ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 枝豆の収穫! えっ、何で今頃?

<<   作成日時 : 2012/09/27 22:40   >>

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 11

あ、そうだよね。今頃枝豆の収穫はないよね、家庭菜園では。 スーパーにはまだたくさん並んでいるけどね。
収穫したのは枝豆の成れの果てだよ。



ますますわからんなあ。枝豆の成れの果てって何だよ? 教育委員会が先生の成れの果てっていうのは有名な話だけどね。

えーと、大豆って知っているよね。その大豆が枝豆の成れの果てなんだよ。
大豆の熟す前の若い実を採って食べるのが枝豆だ。 これを完熟させて乾燥したものが大豆だよ。

どうだ、わかったかな? つまり大豆と枝豆は収穫時期が違うだけで、同じものなんだ。



それはわかったけど、成れの果てってどういう意味よ?

そうそう、もちろん初めから大豆を作るために育てているものは成れの果てではないんだよ。
ヒゲおやじは枝豆を採った残りの豆を放置しておいたものだから成れの果てだ。

何かわからんなあ。そもそも枝豆を採った残りってどういうことよ。


ああ、そういうことか。
あのね、一般のごく普通の人は、枝豆はある程度食べられる状態になったところで、株ごと引き抜いて収穫するんだ。 これで間違いではないんだよ。スーパーでも枝付きの豆を売っているだろう。

でもね、この方法だとすべての豆を食べるというわけにはいかないんだよね。
多分実がふっくらして美味しいのは3割から4割、まずまずのが3割、残りの3割くらいはまだ未熟で食べられないんだよね。というか食べても美味しくないんだなあ。

この株ごと引き抜く方法だと、成れの果ては起こらないんだ。



ヒゲおやじはふっくらと膨らんで美味しそうな実だけを収穫するんだよ。もちろんハサミで切り取るんだ。
枝豆の実というのは、全部が一斉に充実するわけではないので、次々と膨らんでくるんだなあ。
それを順次収穫していくということだ。

こうするとほぼ全部美味しく食べられるし、長く楽しめるんだよね。


それでも時期の後半になると、まだ膨らんでいないけど枝豆としては食べづらく(固い)なってくるんだよね。
そうなったときには、そのまま完熟するまで放置するんだ。

これが成れの果てだよ。


それを木が枯れてきたら引き抜いて、乾燥させるんだ。

ほら、こんな具合だよ。

画像

ここのところ数日の晴天でかなり乾いてきたので、今日はこれを収穫しようと思うんだ。


どうするの?

って、庭が広ければゴザでも敷いて、このまま何かで叩けばいいんだけど、そんな広さもないしねえ。
だからハサミで実を切り取るしかないんだなあ。

これって、辛気くさい作業だよ。 たったこれだけで2時間以上もかかってしまったからねえ。

だんだん日が傾いてくるし、日が落ちてしまうと手元が見えにくくなってしまうからね。
もう最後は時間との勝負だよ。太陽を見ながらあと何本とかね。

いかん、太陽が山の端にかかってきた。まだ4本ある。急がなくては。

何とかギリギリセーフかなあ。 最後は適当にはしょってしまったけどね。





これがその成果だよ。

画像

結構あるだろう。 

これを持って帰って、ベランダに広げてもう一度乾かすんだ。
パチンパチンと鞘が弾けて豆が飛び出すからね。 そうなったら豆と鞘をより分けて、豆を保存するんだ。

えっ、鞘? あー、これはもうゴミで捨てるしかないねえ。








こちらが残骸。

画像

これは後で火を付けて燃やすんだ。









もう随分薄暗くなってきたなあ。 ただいま5時50分。

画像

秋の日はつるべ落としとは言うけど、随分日が短くなってきたなあ。

実際はこんなに暗くはないんだよ。 これは写真のトリックだ。
肉眼で見る限りはまだ明るいんだ。




でも、早く帰らなければ。







このほかにも、畑の草退治。

画像

残っていたこの辺りを退治したんだ。







さあ、一応綺麗になったねえ。

画像

これで一応畑の方は草退治終了だよ。








ファームの方も。

画像

こちらもこれが最後の草場だ。







こちらはまだ濡れていてやりにくかったねえ。

画像

さあ、完了だよ。

ここは取り敢えずだから、また直ぐに生えてくるとは思うけどね。
まあ、それでも一応はやっつけてしまわないと。


てなことで、草退治は取り敢えずこれで終了。
後はこれを維持していくことだね。



はい、今日も疲れました。 まだまだビールが美味いです。


ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ


















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
まぁ1番乗りでした。めずらしいです。
成れの果て、そういう意味合いだったのですか。
もちろん枝豆はビールのお供ですでに消化。残りの大豆の収穫すごいですね。これがヒゲおやじ家では味噌に変身ですか。
このところある国からも輸入が滞っています。自給自足の家庭が生き延びるわけですね。
どうしましょう。
南十字星
2012/09/28 16:05
こんばんわ。
お世話になります。
いきなりで申し訳ありませんが、質問です。
大豆(枝豆)栽培の、元肥・追肥についてです。
一般に豆類の肥料で窒素成分を多く与えると、葉ばかりが成長して実を付け難くなると言われています。
ヒゲおやじさんは如何なさっていますか?

