ソラマメの植え付け & 赤豆の種挿し!

ソラマメの植え付けはわかるけど、赤豆って何よ?
えーと、これもソラマメの一種でね。赤い豆なんだ。
それを友達がくれたので挿してみたってことだよ。


まずは赤豆からいくか。

俗に赤豆って言っているけど、小型のソラマメで本当に赤いんだよ。

ほら、これが赤豆だ。

画像

これはもう乾燥して種になっているので黒っぽい感じだけど、若い豆は本当に赤いんだよ。


これを友達が別の友達から貰ったので植えないかとくれたんだ。
実はこの赤豆、何年か前に植えたことがあるんだよね。 普通に塩ゆでなんかにすると、それほど美味しくはないんだけど豆ご飯にするとこれがまたとびきり美味しいんだねえ。まるで赤飯のように赤くなるんだよ。

その後も何回か種を探したんだけど手に入らなくてねえ。


なので今回はもう時期も過ぎているしどうかなあとは思ったんだけど、取り敢えず挿してみることにしたんだ。



見てのとおり小さな豆だよ。


普通のソラマメと比べてみると、こんな具合だ。

画像









挿し方は同じなので、これが出来上がりだねえ。

画像

なにっ、よくわからん?

うーん、そういえば土の色と変わらないので見にくいか。








よし、これならどうだ。

画像

なっ、同じだろう。

お歯黒を下に斜めに挿して、お尻を1/3ばかり土の上に出すんだ。
これで完璧だね。








さてさて、先日挿した本来のソラマメはどうなったかな。

画像

おー、順調だね。 これはもう植えつけなければ。

大体、本葉が5枚くらいで植えつけるんだよ。 何でもそうだけど、あまり大苗にしない方がいいんだ。








さて、植えつけ準備だ。

まずは畝の上に紐を張ろう。

画像

んっ、何をするんだ?


そうだねえ、これから植え付け用の穴を開けるんだよ。
それはわかるけど、何で紐を張るんだ?

そうそう、これがヒゲおやじ流ってやつだ。
あのな、本来こんなことはやらなくていいんだよ。でも、後で苗の躾をするときに随分役に立つんだ。

何だ、その苗の躾って? 
あー、それはまたその時になったら説明しよう。


簡単に理屈だけ言うと、真っ直ぐに穴を開けたいんだよね。
だから紐は真ん中に張ってはいけないんだ。少しセンターからずらして張るのが肝心だよ。




さて、紐が張れたら穴を開けよう。

使うのはこの道具だ。

画像

紐に道具の端をぴったり合わせて、これでぐっと押し込めば穴が開くって寸法だねえ。







もちろんこの道具の先端は、鋭いギザギザになっているんだ。

画像

うっかり触ると怪我をするから気をつけないといけないよ。








さあ、紐に添って綺麗に穴が一列に開いたねえ。

画像

ここに苗を植え付けていくんだよ。

あ、そうそう。生産農家はこんな手間暇かかることはやらないんだよ。
ちゃんと50センチ間隔に穴の開いたマルチを売っていてそれを張るので、後から穴を開けるなんてことはしないんだ。
だって、何百何千という数だからね。そんなことはやってられないんだなあ。



植え付けは、適当な深さに土を掘ってそこに化成肥料をひとつまみ。 その上に土を少し被せて、そこに苗を植え付けるんだ。 もし、根が巻いているようなら少し解した方がいいねえ。





さあ、植え付け完了だよ。

画像

でもまだこれで完成ではないんだ。








この根元に籾殻を入れてやるんだ。

画像

ほら、こんな具合だよ。


これは保温と保湿、それから雑草が生えるのを防いでくれるんだ。
非常に便利な材料だねえ。



さあ、これで完成だね。

いやいや、まだまだ。このままだとカラスやハトにやられてしまうんだ。

えー、こんなものをカラスやハトが食べるんか?

うーん、葉を食べたりはしないんだけど、根元にはまだ豆が付いているからねえ。どうやらこれを狙うらしいんだ。
なので防鳥対策をしないといけないんだなあ。




そこで、鳥除けの紐を張ることに。

画像

これでまずは安心だね。

この色は鳥が嫌がる色なんだそうだ。 特にカラスは嫌がるらしい。というか黄色がよく見えないらしいねえ。
だから得体の知れない紐があると、警戒して近寄らないんだそうだ。

紐の高さも関係するんだよ。
およそ18センチくらいがベストらしいんだねえ。 これはちゃんと実験した人がいて、その結果この高さが一番効果的だってことなんだ。


さあ、これで本当に完成だよ。

これで来年の春先くらいからは、嫌になるほどの手入れが待っているからね。 それまでは当分お休みだ。


この後畑の方にも残りの苗を植え付けをする予定なんだけどね。それはまた明日か明後日か。



あらー、もう日が暮れてきたよ。西の山に日が落ちて薄暗くなってきた。
まだ5時前なのにねえ。 そういえばあと一月半もすれば冬至だからねえ。 それもそうかなあ。



さあ、カミさんに頼まれた収穫をして帰ろう。

画像

これってダイコンもかなり巨大なんだけど、ハクサイが大きいので小さく見えるねえ。

今年はどちらもよくできたなあ。やはり新しい畑は何でもよくできる。


来年もよくできると嬉しいんだけどね。



さあ、帰るよ。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック