今日も種蒔きだよ! さあ、何だろう?

今夜からは雨だというので、ならば蒔いておこうかみたいなもんだね。
今日蒔くのは、ご存知タイニーシュシュ。 あ、ご存知でない方もいらっしゃるかも。それと山東菜だよ。


はい、種を蒔くのはこちら。

画像


そうだねえ、タイニーシュシュは去年から使い始めたというか、これ新品種なんだよね。
当然交配種でトゲがなくて柔らかいハクサイと思えばいいかな。

早採りで食べられるのが特徴なんだけど、味はどちらかというと淡泊でサラダにはいいかもしれないねえ。もちろんトゲがなくて柔らかいので、生で食べられるんだよ。
これをしっかり巻くまで育てると、ほぼハクサイに近くなるんだ。

つまり育て方でどうにでもなるって野菜だねえ。


これが案外季節を問わず作れるので、これから何回も登場することになるかもね。
ちなみに冬の種蒔き大実験でも登場して、大成功だったねえ。



それから山東菜。 もちろん中国野菜だよね。でも何故か種はイタリアで作っているんだなあ。
山東菜は以前からあるから多分知っていると思うけど、ヒゲおやじは作るのは初めてなんだよ。

小松菜の代わりに何か適当なものがないかと探していて見つけたんだけど、さあ、代わりになるかどうかはわからないねえ。

見た限りではどちらかというとチンゲンサイに近いような。

これも大株にしないで早採りをする野菜のようだねえ。


まあ、一度作ってみればわかるので、まずはそれからだね。





種の巻き方は毎度のことだから簡単に。

まずは撒き穴を開けて。

画像

タイニーシュシュは15センチ間隔に種を蒔くんだ。

最終的には30センチにするんだけど、その途中は早採りして食べるんだよ。


それから山東菜は筋蒔きだね。
これは太い支柱を使って、畝に押しつけて蒔き溝を作るんだ。
これで一定の深さの蒔き溝ができるから、これは是非真似をしてほしいところだねえ。





後は種を蒔いて。

画像

こちらはタイニーシュシュ。

まあ3粒も蒔いておけば大丈夫だろう。 えっ、4粒ある? あ、ホントだ。
いやー、種が小さいからねえ。 指先の感覚でもよくわからないんだなあ。 こんなものは適当でいいんだ。


山東菜の方は筋蒔きだから適当でいいよ。
種袋には1.5センチ間隔でって書いてあるけど、こんな小さな種をそんな間隔では蒔けないよ。

結果オーライで、適当、適当。








蒔き終わったら種蒔き用の土を被せて、土にしっかり密着させてできあがりだよ。

画像


後はもう水をやるだけだね。









水遣りはしっかりと。 蒔いたところだけでなくて、畝全体が湿るようにやるといいねえ。

画像



さあ、これで春の種蒔きは一応終了だよ。
まずは一段落だねえ。

この後はサツマイモの植え付けと、丹波の黒大豆の種蒔きが待っているけど、それはまだまだ先の話だ。








そうそう、すっかり忘れていたよ。

何をって、あのね。冬の種蒔き大実験をやっただろう。
あのときにニンジンも種を蒔いたんだよね。 それがなかなか芽が出なくて、やっと出てもひょろひょろで。
こりゃーだめかなと諦めていたんだよね。


そしたら何と急激に葉が茂ってきたと思ったら。

画像

こんな立派なニンジンができていたよ。

これにはビックリだねえ。 いやー、綺麗なニンジンだ。 これなら売り物になりそうだね。
でも、実験ということで全部で20本ほどしか作ってないので、残念ながら売り物にはならないんだ。


でもこれ、おもしろいよね。冬に種を蒔くと今頃にニンジンが採れるんだ。 これ、覚えておかなくては。
来年はもっと大量に作るかなあ。




今日も暖かだったねえ。というか暑かったねえ。
でも、そこそこの年齢のお姉さん? いやおばさんかなあ。
子供連れでしかも自転車の後ろにもう一匹乗せて、ペラペラのノースリーブで走っていたのにはビックリしたよ。

