ジャガイモの超浅植えってこうなるんだ!  なんともビックリ仰天だね。

なに、なに、なに? びっくり仰天って?
あのな、そう慌てるな。 これは人寄せのためのタイトルだから。
うそだよ、本当にビックリ。 あ、そうか、こうなるんだってのがわかるよ。
何にビックリ? それは見てのお楽しみってところだね。


さあ、これが第二農園の超浅植えジャガイモだよ。

画像

順調に芽が出て、今のところ出ていないのは1個だけだねえ。


それで何か問題でも?

いやー、それがねえ。 芽が出るのはわかったんだけど、その茎がちゃんと土の中を通って出てきているか心配なんだよね。

何しろ下向きに出るだろう。 それからグルッと回って上に出てくるんだよね。
そうすると当然下向きに出る時に芋を押し上げると思うんだなあ。

だとしたらどうなると思う?

うーん、その辺りがどうも想像の世界でよくわからんのだねえ。


あのね、当初の想像ではこうなると思っていたんだよね。

画像

芋の下から出た芽が、土の中を通って地上に出てくるんだとね。

ところが芽が出始めると、どうもそうでもないらしいと思い始めたんだ。
何しろマルチの上から芋を触る度に、芋の形がはっきりわかるようになって、明らかに芋が持ち上がっているようなんだよね。

気のせい? いやいや、そんなことはない、明らかに持ち上がっているんだ。 だって、マルチが突っ張ってくるから直ぐにわかるよ。


芋が持ち上がってしまうと、茎が土に接触せずに上に出てくる可能性もありそうだとかね。

そうなると折角出た根茎が空気中に出てしまうことになるだろう。 それでもジャガイモはできるのかなあ。
マルチの下だから大丈夫? うーん、その辺りもよくわからんしねえ。

確かにネットで調べたところでは、芋は地中というよりは地上にゴロゴロ転がっている感じではあったけどね。


そんなことで、あれやこれやと妄想とか空想が膨らんでね。



その妄想図がこれなんだけどね。

画像

さっきの図に書き足したもので見にくいけど、この方がわかりやすいだろう。

黒いのはマルチだよ。 オレンジの線は芋が持ち上がったから、畝の表面がこのくらいの位置になっているはずだということだね。
白っぽい線が茎から出る根茎でこの先にジャガイモが付くという意味だよ。


で、この図の左側の芽は、ちゃんと土の中を通って表面に出てくるので、1の芋のように根茎も土の中に出て芋も普通に土の中にできるよね。 この場合は従来植えと同じだから問題なし。
でも、2の芋のように地面より上で根茎が出る可能性もあると思うんだ。 その場合根茎はマルチと地面の間で伸びてその先の芋ができるのかなあとかね。 これだと地上でゴロゴロが当てはまるよね。
でも熱で焼けてしまわないのかなあ。

右側の芽は、芋が持ち上がったことで地表より上から芽が出ることも考えられるだろう。
それが新しく薄い緑で書いた線だよ。 例えばこんなところから出たらという話だ。
3の芋は根茎が上手く地中に潜り込んだ場合で、これなら問題ないだろうねえ。
でも、もしかしたら4の芋のようにマルチの外で根茎が出ることもあるんじゃないかなあ。 こうなるともうダメだよね。

などなど、こんな妄想が次から次に出てきて、いったいどうなるのかなあなんて、心配しながら面白がっていたんだけどね。



そしたら、先日テルさんから根元に土を入れるといいですよってアドバイスを貰ったんだよね。

なるほど、それならヒゲおやじの妄想と一致するなあということで。
つまり芋が持ち上がって、茎が土と接触しないままに上に出てくるとか、地面とマルチの間に根茎が出るとかというやつだよ。

そこに土を入れて埋めてやると妄想の不安は解決するはずだね。




うーん、そうか。これは何とかして土を入れないといけないなあと思ったんだねえ。


さて、どうやって土を入れようか。 マルチを破ってその隙間からというのも手ではあるよね。
でも、そんな小さな隙間からではどれほども入らないだろう。

でも大きく破ってしまっては、超浅植えのやり方は成立しなくなるよね。 つまり根茎に光を当ててはいけないはずだからね。 そのためにマルチをかけているのだから、大きく破っては意味をなさないことになるだろう。


