*)
ひょんなことで、ヒゲおやじさんのブログにたどり着きました。
いつも参考にさせてもらっています。
酸度計は、便利そうですね。
私は、いつも石灰を適当に撒いていました。
土の健康状態をみるのは、大事なのことなのですね!
これからも度々お邪魔すると思いますが、よろしくお願いします♪
2012年07月10日 07:59
ヒゲおやじさん:オハヨウございます。
ご自分の畑だけじゃなく、社長さんのファームまで・・・
傍でヒゲおやじさんの「指導&協力」を頂ける社長さんって幸せですね?

今朝は胡瓜2本、茄子1ヶ、黄色ミニトマト5ヶ、赤色ミニトマト4ヶ&青シソ多数の収穫が有りました。
台風4号の被害でかなりダメージを受けましたが、徐々に回復し収獲出来る様になりました。
折れた場所に添え木をして、まるで骨折患者の手当てみたいでしたが生命力の強さに驚き、生命力を感じました。
あひる
2012年07月10日 09:03
ヒゲおやじさんはじめまして☆
以前からヒゲおやじさんのブログを参考にさせて頂いています。

私はベランダでのプランター栽培をしていたのですが、今月ついに畑を借り、めでたく畑1年生になりました☆
ただ、私の畑は元が田んぼだったようで、土壌改良に悪戦苦闘しております。
ふかふかの土とはほど遠い・・・
でも秋冬野菜に向けがんばります!!

これからもちょくちょくお邪魔させていただきます。

ヒゲおやじ
2012年07月10日 23:02
たけしさん、ありがとうございます。
そうですか、初収穫ですね。それは何よりでした。
赤くなる前に落ちた実も、置いておくと赤くなりますよ。スーパーで売っているトマトは全部青いうちに採るのですからね。流通の過程で赤くなって、店先に並ぶときには真っ赤な食べ頃になります。
でも畑で完熟させたトマトとはまるきり違いますよ。
ヒゲおやじ
2012年07月10日 23:05
わびすけさん、初めまして。ありがとうございます。
はい、菜園をやるなら酸度計は是非持つべきだと思いますよ。適当にやっていてもほとんどはできるのですけど、上手くいったり行かなかったりは、phのコントロールの差であることも多いですからね。
こちらこそ、宜しくお願いいたします。
ヒゲおやじ
2012年07月10日 23:08
愛ちゃん、ありがとうございます。
おー、随分収穫出来ましたねえ。これはなかなかのものですよ。
あら、梅ちゃん先生じゃなくて、愛ちゃん先生ですね(笑)。
野菜も喜んでいるでしょう。
ヒゲおやじ
2012年07月10日 23:11
あひるさん、初めまして。ありがとうございます。
いよいよ畑デビューですね。楽しみです。
田んぼの跡地というのは、なかなか苦労が要ります。でも向いている野菜も色々会って、捨てたものではないのですよ。
土壌改良は大変です。籾殻を入れたり、バーク材を入れたり。それでも3年くらいすると、それなりにいい畑になります。頑張ってください。

この記事へのトラックバック