カボチャの誘引! いよいよ天空のカボチャの始まりだよ。

カボチャの立体栽培に取り組んでから何年になるかなあ。 なかなか上手く行かなくてね。
ぼっちゃんカボチャなどのミニサイズのものは、既に技術が確立されているので大丈夫なんだけどね。
ヒゲおやじがやっているのはビッグサイズのカボチャだ。 さて、今年はどうなるかなあ。


去年はそこそこ上手く行ったんだよ。 でも、途中からへこたれて、イマイチかなあ。

何で立体栽培に拘っているんだ?

あー、それね。 実は、あれは何だったのかなあ。 雑誌じゃないなあ。多分テレビだよ。
廃業したブドウ園のブドウ棚を利用してカボチャを作っているのを見たんだよね。

それが、でかいカボチャが何個もブラブラと。 おー、いいなあと思ってね。

これをヒゲおやじもやってみたいもんだと思ったのが最初だよ。
でも、なかなか上手くいかないもんだねえ。 カボチャも結構立ち上がるんだけど、上に上げてしまうまでが大変なんだなあ。


でも、面白いよ。 こんなバカなことをやっているから人に笑われるんだね。



さあ、これが第一農園のカボチャだ。

画像

そうだねえ、まだ少し早いかも知れないけど、そろそろ準備をしておこうか。


と、近づいて見ると。







何と花が咲いているではないか。

画像

えっ、もう咲くの? ってな感じだよね。

いやいや、それはヒゲおやじ農園だけの話で、お隣さんなんかは、もう立派なカボチャが生っているからね。

ヒゲおやじは何でも遅いんだ。 でも、これが本当の植え付けの時期なんだけどね。
今頃は苗の発売が早いから、みんなそれが時期だと思って大急ぎで植えつけてしまうんだねえ。

その代わり、あっという間とは言わないけど、かなり早い時期に終わってしまうんだねえ。
つまり本当の最盛期には終わってしまっているってことだ。

そんなのはつまらないよね。


ヒゲおやじは、やはり本当の最盛期に、本当の味を味わいたいから、何でも昔ながらの植え付け時期に近いところで植えつけるようにしているんだよ。

だから愛用しているのは旧暦の表示のあるカレンダーだ。 これって本当に便利だよ。
農事暦とも言われるくらいだからね。



えーと、何の話だっけ?

あ、カボチャの花か。


で、この花は何と雌花なんだ。

画像

ほら、子房が付いているだろう。


やったー、カボチャができる。
って、喜んではいけないんだ。 カボチャは10節までは実を付けさせないというのが、昔ながらのやり方だよ。

何で? というのは、キュウリとか他の野菜と同じで、今の時期は成長を一番に考えないといけないんだね。
そう、こういう第一果を育ててしまうと、もう後が生らないからね。


で、10節以降に実を付けたら、それ以前の脇芽は全部取ってしまうんだ。
その後は放任でいいらしいよ。


これが基本的なやり方らしいんだけどね。 でも、そんなことはお構いなしに、最初から何もせずに放任という人もたくさんいるわけで。

まあ、いつもながら、どれが正しいなんてことはないようだね。 自分の信じる方法でやればいいんじゃないかなあ。



で、ヒゲおやじは、これを取ってしまうんだ。

画像

何しろ立体栽培だからね。 まずは体力を付けさせなければ。












よく見ると他にも雌花のつぼみがあちこちに付いているんだ。

画像

当然10節には到達していないので、これは今のうちに取ってしまうんだ。

わざわざ花を咲かせる必要もないだろう。











さて、誘引なんだけどね。

まずは櫓にそれ用の紐を張るんだ。

画像

そう、こんな具合だねえ。


えーと、以前はネットを張っていたんだよ。 でも、そこまでする必要もないかなあということなんだ。
ネットを張っても、どうせ誘引しないといけないからねえ。

だって、キュウリのように勝手に上がっていってくれたりはしないんだよ。


だから、こういう紐を適当に張って、それに絡ませながら誘引していこうかなあという作戦だ。





さあ、取り敢えずは、ここまでだね。

画像


これが午前中の仕事で、午後からは第二農園に移って、リッチーナの誘引だよ。










さて、お昼を食べて、一休みしたら第二農園に出動だ。


第二農園のリッチーナはこんな具合だよ。

画像

あらー、また一段と蔓が伸びているねえ。











ほら、蔓が畝の外に出てしまっているよ。

画像

これは急いで誘引しなければ。


あ、そうそう。 リッチーナというのは朝鮮カボチャの名前だよ。
だからカボチャなのでやり方は一緒だ。

これも実は立体栽培をしてやろうと考えているんだねえ。
こちらの方は、えびすなどの大型のカボチャに比べると、ズッキーニほどの大きさなので、立ち上がってくれさえすれば何とかなると思っているんだけどね。









おやおや、こちらも雌花が付いているよ。

画像

えっ、わかりにくい?











これならどうよ。

画像

これが雌花のつぼみだよ。

カボチャに比べると、細くて長いだろう。 これがそのままの形で大きくなるんだ。
キュウリよりは少し太い形だねえ。











こちらも同じように紐を張って。

画像












伸びてきた蔓を上に誘引するんだよ。

画像

もう少し蔓が伸びてくると、もっとわかりやすいけどね。


これがカボチャの立体栽培の始まりだよ。

そのうち天井からたくさんのカボチャがぶら下がって、天空のカボチャになるからね。


お楽しみに。








で、ついでに2番手のキュウリにも紐を張ってやったんだ。


これが2番手のキュウリだよ。

画像

これも昨年まではネットを張っていたんだけどね。 もう面倒くさくて。


今年は紐を張って済ますことにしたんだ。











はい、こんなもんだ。

画像

こちらは適当な間隔で紐を張っておけば、勝手に絡まりながら上がっていくからね。


紐を張るのも面倒?