となるとどうするかなあ。
一度マルチを剥がして土を入れた後、もう一度新しいマルチを張り直すか。 それが一番確実ではありそうだけど面倒くさいなあ。

でも、どう考えてもマルチは一度剥がさないと無理みたいだしね。


マルチの上から土をかけるってのはどうよ。
うーん、それはあまりよくないと思うよ。 だって、マルチの上にかけた土の中に根茎が出てしまいそうだからね。そうなると4の芋と同じ運命だよ。




よし、ここはやはりマルチは一度剥がそう。 中も見てみたいしね。
ヒゲおやじの妄想通りになっているかどうか、確かめるのも悪くないだろう。 

というより本当は見たくてたまらないんだろう?
えっ、よくわかるなあ。 さすがは長い付き合いだからね。



そうだ、このままではマルチに葉が引っかかって上手く剥がせないので、葉が上手く抜ける程度に少しだけ穴を大きくして剥がしてやろう。 土を入れた後でもう一度戻せばいいからね。 ちゃんと元の穴のところに戻るかどうか、多少の不安はあるけどなあ。




さて、これが現状だね。

画像

この周りを少しだけ破って、マルチを剥がすときにこの芽が抜けられるようにするんだ。





こんな感じかなあ。

画像

剥がす時より元に戻す時の方が難しいので、その辺りを計算しながら破りすぎないように慎重にだ。





さあ剥がしたぞ。

画像

この場合、マルチの片側は固定したままにしておくと、もう一度被せるときに位置がずれないので楽に張れるはずだ。

うーん、見た目、妄想ほどではないのかなあ。 何となく上手くいっているような。







こんな感じだよ。

画像

芋の周りに多少の隙間が見えるような。



こちらも。

画像



でも、これではよくわからんなあ。





もっと近づいて詳しく見てみよう。

画像

確かに芋は持ち上がっているけど、それほど心配することはないのかも。


左端の矢印をした芽は、芋から少し離れて出ているので間違いなく土の中を通って出てきているようだね。
その他のものは芋にピッタリくっついているので、どの辺りから出ているのかわからないなあ。





ちょっと失礼して掘ってみようか。

てなことで茎の根元を少し掘り下げるというか土を除けてみると。

画像

ほほー、ちゃんと芋の下の方から出ているようだねえ。

それに根茎らしき白いものも見えるなあ。 これなら大丈夫そうだね。





もう一つ。

画像

こちらも芋は大分持ち上がっているけど、茎はちゃんと土に密着しているので大丈夫だろう。

手前に見える白いのは根茎かなあ? こんなに地面より上に出てきて大丈夫かなあ。
ただの草かも知れないね。 だって写真を見て始めて気がついたくらいだから、よくわからないんだ。






あら、こちらに大丈夫じゃないやつがいるよ。

画像

この芽は完全に土の表面より上から出ているなあ。 それに芋の下にも随分隙間ができているねえ。

どうやら左側の芽が持ち上げたようだなあ。


こうなるとヒゲおやじの妄想が的中だね。
このまま放置したときにこの芽はどうなるのかなあ。 根茎は出るのか出ないのか。 出るとしたらどんなことになるのか。 あまりいい結果は想像できないけどね。





ということで、取り敢えず全部土をかけてやろう。

画像

こんな感じでいいのかなあ。







これが土をかけ終わったところだよ。

画像

土は地主さんのところでもらえるので、こういう時は大助かりだね。







で、マルチを元通りかけて出来上がりだ。

画像




やれやれ、ジャガイモ騒動もこれで一件落着なんだけど、マルチを剥がしてみてわかったのは何もしなくてもあまり心配は要らないのかも知れないということだね。

明らかに芽が出る位置が土の表面より上というのは数えるほどしかなかったからね。
もっと芋が宙ぶらりんみたいに浮いているかと思ったら、案外しっかり土に密着しているのでびっくりだよ。