確かにそれでも寒くはない気温ではあったけどね。 でも、ちと違和感が。


明日もこんな気温らしいよ。
そろそろ夏バージョンかなあ。 でもその後は少し冷え込むらしいけどね。

本格的な夏バージョンはその後のようだね。 よーし、もうしばらくの辛抱だ。


明日は雨の予報だけど、何をしようかなあ。




ありがとうございます。







明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



この記事へのコメント

neko-4
2013年04月30日 00:01
こんばんわ!(^^)!ほんとおもしろいです。野菜との会話 妖精の話 作業の手際等 すごくテンポよく読ませてもらっています。苗の植え付けとかベテランの人はお馴染みの話かもしれませんが 初心者の私でもやってみたくなるほど丁寧に丁寧にご指導していただいて ありがたいです。ただ畑にまめに足を運ぶといいのはとてもわかる話ですが 不精な私には耳が痛い…仕事があるのは言い訳にならないのは知っていますよ(+_+) 気まま流野菜づくり・に自分を重ねて読み始めましたが 私の気ままとは全然わけが違っていました。真剣にお野菜達と付き合っておられるのですね。まだまだ遠いヒゲおやじさんの背中ですがついていきます!。
おにいさん
2013年04月30日 08:56
なるほど、この葉物は良さそうですね。蒔いてみようかな。
ちょうど昨日、これから蒔く葉物野菜について近所のおじさま方と畦道で話したところだったのです。
すぐに虫が食べてしまうので、農薬を使わないならネット対策で済むキャベツくらいかなぁ・・・と言われてガッカリしていました。
ヒゲおやじさんは、この葉物への虫食い対策はどのようにされますか。
ちなみに夏の「熱々ビニール撃滅法」は面倒がって、試さなかったんです。だからうちの畑にはいっぱい虫がいそうです。
2013年04月30日 10:20
おやじさ~ん、こんにちは^^q
山東菜。。。
白菜に似ていて今の時期なんですね?
まあ~、チャレジャーだから
これからも知らない野菜が出て来るかもね^^

最近は本当に暖かいと思えば暑いくらいだし
涼しいと思えば寒いくらいだし
ゆっくり「春」を感じたいですね^^;
体調復活しました!
ご心配頂きありがとうございます^^q
ミルクママ
2013年04月30日 16:04
覚えてますか?
先日コメしましたが、丁寧なお返事感動しました。とってもマメなんですね。だから野菜も手際良く作れるんですね。これからもヨロシクです(*^
_^*)
ムチムチおばば
2013年04月30日 20:43
人参の実験結果に驚きました!おもしろいですね!
今日、裏の94歳のおばあ様から畑の人参をもらったんです。
これはたぶん、秋採りの人参の残り。。。もったいなかったんですね。
夏野菜の定植前にうなったら出てきた産物でした(笑)
でも、煮物にしたら美味しかったです。
高齢ですが畑やってる素敵な人です。大先輩ですね。余談でした。。。
ヒゲおやじ
2013年04月30日 22:23
neko-4さん、ありがとうございます。
いやいや、現役の人は週一農家はしかたないです。その中でどれだけ野菜と向き合えるかということでしょうね。週一の休みはまた他の用事もたくさんあったりして(笑)。気がついたら三週間も畑に行っていなかったなんてね。やはりこれではなかなか難しいです。その辺りの折り合いをつけてしまうと、後はそれほどの問題はありませんよ。まあ、ボチボチ頑張ってください。
カメカメ
2013年04月30日 22:28
はじめまして
初めてコメントさせていただきます
早速の質問なのですが
うちは家庭菜園なので連作障害をできるだけ回避したく、接木苗を使います
トマト、きゅうり、なすを植える予定ですが、接木苗でも同じ様に洗って根切りしても大丈夫なのでしょうか?
自分でやってみるのが一番なのでしょうが少ない作付けなので…
ご存知でしたら教えて下さい
よろしくお願いします