あー、そういう人は百姓には向かないね(笑)。


もちろん、張らない方法もあるんだよ。
昔ながらのやり方で、支柱を立てるだけだ。 それに絡まって勝手に上がっていくんだけど、やはり適当に誘引してやらないと、なかなか上には上がりづらいようだね。

でも、地べたでも結構できるからね。 下に敷き藁かなんかしてやると、それに絡まってそれなりの収穫が期待できるんだよ。 
それに、それ専用の地這いキュウリなんてのもあるから、面倒くさがり屋のあなた、草むらにでも植えてやるとビックリするくらいできるからやってみな。



ということで、今日は天空のカボチャを目指して、カボチャの誘引というお話でした。



ところで、今日は晴れの予報だったんだけど、雨の気配はなかったものの随分と明るい曇りという感じだったねえ。 気温も上がらず作業は楽だったけど、何ともスカッとしない感じだなあ。
まあ、梅雨だから仕方ないと言えば仕方ないけどね。



明日からはまた雨だよ。

さて、何をしようか。




ありがとうございます。








明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ

この記事へのコメント

2013年06月01日 11:23
お早うございます。
確かに園芸店に野菜の苗がならぶのが年々早まっています。
その土地〃の適時がありますから!
あわてなくていいのですが
周りが植え始めるとあわててしまい!
特に夏野菜はあわてる必要はないと知っていても
これが群集心理ですね!

鳥海山や岩手山のように雪解け模様の形で
植え付け時期が判ればいいのですが
小型(くり坊)の空中栽培はやったことありますが
大型かぼちゃの空中栽培は初めてです。
興味があります。
頑張ってください!
楽しみにしておりますお師匠様!
2013年06月01日 12:42
こんにちは。忙しそうですね。工夫=考える。試して=行動。
収穫=笑顔。日本中の人がかたずをのんで見守る--。
コツが満載です。
私は見るだけですが、多くの人が実践して喜んでいるようで
ひめじん
2013年06月01日 22:28
こんにちは。農繁期ですね。
 満月や新月を考えて作業しろと昔から言われていますね。
月で作物の勢いがかわるとか何とか言います。
(旧暦=満ち欠けで日付を判断できる)
少しは気にしますが、完全ではないです。
我が家でも周りの農家よりも植え付けが遅くて、しかも豊作なので不思議がられています。当たり前のことを当たり前にしていれば本当の味のものにたどり着きますね。今年はウリハムシを光の力で退治して無農薬の予定です。

ヒゲおやじ
2013年06月01日 23:24
清兵衛さん、ありがとうございます。
本当にそのとおりですね。さすがのヒゲおやじも、焦ってしまいます(笑)
去年は一株に2個ずつくらい付いたのでまずまずだったのですが、残念ながら玉の大きさがイマイチでした。あのでかいヤツをぶら下げたいので、試行錯誤で頑張っています。こういうことでもしないと、マンネリになりますからね。
ヒゲおやじ
2013年06月01日 23:27
行き当たりばったりの花日記さん、ありがとうございます。
そんな格好いいもんじゃないですよ(笑)。何か新しいことに挑戦していないと飽きてしまうのですよ。こうやればできるとわかってしまうと、もう頭を使わなくてもできるでしょう。それはつまらない。
どうやったらできるかを試行錯誤で考えている間が面白いのですよ。
ヒゲおやじ
2013年06月01日 23:29
ひめじんさん、ありがとうございます。
そうですか、それは素晴らしいですね。ウリハムシの結果はまた教えてください。
ひめじん
2013年06月02日 00:06
光の力=赤と銀の防鳥テープ&アルミホイルです。
よく知られている防除方法かな?
今のところ防除始めてから虫食いなしです。
はなはなななこ
2013年06月04日 22:22
私、どうしても支柱とネット張りが苦手で、ネットなんかは
袋から開封した途端に絡まる始末・・・・
でも藁も大量にないし、立体かな~と思ってます(゜ー゜;A
綺麗な支柱立て方で、私の所にも着てほしいですw
ヒゲおやじ
2013年06月06日 00:14
なーさん、ありがとうございます。
ネットは慣れないと絡まってしまいますね。
アハハ、いつでも伺いますよ。でも行き先がわかりません(笑)。
エコ
2014年06月18日 17:20
ヒゲおやじさん!お世話になっています。今日はズッキーニについて教えて下さい。かなり大きく成長し実もついています。・・・・が成長過程で変な形(丸く膨れて先端が腐ってきてます)な物もあります。これはすべて取り除いた方がいいですよね。病気ですか?生い茂った葉っぱも刈り取って風通しをよくした方がいいですか?密集しています。すみません。よろしくお願いします。
ヒゲおやじ
2014年06月18日 22:48
エコさん、ありがとうございます。
それは何だかわかりませんが、腐っているようなら取り除く方がいいですね。ただ、未受粉のものも同じようになりますので、病気がどうかはわかりません。どちらにしても取り除くといいですね。
刃を切るなら下の方から切るといいですよ。実を収穫したら、それより下の葉は少し取り除くとスッキリしますね。
エコ
2014年06月19日 09:21
ありがとうございます。さっそく葉っぱの散髪に勤しみます。
いつも適確なご指導に感謝しています。

この記事へのトラックバック