やはりマルチを剥がしてみて正解だったねえ。 これで来年からは妄想を膨らまさなくてもよさそうだからね。

それと、思ったのは、これなら最初から1センチくらい埋めて植えつけると、もっと上手くいきそうな感じがするんだけどどうかなあ。

ネットで見たように、土の上にゴロゴロだとするとその必要もないかも知れないしね。


うーん、どうもよくわからんなあ。 ここでまた新たな疑問だよ。
今までの常識だと、芽が土の中を通ってでてくることで茎が土と接触していないといけないんだよね。
少なくともそう思い込んでいたわけだ。

でもね、空気中でも問題ないよということなら、地面とマルチの間に伸びてきても問題ないわけで。
それなら余計な手間をかける必要もなかったということになるんだけど。


まあ、それは収穫の時に判明するだろう。




ということで、これは4月3日の出来事だよ。

昨日この記事を書きかけたんだけど、全く画像がアップロードできなくて、しばらく待ってみたけど改善の兆しもないので、これはいかんと諦めたんだ。

今日、昼間に動かして見るとスイスイなんだねえ。 結局アクセスが集中したってことだろうねえ。
でも、あの時間帯は集中するってわかっているはずだし、どのくらいというのも統計を取っているはずなのでわかるはずなんだけどなあ。

これ、季節的な要因もあると思うよ。 だって、ヒゲおやじのブログでも、4月くにいから増え始めて、5月、5月、7月は普段の3倍くらいのアクセス数になるからね。
これはまあ、農業ブログだから季節性が強いのではあるけどね。

そこらの統計も全部出ているはずなのだから、事前にちゃんとやってもらわないと困るんだよね。


と、一応クレームをつけておこう。 と言ってもこのブログを担当者が見ることはないので無駄ではあるけどね。


まあ、あれだ。 記事が遅れた言い分けだね。



ということで、今日はジャガイモの超浅上のその後というか途中経過のお話しでした。


実はこの後の作業も全部記事にするのが遅れているので、急いで書かなくては。
今日は予報に反して朝から雨なので日中に書けるるからね。 今のうちに追いついておかなくては。



ありがとうございます。





明日もきっと良い日であります。

ヒゲおやじ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 144

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

マーチン
2014年04月05日 19:25
なぁるほど、待ったかい有って興味深い記事でした、
マーチンも毎日マルチの上から撫でまくったり、芽を出してやった穴に顔擦り付けて覗いたり、中がどうなってるか気になってウズウズしてましたもん、
いやー、スッキリしました、うむうむ大丈夫なんてすね
テル
2014年04月05日 21:57
師匠、こんばんは♪
私の名前をBlogに出していただいて光栄です^^;
で、私のコメントした「穴を土で塞ぐ」は、師匠の妄想(笑)の事ではなくて、貼り付けたURLを見て「切ったマルチから光が入るのを防ぐため!」とのことでした。ですから、根茎(ストロン)は土の中に無くても土とマルチの間で生長するみたいです!ご参考にしてみて下さい。
http://www.infrc.or.jp/act/act_pdf/purelife/purelife19.pdf
http://www.ruralnet.or.jp/gn/201204/kant.htm

とむやむく
2014年04月05日 22:22
 ヒゲおやじさんこんにちは、ジャガイモの記事とても面白かったです。
ヒゲおやじ
2014年04月05日 22:49
マーチンさん、ありがとうございます。
はい、あまり気にしなくてよさそうです。多分放置しても大丈夫でしょう。
ヒゲおやじ
2014年04月05日 22:53
テルさん、ありがとうございます。
あー、なるほど。そういうことですね。何しろ初めてやるのでどうなっているのかがわからなくて。それなら、来年からは放ったらかしでいいわけで。
了解。ありがとう誤差津今した。
ヒゲおやじ
2014年04月05日 22:53
とむやむくさん、ありがとうございます。
そうですか。それはよかったですね。
ユキノ
2014年04月05日 23:44
こんにちは~  初めまして
ジャガイモの育て方を調べていて、たどりつきました。
こういう所に書いた事が無いので、勝手に書いて良いのかわからないのですが、マルチを使ったジャガイモの植え方を教えてください。

普通に植えて、黒いマルチをしました。芽が出てきたので、丸く切り抜きました。でも、その時、芽が黄緑色をしていたのです。私の想像では、光が入らないのなら、芽は白っぽい色をしているのではないでしょうか?
私の使ってる黒マルチは薄くてペラペラです。結局、もう一枚かけて、二重にしました。厚いマルチってあるのでしょうか?