ヒゲおやじ
2013年04月30日 22:30
おにいさん、ありがとうございます。
いやー、ネットはもう張るのは止めようかと。確かに上から来る虫は避けられるのですけどね。下から来る虫はどうしようもないのですよ。ネットがあるばかりにそれがわからなくて、手当もできないなんてことが続いています。 耕すときによく注意していると、ヨトウムシのサナギとかネキリムシなんかが出てきますので、面倒がらずにこまめに退治すると大分違いますよ。灼熱地獄は精々表面から10センチくらいしか効果がないので、やった後は耕してはいけないのですよ。だから全部肥料も入れて出来上がった畝にマルチを張るのです。その後はそのまま植え付けですね。でもなかなかそうタイミング良くはできないので、理屈どおりにはいきませんねえ。
ヒゲおやじ
2013年04月30日 22:37
みつばさん、ありがとうございます。
おっ、元気になりましたか。それは良かった。 ということは、また飲んでますね(笑)。
知らない野菜を見ると植えてみたくなるのですよね。でも上手く行くとは限らないので、宣伝に誤魔化されないようにしなければ。
ヒゲおやじ
2013年04月30日 22:41
ミルクママさん、ありがとうございます。
はい、お名前はしっかり覚えていますよ。でも、細かな内容までは・・・。ヒゲおやじも大分老人力が付いてきましたからねえ(笑)。
ヒゲおやじ
2013年04月30日 22:44
ムチムチおばばさん、ありがとうございます。
ヒゲおやじも予想外の結果でしたよ。何しろこれは無理だろうと思っていましたからねえ。
94歳ですか。それは素晴らしい。ヒゲおやじも見習いたいものですね。
ニンジンはなかなか老化しないので、多分去年のものでも大丈夫でしょう。
ヒゲおやじ
2013年04月30日 22:54
カメカメさん、初めまして。ありがとうございます。
まず、接ぎ木苗は連作障害にならないと思っている人が案外多いのですけどそれは間違いですよ。ウリ系のものは連作に強いカボチャの根を使うことが多いのですけど、これも絶対ではありません。トマトやナスなどは野生のワルナスビなどの根を使いますが、これも完全に防ぐことは難しいです。
もちろん一定の効果はあるので、できれば接ぎ木苗を使うことをお勧めはしますけどね。それから値洗い根切りは接ぎ木苗であろうと実生苗であろうと全く関係ありません。むしろ接ぎ木苗の方が根が強いので効果的かも知れませんね。

カメカメ
2013年05月01日 10:56
早速の回答ありがとうございます
今日にでも早速やってみます
ひげおやじさんのブログを読んで真似したこと複数
いつも参考にしています
偶然でしたがこのブログ見つけてよかった~(^-^)v
おにいさん
2013年05月01日 16:24
なるほど~。確かに去年の6月頃は、ネットの中で沢山の虫を育てている状態になった覚えがあります。薬を使わない場合は、やっぱり地道な退治が一番なのかもしれませんね。
この度「ヨトウムシのさなぎ」で検索したところ、今までに何度も見たオレンジ色のシロモノだったことに初めて気づきました。今後は「適切に対処」したいと思います(^^;)。ありがとうございました。
まさぼう
2013年05月01日 21:46
こんばんは。いつも拝見しています。
ヒゲおやじさんは種まきの際は覆土に種まき用の土を使用していらっしゃるとのことですが、どのような物を使用されていますか?
私はどうも種まきが下手なようで、なかなかうまく発芽させられなくて・・せめて土でも変えてみようかと・・(-_-;)
ヒゲおやじ
2013年05月01日 23:03
カメカメさん、ありがとうございます。
はい、是非試してみてください。やってみればわかります。
ヒゲおやじ
2013年05月01日 23:06
おにいさん、ありがとうございます。
結球しかかったハクサイを、ガバッと開けてピンセットで虫退治なんて、思うだけでも嫌になりますけどね。あ、ピンセットより割り箸の方がやりやすいですよ。でもネットの中だと全く気がつかないのですよ。
精々頑張ってください(笑)。
ヒゲおやじ
2013年05月01日 23:10
まさぼうさん、ありがとうございます。
はい、畑の土を使っても全く問題はないのですが、粘土質の土だと乾くとかちかちになってしまいますね。できればそういうのを避けたいと思って使っています。ホームセンターに行けば「種蒔き用の土」として売っていますよ。何種類かありますが、実際に使ってみて、自分に合うものを決めるといいですね。

この記事へのトラックバック