ソラマメの「しつけ」! V字作戦と I 字作戦。

ようやく畑に出られたよ。今日から復活だ。復活第一弾はソラマメの「しつけ」。 
何だそりゃ? 要するにV字作戦と I 字作戦だよ。
ますますわからんなあ。 続きを読めばわかるよ。


これはソラマメの育て方の形の違いなんだよね。
V字作戦はソラマメの軸をV字型にしつけて育てるやり方だねえ。去年までは逆ハの字と言っていたんだけど、農家はV字と言っているのでそれに合わせることにしたんだ。 去年までやっていたので覚えているだろう。

一方の I 字作戦というのは、ソラマメの軸を I 字型にしつけるやり方なんだ。 つまりV字が2列なのに対して、こちらは1列なんだねえ。

今日はそれぞれの最初のしつけをしたという話だ。


ふーん、それはわかったけど、何でそんなに型の違いがあるんだ?

ああ、それはね。地域の差なんだよ。 畑のある方の地域では何故か全員がV字型なんだ。
ところが農園の方の地域では、これも何故か全部 I 字型なんだねえ。 不思議だろう。
これ、川を1本挟んだだけなんだよ。


で、どう違うんだ?
うーん、それがあまり違わないと思うんだよね。 どちらも目的は風通しがよくて日光がよく当たるようにということなんだけどね。 
強いて言えばV字は収量は少し多くなるけど手入れに手間がかかるのに対して、I 字はV字に比べると収量は少し減るけど手入れは楽というくらいかなあ。

地主さんは I 字の地域なんだけど、聞いてみると「あんな手間のかかるやり方はようやらん」と仰る。
要はそういうことなんだろうねえ。


理屈はともかく早速しつけをやろう。


まずはV字型の方からだよ。

画像

これが現状なんだけど、そろそろしつけをやった方がいいかなというところだね。

もう少し先でも問題ないよ。









まずソラマメの両側に紐を張って、その紐で軸を押さえ込むようにするんだ。

画像

V字型をやっている人でも、普通はこんなことはやらないんだ。

これはより根元まで光が入るようにってんで、ヒゲおやじが考え出したやり方だからね。
普通は根元から真っ直ぐにV字にするんだよね。 だからV字型なんだ。

ヒゲおやじ流は一旦底の部分を広げてからV字にするので、正確に言うとやはり逆ハの字かも知れないね。
もっとわかりやすく言うと、鍋底型かなあ。









それからよく育った軸を選んで左右に3本ずつ強制的に向けてやるんだ。

画像

これがしつけだねえ。

同時にそれ以外の軸、つまり芽は全部切り取ってしまうんだ。
ソラマメは放置するとたくさん芽が出て、それを全部育てると莢の数は多くなるけど豆は小さくなるんだ。
美味しくて大きな1寸豆を作りたければ、このように軸の数を5本から6本に抑える必要があるんだねえ。








こちらの方がわかりやすいかな?

画像

紐で押さえてあるのは、この紐の外側くらいから軸を立ち上げてやるためなんだよ。

それは勝手に立ち上がってくるので、特に立ち上がらせると言うような作業は要らないんだ。
それで30センチくらいまで立ち上がってきたら、軸を両側から紐で挟んでV字型に揃えるという作業をすることになるんだけど、それはまだまだ先の話だよ。








で、今日の作業はこれで完了だ。

画像


あ、そうそう。 これは農園の方だから本当は I 字の地域だよ。 でも、敢えてV字をやってみるんだ。
地主さんも面白がっているからね。








さて、お次は畑に移って I 字作戦だね。

画像

こちらもそろそろだねえ。










同じように紐を張るんだけど、今度は片側に1本だよ。

画像

こちらはI 字なので1列でいいわけだ。

だから押さえつける紐は1本でいいんだ。










こちらは残す軸は5本だよ。 これは地主さんに教えてもらったんだ。
何しろこの方法は初めてだからね。

画像

同じように残す軸以外の芽は全部切ってしまうんだよ。

何で5本なんだ?
あ、それは5本を1列に並べるので、スペース的に6本はきついんだねえ。 軸と軸の間もそれなりに空けないといけないからね。









で、こちらも紐の方向に無理矢理軸を向けさせるんだよ。

画像

これで全部紐の下に入るように仕向けるんだ。

これがしつけだねえ。










反対側から見た方がわかりやすいかな。

画像

これも紐の外側くらいから今度は真っ直ぐ上に一列に立ち上げるんだ。

そうだねえ、言ってみれば鍋底の半分かなあ。そういう形にするんだよ。


この方法も地主さんの地域でもやっている人は少ないんだよ。
ほとんどはそのまま真っ直ぐに立ち上げるんだ。

これはヒゲおやじが散歩中にたまたまこういうやり方をしている人を見つけて聞いてみたんだ。
そしたらこうすると何故か莢付きが良くなると教えてくれたんだ。

なので今回はその真似をしているってことだねえ。


こちらはV字型の地域なので、特にお隣さんなんかはビックリするかもね。
まあ、それも楽しみの一つで(笑)。










さあ、できあがったよ。

画像

これでまたしばらく様子を見てみよう。

この後また成長してくるので、それを紐の外に出すようにしつけていくんだ。



ということで、今日はソラマメのしつけの話だったけど、ソラマメを作っている人は少ないので退屈だったかもね。

だけど作らなくてもソラマメは食べるだろう。 でも、高いよね。 何故かというとこういう手間がかかるし病気に弱いときているんだ。 だから高いんだねえ。


ヒゲおやじも手間暇惜しまずに自分で作るからふんだんに食べられるけど、こんなもの買って食べようと思ったら大変だよ。 だから少しでもいいので自分で作ることをお勧めするねえ。 庭の片隅でも結構できるもんだよ。
去年はカミさんが余った苗を3本ほど庭に植えていたけど、それなりに食べるほど収穫できたからね。

手間? いやいや、庭に少々植えるくらいのものは、こんな手間を掛けなくても、軸を5,6本に間引くだけで十分だよ。 後は花が咲いて実が生りだしたら、化成肥料をパラパラと撒いてやるくらいで大丈夫だからね。


何はともあれ、やってみることをお勧めするねえ。



それにしても今日は寒かったねえ。 最低気温が-2.5度だって。 それで最高気温が6度だよ。
これは寒いわなあ。 ヒゲおやじの住んでいる地域としては、滅多にない気温だよ。

明日の朝にかけて雪だそうだ。 上手くすれば積もるかもよ。

明日の朝が楽しみだねえ。 積もれば子供達が大喜びだろう。
あ、でも明日は学校だねえ。 さあ、どんなことになるのか。



ちょっと久し振りの記事なので、どうもいつものように乗らないねえ。もっと酔っ払った方が書きやすかったかも。


復活第一発目だから、まあいいか。 



おー、寒くなってきた。今夜は遠赤パネルヒーターを強にして寝ないといけないなあ。  

そろそろ寝ることにしよう。




ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ















この記事へのコメント

to-ko
2013年01月28日 11:44
おやじさん、復活ありがとうございます。でも、もういいのですか?
ブログ楽しみなので復活はありがたいです。無理しないでください。
ソラマメ、いつもは軸3,4本でほったらかしでした。が真似させていただきます。赤豆、去年種を貰って植えたので、今年も植えました。小さいけどホクホクと美味しいです。
2013年01月28日 17:26
鹿児島の里ではソラマメに支柱立てていました。
「手伝いましょうか?」と声かけたら、「貴女この間
ギックリ腰やったばかりだから駄目」とあっさり
戦力外通知されました。(≡^∇^≡)ニャハハ・
仕方ないからえんどう豆の草取りしてきました。

奥様ともどもお疲れが出ませぬように!ご自愛くださいませ。
ヒゲおやじ
2013年01月28日 23:08
to-koさん、ありがとうございます。
もう大丈夫ですよ。 赤豆は美味しいですよね。我が家では豆ご飯にして食べます。赤飯のように赤くなって、豆も皮ごと食べられるので最高です。
やり方は基本的に同じなので真似しても大丈夫ですよ。
ヒゲおやじ
2013年01月28日 23:10
ゆうさん、ありがとうございます。
アハハ、戦力外通告ですか(笑)。ギックリ腰をやった後では仕方ないですね。これって癖になりますから気をつけてくださいね。
ありがとうございます。もう大丈夫ですよ。
はなはなななこ
2013年02月01日 00:18
こんばんは^^
ソラマメ、今のところ順調です♪
しつけ、初めて知りました。やってみようかな?
手間がかかるし病気に弱いと聞いてちょっと心配です。。。
寒いのにアブラムシもたまに見かけるので春がこわいです。
ヒゲおやじ
2013年02月01日 14:32
はなはなななこさん、ありがとうございます。
しつけはやらなくていいです。この後にやる紐張りはやってください。
それはもう少し先です。
アブラムシは大敵です。見つけ次第退治しましょう。まだ今の時期は市販のアブラムシ退治をやっても大丈夫ですよ。

この記事へのトラックバック