それと、芽は順調に20cmぐらい伸びてきて、3、4本出ているのもあります。
芽(茎)は数を減らしたほうが良いですか?
教えてください。お願いしま~す。

愛知県に住んでいて、ジャガイモは小さいイモを20個植えました
('-'*)ヨロシク♪
ヒゲおやじ
2014年04月06日 10:56
ユキノさん、初めまして。ありがとうございます。
大丈夫ですよ。どんどん書いてください。
最初に芽が黄緑色をしているのは日光に当たらなかったからです。切り抜いて日が当たるようになれば直ぐに緑色に変わりますので心配ありません。
マルチは薄い物と少し厚いものがあります。効果はあまり変わりません。むしろ丈夫さの違いでしょうね。 二重にするのはあまりお勧めできません。
マルチは地温を上げるのと保湿と草を押さえるために使います。二重にすると地温が上がりにくくなると思われます。
芽の数ですが、一般的には丈夫なものを2本残して、あとは欠き取ります。
3本でも問題ありませんが、それ以上多くなると芋が小さくなります。できれば2本くらいが適当です。
もん
2014年04月06日 16:13
マルチ栽培は去年春にやってみて、6月に収穫してみました。
品種にもよるかも知れませんが、去年育てたデストロイヤーとレッドムーンは、割に地中に潜ってました。
ストロンの出来具合なんですが、どうも暑いと地中に潜る傾向にあるみたいです。半分近くのいもはマルチのすぐ下に出来てたんですが、収穫後も土から取り残しが出てきたりしましたので、収穫の際は注意が必要かもです。
テル
2014年04月06日 21:56
師匠、貼り付けた参考資料では、そうでしたが実際どうなるか・・・^^;
師匠のなさったことは、手間だったかもしれませんが収穫時にはいい結果になると思いますよ!!(^^)!
私の超浅植えは、小芋だったのでカットしないでオヘソの部分が地表に出る感じで植えつけました!だから、先に発芽するのは地表に近い部分の芽ということになります。残す芽の選択はどうしたらいいのか思案中です^^;
通常植えと同じように10cmくらい伸びてから元気のいい芽を残して芽掻きするのか、「自然農法通信」のように最初に出た2本を残して後は芽掻きするのか・・・
師匠は、どうされますか?
ユキノ
2014年04月06日 21:58
いろいろ、ありがとうございます。
ジャガイモに土寄せをしないので、土から出たイモが緑色になってしまわないかと、心配して、マルチを二重にしました。
初めてマルチをかけたので、どんな風に育つのか、このまま二重のマルチで、様子をみてみます。
芽は2本にします。
私は"キタアカリ”を植えました。いろんな名前のジャガイモがあるのですね。いろんな話が聞けて楽しいです。
教えていただいて、ありがとうございました (゜゜)(。。)ペコリ
ヒゲおやじ
2014年04月06日 22:50
もんさん、ありがとうございます。
なるほど、そういうことですか。マルチが焼けて熱くてもそんなに心配ないということですね。それなら安心です。
ヒゲおやじ
2014年04月06日 22:53
テルさん、ありがとうございます。
何度も情報ありがとうございます。 何しろ初めてやるので要領がわからなくて。この試行錯誤は必ず来年の役に立ちます。
そうですねえ、ヒゲおやじは従来の植え方の場合は、丈夫な物を2本残しましたね。大体最初に出てくるものが太く育つので、結果は同じじゃないですかねえ。
ヒゲおやじ
2014年04月06日 22:56
ユキノさん、ありがとうございます。
ジャガイモは光にあたらナス限り大丈夫ですよ。マルチは薄くても光は通しませんので心配は要りません。 来た灯りはホクホクして美味しいジャガイモです。ただし、煮崩れはしやすいので、料理には気をつけてください。
みーこ
2014年04月07日 12:11
はじめまして(^-^)
いつも楽しく拝見させてもらってます。
去年11月に田舎で鶏を飼い畑をしたい!と暮らしています。
主人は仕事から帰って来ては鶏小屋作りキャベツのみじん切りにと大忙しです(笑)
私が主に畑を担当になってるのですが何もかもが初めてでうまくいかず…それでも楽しくてお天気の日は畑をしながら子供達を眺める日々を送ってます。
初めてにも関わらずジャガイモの逆さ植えに興味津々で植えつけし現在、芽が出てきてワクワクしながらも「本当に大丈夫かな?」とドキドキです。

ヒゲおやじさんのブログに出会い畑作りの知恵を教えてもらいながらすごく分かりやすく説明してくれているので初心者の私にはすごくありがたいです(^-^)

これからもブログ楽しみにしてます(^-^)
ヒゲおやじ
2014年04月07日 23:44
みーこさん、初めまして。ありがとうございます。
そうですか。それはいい生活をしていますね(笑)。
畑と子供と、いやいや羨ましいような素晴らしい生活ですね。
思いきり野菜作りと子育てと楽しんでくださいね。
あべあべ
2019年04月21日 01:25
私も浅植えマルチ3年目、マルチには0.02mmと0.03mmが有りますがHCで一般的に売っているのは0.02mmです、またメーカー、国産、輸入品、で材質も違う様に思います、有穴マルチはどうも寸法が気にくはないのでガスローチで穴あけをするのですが燃え方で材質の違いが解ります、私は安い0.02を使ってますが表面下のゴロゴロじゃがは長く置いておくと綠化します、私はズボラなので面倒臭いのはダメ、マルチを破いて3本位を外に出してマルチの上からつちをかけます、マルチの上の土には乾燥して草は生えません、マルチを剥ぐ必要は経験則必要ありません、マルチの破りは慣れると石か、土か、芽か、直ぐに解るようになります、作業はかなりきついです、来年は穴を空けてから植えようと思います、逆さ植えは面倒だからしません、品種はシロワセ、男爵、メークイン、です 菜園は15年目です、写真は菜園ナビでも覗いてください、
武藤憲爾
2021年04月11日 14:09
武藤と申します。
早速ですが、この超浅植え方式について、「家の光協会発行のやさい畑」の本に基づきまして、初めて取り組んでみましたが、以下のような問題がありました。今回のトライ結果により、今後のジャガイモ作りに採用したいと思っていた訳ですが、何が問題であったのか、ご教示頂ければ幸いです。
・今回の比較調査方法:従来方式で40ヶ超浅植え方式で5ヶを同時に実施。
・問題点:従来方式は全数発芽して事に対し、超浅植え式では、2ヶ/5ヶに発芽しないものが発生。発芽しなかった1ヶについて、マルチを剥がして確認結果、芋の上面(マルチ接触側)が腐食状態となっており、周りの土が湿っていた。
・懸念点:今回の超浅植え式は、上記本「東京大学、木島利男博士著書」に基づいた訳ですが、一つだけ異なる点として、ジャガイモのカット面には総木灰をまぶした後に、マルチを被せる前に軽く土を掛けた事です。

以上の結果に対し、何が問題点であったのか、ご教示宜しくお願い致します。
ヒゲおやじ
2021年04月13日 22:37
武藤さん、ありがとうございます。
随分古い記事への投稿で、こんなこと忘れてしまっていましたよ。
結論から言うと、この方法は無理です。 3年間実験しましたがまともに出来たことはありません。 なので直ぐに止めてしまいました。 一つはこちらのような暖かい地域では、マルチの下が熱地獄になって芋が生姜のようにでこぼこになってしまいます。 これは熱害だそうで熱すぎるのですね。 翌年はマルチの上に枯れ草なんかをかけて熱を押さえるようにしてみたのですが、結果は同じで。 ということは、これはある程度寒い地域でなければ出来ないやり方なのだなあとわかったわけです。 ご質問の中で木灰を使うとありましたが、これも清潔なものでないと逆効果です。 切り口を2,3日放置して乾かしてから植え付けるのが常道です。 これは通常の植え方でも同じですよ。 結論としてこの超浅植えはお勧めできません。
 

この記事へのトラックバック