ちなみに今年、私共の畑では、「枝豆・大豆」両方を栽培しまして、双方とも肥料は無し、種蒔きの下準備に「生石灰」を散布し耕運機で耕しただけです。
(我が家の大豆です)
http://imepic.jp/20120928/738680
なお中央で花(黄色)を咲かせている植物は「アフリカン・マリーゴールド」という名で、虫除けの意味があるそうで、植えてみました。

では、失礼します。
nnnn
2012/09/28 21:28
南十字星さん、ありがとうございます。
残念ながら味噌にはなりません。子供の頃は我が家でも両親が味噌を造っていましたねえ。その麹が美味しいのですよ。味噌になる前に大分食べましたけどね。大豆にしろトウモロコシにしろほとんどを輸入に頼っていますからねえ。戦略的に輸出を止めるぞと言われると、途端に参ってしまいます。
困ったものですね。
ヒゲおやじ
2012/09/28 23:00
nnnnさん、ありがとうございます。
豆類については基本的には肥料は入れません。酸度は6.5前後であれば石灰も入れません。ただし、開花期前後に乾燥させないようにするのがコツです。鞘が付いてから少し追肥をするのもよいかもしれません。
マリーゴールドは、中間に植えるのではなくて、できれば両側に適当な間隔で植えると、より効果的と思います。
ヒゲおやじ
2012/09/28 23:07
お久しぶりです
だいぶ前に書き込んだ暇人です。相変わらず、無農薬露地栽培(減農薬か)で、日給無しもあれば1万円もある凸凹な売上で継続中です。
獅子王という大粒の大豆として食べてもオススメできるらしい枝豆が、確か8月くらいに蒔いて11月くらいに収穫できる枝豆としてあるようで、今それを栽培中です。台風17号が明日辺りに直撃するので、なんとも言えないですが、中期収穫予定であった2弾目の湯上がり娘・味かほり(だっけかな?)のカメムシ襲来のように、ほぼ全滅という結末だけは避けたいところですww
緑カメムシが去っても茶色カメムシが相変わらず活発で、最近はバッタも増殖中で青虫も容赦無く葉っぱを食い荒らすので、今年の課題は虫と高温期の栽培品目の選択になりそうですww
暇人
2012/09/29 21:15
暇人さん、ありがとうございます。
ほー、そんな枝豆があるのですか。それは来年あたり挑戦してみたいものですね。カメムシは干してある枝豆にもたくさん付いていてビックリしました。こんな固いものも汁を吸えるのですかねえ。
ヒゲおやじ
2012/09/29 21:44
こんにちわ。いつも読ませていただいています。
成れの果て達はどのように食べられたのでしょうか?
成れの果て達を次の年に蒔いたりできるんですか?
成れの果て達のいく末が気になりコメントさせていただきました。
過去からじわじわよまでていただいて、家庭菜園ノートにメモっております。
初心者ファーマー
2015/04/27 23:31
初心者ファーマーさん、ありがとうございます。
成れの果ては普通の大豆ですから、それなりに食べます。
次の年の種にするのは止めた方がいいかもですね。 やはり未熟な豆が多いので、できればしっかり熟した実を使うのがいいでしょう。
ヒゲおやじ
2015/04/27 23:59
こんにちは
最近こちらを知って読みあさってました( ^ω^ )
楽しく分かりやすく理屈もついてて素晴らしいです
私は一坪菜園ですけど参考になります
豆の取り方なんですが、子供の頃に母が木の棍棒で枝ごと叩いて豆を取り出しウチワだったかで風を当ててサヤなどのゴミを飛ばして選別してたのを思い出しました
※田舎の農家出身なんです。専用の大型機械もあったんですけど少量の時の手段だと思います。
良ければ試してみては?と思い初コメントさせて頂きました
適度に重量があればいいので一升瓶みたいのでも良かったと思います
でも恥ずかしいですよね
jjj
2016/05/03 16:49
jjjさん、ありがとうございます。
これって、じぇじぇじぇ と読むんですかねえ(笑)。
はい、昔はムシロやゴザの上で棍棒で叩いて分離したものです。その後は箕というものを使って空中に放り上げて、風の力で殻と実を分離していましたねえ。今はそんなことをやっている人は見たことないです。
いや、叩くのは支柱の太めのやつで十分ですよ。ヒゲおやじも去年はブルーシートの上で叩きました。 
ヒゲおやじ
2016/05/03 23:19
じぇじぇじぇの前から使ってるので違うんですが同じ県にすんでました(笑)
さすがに色々知ってますね
参考にして初めてのお野菜も育ててみます
jjj
2016/05/04 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
枝豆の収穫! えっ、何で今頃? ヒゲおやじの気まま流野菜づくり日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる